たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2016年01月11日

成人式

今日はグリーンホール大ホールで成人式が開かれます。

市と教育委員会の主催ですが、第2部のアトラクションは若者を中心とした成人式実行委員会が企画・運営しています。

プログラムは・・・
第1部:式典 
①和太鼓演奏(姉妹都市木島平村「鬼島太鼓」) ②国歌斉唱 ③主催者挨拶(市長) ④来賓挨拶(市議会議長) ⑤来賓紹介 ⑥はたちの主張(新成人代表)

第2部:アトラクション
①チアリーディング(白百合女子大学) ②ダンス(桐朋学園芸術短期大学有志) ③市制施行60周年記念映像上映 ④FC東京選手からのビデオメッセージ ⑤「ケラケラ」ライブ ⑥抽選会

対象者は、平成7年4月2日から平成8年4月1日までに生まれ、調布市の住民基本台帳に記載されている人です。
かつて市内に居住していたなど、現在住民登録のない新成人も参加可能ですが、参加記念品はもらえません。
対象者数は、男性が1,120人(昨年1,181人)、女性が984人(昨年1,080人)の計2,104人(昨年2,261人)。

出席者数・出席率は、男性554人・参加率49.5%(昨年589人・49.9%)、女性504人・参加率51.2%(昨年553人・51.2%)の計1,058人・参加率50.3%(昨年1,190人・52.6%)、市外からの参加者105人でした。



グリーンホール小ホールと調布駅南口広場では、市立中学校関係者(PTA・同窓会など)により「新成人を祝う会」が開かれました。
新成人の中学生当時の写真や恩師からのメッセージなどが掲示されていました。

調布駅南口広場の様子。


息子と娘の母校、調布中/私の母校、神代中


第三中/第四中


第五中/第六中


第七中/第八中



「大人の階段」を上がって会場へ入ります。(写真:成人式実行委員会Facebookより)




14時 成人式が始まりました。

手話通訳と要点筆記がついています。



式典のオープニングは、姉妹都市・長野県木島平村の和太鼓集団鬼島太鼓

鬼島(きじま)太鼓は小学校2年生から高校3年生までのアマチュアチームですが、「東京国際和太鼓コンテスト」で史上初、3回の全国チャンピオンになっています。




国歌斉唱の時、奇声を発しているバカ者がいました。
市長は主催者の代表です。
挨拶する時に、一言ぐらい注意しても良いのでは・・・。

来賓挨拶をする鮎川・市議会議長。



新成人代表・志村光さんによる「はたちの主張」
志村さんは飛田給小学校入学からよく知っています。とても素敵なスピーチでした。




第二部アトラクション

市制施行60周年記念映像が上映され、味の素スタジアム、多摩川、武者小路実篤記念館、深大寺、日活創立100周年記念手形モニュメントなどが紹介されました。




FC東京選手(田邉選手、吉本選手、羽生選手、東選手)からのビデオメッセージ





白百合女子大学チアリーディング部「RECKLESS」




桐朋学園芸術短期大学有志によるダンスステージ




抽選会。ミス調布がお手伝い。
景品は、FC東京開幕戦観戦チケット、木島平村観光協会クーポン券・新鮮屋商品券・木島平スキー場リフト券(15,000円相当)、パノラマランド木島平ペア宿泊券・リフト券(35,000円相当)でした。
今年は木島平村との姉妹都市盟約30周年の年でもあることから、木島平村や木島平村観光株式会社などにご協力いただきました。



第2部の最後は、3人組音楽ユニットケラケラコンサート

ボーカル担当のMEME(メメ)さんは、白菊幼稚園〜第一小学校〜調布中学校〜都立神代高校と、生まれも育ちも生粋の“調布っ子”。


調布中では吹奏楽部の部長を務めました。ちなみに、担当楽器はフルート。
3曲目のスターラブレイションで調布中吹奏楽部(現役・OB・OG)とのコラボレーションが実現しました。






フィナーレで挨拶をする実行委員会の皆さん。お疲れ様でした。




参加記念品は、実行委員会作成のオリジナル情報誌、オリジナル図書カード(1,000円)、エコバッグ、各種パンフレット。




新成人の前途に幸あれface02



ちなみに、成人式の予算は312万9千円。
内訳は報償費55万4千円、委託運営費(案内状、印刷、記念品)240万円、諸経費17万5千円。




MEMEさんのTwitter



スターラブレイション 「フジテレビ木曜劇場『ラスト・シンデレラ』主題歌」(YouTube)




