たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2016年09月18日

道生神社 例大祭 本祭り

飛田給の道生(みちおい)神社 例大祭 本祭りを迎えました。


12時50分 道生神社奉賛会・板橋利一会長と飛田給自治会・原均会長の挨拶



13時 お先払いを先頭に太鼓御神輿子ども神輿山車の順に飛田給1丁目と2丁目の一部地域を巡行しました。





巡行ルート


子ども神輿を担ぐのと山車を引っ張るのに子どもたちも一所懸命face02icon10




私は前半、山車を担当しました。


山車の舵取り名人のお二人。



飛田給駅南口商店街通りを通過中。
来月から駅前広場と道路(調布3・4・33号線)の整備工事が始まり、来年の2月には新しい姿となります。     




警戒と交通整理は、地元の消防団第1分団、交通安全協会・調布警察署警備課が行いました。


第1分団の◯◯◯3兄弟。




16時 今年から第1分団後援会に入ったので、後半は神社境内の消防団テントで受付を担当します。
久しぶりに受令機を聞きました。




17時45分 町内巡行から無事に帰ってきましたface02


飛田給はやし連のテントでビール・焼酎とおつまみを頂きましたface05



18時 奉納踊りが始まりました。ただし、20時30分頃、雨天のため中止となりました。




21時 後片付けをし、お社に鍵をかけて終了です。長い一日、お疲れ様でしたface01





Osuga-YouTube 「道生神社例大祭(2009)」

  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2016年09月12日

    飛田給薬師尊 例大祭

    飛田給薬師尊例大祭が開かれました。




    薬師堂のご本尊は、江戸時代に元仙台藩士の松前意仙(まつまえ いせん)が諸国を遍歴した末に、ここを生涯の地と定めて庵を結び、医業のかたわら仏道に志して人々を救済するため、自ら石の薬師尊を刻んだものです。

    尊像完成の後、傍らに穴を掘り、その中に入って鉦(かね)をたたきながら、お経を唱えて、そのまま入定(死去)しました。
    江戸時代の1702年(元禄5年)のことです。

    薬師本尊開眼の1686年(貞享3年)から300年にあたる、1986年(昭和61年)9月12日に意仙の遺徳を伝えるため、飛田給自治会薬師尊奉賛会がお堂を建て、石造瑠璃光薬師如来立像を安置しました。

    像身は140㎝の正立像で、左手に薬壺を捧げ、右手は施無畏印を結び、慈悲に満ちた表情をしています。


    昭和49年、薬師堂境内行人塚は調布市史跡(第1号)に、石造瑠璃光薬師如来立像は郷土資料(第7号)に指定されました。


    普段は、公開されていませんが、例大祭、毎月12日の念仏講、年末年始の御開帳の時に見ることができます。



    薬師奉賛会(野口達也会長)の役員さんは朝から、薬師堂境内の清掃・飾り付けなどを行ったあと、西光寺ご住職による法要が執り行われました。


    警戒は地元の消防団第1分団が担当。


    18時からは飛田給はやし連による演奏が行われました。


    19時30分からは奉納踊りが行われました。



    Osuga-YouTube 「飛田給薬師尊例大祭(2009年)」

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2016年09月10日

    こどもあそび博覧会 in調和小

    第14回 やあやあドリームオールスターズ2016 こどもあそび博覧会 in調和小が調和小学校(西つつじヶ丘)と市民大町スポーツ施設(菊野台)で開催されました。





    こどもあそび博覧会は、1998・99年の2か年にわたり調布青年会議所が行った「やあやあフェスタ㏌多摩川」が始まりです。

    やあやあフェスタは、2000年に「やあやあ多摩川キッズフェスタ」「やあやあNPOフェスタ」(文化会館たづくり)に発展しました。

    翌年、キッズとNPOの2つのフェスタを合体して、青年会議所が第一小学校で「NPO博覧会」として開催。
    博覧会終了後、参加した団体から「子どもたちのためにこれからも何かしてあげられないかな」との思いから生まれたのが、「やあやあネットワーク」です。

    第一小学校で実施された「NPO博覧会」の意思を受け継ぎ、新たな思いも加え、調布の子どもたちに豊かな調布を残そう、自然環境だけでなく、豊かな人とのコミュニケーションや「ソフト」としても伝えたくて始まったのが、「YDAS(ワイダス)こどもあそび博覧会」です。
    ※YDASとは・・Y=「やあやあ」⇒気軽に、D=「ドリーム」⇒夢を待って集まり、AS=「オールスターズ」⇒子どもも大人も全員が主役・・これらの頭文字を取ってYDASです。

