たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2017年04月26日

大須賀ひろすけ 市政報告会

<大須賀ひろすけ 市政報告会>を行います。

日時:4月28日(金)19時30分〜
場所:青少年交流館 2階 集会室
(調布市飛田給1-52-1)

報告テーマ
①調布市議会第1回定例会(3月議会)について
②調布市の平成29年度予算について
③飛田給駅南口整備事業について
④飛田給駅西側踏切拡幅について
⑤調布駅周辺の計画について(駅前広場の樹木、駅南地下駐輪場、タコ公園、グリーンホール、公共施設棟など)
⑥武蔵野の森総合スポーツプラザについて
⑦その他





※ お誘い合わせの上、お気軽にお越し下さいface02  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:50Comments(0)今日の出来事調布市政飛田給の出来事

    2017年04月25日

    国立高校第41回第九演奏会

    14時 国立高校第41回第九演奏会が府中の森芸術劇場・どりーむホールで開催されました。



    第九演奏会は、昭和51年に音楽担当だった(故)森一夫先生の発案で始まりました。
    私が2年生の時に音楽の授業から始まったと記憶しています。

    1回目は昭和52年に「新入生歓迎会」の中で演奏されましたが、2回目からは第九演奏会だけが独立して行われるようになりました。

    第27回の演奏会より、「アミュー立川・大ホール」から 「府中の森芸術劇場・どりーむホール」に会場を移して実施されています。

    近年は、指揮者・オーケストラ・ソリストにプロの演奏家を招いて、「交響曲第9番 合唱付き」の第1楽章から第4楽章までの全曲を演奏し、国高を代表する伝統行事となっています。

    第4楽章の「歓喜(よろこび)の歌」の合唱団は約400名。
    2・3年生の音楽選択生徒と美術・書道選択生徒有志で結成されています。



    Program
    ♪ベートーヴェン作曲 交響曲第九番「合唱付き」
    ♪国立高校 校歌

    指揮:曽我大介
    管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
    独唱:ソプラノ=岩下晶子、メゾソプラノ=長谷川忍、テノール=又吉秀樹、バリトン=小島聖史(国高1975年3月卒業)
    合唱:国立高校音楽選択生徒・第九サークル(美術・書道選択生徒有志)2~3年生


    (参照:当日会場配布プログラム、国立高校ホームページ「第九演奏」


    演奏と合唱に感激して・・思わず涙が出ましたicon11

    第九演奏会で「歓喜の歌」を歌ってきた代々の国高生の皆さんicon_bikkuri
    後輩たちは見事に伝統を受け継いで、素晴らしい歌声をホール一杯に響かせていましたicon_bikkuri2

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:31Comments(0)今日の出来事

    2017年04月22日

    TBSテレビ「噂の!東京マガジン」で調布駅前広場の樹木について放送

    明日4月23日(日)13時からのTBSテレビ「噂の!東京マガジン」で、調布駅前広場樹木のことが取り上げられます。

    Yahoo!テレビ番組欄によるとタイトルは「五輪の犠牲!?駅前広場の樹木99本の運命〜また五輪のため!?駅前広場の樹木99本伐採!?怒る市民!憩いの森が危機!鍵握る超有名建築家のデザインとは」


    議会事務局から議員への情報提供によると、市管理職・市民・市議会議長に取材があったようです。

    私も駅前広場の樹木については、3月の市議会第1回定例会で、一般質問しました(2017.3.17ブログ)。



    貴重な「杜」がどうなるのか大きな分かれ目です。
    ぜひ、番組を見ましょうicon_bikkuri  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 16:35Comments(0)今日の出来事テレビ・映画

    2017年04月20日

    調布災害防止協会 総会

    17時30分 調布災害防止協会(齊藤亀三会長)の平成29年度定時総会がクレストンホテルで開催されました。


    齊藤会長の挨拶



    災害防止協会の会員の皆さんは、日頃、災害予防思想の普及啓発と消防施設の整備改善にご努力なさっています。

    首都圏直下地震、立川断層地震など、いつ調布が地震に襲われても不思議ではありません。
    市と連携しながら、災害に強いまち、より安全で安心なまちづくりのために、これからもご尽力をよろしくお願いします。


    ちなみに、調布消防署本署は、建て替えのため、3月13日から上石原3丁目の警視庁第七機動隊跡地に仮庁舎を建てて運用しています。






    新庁舎の完成・事務開始は平成31年10月の予定です。





    また、国領出張所も現在建て替え中で、新庁舎の完成が6月、事務開始が7月の予定です。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事