0sugaYouTubeアーカイブ:「調布市成人式(2010)」



0sugaYouTubeアーカイブ:「桐朋学園芸術短期大学ダンスパフォーマンスin調布市成人式(2010)」



0sugaYouTubeアーカイブ:「鬼島太鼓『青春を弾つ』in調布 ①」

  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事調布市政

    2016年01月05日

    新春のつどい

    14時 新春のつどいがグリーホール小ホールで開催されました。

    新春のつどいは、市と商工会が共催で行っていて、2千円の参加費を払えば誰でも参加できます。
    事業費は、参加費で賄っているので、公費負担はありません。


    市商工会・栁澤勇会長の主催者挨拶



    来賓祝辞

    鮎川有祐・市議会議長


    栗山昇・都商工会連合会副会長(狛江市商工会会長)


    伊藤達也・衆議院議員


    栗山欽行・都議会議員



    ミス調布が鏡開きをお手伝い。


    永易正敏・市消防団長の発声で乾杯


    懇談中


    上布田はやし連によるお囃子の演奏と舞いが正月気分を盛り上げます。



    瀧栁嘉市・市商工会副会長の音頭による万歳三唱で閉会となりました。



    OsugaYouTubeアーカイブ:「平成22年新春のつどい」





    新年会の帰りラーメンがどうしても食べたくなり、上石原の大鉢亭さんへ。
    すりばち辛口ネギらーめんをいただきました。飲んだ後のラーメンは至福の味がしますface02

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事調布市政

    2015年11月08日

    調布市制施行60周年記念式典/調布マルシェ

    10時 調布市制施行60周年記念式典がグリーンホール大ホールで開催されました。

    調布市は、昭和30年(1955年)に調布町と神代町が合併し、都内で8番目の市として誕生。
    約4万5千人でスタートした人口は、現在約22万6千人となりました(市ホームページ)。


    会場入口にて。桐朋学園大学学生さんによる弦楽四重奏でお出迎えです。


    同じく桐朋学園大学学生さんによるファンファーレで幕開け。



    式典が始まりました。

    国歌斉唱、市長式辞に続き、鮎川有祐・市議会議長挨拶




    顕彰式

    市政功労者の表彰が行われ、12団体・139人を代表して、芸術文化功労の画家・中川平一さんが受章されました。先月行われた「ミス調布コンテスト」で選ばれたミス調布3名がアシスタントを務めました。下写真は大沼美奈さん。


    60周年記念感謝状贈呈が行われ、9団体・303人を代表して、環境保全分野の瀧栁嘉市さんが受章されました。



    60周年記念特別功労者表彰が行われ、故川原主計さんが表彰されました。ご子息の川原和哉さんが受章され、顕彰者を代表して謝辞をなさいました。

    川原主計さんは、市消防団団長・市自治会連合協議会会長などをお務めになり、仙川駅周辺地区街づくりの礎を築かれました(2015.5.20ブログ)。



    来賓祝辞
    伊藤達也衆議院議員/秋山俊行・都副知事


    姉妹都市・木島平村、日䑓正博・村長




    ここで、調布市とカナダ・ケベック州との包括連携に関する共同宣言が行われましたが、会場の議員席がざわつきました。
    所管の文教委員会委員長を始め多くの議員が、この共同宣言について、何ら説明を受けていなかったからです。この件は、後日記載します。



    市内在住の俳優・太川陽介さんが登場して、出演している60周年記念映像作品「笑顔でつなぐ調布の未来」の紹介と上映を行いました。


    太川陽介さんが、過去から来た飛田給の少年に出会い、時空を超えて、調布のまちの魅力や過去から未来へ発展していく様子を紹介する物語構成になっています。
    FC東京の選手、ケラケラのMEMEさん(調布中出身)や市民によるメッセージリレーをはじめ、ドローンなどの撮影機器を駆使した映像を織り交ぜて調布の魅力を紹介するとともに、将来の調布駅前広場や2019年ラグビーワールドカップと2020年東京オリンピック・パラリンピックの会場となる味の素スタジアムのイメージなどをCGで表現しています。(写真:「笑顔でつなぐ調布の未来」より)





    「笑顔でつなぐ調布の未来」(YouTube)




    続いて、豊かな芸術文化・スポーツ活動を育むまちづくり宣言が行われました。



    混声合唱団・七福神(第五・第七中合唱部ほか市内中高生ら有志)による合唱「風が吹く丘に」



    全員で、市歌「わが町調布」斉唱



    紙テープ(下左写真=いきなりで巧く写せなかったので、下右写真を市ホームページから借りました)



