たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2015年01月12日

成人式

今日は14時からグリーンホール大ホールで調布市成人式が行われます。平成6年に生まれた娘も参加します。

対象者数は、男性1,175人(1,109人)、女性1,087人(1,001人)、合計2,262人(2,110人)。
※平成26年10月31日現在。(注)かっこ内は前回

内容は・・・
午後2時(第1部)
式典(司会 白百合女子大学放送研究会)、和太鼓演奏(木島平村鬼島太鼓)、国歌斉唱、主催者挨拶(調布市長)、来賓挨拶(市議会議長)、来賓紹介、はたちの主張
午後2時30分(第2部)
アトラクション(成人式実行委員会企画・運営)、チアリーディング(白百合女子大学チアリーディング部)、ダンスステージ(桐朋学園芸術短期大学有志)、FC東京選手からのビデオメッセージの上映、ケラケラライブ、地元キャラとのコラボイベント、抽選会
となっています。


富士山も新成人の輝かしい未来を応援しているかのように輝いていますface02



11時 布田のスタジオに来ました。娘とかみさんは朝早くから来ていて、ヘア・メイクと着付を準備。
1階の美容室も2階の着付けスペース・撮影スタジオも新成人でいっぱいです。


11時50分 撮影が終わり、布田のスタジオを出発。




12時10分 調布駅南口駅前広場で市内公立中学校関係者が開催している「新成人を祝う会」へ。中学生当時の写真や恩師からのメッセージの掲示などが行われていました。


(左)娘の母校・調布中のブース/(右)私の母校・神代中のブース。


卒業アルバムの写真と恩師からの手紙。


久しぶりに恩師と再会。


懐かしい友達と記念写真。


お母さん達の方がはしゃいでる?


撮った写真は1時間10分で何と309枚face08



4年前の息子の成人式(2011.1.10ブログ)も良かったですが、娘の晴れ着姿もいいもんですface16
  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01富士山

    2015年01月09日

    母と宮尾登美子さん

    10時 慈恵医大第三病院での母のリハビリの付き添い。

    実家から病院まで車内での母の話題は、昨日亡くなっていたことが報道された、作家・宮尾登美子さんのこと。

    宮尾さんが自分と同じ88歳であることと、死因が「老衰」であることを母はかなり気にしています。
    「心不全など特定できる死因がなかったから老衰にしたんじゃないの」と母に言いましたが、納得していない様子。

    骨折のこともあり、弱気になっているのでしょうか。
    お年寄りは、意外なキーワードに反応するようです。


    リハビリ終了後、母は「短歌の会」新年会のため木曽路に。参加するのがとっても嬉しそうです。


    昨年10月に骨折してから外出するのは、病院でのリハビリと短歌の会だけ。
    短歌は数少ない楽しみになっているようで、入院中も毎日短歌を作っていました。
    高齢者にとってサークル活動は、生きる上でとっても貴重な存在なのでしょう。


    17時10分 夕焼けの富士山がとってもきれいです。

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01富士山

    2015年01月03日

    正月3日

    夜中、トイレに起きて戻ると・・・窓のそとに丸い月icon_bikkuri 
    ベランダに出て見上げてみると、月の周りには、いつもより多い星が⭐️

    月齢を調べると、満月の2日前。
    お正月は初日の出が注目されますが、空気がきれいなので、夜空には普段よりたくさんの星が瞬いています。
    三が日は、夜空にも注目です。



    今日の富士山は、雲がかかっていなくて、とってもきれいですface02





    「又兵衛」を飲み干してしまいました。もう家の日本酒ストックはありません。
    私は、昨年9月に福島県飯館村、浪江町を訪ねて以来、それまで以上に「福島」にこだわりを持つようになりました。
    だから、三が日は家飲みの酒は「福島」限定でいきたいのです。

    近所のコンビニを5件廻り、やっと「福島の酒」を見つけました。
    新年の酒3本(缶)目は、福島県磐梯町の「榮川」。ワンカップですが、飲めて嬉しいです。



    昨日、青木屋さんで買ってきた深大寺そばを娘が茹でました。
    そばと日本酒・・・至福の組み合わせですface05


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01富士山

    2015年01月01日

    明けましておめでとうございます

    新年明けましておめでとうございますicon_bikkuri

    昨年は市長選挙を始め何かとお世話になりまして、ありがとうございました。
    今年もよろしくお願い致します。
    素敵な1年となりますようにお祈り申しあげますface02



    0時20分 飛田給薬師堂のご本尊、薬師尊ご開帳から新年がスタートです。


    薬師奉賛会の役員さんが、前日12月31日の23時45分から2時間ほど公開しています。

    ご本尊の石造瑠璃光薬師如来立像は、調布市文化財・史跡指定第1号に選ばれた貴重な石像です。
    像身は140㎝の正立像で、左手に薬壺を捧げ、右手は施無畏印を結び、慈悲に満ちた表情をしています。

    普段は非公開ですが、今回と9月12日の飛田給薬師尊例大祭で公開されています。



    5時 一般社団法人実践倫理宏正会の元朝式に出席しました。
    元旦から国歌を斉唱し、万歳を三唱するのはとっても清々しいものです。
    (右写真:挨拶をする伊藤達也衆議院議員)




    帰宅。日本テレビとTBSテレビで富士山上空から初日の出を中継していました。
    6時51分 雲の上からご来光が。




    東京の初日の出の予想時間は6時50分。撮影をしにマンションの階段に行ってみると・・・
    東の方角が雲に覆われていますicon_maro06


    寒〜い中、そのまま30分以上待ちましたface07

    7時30分 雲の間から、ようやく太陽が顔を出しましたicon01


    初日の出に輝く、味の素スタジアムと富士山。


    osuga動画「初日の出@飛田給(2010)」(YouTube)