    2017年04月19日

    自民党22選挙区支部総会と都議選決起集会

    自民党東京第22選挙区(調布・狛江・三鷹・稲城)支部総会と都議会議員選挙決起集会が開催されました。

    19時 自民党東京第22選挙区支部総会が開かれました。

    司会は調布総支部・金子日出澄幹事長


    伊藤達也支部長挨拶



    平成28年度活動報告・会計報告、平成29年度活動計画(案)・予算(案)、役員改選(案)、決議(案)などすべての議案が満場一致で承認・可決されました。


    伊藤衆議院議員の秘書・内川直樹さんが事務局長に就任しました。



    続いて、都議選決起集会が開催されました。


    来賓挨拶
    中川雅治・参議院議員


    丸川珠代・オリンピックパラリンピック担当大臣。さすが、2020オリンピック・パラリンピックと2019ラグビーワールドカップのバッジがちゃんと付いていますface02


    清原慶子・三鷹市長


    高橋都彦・狛江市長



    立候補予定者・決意表明

    栗山よしゆき・都議会議員(北多摩第3選挙区=調布市・狛江市)


    こいそ明・都議会議員(南多摩選挙区=多摩市・稲城市)


    加藤浩司・三鷹市議会議員(三鷹市選挙区)。吉野利明・都議会議員の後継者です。



    ガンバローコール
    リーダーは、調布総支部・鈴木宗貴青年部長


    全員の当選を目指して頑張りましょうicon_bikkuri


    閉会後、22選挙区支部長の伊藤達也・衆議院議員もしっかり後片付けを手伝っていましたface02

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02Comments(0)今日の出来事

    2017年04月19日

    栗山よしゆき都議会議員 地域廻り

    栗山よしゆき都議会議員と地域廻りを行いました。




    狭くて危険な飛田給駅西側踏切は西側に約3m拡がる予定です(2017.1.17ブログ「飛田給駅西側踏切拡幅検討案 提示」)。
    飛田給地域最大の課題が実現するまで栗山議員の力が必要です。

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2017年04月18日

    健全育成飛田給 総会

    19時 健全育成推進飛田給地区委員会総会が飛田給3丁目の西部ふれあいの家で開かれました。



    会長に大河原幸子さんが就任しました。



    健全育成地区委員会は、小学校区毎に学校・PTA・地域が連携しながら、子どもたちの健全育成を目的に活動しています。

    地域によって活動内容は違いますが、飛田給地区委員会では、調布中学校での桜まつりと調布中・第五中でのあいさつ運動への参加、社会を明るくする運動・有害環境調査・地区親善ソフトボール大会・西部児童館まつり・地域運動会などへの参加、飛田給小創立記念事業「ゆずりは祭り」の手伝い、委員研修・親子音楽会・デイキャンプなどの活動を行っています。

    さらに、1年を通じて飛田給小の校門でのあいさつ運動、毎週土曜日(夏休み期間中は水曜日を除き毎日)に子どもたちのソフトボールの練習、毎月第2・4土曜日には夜間パトロールをしています。

    私は引き続き、あいさつ運動の木曜日を担当しますface02
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2017年04月17日

    調布市ミニバス西ルート 飛田給駅バス停 北口から南口へ変更

    調布市ミニバス西ルート(飛田給駅北口〜調布駅南口)で、経路とバス停の一部が変更されました。

    飛田給駅南口の駅前広場・商店街通り(調布3・4・33号線)の整備が完成し、3月27日に駅前広場が供用開始となっていました(2017.3.27ブログ)。

    その後、京王バスが試験運行を行い、警察との協議が整ったので、本日から飛田給駅バス停北口から南口へ変更となりました。




    また、発着場所の変更に伴い「飛田給駅入口」バス停は廃止となりました。


    京王バスホームページより)



    blue_right【調布市ミニバス(西ルート)】経路変更のお知らせ(京王バスホームページ)
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 13:18Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2017年04月17日