    睦消防組による纏・木遣り・梯子で締めくくられました。






    式典終了後、グリーンホール小ホールに伺いました。
    ステージでは、フラ&タヒチアンダンスが披露されていました。


    姉妹都市・長野県木島平村の名産「名水火口(ぼくち)そば」の打ちたてと木島平産の「こしひかり」もいただきました。






    調布駅南口広場の調布マルシェに行ってみました。


    私の大好きな「樽ホッピー」と商工会女性部名物のお好み焼き「ふみ焼き」。


    市の食育マイスターに認められた小学生から高校生までが考案した「市制施行60周年お祝い弁当」と調布産新鮮野菜もいただきました。




    昼食は、ふみ焼き・60周年お祝い弁当・調布産新鮮野菜。



    式典記念品の中身です。


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事調布市政

    2015年06月30日

    初宿副市長退任

    本日をもって、初宿(しやけ)和夫さんが副市長を退任しました。

    (写真:市HPより)


    初宿さんは平成25年7月1日副市長に就任。

    放送大学を卒業し、都の職員となる前に、防衛庁に奉職すると言う「叩き上げタイプ」です。
    議会控室で市政のあり方について語り合ったこともありました。

    都の補助金・助成金を始め、市政の様々な分野で一方ならぬご尽力を賜りました。

    任期を2年残しての退任とは・・・
    私が市議会に復帰した6月には既に決まっていた様ですが、長友市長の判断が残念でなりません。

    初宿さんの益々のご活躍をお祈りしますicon_bikkuri


    ・調布市副市長の就退任(市HP)


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事調布市政

    2015年06月17日

    調布市雨量計

    11時30分頃 急に激しいが降り出しました。

    市の担当課に確認したところ、時間最大雨量は11:00〜12:00で27mm、正味最大値は11:30〜12:30で30mm、瞬間最大雨量は11:35〜11:40の5分間で8.5mm。
    1時間に換算すると102mm/hという大雨でした。


    ところで、調布の雨量計がどこにあるか知っていますか?

    市役所本庁舎の屋上に設置されています(写真提供:調布市)。




    市の資料によると、2003年以降の1時間値の最高値ベスト3は、1位が2005年9月の78mm、2位が2011年8月の72mm、3位が2007年の45mmです。

    2005年9月4日には、最大正味1時間雨量89㎜、総雨量(9月5日朝までの24時間の総雨量)178㎜の集中豪雨が発生。
    入間川が増水し、床上浸水55棟、床下浸水41棟の被害が生じました。


    異常気象による集中豪雨は、いつ起きるか分かりません。
    きちんと備えをしておきましょうicon_bikkuri

    blue_right自分で行う災害への備え(気象庁ホームページ)
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事調布市政

    2015年03月18日

    ごあいさつ


    ごあいさつ


    今、調布市は変貌の真っ只中にあります。

    調布・布田・国領駅が地下化され、駅前広場の整備、駅周辺の再開発とあわせ、21世紀の新しい調布の輪郭がはっきりと浮かび上がろうとしています。

    2年後には、調布駅前の商業ビルに複合型映画館(シネマコンプレックス)が進出することになりました。

    更に、5年後の東京オリンピックでは、多摩地域で唯一、味の素スタジアム周辺で競技が開催される予定です。

    調布市には、保育園待機児解消を始めとする子育て支援、高齢者・障がい者の福祉増進、教育施策の充実、調布の特性を生かした環境施策、商工農業の活性化、安全・安心対策、行財政改革、市政情報の開示、狭くて危険な踏切の拡幅、スポーツ施設とオリンピックを生かした新たなまちづくりなど、重要な課題が山積しています。


    昨年、市長選挙に挑戦させていただきました。
    大きなお力を賜りながら、私の力不足で目的を達成することができず、申し訳ありませんでした。

    市長選に立候補した立場で大変恐縮ですが、改めて一から出直し、原点に立ち返って調布のまちづくりに挑戦させていただきたいと存じます。

    「あいさつ・ふれあい・助けあい」のある温かいまち、高齢者、障がい者、おかあさん、子どもたち、すべての人がずっと住み続けたいと思うまち、水と緑豊かな、魅力いっぱいで元気な調布をつくるために頑張ります。

    ご理解・ご支援をよろしくお願いします。

    大 須 賀 浩 裕  
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02今日の出来事調布市政

    2015年02月13日

    映画のまち調布にシネコン(複合型映画館)誕生!