    9時 地元の道生神社初詣

    9時30分 布多天神社から野澤宮司においでいただき、お社で歳旦祭が行われました。



    引き続き、飛田給自治会の役員さん、道生神社奉賛会の役員さん、近所の人などが境内に集まり、賀詞交歓会が行われ、新年を祝いました。



    道生神社境内にて。見つめ合う?猫と鳩。



    osuga動画「飛田給自治会新年賀詞交歓会(2010)」(YouTube)




    4日前から、かみさんがインフルエンザで、昨日から息子が風邪でダウンface07
    ピンチの時に娘が意外と頑張ってくれています。
    かみさんに代わって、年末の大掃除、年越しそば、今夜の味噌鍋と大活躍。


    おせち料理は2人の回復待ちとなりそうです。


    新年最初の日本酒は、福島県二本松市の「奥の松」。猫のクーも飲みたそうですface05
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01富士山

    2014年01月12日

    調布市消防団出初式

    本日は調布市消防団出初式が開催されます。

    7時30分 第1分団詰所集合。出初式の準備。

    8時 サイレン吹鳴。詰所と消防ポンプ車のサイレンを1分間鳴らしました。


    パレード隊はポンプ車に乗ってスタート地点(文化会館たづくりとアメリカンファミリー社の間の市道)に、他の団員は出初式会場の多摩川河川敷に向け出発。


    私はパレード隊です。
    出初式会場まで(スタート⇒東急ストア前通り⇒品川道⇒鶴川街道⇒多摩川堤通り⇒出初式会場)、白バイを先頭に本団指揮車と消防団15個分団の消防ポンプ車が続きます。

    パレードの様子(2009年東急ストア前。写真:市防災課)。



    9時 パレードスタート


    ところが・・・・
    先頭の白バイが勘違いをして市役所前通りを右折してしまいましたface08


    白バイを置いてパレードを続ける訳にも行かず、急遽進路変更に。
    東急ストア前通りで待っていた方がいたら、ごめんなさいicon10


    鶴川街道から見事な富士山が。



    出初式会場に到着。



    10時 出初式開始

    最初は、入場及び機械部隊(消防ポンプ車隊)の分列行進です。



    (撮影:小林充夫市議会議員)


    徒列部隊が入場。機械部隊も合流し、分団ごとに二列横隊で整列。

    開式の辞、国旗掲揚、団旗入場・人員及び機械の報告。(撮影:原均さん)



    部隊検閲(団長・市長・来賓などが整列している各分団を検閲)。
    消防団長訓示、消防管理者(市長)告辞、消防署長挨拶。


    感謝状及び表彰状等の伝達授与

    第1分団と団員は以下の表彰を受けました。
    調布消防署長賞・功労分団表彰=第1分団、功労賞=津山部長・高橋班長・石丸団員・野口敏団員、功績賞=大須賀・石坂副分・村山部長、優良賞=武藤団員・堤団員、勤続賞10年=津山部長、精勤賞9年=高橋班長、精勤賞6年=石丸団員。

    功績賞10名を代表して受領しました。(撮影:左=小林議員、右=原さん)



    睦消防組によるはしご乗りの演技。
    睦消防組は北多摩地区の鳶職により昭和27年に結成され、現在約2,500人が加入している伝統ある組織です。竹ばしごの高さは7m。(撮影:小林議員)


    最後の演技者は第5分団の小川直登団員。お見事face02



    部隊操練。言わば消防団の「集団行動」で、「右向け右」「回れ右」「前へ進め」などの号令に合わせて行進します。昨年11月から訓練をしてきました(2013.11.8ブログ
    第6〜10分団の5箇分団から32名が出場。市議会からも鮎川有祐議員(6分団)と井上耕志議員(9分団)が参加。


    消防ポンプ操法。出場は第4分団(奥側)と第11分団。



    5年前の出初式では第1分団が出場。私は1番員を務めました。



    消防演技の最後は、一斉放水。左の2線が第1分団。(撮影:小林議員)




    3月末で退団予定なので、消防団員としては多分最後の出初式です。(左写真:原さん)




    osuga動画レポート「調布市消防団出初式(2010)①」(YouTube)


    osuga動画レポート「調布市消防団出初式(2010)②」(YouTube)




    12時50分 地元に戻り、飛田給道生神社で放水始め。境内に虹がかかりました。



    詰所に戻って片付け。

    昼食後、分団員で手分けをして、飛田給地域の郵便受けに「火の用心」の赤い札を入れながら新年の挨拶に廻りました。



    17時 地元自治会(飛田給自治会、西部飛田給自治会、鶴島自治会)と消防後援会の役員さんをお招きして、「てぃーだかんかん」にて第1分団新年会


    19時 団員だけの新年会。


    ◯◯時 ようやく1年で最も長い一日が終わりました。

    昨日の予行と今日の出初式・・・消防団員の皆さんお疲れ様でした。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01消防団富士山

    2014年01月05日

    レーシック手術




    昨年の12月23日に目のレーシック手術を受けました。


    レーシック(Lasik=Laser in Situ Keratomileusisの略)とは、角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にレーザー(エキシマレーザー)を照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術です。

    私の視力は、小学生の頃まで両目とも1.5でした。
    中学1年生の時、調布に引っ越した頃から、急激に低下し始めます。
    半年後には0.6となり、高校生になる頃は0.3に。