    飛田給駅朝の挨拶/栗山よしゆき事務所 開所式

    7時 飛田給駅北口で栗山欽行・都議会議員、栗山剛・狛江市議会議員と一緒に朝の挨拶をしました。




    栗山(旧姓:村山)剛・狛江市議会議員は飛田給生まれ・飛田給育ちで、私が平成8年に消防団第1分団に入団したときの分団長です。




    その後、狛江市の栗山家の養子となり、栗山欽行狛江市議(当時)が都議へ転出した後の後継者として市議会議員を務めています。

    blue_right栗山剛 Facebook



    9時 栗山よしゆき事務所開所式が行われました。




    6月23日告示、7月2日投開票で行われる議会議員選挙に栗山欽行(よしゆき)都議は2期目の挑戦をする予定です。

    blue_right栗山よしゆきブログ

    blue_right栗山よしゆき Facebook

    blue_right栗山よしゆき Twitter


    <栗山よしゆき事務所>
    調布市国領町7-18-12 調布ガーデンB棟1-B号室

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 12:27Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2017年04月16日

    熊本地震から1年

    熊本地震の本震から1年が経ちました。

    熊本地震は4月14日21時26分の前震、4月16日1時25分の本震と、震度7が初めて連続して観測された未曾有の災害でした。

    熊本県益城町災害ボランティアセンターまで軽トラックを届けるため、5月10日に山梨県大月市を出発し、11日に益城町に到着しました。
    12日は熊本市災害ボランティアセンターを訪ね、調布の神金自転車・森田純一さんから寄贈された自転車を届け、その後、戸建住宅の瓦礫の撤去を行いました。

    blue_right熊本地震支援活動(1)経緯
    blue_right熊本地震支援活動(2)事前準備
    blue_right熊本地震支援活動(3)軽トラック搬送 前半
    blue_right熊本地震支援活動(4)軽トラック搬送 後半
    blue_right熊本地震支援活動(5)宇土市役所/熊本市災害ボランティア








    瓦礫を撤去した一人暮らしの高齢女性Nさんや一緒にボランティアをした熊本市のKさんはお元気でしょうか。
    森田さんの自転車は元気に活躍しているのでしょうか。

    地震が起きる度に、「教訓を学ばなけらばならない」と言われますが、阪神淡路大震災・新潟県中越地震・東日本大震災から、約1,000年前の貞観地震以降の災害から学んだ教訓、生かされていない教訓は何でしょうか。
    改めて考える機会にしたいと思います。


    熊本の地元新聞・熊本日日新聞公式サイト「くまにちコム」で読むことができます。

    東京発の大手新聞とは異なる、被災地の視点からの記事を一度ご覧ください。


    blue_right熊本地震関連ニュース一覧




    blue_right熊本日日新聞紙面 1面・社会面(2016年4月15日号外〜5月14日朝刊)


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02Comments(0)今日の出来事熊本地震

    2017年04月16日

    J1リーグ第7節 FC東京VS.浦和

    J1リーグ第7節 FC東京VS.浦和戦が味の素スタジアムで行われました。
    結果は0-1で負けicon_maro06

    「今シーズンこそ優勝!」との思いから、負けた試合はブログに書かないつもりでしたが、第5節鳥栖戦では3-1からの同点悲劇、第6節ではJ1で8戦全勝だった札幌相手に初勝利を献上するなど・・このままではせっかく写真を撮ってもブログで使えないかも・・・icon10

    そこで、負けてもブログに載せることにしましたface03
    意志が弱くてごめんなさいface16


    icon37「You'll never walk alone〜」


    浦和サポーターのブーイングが凄過ぎですface08
    こうところを含めて、どうも浦和サポは好きになれなせんface07



    選手入場に合わせて一斉にカラーシートを掲げ、コレオグラフィー(人文字)を描きます。


    カラーシート


    自分の席からは何を描いているか分かりませんでしたが、帰宅してDAZN(スポーツ専用インターネット動画配信サービス)で観てみると・・青と赤のモザイク模様でした。



    14:04 キックオフ


    FC東京・林と浦和・西川、両チームのゴールキーパーが日本代表のせいか、NHKはゴールキーパー専門カメラを導入して、BS102chをキーパー専用チャンネルとして放送しました(NHKホームページ



    前半14分 浦和に1点取られて前半終了。


    ハーフタイム

    味スタの最高気温が26.3℃face08Jリーグホームページ)だったせいか、散水機で水を巻いていました。



    熊本地震本震からちょうど1年を迎え、大型スクリーンでJ2熊本の巻誠一郎選手がメッセージを届けていました。


    会場でスピーチの内容がよく聞き取れなかったので、帰宅してからインターネットでメッセージ動画を探しましたが、FC東京ロアッソ熊本のホームページにもどこにも見つかりません。


    巻選手は全国の1人でも多くの人にメッセージを届けたかったのではないでしょうかicon_bikkuri
    せめてJリーグのホームページに載せるか、YouTubeで公開しても良いのではicon_bikkuri2