    先月のことで恐縮ですが、1月19日、京王電鉄は、調布駅周辺で開発計画を進めている商業施設に複合型映画館(シネマコンプレックス)=シネコンを誘致すると発表しました。

    開発計画は、調布駅周辺の線路跡地に3棟の商業ビルを建設するもので、いずれも16年度着工・17年度竣工・開業の予定(下表:京王電鉄ホームページより)。



    シネコンが出店するのは、駅前広場の西側で東山病院の北西側、京王線と相模原線が分岐する三角地帯(C敷地)に建設される商業ビルで、飲食店や物販店も入る予定です(下地図:京王電鉄ホームページより)。



    運営会社はイオンエンターテイメント株式会社(2013年にワーナー・マイカルとイオンシネマズが統合して設立)。
    多摩センター(8スクリーン、約1,800席)や新百合ヶ丘(9スクリーン、約2,100席)などで映画館を運営しています。


    シネコンの規模は、11スクリーン・計約2,100席、うち1つは500席以上大型スクリーンicon_bikkuri

    多摩地域では立川市のシネマシティ(11スクリーン、約2,200席)に並ぶ最大級の施設で、都心のお台場シネマメディアージュ(13スクリーン、約3,000席)にはかないませんが、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(9スクリーン、約2,100席)や新宿ピカデリー(10スクリーン、約2,200席)と比べてもほぼ同じ規模です。

    近郊のライバルは、TOHOシネマズ府中(9スクリーン、約2,100席)やTOHOシネマズ南大沢(9スクリーン、1,900席)といったところでしょうか。

    我が家も以前は南大沢で、府中にシネコンができてからは府中で映画を観てきました。



    調布市は、昭和30年代には「東洋のハリウッド」と称されるほど「映画のまち」として発展を遂げ、現在も市内には、角川大映スタジオ日活調布撮影所など数多くの映画・映像関連企業が集積。
    映画やテレビドラマ、CMなどの撮影や制作が行われています。(下写真:2011.10.28ブログ「角川大映撮影所新スタジオ見学会」より)


    しかし、2011年に調布パルコ内の「パルコ調布キネマ」が23年間の営業を終えた後は、映画のまちに映画館が無い状態が続いていました。
    今回のシネコンにより、6年ぶりに映画館が復活しますface02

    (参照:「映画のまち調布にシネマコンプレックスを誘致します!」(京王電鉄ホームページ)「調布駅線路跡地に大型シネコン誘致-11スクリーン、2100席を予定」調布経済新聞「映画館なき「映画のまち」返上 調布にシネコン誕生」東京新聞「京王電鉄、調布に大型シネコン建設 」日本経済新聞


    ただ、2月13日現在、イオンエンターテイメント株式会社ホームページに調布進出についての記述が何も無いことが少し気になるのですが・・・




    私は「映画のまち調布」の特色を生かしたまちづくりにこだわってきました。

    今回のシネコンをきっかけに、より一層「映画のまちづくり」が調布で盛んになることを大いに期待していますface02
    せっかく復活した映画館が、競合シネコンに負けて撤退することの無いよう、調布市にはしっかりと応援をしていってもらいたいと思いますicon_bikkuri



    「映画のまち」に関する私の一般質問と委員会質疑等(調布市議会)

    green_right一般質問「動画を使っての行政情報や地域情報の発信について」(H26年第1回定例会)
    green_right一般質問「映画のまちでの映像の記録について」(H20年第1回定例会)

    green_right委員会質疑「渋谷のハチ公口のように、調布駅の出入口を石原裕次郎口、ゲゲゲの鬼太郎口などの愛称で呼ぶことはどうか」(H26年3月建設委員会)
    green_right委員会質疑「俳優の手形・足形モニュメントと等身大モニュメントについて」(H25年3月文教委員会)
    green_right委員会質疑「ロケ支援について」(H25年3月文教委員会)
    green_right委員会質疑「映画館誘致について」(H24年3月文教委員会)
    green_right委員会質疑「調布の特色が分かるプロモーションビデオについて」(H24年3月文教委員会)
    green_right委員会質疑「市内での撮影の告知について」(H20年3月文教委員会)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 19:09調布市政

    2014年03月26日

    市議会自由民主党創政会会報

    市議会自由民主党創政会会報(3月24日発行)







    blue_rightPDFはこちら  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02今日の出来事調布市政