    20歳頃には左右とも0.03となってしまい、現在に至っています。
    また、この頃からコンタクトレンズを使用するようになりました。

    25年間ほどはハードコンタクトレンズを使い、8年ほど前からソフトコンタクトに。

    そして、昨年からは、コンタクトはやめて、30数年振りに眼鏡生活に戻りました。



    しかし、ド近眼の眼鏡は、強く矯正するとレンズ外側が湾曲して見づらいので、私の場合で0.7くらいに、弱めに矯正します。

    夜は鳥目効果でもっと見えにくくなってしまいます。
    夜間の運転はもちろん、消防団で火災出動の際、現場で見えにくいのは困ります。

    30年以上コンタクトレンズを使って来たので、これ以上使い続けるのは目のためによくありません。


    そこで思い切ってレーシック手術を受けることにしましたicon_bikkuri


    次は何処で手術を受けるかです。

    インターネットで調べると、SKC、SSC、KKAなどが大手の様です。

    私の友人に聞いたり、かみさんの友達に聞いてもらうと、手術を受けた人の多くがSKCで、評判も良かったので、ここに決めました。



    12月20日 手術前の眼検査を受けます。

    ホームページには約3時間とありましたが、待ち時間も入れて4時間ほどかかりました。 
    ちなみに、私はド近眼の上、乱視も強く、老眼も始まっています。


    検査後に医師の診察を受けます。

    医師の説明によると・・・・

    ①レーシック手術は近視遠視乱視を矯正するための手術なので、加齢により進行する老眼には有効でないこと。
    ②手術により、視力は回復されるが、永遠ではなく、やがて視力が落ちてくること。
    ③落ち始める時期と落ち方には個人差があること。
    ④元の視力にまで落ちる可能性はほとんどないこと。
    ⑤私のような強度近視(ド近眼)の場合は、通常よりも落ち始める時期が早く、落ち方が激しい可能性が高いこと。
    ⑥視力が落ちた場合2回目の手術を受けられる人が多いが、私の場合は強度近視のため角膜を通常より厚く削るので1回しか出来ないこと。
    ⑦角膜強化法(角膜クロスリンキング手術)を受ければ、落ち始める時期が遅くなり、落ち方が緩やかになる可能性が高いこと。
    などが説明されました。

    思い切って、レーシック手術と角膜強化法の両方を受けることを決断。


    12月23日 更に手術前検査を3時間(待ち時間含む)してから、いよいよ手術です。

    「レーザーで眼の角膜を削る」ので、怖い感は拭えません。

    手術自体は、レーシック手術と角膜強化法それぞれ4~5分であっけなく終わりました。
    手術中は、点眼麻酔の効果のせいか、痛みはほとんど感じませんでした。


    手術後しばらく休んでから診察を受けて、そのまま帰ります。

    手術当日は、よく見えません。
    感覚的には0.3ほどでしょうか。
    視力回復は大丈夫か、多少不安になります。

    ただ、術後の診察時に、医師が「視力は日に日に回復する」と言っていたので、翌日に期待します。



    12月24日 朝、ベッドで目覚めると天井がはっきり見えます。

    急いでベランダに行き、大好きな富士山を見てみると・・・

    富士山が自分の目でくっきりと見えることに感激ですface02


    夕方、クリニックで手術翌日の検診を受けます。
    目の状態は良好。
    視力は、左右ともに1.2でした。


    1月3日 術後1週間検診を受けます。
    視力は左が0.03⇒1.5、右が0.04⇒1.5と、両目とも1.5となっていました。

    乱視は多少残ったものの、かなり改善されていました。


    遠くを見ることについては、予想した以上に快適で大満足ですface02
    しかし、その一方で、老眼がかなりひどくなってしまいましたface11

    手術前は、目を近づければ、新聞でも携帯でも文字が見えましたが、術後はよく見えません。



    そこで、老眼鏡を作ることに。

    以前お世話になった(2010.12.27ブログ)東急ストア前の京王メガネセンターで老眼鏡を作ってもらい、本日受け取りました。




    本や新聞・携帯、パソコンを見る時は老眼鏡が必要で、かなり不便さを感じますが、外出時にはド近眼メガネもコンタクトレンズも不要。
    自分の目で遠くまではっきり見ることができます。

    目の良い人には分かりにくいかもしれませんが、とっても素敵なことなのです。

    ただし、同時に角膜強化法も受けたため、出費がかさみました。

    費用対効果の点でどうかは、10年後、20年後を待たなければ分かりません。

    今のところ、レーシック手術を受けたことに満足していますが、一方で事故が報告されていることも事実です。
    消費者庁・事故情報データバンク



    レーシックについては、今後も機会に応じて書いて行こうと思います。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01その他富士山

    2014年01月01日

    薬師尊ご開帳/実践倫理元朝式/初日の出/飛田給賀詞交歓会

    明けまして おめでとうございますface02
    幸多き1年でありますように 心からお祈り申し上げますicon_bikkuri



    0時10分 飛田給薬師堂のご本尊、薬師尊ご開帳に伺いました。


    薬師奉賛会(大塚哲夫会長)の役員さんが、前日12月31日の23時45分から2時間ほど公開しています。

    ご本尊の石造瑠璃光薬師如来立像は、調布市文化財・史跡指定第1号に選ばれた貴重な石像です。

    像身は140㎝の正立像で、左手に薬壺を捧げ、右手は施無畏印を結び、慈悲に満ちた表情をしています。


    普段は非公開ですが、年末年始と9月12日の飛田給薬師尊例大祭では公開されています。




    5時 社団法人実践倫理宏正会調布支部の元朝式に出席しました。


    万歳三唱の音頭をとらせていただきました。
    とっても気合いが入りました。




    初日の出
    インターネットで調べると新宿区の初日の出が6:50:54なので、調布市は6時51分過ぎだと思われます。

    日の出前の静寂な一瞬。


    6時53分 建物の間から昇り始めましたface02


    6時56分 左端の建物は国領駅北口の高層マンション、右端は文化会館たづくり、。


    見事な初日の出ですhinode



    初日の出を浴びるFC東京の聖地、味の素スタジアム。
    今年こそはリーグ戦初優勝をicon_bikkuri


    富士山も初日の出を浴びて輝いていましたface02



    osuga動画「初日の出@飛田給(2010)」(YouTube)