    昨年7月にヴェルディvs.ロアッソ熊本戦を味スタで観ましたが(2016.7.31ブログ)、ヴェルディサポーターの友情に感激しましたface01


    「チカラをひとつに。-TEAM AS ONE-」じゃないんかいface09


    後半

    後半5分 橋本がペナルティエリア手前から強烈なシュートを放つ。だが、惜しくも左のポストに嫌われるface11





    後半10分 敵陣中央の左からのFKを東が蹴る。ボールは直接ゴールに向かうが、右のポストにはじかれてしまうface11face11


    (参照:Jリーグホームページ テキスト速報


    観衆は38,248人。



    結果は・・ゴールポストに2回も嫌われて、0-1で敗戦face11
    2004年9月以来、味スタでの対浦和戦の戦績は3分け8敗、浦和に公式戦7連敗となってしまいましたface07


    【ハイライト映像】 J1リーグ第7節 4/16(日)浦和戦(YouTube-fctokyochannel)



    選手・監督コメント

    FC東京ホームページより

    《林彰洋選手》
    「失点は本当に残念だし、悔しい。
    失点に関しては、2つの場面でミスがあったと思う。 
    1つは、ゴール前での距離感や準備について。
    もう少し立ち上がりから、相手の強さや出て来る速さを感じ取っていれば、上手く距離をとって、身体の向きを含めて準備ができたはず。
    もう1つは、攻めている時の奪い合いで相手を抑えきることができなかった。
    2つ、3つとプレスを掛けきれず、そのまま僕たちのゴール前まで攻め込まれてしまった。
    ただ、2つのミスはあったけれど、それを差し置いても追いつけるチャンスはあったと思う。
    僕たちのチームは今こそ、変わるべきだし、変わることのできる可能性をすごく感じた。 前線はさらにアグレッシブに、後ろはより強固に、全員で変わっていけるはず。その意味で手応えのあったゲームだった」

    《阿部拓馬選手》
    「負けたことが悔しい。特に得点を奪えずに終わったので…。
    (今日の攻撃面に関して)
    奪ったあとに積極的にショートカウンターを仕掛けていくことと、落ち着いてボールを回しながら相手の背後を狙うこと、その両方を意識していた。個人的には、ピッチに立つ選手の特長を活かすことも心掛けていた。
    実際にチャンスもあったが、最後の精度が課題だと思う。
    立ち上がりに自分にも絶好のシュート機会があり、あそこでしっかりと決めなければいけなかったと反省している。
    この試合に向けて、チームとしてどのように戦うかを、みんなで話し合ってきた。そのベースはできていたと思う。
    ただ、得点を取らなければ勝てない。そこは改めて話し合い、次への課題としたい」


    Jリーグホームページより)

    [ 森重 真人 ]
    非常に残念だった。自分たちがしっかりした展開ができていたし、手応えを感じながら序盤から進められた。90分を通して悪くはなかった。でも結果が付いてきていないので、いろんなことの説得力がない。そんなにたくさんのことを今は言う必要はない。
    今日はもう一度やるべきことを確認して試合に臨んだ。結果が出なかったので何とも言えないけど、1つ言えるのは悪くなかった。チャンスもあったし、ありきたりだけど、そこで決められれば勝てた。何とも言えないですね。

    [ 東 慶悟 ]
    ポジティブにとらえたい試合。シノさん(篠田 善之監督)がやりたいことを表現できたことは、チームにとって大きい。これをベースに積み上げをもう一度スタートしたい。いろんな選手が今季は加入して、いろんな意見や思いもあって、正直まとまりにくいところもあった。でもその中で、もう一度1つになることを求めた。忘れてはならないことが絶対にある。それを今日は表現できた。
    それプラスアルファで、最後の精度や個人の発想を見せられるか。そこを練習から求めたい。負けは悔しいけど、ポジティブに前を向いていきたい。

    [ 篠田 善之監督 ]
    どの試合も負けることは悔しい。何とも言えない感情がある。ただ、いろんなことをポジティブに考えていきたい。試合は立ち上がりからしっかりプレスに行く形がうまくいった。決定機もあったが、決めるかどうかで試合は左右される。相手はワンチャンスを決めた。そこのあたりはわれわれはまだまだ。ただ前回(前節・札幌戦)の敗戦に比べれば、ポジティブ。いろんなことを考えてやっていきたい。