    2014年02月18日

    市長選挙記者会見



    11時 私ごとで恐縮ですが、今年7月に執行される調布市長選挙に挑戦させていただくこととなり、記者会見を開かせていただきました。

    会見には、「大須賀ひろすけ友の会」の金子日出澄会長、確認団体「調布の夢に大きく進む市民の会」の遠藤衛会長、自由民主党調布総支部の白井貞治支部長、市議会調布創政会の鮎川有祐幹事長にもご同席いただきました。


    私は、1月27日に自民党調布総支部常任幹事会で満場一致を持って市長選挙の候補者にご推挙いただきました。

    それを受け、挑戦を決意したのは次の3つの理由からです。


    市議会議員になって6期23年が過ぎましたが、いつの頃からか「私なりに市政を運営したい」と思うようになってきました。

    特に、東日本大震災以降、各自治体が必死に防災・減災に力を入れている中、市長の姿勢、市の取り組み方に「ユルさ」を感じていました。
    私は、阪神淡路大震災、新潟県中越地震・中越沖地震、三宅島噴火災害、東日本大震災に災害支援ボランティアとして参加して得た教訓と、消防団員として学んだ経験を活かして、自助・共助・公助をそれぞれ徹底し、災害に強いまち、安全で安心なまちづくりにしっかりと取り組んでいきます。

    その他、「調布を魅力いっぱい元気なまちにする99+αの政策」を中心に、あいさつ・ふれあい・助け合いのあるまち、高齢者も障がい者も赤ちゃんも子どもたちも全ての人たちが安心して楽しく暮らし、ずっと住み続けたいと思うまち、豊な水と緑と夢にあふれた魅力いっぱいの元気な調布をみなさんと一緒につくっていく決意です。


    2つ目は「無投票」を避けるためです。

    4年前、現職以外に候補者が立候補せず、市制施行以来初めて無投票となってしまいました(2010.6.20ブログ)。
    当時、「人口10万人以上の都市で無投票と言うのは戦後例がない」とも新聞に書かれました。

    長友市長はまだ何も表明しておられませんが、鮎川議員が一般質問で市長に「首長の多選とは何期からか」と一般質問をした時(平成22年第2回定例会)、「何期をもって多選かは一概には言えない。選挙を通じて有権者にゆだねられるもの」と答弁されたことや昨年来の言動をお聞きすると、立候補されるものと考えます。

    たとえ私でなくても、無投票を避けるためには、誰かが立候補しなければならない状況がありました。


    3つ目は長友市長の市政運営です。

    何かにつけ市長が成果とおっしゃる「京王線連続立体交差事業」「国民体育大会(スポーツ祭東京2013)の開催」「三鷹市との新ごみ処理施設の建設」は、いずれも吉尾勝征前市長が種をまいた事業で、ここに来て花が開いたものです。

    残念ながら、長友市長のやりたいことがよく見えません。

    特に、京王線連続立体交差事業で生まれた線路跡地に関して、議会と市民に内緒で、調布市が11年前に京王電鉄と「京王が使わないすべての土地を67億4千万円を上限に取得する」約束を『確認書』でしていたこと、この間、本会議の一般質問や委員会審査の答弁で「偽りの答弁をしてきた」ことで、議会と長友市政との信頼関係が大いに揺らいでいます。

    3期12年で十分、選手交代の時期ではないでしょうか。


    私は、これから、様々な団体、多くの人々と、夢のある調布のまちづくりについて話し合うつもりです。
    そして、「調布を魅力いっぱい元気なまちにする99の政策」に+αとして付け加えて行きます。

    声をかけていただければ、どこへでも出かけます。
    お声がけをお待ちしていますicon01

    info@osugahirosuke.com までご連絡ください。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01今日の出来事調布市政

    2011年04月26日

    調布市立小中学校運動会実施日一覧/夏期&冬期休業日一覧

    調布市立小中学校運動会実施日一覧



    調布市立小中学校夏期休業日及び冬期休業日一覧
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:04調布市政

    2011年01月29日

    小中学校にインフルエンザ広がる




    調布市立小中学校でのインフルエンザ様疾患による学級閉鎖が、今週急増しました。

    今シーズンのインフルエンザ様疾患による臨時休業(学級閉鎖)は、昨年の12月17日に小学校1クラスから始まりました。

    12月21日から今年1月22日までは、6小学校・1中学校の11クラスと小康状態でしたが、今週になっていっきに拡大。
    24日には2小学校・1中学校の8クラス、25日は5小学校の13クラス、26日は4小学校の4クラス、27日は5小学校の7クラスと学級閉鎖が相次いでいます。