    9時 地元の道生神社初詣


    布多天神社から野澤宮司においでいただき、お社で歳旦祭が行われました。
    消防団第1分団長として私も参加。調布市と飛田給地域の安泰をお祈りしました。


    引き続き、飛田給自治会(榎本清次会長)の役員さん、道生神社奉賛会(板橋利一会長)の役員さん、近所の人などが境内に集まり、賀詞交歓会が行われ、新年を祝いました。


    消防団活動も残すところあと3ヶ月の予定。市民の生命・身体・財産を守るために今年も頑張ります(左=石坂副分団長、右=高花副分団長)icon_bikkuri



    osuga動画「飛田給自治会新年賀詞交歓会(2010)」(YouTube)

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01飛田給の出来事富士山

    2013年06月22日

    富士山、世界文化遺産に

    富士山世界文化遺産に選ばれましたicon_bikkuri

    特に嬉しかったのが、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)による「除外勧告」を覆して、三保の松原「構成資産」に含まれたことです。


           (静岡観光コンベンション協会ホームページより)


    除外勧告には二つの理由がありました。
    「45キロも離れているので、富士山の一部とは言えないこと」。
    「砂浜の浸食を防ぐ消波ブロック(下写真)が景観を損ねていること」。




    逆転登録をもたらしたのは、文化庁の近藤誠一長官を始め関係者の粘り強い外交努力にあったようです。

    ドイツ人委員が「三保の松原は最も優れた富士山の景観地だ。含めるべき明確な価値がある」と除外反対を明言し、マレーシア人委員は「砂浜と松林も富士山の一部であり、無形の文化的な価値を持つ。富士山との距離は関係ない」と主張するなど、各国委員から除外に反対する発言が相次ぎ、逆転を勝ち取ったのですface02



    私は三保の松原に深い思い入れがあります。

    小学校6年生の修学旅行で訪ねたところだからです。

    長野の山奥の小学校(長野県南佐久郡小海小学校)なだけに、生まれて初めて海を見る子もいて、三保海岸についた途端大騒ぎだったことを思い出します。

    私も思わず興奮して海に近づき過ぎ、波で両足を洗われてしまいましたicon_maro06


    <修学旅行の写真から>

    富士山を背景に三保の松原で


    一番手前が私(デブじゃないface08


    消波ブロック(「テトラポッド」 )に座る41年前の大須賀少年。


    なお、消波ブロックは目立たない工法が検討されるようですface02
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01富士山

    2013年01月03日

    深大寺初詣

    9時 富士山の撮影初め。三が日は空気が澄んでいるのでグッドface02





    14時 息子はアメリカで年末年始を送っているので(生意気〜face03)、かみさん、娘と深大寺初詣


    おみくじにがっかりの娘face02




    参拝後は、例年通り青木屋さんで深大寺そばを堪能。


    熱燗とそばの組み合わせは最高face05



    続いてあめやさんに。


    名物の「そばぱん」をゲット。私は「切り干し大根」、娘は「キーマカレー」。





    19時30分 今夜の酒は宮城県大崎市の名酒「一ノ蔵」。三が日はどんなに酒を飲んでいてもかみさんに怒られないので最高に幸せface05

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01富士山

    2012年11月12日

    平和祈念祭

    10時 調布市平和祈念祭が文化会館たづくり・くすのきホールで開催されました。



    第2次世界大戦により戦禍の犠牲となられた方々への追悼の念と、今日の平和と繁栄が永遠に続くことを願い、調布市と調布市遺族厚生会(田邉美佐子会長)との共催により、毎年実施されています。


    遺族厚生会を代表して追悼の辞を述べ、献花をする田邉会長。


    式典後、市役所前庭にある「平和の塔」の前で献花が行われました。



    平和祈念祭は、昨年まで市役所前庭にある「平和の塔」の前で行われていましたが、今年から文化会館に会場が変更されました。
    変更の理由を聞かされていないので、翌日、担当者に確認すると、外でやると寒いこと、雨が降った時のこと等を考えて変更したようです。

    会場変更の理由を事前に市議会に説明してもいいと思うのですが・・・


    osuga動画レポート「調布市平和祈念祭(2009)」






    家に帰ると、素晴らしい夕日が富士山に沈んでいました。






    20時 秋の火災予防運動。

    飛田給地域を消防ポンプ車に乗り巡回。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01富士山

    2012年02月02日

    中畑清監督/十一市競輪事業組合議会視察2日目

    昨日に続き、今日もスポニチ1面中畑清監督face08



    プロ野球12球団がキャンプインしている中で連日1面を飾るとは、中畑監督恐るべしicon_bikkuri2





    東京都十一市競輪事業組合議会行政視察2日目

    11時 ベロドドームを視察しました。



    このドームは、平成23年10月に伊豆市のサイクルスポーツセンターにオープンした日本初屋内型250m木製トラック自転車競技ドームです。

    日本における自転車競技場は、その大半が競輪場であり、周長は400mを中心に、333.3m、500mの3種類、表面はアスファルト製の走路であり、いわゆる現在の世界標準である屋内型板張り250mトラックはありません。

    そこで、自転車及び自転車競技の普及活動と選手の育成・強化を目的にベロドドームをつくりました。

    建設費は35億円。

    ナショナルトレーニングセンターとしての役割を果たすことはもちろん、一般の人にも開放されています。


    国内初の屋内木製走路「伊豆ベロドローム」(MNS産経ニュース)