    --昨季の対戦時と比べて、ポジティブな部分は?
    去年の敗戦と比較すると、負けは負けだけど、しっかりと90分意図することができた。逆に守備ブロックを作られたときに、崩すプレー、パス、ドリブル、クロス、とできていなかったところもある。ポジティブにというのは、1失点で進められたこと。追い付ければ攻撃にギアを入れたかったけど、守備の交代も入れないといけなかった。みんな今週1週間、しっかりトレーニングできた。勝たせることができなかったのは、私がまだまだな部分。

    --立ち上がりからプレスが機能し、後半も押し込んだ。ポストに当たったシュートも2つあった。ただ、それ以外にゴールチャンスが少な過ぎた。
    おっしゃるとおりで、前半、阿部(拓馬)がGKと1対1になったところもあった。一番前半で気になったのは、例えば永井(謙佑)が仕掛ければ槙野(智章)選手が嫌がって相手が下がるような場面で、クロスを入れていったところ。運べるところは運ばないといけない。あのまま仕掛ければペナルティエリアに進入していけたし、相手は嫌がる。いろんな要素があるが、ボールを前に運ぶ、そこはなかなか見せられなかった。

    前回の札幌戦でも、DF5枚で守られたときに見せられなかった。もう少し運ぶことは全体でやっていかないといけない。ただ全てがダメではなくて、ゴール前まで行けているのはチャレンジもしているから。そこはやりながらやっていくしかないと思います。


    次の試合は、J1リーグ 第8節 vs.アルビレックス新潟(Away) 4月22日(土) 4:00pmキックオフ 【TV放送】DAZN
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事FC東京熊本地震

    2017年04月16日

    飛田給駅南口広場完成記念感謝デー

    3月27日に飛田給駅南口広場が完成して供用開始となった(2017.3.27ブログ)ことを記念して、飛田給駅南口商店会が商店街の一角で「飛田給駅南口広場完成記念感謝デー」を行いました。




    11時 お手伝いのため集合。


    12時 イベントスタートicon_bikkuri


    私も綿あめを作ってみました。
    やってみると、結構大変ですicon10
    無料だから良かったですが、有料だったら売り物にならなかったでしょうface07



    伊藤達也・衆議院議員がお見えになり、綿あめと焼きそばのお手伝いをしました。
    どんな味がしたのでしょうface02



      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:40Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2017年04月15日

    東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグ歓迎セレモニー

    都内の自治体を巡回している東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグが調布市にやってきました。

    「オープニングセレモニー」と「フラッグ歓迎セレモニー」が、味の素スタジアムのペデストリアンデッキで行われました。



    9時30分 オープニングセレモニー

    調布中学校・和太鼓部の演奏



    第五中学校・吹奏楽部の演奏






    10時 フラッグ歓迎セレモニー

    調布市長、市議会正副議長、市体育協会会長らのほか、アンバサダー(大使)として三宅義信さん(1964東京オリンピック・ウエイトリフティング金メダル)と中嶋亜弥さん(リオオリンピック・ラグビー女子セブンズ日本代表)、ゲストとして藤丸真世さん(調布市出身、元アクラブ調布、アテネオリンピック・シンクロ銀メダル)、紙屋十磨さん(調布市出身、いわて国体ウエイトリフティング少年男子56kg級トータル優勝)、山崎悠麻さん(調布市職員、日本障がい者バドミントン選手権でシングルス・ダブルスの2冠、現在世界ランキング8位)が参加しました。




    三宅さんの挨拶:(参照:東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアーFacebook
    私の夢であったオリンピック。東京1964大会では、24歳で選手として出場しました。
    今では、78歳になりましたが、東京2020大会に向けてフラッグツアーアンバサダーとして、夢のオリンピックに関われることをうれしく思います。
    東京1964大会のマラソン競技では、アベベとともに円谷選手が走りました。マラソンの折り返し地点だったこの調布市で、東京2020大会に向けてみんなで盛り上げていきましょう。



    最後に、駆けつけた市民も一緒に記念撮影をしました。



    会場で素敵な再会があったのです。

    昨年6月から郷土博物館が「1964年東京オリンピックの思い出と体験談」を募集しています(調布市ホームページ)。

    市内に在住の女性が、1964東京オリンピック・ウエイトリフティング金メダルの三宅義信さんのサインの入った額を提供しました。

    本日のセレモニーに三宅さんが参加することを知った担当職員がサイン入りの額を持ってきたのです。
    提供した女性も参加して、1964年東京オリンピック以来、53年ぶりに「三宅さんとサイン」再会が実現しました。
    三宅さんは53年前のサインが入った額を手にして、とっても喜んでいましたface02