    東京都でも1月19日にインフルエンザの流行注意報を発令しました。

    手洗いやうがいなどインフルエンザの予防対策を徹底することで、ある程度感染を防ぐことができます。

    予防注射を打っていない人は早く打ちましょう。
    かくいう私もまだなので、近日中に打つつもりです。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02調布市政

    2011年01月21日

    振り込め詐欺被害再び増加

    振り込め詐欺の被害が再び増加したことが新聞に載っていました。

    (左)1月18日付け読売新聞/(右)1月20日付け朝日新聞(夕刊)


    そこで、都内と調布市内の被害状況を調べてみました。

    都内の被害状況
    平成20年 被害件数3,718件、被害総額59億8,951万6,172円
    平成21年 被害件数1,344件(前年同比-2,374件)、
          被害総額22億5,937万4,002円(前年同比-37億3,014万2,170円)
    平成22年 被害件数1,771件(前年同比+427件)、
         被害総額26億4,895万7,632円(前年同比+3億8,958万3,630円)

    調布市内の被害状況
    平成20年 被害件数68件、被害総額1億1,335万1,232円
    平成21年 被害件数24件(前年同比-44件) 性別 男性8名、女性16名
          被害総額 4,816万8,966円(前年同比-6,518万2,266円)
          オレオレ詐欺20件、還付金詐欺1件、架空請求詐欺2件、融資保証金詐欺1件
    平成22年 被害件数29件(前年同比+5件) 性別 男性2名、女性27名
          被害総額 4,881万円(前年同比+64万1,034円)
          オレオレ詐欺27件、架空請求詐欺2件、

    狛江市の被害件数14件(すべてオレオレ詐欺)、被害総額4,000万円を含めると、
    調布警察署管内の平成22年被害状況は、被害件数43件が警視庁管内102署の中で何と第2位被害総額は8,881万円で警視庁管内で第1位ですface08

    都内で最も被害が多いという困った状況ですface11


    実は、佐須に住んでいる母も数年前、オレオレ詐欺にだまされそうになったことがあるのです。

    犯人から前日に電話が入ります。
    「オレオレ」から始まり、「風邪を引いて声がかれている」ことと「携帯電話の番号が変わったこと」を伝えながら手探りで話し始めます。
    ここで、警戒された場合、犯人はすぐ電話を切ります。母の場合は警戒しなかったので、適当な話をしながら巧妙に情報を引き出します。
    犯人との会話の中で、母は私や妻の名前を相手に教えていました。
    その日はそこで電話を切り、翌日が本番です。

    翌日は「オレオレ」ではなく、「ひろすけだけど・・・」から始まります。
    会話の中に妻の名前を入れ込み、念を押して信用させたところで本題に。

    「サイドビジネスに失敗して、今日中に振り込まないと大変なことになる」face08

    冷静に考えれば、そんなことがあり得ないことがわかりますが、息子だとすっかり信じている母は、「息子の一大事」に動揺して簡単に騙されます。

    ここで、犯人が30分後に振り込み口座番号を教えるとして電話を切ったことで助かりました。

    この間になぜか、母が私の携帯に電話しようと思い立ったのです。
    しかも、かけた番号は、犯人が「変更した」と教えた電話番号ではなく、「うっかり」私の携帯番号でした。

    私と話して、母は騙されていることに初めて気がつくことに。

    私は、すぐに調布警察署に通報するとともに、母の家に向かいました。
    向かいながら、母に教わった犯人の携帯番号にかけました。

    犯人の声は、かすれたおとなしい声でした。
    「これから逮捕してもらうから首を洗って待ってろ」と犯人に告げました。
    母と連絡を取らせまいとしたからでしょうか。着歴を見ると、犯人から十数回もかかっていました。

    私が到着して間もなく、調布警察署から刑事さんが2人着ました。
    待っていたものの、犯人からは電話がかかってこなかったので、犯人の携帯番号を刑事さんに教えました。


    その後、犯人が逮捕されたかは警察から連絡がないのでわかりませんが、振り込め詐欺は、子どものことを思う親の愛情を巧みに利用した卑劣な犯罪です。

    議会でも一般質問や委員会審査で、振り込め詐欺の対策を取り上げてきました。

    みんなで力を合わせて卑劣な犯罪を無くしましょうicon01


    一般質問
    green_right「詐欺と悪徳商法対策について」(H19.6)

    委員会質疑
    green_right「高齢者の振り込め詐欺対策は」(H19.3文教委員会)


    blue_right「 振り込め詐欺」(警視庁HP)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02調布市政