    ちょうど競輪学校の生徒さんが練習をしていました。(右)練習終了後、記念撮影。


    最大斜度は45度ですが、60度以上あるように感じます。







    12時 日本競輪学校を訪問。


    滝澤正光校長先生のお話を伺いました。滝澤校長はG1競輪全冠制覇を達成した元競輪選手。
    通算勝利数787勝で、通算獲得賞金額は、何と17億5,644万831円face08


    日本競輪学校は昭和25年、東京都北多摩郡調布町(現調布市!)に日本サイクリストセンターとして開設。

    昭和43年に現在地に移転開校しました。

    17歳以上であれば応募ができ、年齢の上限はありません。

    プロの競輪選手になるため、実技だけでなく、学科や特別教育活動を約1年間学びます。

    入学金と授業料は無料ですが、食事代・制服代・施設利用料として約120万円かかります(選手になってから賞金で返済する貸費制度があり、多くの生徒が利用しているそうです)。

    昨年、48年振りに女子が入学。

    現在、第101回生の男子37名、第102回生の女子33名が合宿所で集団生活をしながら学んでいます。

    朝は午前6時30分に起床し、消灯の午後10時まで厳しい訓練と規則正しい生活に明け暮れます。

    携帯は持ち込み禁止で公衆電話を使用。きびし〜いicon_maro06


    廊下に全生徒のポスターが貼られていました。



    居室は4人1部屋。プライベート空間はベッドの上だけ?



    昼食は食堂で男子生徒(左写真奥)と一緒に。生徒の量は右写真より遥かに大盛りとか。




    食事後、訓練施設を見学。

    通称「地獄の上り坂」。13.8度の坂が80m続きます。入学間もない女子生徒の中には途中で倒れてしまうものもいるとのこと。


    サーキット訓練中の男子生徒。



    女子生徒の訓練競争を見学。


    訓練後、6人の生徒が訪ねてきてくれました。


    国分寺市やあきる野市等、多摩地域出身の生徒もいて、応援ムード一色face15

    「早く賞金を獲得して家族を楽にしたい」と挨拶をする18歳の女の子も。
    若いのに明確な目的を持っていて、とっても清々しく感じましたicon01


    現在、在校成績第1位の中村由香里さん。小学校の先生をしていましたが、思い切って競輪の世界に。京王閣でのデビューを目指している様です。



    女子生徒達は、7月にデビュー予定です。

    みんな頑張れ〜icon_bikkuri2





    帰りには高速から富士山がくっきりと見えましたface02

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01富士山

    2012年01月08日

    消防団出初式

    今日は、多摩川河川敷で調布市消防団出初式が開催されます。


    7時20分 第1分団詰所集合。出初式の準備。

    8時 サイレン吹鳴。詰所と消防ポンプ車のサイレンを1分間鳴らしました。



    消防ポンプ車はパレード隊スタート地点に、他の団員は出初式会場の河川敷に向け出発。私は、初めてパレードに参加。


    パレードのスタート地点は文化会館たづくりとアメリカンファミリー社の間の市道。


    8時50分 パレードスタート。白バイを先頭に出初式会場まで、本団と消防団15箇分団の消防ポンプ車がパレード。


    パレードの様子。(2009年東急ストア前)


    多摩川原橋から見事な富士山が。



    出初式会場に到着。




    10時 出初式開始。最初は、機械部隊(消防ポンプ車隊)の分列行進



    徒列部隊が入場。機械部隊も合流し、分団ごとに二列横隊で整列。

    開会式が始まります。

    開式の辞、国旗掲揚、団旗入場・人員及び機械の報告。
    部隊検閲(団長・市長・来賓などが整列している各部隊を検閲)。
    消防団長訓示、消防管理者(市長)告辞、消防署長挨拶。

    感謝状及び表彰状等の伝達授与(功績のあった分団・団員を表彰)で開会式は終了。



    睦消防組によるはしご乗りの演技。
    睦消防組は北多摩地区とび職により昭和27年結成され、現在約2,500人が加入している伝統ある組織。竹ばしごの高さは7m。


    3人目の演技者は現役の消防団員




    部隊操練 毎年5箇分団が出場。今年は第11・12・13・14・15分団から選ばれた32人がきれいに揃って行進。



    消防操法。出場は第3分団と第8分団。


    3年前の出初式では第1分団が操法を担当。私は1番員で出場しました(2009年1月11日)。



    消防演技の最後は、一斉放水




    閉会式。来賓代表の市議会議長と消防総監代理が挨拶してすべて終了しました。

    昨日の予行と今日の出初式と二日間お疲れ様でした。


    osuga動画レポート「調布市消防団出初式(2010)①」


    osuga動画レポート「調布市消防団出初式(2010)②」





    飛田給の道生神社で放水始め。(右)境内に虹がかかりました。



    12時30分 詰所到着。後片付けをしてから昼食。

    昼食後、分団員で手分けをして、飛田給地域の郵便ポストに「火の用心」の赤い札を入れながら新年の挨拶に廻りました。




    17時 地元自治会と消防後援会役員さんをお招きして、第一分団新年会



    出初式で15年勤続賞と15年精勤章をもらいました。





    出初式表彰者名簿%E5%87%BA%E5%88%9D%E5%BC%8F%E8%A1%A8%E5%BD%B0%E8%80%85%E5%90%8D%E7%B0%BF.pdf (PDF: 138KB)
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01消防団富士山