    オリンピック・パラリンピックフラッグは2セット製作し、2ルートで東京都内62区市町村を巡回しています(東京都ホームページより


    東日本大震災で被災した東北3県(岩手県、宮城県、福島県)をはじめ全国にもフラッグを届ける予定です。


    なお、セレモニーで引継いだフラッグ展示を行います。
    日時:平成29年4月15日(土)から4月21日(金)まで
    場所:文化会館たづくり1階・エントランスホール
      

  • 2017年04月14日

    春の交通安全運動7日目

    7時20分 春の交通安全運動7日目。

    マンションのエレベーターを降りると・・・

    黄色い旗を持っていませんface08
    玄関に忘れてしまいましたface11


    旗がなければ旗振りの意味がありませんface07
    う〜ん、年のせいでしょうかicon_maro06


    交通安全運動は4月6日に始まりましたが、晴れ時々曇りや薄曇りの天気が多く、初めての快晴ですface02

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2017年04月13日

    市議会広報委員会

    14時 市議会広報委員会が開かれました。


    協議事項は
    ①市議会だより第229号の発行について
    ②市議会だより・ホームページの改善案について


    市議会だより第229号は、5月5日(金)に発行され、市報と一緒に全戸配布されます。
    記事の内容・写真などについて協議と確認がされ、それぞれ決定しました。

    市議会だより・ホームページの改善案についても協議され、すべての改善案について結論が出されました。


    今期の広報委員会は一昨年6月の第2回定例会で発足し、ひとつひとつ改善に取り組んできました。
    例えば・・

    <市議会だより>
    読みやすい字体への変更。
    1面では、「ちょうふ市議会だより」の題字の変更、「会期日程」と「主な内容」の表記の変更、編集のあり方を改善。
    一般質問では、原則質問議員全員の本文中写真掲載、QRコードの導入、写真スペースを半分にして質問・答弁の文字数増(第229号より)。
    代表質問では、会派人数に応じた文字数への変更、本文中の写真掲載(希望会派)・QRコードの導入(いずれも第229号より)。
    その他、行政視察受け入れ状況の掲載。
    など

    <市議会ホームページ>
    議長メッセージの掲載
    行政視察受け入れ状況の掲載
    など

    2年間の任期の間に、これほど積極的に改善に取り組んだ広報委員会(かつては市議会だより運営委員会)を知りません。
    委員長という要職を務めましたが、正副議長を始め副委員長・委員の皆様のご理解・ご協力に改めて感謝しますface02


    ※「ちょうふ市議会だより」へのご意見・ご要望をお聞かせください。
    議会事務局⇒gikai@w2.city.chofu.tokyo.jp
    大須賀⇒osuga01@u01.gate01.com

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02Comments(0)今日の出来事

    2017年04月13日

    調布駅の新商業施設「トリエ京王調布」の詳細発表!

    14時 調布駅周辺で建設中の商業施設「トリエ京王調布」2017年秋に開業することになり、運営会社の京王電鉄から建物概要フロア構成店舗リストなどが発表されました。


    トリエ京王調布は、A・B・Cの3館から構成されます。

    調布駅中央口と東口の出入り口を兼ねるA館は「街の玄関口」の機能を有し、スーパーマーケット成城石井・とんかつまい泉など、ファッション・雑貨・食物販・カフェ・レストランの専門店63店が出店します。

    B館の核テナントは大型家電量販店のビックカメラで、集客の拠点となります。

    C館のメインは「映画のまち調布」を体現するシネマコンプレックス=複合型映画館「イオンシネマ シアタス調布」(11スクリーン、総座席数約1,650席で都内最大級)で、猿田彦珈琲などの飲食店も出店します。

    3館合わせた店舗数は72店舗です。


    名称:トリエ京王調布
    tri(3を表すラテン語)と tré(樹木を表すアイスランド語)の造語です。
    3館から成る施設が調布の地に育まれる3本の大樹として街と共に成長していきたいという想いが込められています。

    運営会社 :京王電鉄株式会社

    開業日 :2017年秋(日にち未定)


    A・B・C館位置図(写真を除く以下のイメージ図・店舗リストなどは、京王電鉄ホームページ「2017年秋、調布駅の商業施設「トリエ京王調布」が開業!」から引用)