    やあやあネットワークが母体となり、福祉・環境・スポーツなどさまざまな分野で活動をしている団体が実行委員会をつくり、市内の小学校に開催を立候補してもらって、第2回・染地小(2004年)、第3回・富士見台小(2005年)、第4回・布田小(2006年)、第5回・柏野小(2007年)、第6回・飛田給小(2008年)、第7回・緑ヶ丘小(2009年)、第8回・八雲台小(2010年)、第9回・石原小(2011年 ※荒天で中止)、第10回・石原小(2012年)、第11回・滝坂小(2013年)、第12回・多摩川小(2014年)、第13回・若葉小(2015年)と行われてきました。

    今年も、約40団体が参加し、「体験と遊びを通じて活動のメッセージが伝わる」ことを目的として、対象を子どもに絞った発表や体験ブースなどを展開しました。


    <校庭>



    多摩川の石に絵を描こう(調布水辺の楽校)


    簡単に折れる作品を折ってもらい折り紙を楽しんでもらう(レッツおりがみ)


    けん玉体験(狛江伝承遊びの会)


    コリントゲーム(フェリースミヌー)


    子ども大工さん 鳥の巣箱づくり(首都圏建設産業ユニオン東多摩支部)



    <アリーナ>



    「目が見えないってどんなこと?」 音の神経衰弱(ドルチェワーキング)


    「目が見えないってどんなこと?」 点字トランプ(ドルチェワーキング)


    剣道体験「君もたたかってみないか」(染地剣道会、大町剣道クラブ)



    <ランチルーム・家庭科室>



    手話体験(手話サークルくすの木)    


    子どもたちが持ち込んだおもちゃを修理する「おもちゃの病院」(電通大・おもちゃの病院)




    <市民大町スポーツ施設>



    ミニラケット・スポンジボールでテニス体験(川井収のテニス学校)


    視覚障がい者と健常者とが一緒にできる卓球=スルーネットピンポン(さるすべり)


    パラリンピックの種目にもなっているボッチャ体験(市スポーツ推進委員、みんなでボッチャ)


    人との接触を無くしたルールに変更したタグラグビー体験(ちょうふラグビーサークル)



    子どもたちは様々な体験をしながら楽しい一日を過ごしたことでしょうface02
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事

    2016年09月08日

    「木村拓也の上を向いて歩こう! 」From 調布銀座&男爵亭

    フジテレビのニュース番組「みんなのニュース」(月~金 15:50~19:00)の天気予報コーナー『木村拓也の上を向いて歩こう! 』は、今週、調布市内から生中継をしています。


    (調布市産業振興課から市議会への提供資料)




    4:29 4日目の中継は調布銀座商店街(調布銀座商栄会)と男爵亭からでした。


    テーマは「わが街の自慢!”朝どれの地魚”」。



    飛行機で島魚や島野菜を届けている調布アイランド代表の丸田孝明さんが「調布は伊豆諸島と30分前後で移動できる定期便が発着しているので、金目鯛、ムロアジ、赤イカなど、朝とれたての新鮮な島魚を食べることができるんです」と説明。



    金目鯛の刺身と煮付けを試食した木村アナウンサーがあまりの美味しさにびっくりface05



    最後にスタジオの伊藤利尋アナウンサーが「伊豆(諸島)の新鮮なものが一番に入るのが、実は調布かもしれない」という素敵なコメントをface02




    5:29からと6:46から調布駅南口広場から天気予報を中継しました。




    blue_right木村拓哉オフィシャルブログ
    blue_rightみんなのニュース Facebook
    blue_rightみんなのニュース Twitter
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 22:54Comments(0)今日の出来事

    2016年09月08日

    あいさつ運動 「雨と子どもたち」

    7時50分 今朝は飛田給小学校で健全育成推進飛田給地区委員会のあいさつ運動でした。

    ちょうど雨が降り始め、傘を持たないで家を出た子どもが何人かいました。
    ずぶ濡れになってしまった子が数人いましたが、多くは友達が傘に入れてあげていました。


    一方、児童玄関では校長先生がタオルを持って待っていて、濡れた子どもの頭を拭いてあげていました。

    服が濡れてしまった子どもは、体操着がある子は着替え、ない子は保健室に用意してある服に着替えるんだそうです。
    子どもたちと学校のナイスプレーに拍手icon23icon23  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 19:44Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事