    2012年01月07日

    出初式予行

    明日開催される調布市消防団出初式予行が行われました。

    12時30分 第一分団詰所を出発して、会場の多摩川河川敷に向かいます。本番は制服ですが、今日は作業服。



    会場に到着

    京王線鉄橋の下に富士山がくっきりと。



    予行が始まりました。

    部隊操練


    機械部隊の分列行進






    16時30分 操法演技や一斉放水も行われ、予行が終わる頃には日が沈み始めていました。



    帰る途中、多摩川原橋の向こうには夕焼けに映える富士山が。


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01消防団富士山

    2011年11月13日

    飛田給自治会親睦日帰り旅行

    飛田給自治会親睦日帰り旅行に参加しました。

    飛田給自治会(板橋栄次会長)・親善文化委員会(本田照男会長)が主催です。

    昨年から始まり今年で2回目。
    自治会が一部負担するために参加費は昼食付きで3,500円と格安face02


    8時30分 飛田給駅北口ロータリーを出発


    車内で自己紹介が始まりました。参加者で最高齢(80数歳)の女性からは、「40年ほど前、自治会の親善文化委員だった時、親睦日帰り旅行を企画。行き先は偶然にも今回と同じく山梨」との現役員が知らなかった貴重な歴史を教えていただきました。




    10時10分 富士河口湖紅葉まつり会場に到着。 

    駐車場から河口湖まで歩きましたが、「紅葉まつり」と言う割には若木の紅葉ばかりicon_maro06


    「なんじゃこりゃ?」と思い、現地にあったパンフレット見ると・・・メイン会場は梨川周辺の「紅葉回廊」icon_bikkuri
    集合時間が近づいていたので、走って行って回廊入口で撮ったのが下左の写真。「紅葉まつり」ホームページには下右の様な素敵な風景がface02


    読売旅行の添乗員さん。「紅葉回廊」のことを説明しないなんてダメでしょうface09



    12時 富士浅間神社お隣のお店で昼食「ほうとう」を食べました。



    続いて、浅間神社(北口本宮冨士浅間神社)を参拝します。境内にある下右写真の鳥居から先が、富士山の聖域face05


    全員で記念写真



    信号機にも富士山がface02



    14時10分 ころ柿の里見学。



    時間があったので、お隣の恵林寺へ。






    15時20分 ぶどう狩り観光農園到着

    ぶどうの房をハサミで切ってその場で食べます。食べ放題ですface02


    食べてみると・・・



    まずいface03

    こんなまずいブドウを食べたのは久しぶりですicon_maro06

    ぶどう狩りのシーズン終盤なので、事前に旅行幹事さんが読売旅行に確認していたのにこの有様。

    企画した読売旅行立川支店もダメですが、ここまでまずいブドウを売る姿勢は、ぶどう狩り観光農園自体の印象をも悪くすると思いますface09





    16時20分 日帰り旅行の最後は、山梨なのになぜか漬物店へ。試食してみると、予想に反して(?)キムチまいう〜face05 


    値段交渉をして1,350円を1,000円に値引いてもらって買いましたface02




    19時 飛田給駅着

    みなさんお疲れ様でした。




    庄や飛田給店反省会

    参加者に書いてもらった感想を見ると、概ね好評で来年もぜひ実施してほしいという意見が大多数でした。

    でも、ぶどう狩りはほとんど全員がNGface09 シーズン終盤のぶどう狩りは絶対にお薦めしませんicon_bikkuri2


    本物ししゃも(厚岸産)が入荷したとのことなので食べてみました。普段食べているししゃもは、カラフトシシャモ(カペリン)と言って「なんちゃってシシャモ」だって知っていました? さすがに本物はうまいface02


    <参考>
    シシャモ(wikipedia)
    釧路市漁業協同組合「ししゃも大辞典」
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01富士山

    2011年07月06日

    飛行機/会派視察1日目「『鳥取方式』による芝生化事業」

    今日から3日間、自民党創政会の会派視察です。

    今回の視察地と視察目的は、1日目が鳥取市の「『鳥取方式』による芝生化事業について」、2日目が境港市の「水木しげるロードについて」、3日目が出雲市の「新エネルギーへの取り組みについて」と「滞在型観光資源の活用について」です。



    11時 羽田空港発のANA295便に乗って鳥取空港へ。

    私は、飛行機から外を見るのが大好きです。
    窓際の席に座った時には、離陸から着陸までず〜っと外、地上の風景か雲を見ています。

    ラッキーなことに窓際の席。
    窓ガラスに顔を張り付けんばかりに近づけて下を見続けます。


    (左)富士山が見えました。(右)こちらは、琵琶湖上空を通過。



    外の景色を見ていて知りたいのは、今どこの上空を飛んでいるかです。機内誌に飛行ルートは書いてありますが、見てわかるのは富士山や琵琶湖くらい。
    時々でいいから、機内テレビに飛行情報を出してもらえると嬉しいのですが・・・。




    飛行機に乗る時、もうひとつ楽しみなことが・・・


    コンソメスープです。

    ANAでもJALでも飲み物サービスの時に必ず頼んできました。
    しかも、最初からダブル(2杯)で!

    ところが、経営悪化とともに、いつの間にかスープは無くなり「ジュース、ウーロン茶、水」からの選択にface11


    仕方がないので、水にしましたicon_maro06








    12時15分 鳥取空港着。



    14時 鳥取市議会

    視察内容は、「鳥取方式」による芝生化事業について

    事業説明のビデオを見たあと、鳥取市福祉健康部健康子育て推進局児童家庭課の青木課長補佐と清水主任から話を伺います。




    「鳥取方式」とは、NPO法人グリーンスポーツ鳥取理事中野淳一(元鳥取大学農学部准教授)が考案した「芝生化」の手法です。

    簡単でわかりやすい説明はこちらblue_right鳥取方式の芝生化(pdf)