    A・B・C館イメージ図



    A・B・C館 建物概要・フロア構成



    A館(地上5階)
    スーパーマーケット成城石井・とんかつまい泉・京王百貨店のサテライト店舗など、ファッション・雑貨・食物販・カフェ・レストランの専門店63店舗が出店します。成城石井は関東エリアでは最大規模です。

    イメージ図


    写真(撮影日:2017.4.12)


    A館東(新宿)側



    店舗リスト




    現在の京王線調布駅の中央口と東口がそのまま入ります。

    中央口(写真:一部修正)


    東口




    B館(地上4階)
    1階〜4階の全階に大型家電量販店ビックカメラ、1階に飲食店が入ります。ビックカメラの売り場面積は約4,700㎡で、約4年ぶりとなる都内への新規出店です。


    イメージ図


    写真(撮影日:2017.4.12)



    調布駅広場口からB館


    B館からA館


    B館西(府中)側




    C館(地上5階・地下1階)
    「映画のまち調布」を体現するシネマコンプレックスやオーナーが調布市出身・在住で珈琲焙煎工場併設の「猿田彦珈琲」などカフェやレストランなどが入ります。


    駐車場 :約330台(C館に併設、地下1階〜地上4階)

    イメージ図


    写真(撮影日:2017.4.12)



    C館西(府中)側


    C館と桜



    イオンシネマ・シアタス調布のロゴ


    劇場イメージ



    シネマコンプレックス概要
    ◯名称:「イオンシネマ シアタス調布」。シアタス=映画館(シアター)に新たな付加価値を“足す”という意味を込めて命名。
    ◯特徴:総座席数約1,650席の大型シネマコンプレックス。座席がさまざまなパターンで動くモーションやミスト、雨、煙、風、香り等の演出により、まるで映画の中に入り込んだような、新次元の体感型アトラクションシアター「4DX」を導入。
    ◯スクリーン数:11スクリーン
    ◯総座数:約1,650席
    ◯最大劇場:約530席(都内シネコン最大級)

    「映画の上映だけでなく、音楽コンサート、スポーツ、演劇、ゲームなど、さまざまなコンテンツを上映する劇場。地域のお客さまに映画上映以外の場を提供し、地元との連携や貢献を担っていく劇場――。 そんな新しいシネコンのスタイルをご提案してまいります。」(イオンエンターテイメント・ホームページより)



    調布市は、昭和30年代には「東洋のハリウッド」と称されるほど「映画のまち」として発展を遂げ、現在も市内には、角川大映スタジオ日活調布撮影所高津装飾美術など数多くの映画・映像関連企業が集積し、映画やテレビドラマ、CMなどの撮影や制作が行われています。(下写真:2011.10.28ブログ「角川大映撮影所新スタジオ見学会」より)


    しかし、2011年9月に調布パルコ内の「パルコ調布キネマ」が23年間の営業を終えた後は、「映画のまち」なのに『映画館がない』状態が続いていましたface11
    6年ぶり映画館復活しますface02face02

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 18:06Comments(0)今日の出来事

    2017年04月13日

    春の交通安全運動6日目/あいさつ運動@飛田給小学校

    7時30分 春の交通安全運動6日目(4月6日に始まりましたが、飛田給地区は土日お休み)。

    飛田給自治会役員の1人(書記)として、品川通りの飛田給駅南口交差点の横断歩道南側で旗ふりです。


    横断歩道を渡る飛田給小学校と第五中学校の子どもたちの見守りはもちろんしていますが、同時に社会人や学生さんにあいさつ運動もしています。

    駅に向かって横断歩道を渡る人には「行ってらっしゃい!」
    駅方向から来る人には「おはようございます!」



    8時近くになると府中東高校の生徒がやって来ます。学校は府中市押立町4丁目にありますが、最寄り駅は飛田給駅です。

    有名な卒業生は、モデルでタレントのローラさん。
    ちなみに、私の3歳年上の姉も卒業生で、しかも第1回の卒業生です。


    意外かも知れませんが、駅への通勤通学の人も府中東の高校生も「おはようございます!」と言ってくれる人、会釈してくれる人、うなずく人など、何らかの挨拶を返してくれる人が少なくないのですface08



    8時からは飛田給小学校校門であいさつ運動です。


    健全育成推進飛田給地区委員会では、平成17年から飛小であいさつ運動を実施しています。
    当時は毎日全員で校門に立っていましたが、現在は、日替わりで当番を決めて行っています。
    ちなみに、木曜日の当番が私。