    2010年12月30日

    ラスパイレス指数

    12月27日に総務省からラスパイレス指数が公表されました。

    blue_right総務省「平成22年地方公務員給与実態調査結果の概要」

    調布市の指数は102.2で、昨年度の104.7より大きく減少し、順位も全国で49位、都内26市で12位(昨年度はともに2位)となりました。

    減少した理由は、国等の給与構造改革に伴い、平成22年4月に基本給水準を平均2.5%引き下げたことが主な要因と考えられています。


    かつて、調布市のラスパイレス指数は、平成17・18・19年と3年連続日本一と言う不名誉な記録を更新しました。

    その後、議会からのきびしい指摘を受け、不要な手当の廃止や基本給の引き下げ等の給与改革がなされ、今回に至っています。

    green_right一般質問「職員給与について」(H20.6.5)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01調布市政

    2010年07月22日

    事務事業側面評価




    「事務事業側面評価」が教育会館で10時から20時30分まで実施されました。
    「側面評価」は、今回で5年目となりますが、評価員が今までの市と市の外郭団体の職員に加え、新たに外部から近隣市の職員2名と市の総合計画策定推進委員の大学教授・准教授3名が参加し、その模様が初めて公開されました。

    「事務事業側面評価」とは、市が実施している事務事業について、外部の評価員を含む評価員が、担当課の職員との質疑・討論の後、事業仕分け手法を用いて第三者的な視点で評価(側面評価)を行い、今後の事業の方向性を多数決で決定するものです。
    ただ、1事業についての時間が45分程度しかないので、どこまで踏み込めるのかがカギです。

    また、評価結果は、市の最終結果となるものではありませんが、市長を含む特別職及び部長職で構成する行政経営会議での検討・協議を踏まえて、次年度の予算に反映させるなど、事務事業の見直し・改革・改善の取り組みに大きな影響を持ちます。

    今回選ばれたテーマは、市の全832事業のうち、
    ①深大寺水車館の管理運営、②地球環境保全基金の効果的な運用、③認証保育所等保育料助成事業、④せん定枝の資源化、⑤子どもショートステイ事業の推進、⑥消費者まつりの実施、⑦福祉団体助成事業(※補助交付金)、⑧自治会を通した市政情報の提供、⑨高齢者ふれあい給食の実施、⑩体育施設の維持管理、⑪文書管理事務(※文書管理システムを含む)、⑫たばこ税増収対策協議会交付金(市民税賦課事務)、⑬テレホンガイドちょうふ(市役所本庁舎及び神代出張所維持管理業務)、⑭個人住民税に係る未申告調査(市民税賦課事務)、⑮市営駐車場管理運営事業、⑯障害者の就労支援、⑰視聴覚資料室の運営、⑱居住環境改善資金の助成、⑲中学生の職場体験学習の推進、⑳開放型端末の運用(調布市ホームページ運用事務)
    の20事業。

    一方、評価員は
    ①市職員 係長職(昇任1~2年目)3名・主任職(昇任1~2年目)7名
    ②外郭団体職員 市との事業の結びつきが強い監理団体(2団体)の管理職及び係長職各1名
    ③近隣自治体職員 武蔵野市・府中市の行革担当(管理職)各1名
    ④総合計画策定推進委員 3名
    となっています。

    時間の関係で、⑤子どもショートステイ事業の推進、⑥消費者まつりの実施、⑦福祉団体助成事業(※補助交付金)、⑧自治会を通した市政情報の提供、⑨高齢者ふれあい給食の実施、⑩体育施設の維持管理の6事業の側面評価を傍聴しました。

    職員が身内のことを客観的に厳しく査定できるのかなと思っていましたが、実際のやり取りを聞いていると、事前に独自に調査をしていたり、突っ込んだ質疑・意見があったり、職員は意外と健闘していました。

    一方、外部委員の質疑・意見を聞いていると、首を傾げるものもありました。
    例えば、消費者まつりや高齢者ふれあい給食などを評価する際は、現場の実態把握が不可欠だと思いますが、実際に現場を見たことも聞いたこともないのに、自分の経験からの推測に基づく一般論だけで、事業がいるとかいらないとか評価しているのを見ると、これでいいのかなと疑問を感じます。
    もちろん、専門家の指摘は新鮮で参考になることもありますが、もっと、実際に事業に係っている人の意見を聞く努力が必要なのではないでしょうか。