    鳥取市では、平成19年に保育園1園から芝生化が始まりました。
    年々増え続け、23年4月には公私立保育園44園中26園となっています。

    一方、小学校や公園にも芝生化が拡大しています。


    「鳥取方式」の特色は「安い」「早い」「簡単」「みんなで」です。

    「安い」
    ゴルフ場や競技場のように隅々まで手入れされた高度な芝生は必要ではないと考えていて、年間維持管理経費が㎡あたり20円~150円程度の芝生を導入しています。
    芝生化の方法は面積、環境、目的に応じて、自然型ポット苗移植ロール芝ビッグロールがあります。
    施工に関しては特殊な場合以外は暗渠排水や土壌改良などは必要ないと考えています。その代わり、勾配をつけることで表面排水を確保。




    「早い」
    ポット苗移植方式の場合、バミューダグラス系のティフトンと呼ばれる芝をポットに植え付け苗を作ります。
    40~50㎝間隔で植えつけていき、芝が横に伸びて地面を覆っていくのを待ちます。
    約2~3ヶ月後、芝で表面が覆われ、校庭の芝生が完成します。


    ③維持管理が「簡単」
    芝刈り、施肥、灌水が中心で、原則として除草や薬剤散布は一切行いません。
    blue_right鳥取方式維持管理

    「みんなで」
    住民・行政・業者が協働で行います。
    芝植え(6月)、水やり(夏場朝夕毎日)、芝刈り(年間約25回)を担当するのは保護者。施肥作業とオーバーシード作業は業者に委託。




    グラウンドを芝生化にした結果、子どもたちに変化が
    ①芝生の上で気持ちよく遊べるため、外遊びが好きになる。
    ②転ぶのを恐れず走り回るなどの活発な運動が増え、体力がUP!
    ③思い切り走り回ることでストレス発散。いじめが減った例もあるとか。
    ④運動量が増えることで、よく食べよく眠るなど、生活習慣が改善。



    (左)体力が向上した実例。(右)土踏まずや浮き指にも影響がface08





    現地調査のぞみ保育園

    あいにく園児は就寝中のため、芝生を走り回っている姿は見られずface11


    芝生は座り心地も抜群face02 (右)芝生の上をモンシロチョウが飛んでいました。




    現在調布市でも小学校校庭の芝生化に取り組んでいます。

    平成20年度に富士見台小学校の北校庭に始まり、21年度は北ノ台小、22年度に深大寺小と染地小と校庭の一部の芝生化を進めて来ました。
    23年度は第二小と布田小を予定していますが、第二小では市内で初めての校庭全面芝生化を予定しています。

    芝の種類は、夏芝はティフトン、冬芝はペレニアルライグラスです。
    布田小では改良日本芝エルトロを試す予定。

    工事費は1㎡あたり2万円から2万5千円、維持費は1㎡あたり1千円かかっています。

    現在のところ工事費については都の100%補助、維持費については3年間のみ都の1/2補助となっています。


    園庭や校庭を芝生化することで子どもたちには体力的にも精神的にも計り知れない影響をもたらします。
    しかし、従来の方式では費用がかかりすぎるため、私は導入と拡大には消極的でした。

    今回の「鳥取方式」を参考に新たな手法を導入することで、格段にコストを抑えることができれば、保育園・幼稚園・小学校の芝生化に積極的に取り組むべきだと思っています。



    校庭の芝生化の詳しい説明は芝生の可能性を探る-2芝生の可能性を探る-3をどうぞ。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01富士山

    2011年01月30日

    二重富士

    1月30日の夕方、関東地方で「二重富士」と呼ばれる珍しい現象が見られました。

    みなさんご覧になりました?
    私も富士山(特に夕焼け時の)が好きで時々見ていますが、見逃してしまいましたface11

    朝日新聞(1/31asahi.com)によると、「富士山の影が空に映り、二重に見える現象。見る人の近くに比較的暖かい空気の層があり、富士山の近くに冷たい空気層がある場合に起こる」そうです。

    消防団第一分団の仲間の津山君が、見事「二重富士」を撮影しました。
    「二重富士」はいつ起きるか予測不可能なので、大好きな富士山の写真をよく撮っている津山君でも撮影できたのは2回目だそうです。
    撮影場所は中央道深大寺バス停付近、時間は17時頃です。



    富士山に夕日が沈む「ダイヤモンド富士」(下左)を撮影していたら、偶然「二重富士」(下右)が撮れたそうです。



    私もこんな素敵な瞬間を撮ってみたいものです(普通のデジカメしか持っていませんが・・・)。


    津山君のデジブック『富士山作品集』はこちらです。
    blue_right富士山作品集1「2005~2010富士山」
    blue_right富士山作品集2「2010年夏」
    blue_right富士山作品集3「2010年冬」

    blue_right津山君の写真アルバム(購入用ですが閲覧は無料です)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02富士山

    2011年01月01日

    薬師尊ご開帳/実践倫理元朝式/初日の出/飛田給賀詞交歓会

    明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    幸多き1年でありますように、心からお祈り申し上げます。

    昨年の6月に議長に就任して、1年7ヶ月が経ちました。
    これからも、より開かれ、わかりやすく、親しみやすい議会となるために全力で改革に取組んでいきます。

    大須賀ひろすけ'ず ブログも、議会のこと、市政のこと、調布の出来事を中心にますます充実していきます。

    応援よろしくお願いしますface02







    0時20分 飛田給薬師堂のご本尊、薬師尊ご開帳に伺いました。

    薬師奉賛会(大塚哲夫会長)の役員さんが、前日31日の23時45分から2時間ほど公開していました。



    ご本尊の石造瑠璃光薬師如来立像は調布市文化財の中で史跡指定第1号です。
    像身は140㎝の正立像で、左手に薬壺を捧げ、右手は施無畏印を結び、慈悲に満ちた表情をしています。
    普段は、公開されていませんが、毎月12日に念仏講が行われるので、その時も薬師像を見ることができます。