    新年度になって初めてです。
    ピカピカの1年生は本当に輝いていますface02
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 18:00Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2017年04月12日

    第1分団 ポンプ車操法訓練

    20時 調布市消防団第1分団ポンプ車操法訓練のお手伝いに行きました。



    操法大会は2〜3年に1度行われます。
    前回2015年の操法大会(2015.9.12ブログ)の指揮者が退団して市外に転出して、指揮者を経験したことのある現役団員がいなくなってしまいました。

    直近の指揮者経験者は、4年前・2013年大会の私face08で、次が2010年大会の石坂・元分団長です。
    そこで、異例なことですが、OBの私と石坂・元分団長が指揮者を指導することになりました。

    この日、昼は暖かかったのですが、夜はかなり寒くなりました。
    おまけに、強風と雨も降り出して・・・最悪のコンディションですface11

    団員が温かい缶コーヒーを買ってきてくれました。
    思いやりに感謝しながらいただきますface02



    大会までの間、老体とブー体に鞭打って頑張りますface15

    ちなみに、今年の操法大会は7月1日(土)に開催されます。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02Comments(0)今日の出来事消防団

    2017年04月12日

    野川 桜のライトアップ

    野川ライトアップに行ってみました。

    10年ほど前に行ったことがありますが、久しぶりです。


    野川の桜のライトアップは、かつて調布市佐須町の野川沿いにあった撮影用照明機材のレンタル会社、株式会社アーク・システムさんが、平成3年頃、会社敷地内に咲く1本の桜を従業員の花見用にライトアップしたのが始まりです。

    2002年に会社は市内富士見町へ移転しましたが、地域のボランティアや関係者などの協力を得て、地域住民への感謝の気持ちを込めて開催しているもので、富士見町に移転してからは今年で14回目を迎えます(2011年=東日本大震災の年は中止)。

    1年に1日しか開催されないイベントで、ライトアップされた桜はとっても幻想的ですface05

    テレビで取り上げられてから評判となり、今や調布市内のみならず東京周辺から訪れる人は2万人を超えていると言われています。

    (写真撮影:2010年、osuga-YouTube 調布の桜⑥「野川・他」より)



    現在は、野川沿いの佐須町2丁目・3丁目・4丁目エリア、榎橋(三鷹通り)〜大橋(祇園寺通り)〜細田橋間の約650mの両岸に咲く93本の桜をライトアップしています(下地図:アーク・システム株式会社 ホームページより)。




    18時15分 90歳のと一緒に佐須町4丁目の実家を出発です。


    ライトアップ最下流の細田橋に着くと、すでにたくさんの人がface08



    野川東側の遊歩道を上流に向かって歩き始めます。ライトアップされ幻想的な桜ですface05



    60mほど歩くと・・・「もう疲れちゃったface07」と母。
    昼間、パーマ屋さんまで往復歩いたようで、これ以上無理な様子です。


    中間地点の大橋(祇園寺通り)くらいまで行けるかなと思っていましたが・・(下:GoogleMap)



    帰る途中、「お腹がすいたので何か食べたい」と言うので、食事をすることに。

    朝寿司さんが定休日なので、車で大漁旗(調布ヶ丘2丁目)へ。


    ライトアップ最上流の三鷹通りの榎橋から。



    大漁旗にて。大好きなお寿司を食べて嬉しそうface02



    帰り、三鷹通りは渋滞face11


    榎橋付近の様子。



    お袋さんは、ライトアップされた素敵な桜を観て、美味しいお寿司を食べて、満足そうに帰っていきました。
    91歳の来年も一緒に観に行こうねface16



    osuga-YouTube 調布の桜⑥「野川・他」 (撮影:2010年、野川の桜は1:21~/5:03)




    母と食事をした後、OBとして消防団第1分団のポンプ車操法訓練の手伝い(2017.4.12ブログ「第1分団 ポンプ車操法訓練」)に行ったので、桜の写真が少ししか撮れませんでしたface11

    幻想的な桜の写真を調布市ホームページ「野川の桜ライトアップが行われる」からお借りします。



    当日は約2万6千人が訪れたそうですface08
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事

    2017年04月12日

    春の交通安全運動5日目

    7時30分 春の交通安全運動5日目。
    小さな女の子が旗ふりのお手伝いをしてくれましたface02



    昨日の雨と寒さにもめげず、品川通り沿いの鹿島建設技術研究所の桜がまだ頑張っていましたicon31


    今晩、ライトアップされるの野川の桜も頑張れ〜icon31icon31  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:37Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事