    市の事業には多くの市民が係っています。サービスの提供側であったり、受け手側であったりします。そうした市民にアンケートや聞き取り調査を実施するなど、事業評価に繋がる様々な仕組みづくりが必要だと思います。
    こうした市の努力が、真の市民との協働と言えるのではないでしょうかicon01


    評価員が事業について質問



    担当課長が説明



    評価結果はすぐ表記




    blue_right「事務事業側面評価」を実施します(市HP)
    blue_right平成21年度 事務事業側面評価・「評価結果」と「今後の事務事業の方向性」一覧 (市HP)


    ひろすけ’動画レポート「行政刷新会議・事業仕分け作業現場」
      続きを読む

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:06調布市政

    2010年07月22日

    公立小中学校耐震化率

    文部科学省が、7月21日に今年4月1日現在の全国の公立学校の耐震調査の結果を発表しました。
    調査により、震度6強の地震で倒壊する危険性が高い校舎・体育館が全国で7,498棟あることがわかりました。

    都内の市区町村の状況は、毎日新聞によると、今回新たに耐震化率100%に達したのは、港区・台東区・江東区・武蔵野市・小平市で、これで100%を達成したのは24市区町村になったとのことです。

    調布市の現状は、今年度中に耐震化100%を達成する予定です。
    現在、小学校3校、中学校3校が耐震補強工事中です。
    具体的には第一小の校舎、上ノ原小の東校舎、染地小の西校舎、神代中の北東校舎・南東校舎・渡り廊下、第三中の北中東校舎・北東校舎、第五中の中央校舎が現在工事中で、いずれも外溝工事を除き教室部分は夏休みまでに終了する予定です。

    私は、阪神淡路大震災の被災地に救援に行った経験から、子どもたちの命を守り、避難所となる学校施設を確保するためにも、1年でも早い耐震化を訴え続けて来ました。
    もうすぐ100%達成となると、しつこいと言われるくらい一般質問や委員会で発言をし続けて来た甲斐があったと感じます。

    blue_right公立学校施設の耐震改修状況調査の結果について(文科省)

    green_right委員会質疑「小・中学校耐震補強工事の工事年度の前倒しについて」(H20.9文教委員会)
    green_right一般質問「学校施設の耐震化の早期化について」(H20.3)
    green_right一般質問「学校施設の耐震化について」(H19.6)
    green_right一般質問「学校施設の耐震化について」(H18.12)
    green_right一般質問「学校施設の耐震化について」(H17.3)
    green_right一般質問「小・中学校施設の耐震化の現状について」(H16.12)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:03調布市政

    2010年07月03日

    わかる「布田駅南区画整理事業」


    2010年7月1日に都市整備部が市議会で行った説明会の時の資料を基に作成しています。














    現地写真1




    現地写真2




    整備用地




    区画整理現況1




    区画整理現況2














      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:06調布市政

    2010年07月03日

    わかる「調布駅南口東地区市街地再開発事業」

    2010年7月1日に都市整備部が市議会で行った説明会の時の資料を基に作成しています。





































































    動画レポート「2010.6.15 第2回街づくり懇談会③ 調布駅南口東地区(1)」


    動画レポート「2010.6.15 第2回街づくり懇談会④ 調布駅南口東地区(2)」
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:05調布市政

    2010年07月03日

    わかる「調布駅北第1地区市街地再開発事業」

    2010年7月1日に都市整備部が市議会で行った説明会の時の資料を基に作成しています。






































    2010.6.15 第2回街づくり懇談会 ⑤/5「調布駅北第1地区」
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:04調布市政

    2010年07月03日

    わかる「京王線連立事業 駅前広場整備・鉄道敷地利用」

    2010年7月1日に都市整備部が市議会で行った説明会の時の資料を基に作成しています。

















    2010.3.23 調布駅前広場検討報告会③/3 バーチャルリアリティ3D映像編


    2010.3.23 調布駅前広場検討報告会①


    2010.3.23 調布駅前広場検討報告会②



































      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:03調布市政調布駅前広場

    2010年07月03日

    わかる「京王線連続立体交差事業」

    2010年7月1日に都市整備部が市議会で行った説明会の時の資料を基に、京王電鉄HPからの引用もあわせて作成しています。


















    blue_right事業概要(京王電鉄HP)










    blue_right解消される踏切と交差する都市計画道路(京王電鉄HP)

























    blue_right工事の進捗状況(京王電鉄HP)
    blue_rightシールド工事の状況(京王電鉄HP)































    blue_right調布駅付近連続立体交差事業(京王電鉄HP)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02調布市政