    5時 社団法人実践倫理宏正会(田中和子調布支部長)の元朝式に出席しました。
    万歳三唱の音頭をとらせていただきました。








    初日の出icon01

    6時18分 夜明け前のきれいな朝焼けです。三日月が右上に見えます。


    6時40分 飛行機雲が見えました。


    夜明け前の神聖で静かなひと時。


    6時51分 初日の出が昇り始めました。





    見事な初日の出face02 右端の建物は文化会館たづくり。


    初日の出を浴びて輝くFC東京の聖地味の素スタジアム。1年でのJ1復帰を祈ります


    富士山も初日の出を浴びて輝いていました。



    動画レポート「初日の出@飛田給(2010)」 昨年は、初日の出の直前に、西の方角に十六夜(満月の1日前)の月が沈むという珍しい光景が見られました。






    7時 郵便ポストから新聞朝刊を持ってきました。

    1年で最も分厚い広告を見ると昔を思い出します。

    22歳の頃、1年間新聞配達をしていました。

    当時、大学に入学して4年目、家庭の不要品のリサイクル運動に没頭し、ほとんど学校に行っていませんでした。
    運動に専念するため大学をやめる決意をしました。
    反対する父親と対立したため、家を出たのです(今から思えば親の反対は当然ですが・・)。

    半年間は、つつじヶ丘の毎日新聞販売店に住み込みながらつつじヶ丘ハイム周辺で朝夕刊を配達し、続く半年間は父親と和解したため家に戻り、神代団地周辺で朝日新聞の朝刊を配っていました。

    元旦の朝刊は広告が分厚くて配るのがとっても大変でしたicon10
    新聞配達員のみなさん、ご苦労様ですface02








    10時 飛田給自治会新年賀詞交歓会道生神社で開かれました。

    飛田給自治会(板橋榮次会長)の役員さん、道生神社奉賛会(野口一盛会長)の役員さん、近所の人などが神社に集まり新年を祝いました。
    布多天神社から野澤宮司においでいただき、安泰をお祈りしました。

    道生神社


    甘酒をいただきました。


    役員さんがお社に上がり、祈願します。/安泰とご多幸を祈ってかんぱ〜いicon_wine


    役員のみなさん



    動画レポート「飛田給自治会新年賀詞交歓会(2010)」








    19時30分 かみさんの姉家族も集まって柳川家新年会を開きました。手前が私の手です。








    ケーブルテレビ「テレビ広報ちょうふ」元日号「市議会議長新年の挨拶」が放送されています。
    放送は1月1日~9日の正午~、午後4時~、8時~の1日3回です。
    地上デジタル放送対応テレビをお持ちの方は,「111ch、リモコン番号11ch」、アナログ放送は2chで見れます。
    どうぞご覧くださいface02





    2日と3日に行われる箱根駅伝拓殖大学が出場します。

    拓殖大学陸上競技部の寮は上石原1丁目にあります。
    寮は10年ほど前にでき、選手やコーチ約50名ほどが暮らし、周辺の天文台通りや関東村の公園などで練習しています。
    調布に縁のある拓殖大学をみんなで応援しましょう。





    動画投稿サイトにYouTubeがあります。
    昨年、海上保安庁が撮影した尖閣諸島での中国漁船による犯罪ビデオが投稿されたことで有名になりました。

    私も387本(1月1日現在)投稿しています。
    YouTubeのトップページの検索欄に「osuga01」と入力してください。
    一覧が出るのでお好きなのをご覧ください。


    今日から「お薦めYouTube」として、時々私が薦めする動画を紹介して行きます。
    第1回目は昨日のNHK紅白歌合戦に出場して話題になった植村花菜さんの『トイレの神様』です。

    「トイレの神様/植村花菜」



    「お薦めYouTube」にお薦めの動画があったらぜひ教えて下さい。
    icon30osuga01@u01.gate01.com 大須賀まで。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01富士山

    2010年02月07日

    四地区耐寒マラソン大会/調友会新年会/ 児童館交歓フェア



    9時30分 第18回四地区合同耐寒マラソン大会(柳本初美実行委員長)が健全育成推進4地区(染地・杉森・布田・第二小地区)委員会合同で多摩川河川敷(自然観察緑地公園)・多摩川サイクリングロードを会場に行われました。
    小中学生を中心に約700名が参加!! 風は非常に強いものの、そのお陰で富士山がくっきり見える晴天の下、子どもたちの歓声が響き渡っていました。



    red_right動画レポート「四地区合同耐寒マラソン大会」






    11時 調布市原爆被爆者の会(調友会=田邉俊三郎会長)新春の集いが総合福祉センターで行われました。被爆者の問題は決して遠方の話ではありません。都内に7,476人、調布市内には122人おられます。
    会長の田邉さんから被爆時の体験を初めてお聞きしましたが、目の当たりにした本人だからこそできる貴重な話を伺いました。当日配布された資料の中に田邉会長の「私の被爆証言と訴え」がありました。ご本人の許可を得て転載します。










    11時 第22回児童青少年フェスティバル「児童館交歓フェア」がグリーホール大ホールでありました。児童館と青少年ステーションCAPSを利用している子どもたちが、和太鼓・フラダンス・一輪車・劇・合唱・よさこい・ジャグリングなどを披露していました。
    時間の関係でプログラム8番の「西部児童館のよさこいサークル」だけ見ました。



    実は、たまたま前を通りかかったらやっているのがわかりましたが、行政側はいい事業をしているのですから、税金を1円でも投入している限り、事業の開催についてしっかりと議会にも知らせてほしいと思います。

    blue_right青少年ステーションCAPS
    blue_right児童館(市HP)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 00:01富士山