たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2010年08月04日

東京スカイツリー From 京王プラザ




この日、多摩川架橋及び関連道路整備促進協議会総会が新宿の京王プラザホテルで開かれましたが、控室から東京スカイツリーが見えました。

スカイツリーの高さは、7月29日に400mを超え、30日現在408m!

最終的な高さは何と634mにもなりますface08

この「634」という数字は、東京、埼玉、神奈川の一部がかつて「武蔵」と呼ばれていたことから武蔵(むさし)=634となったそうですface05

2011年12月に竣工、2012年春に開業予定となっています。

スカイツリーが曲がって見えると言われていますが、どのように見えますか?










  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:04調布市外の出来事

    2010年08月04日

    多摩川架橋促進協議会


    (総会で監査報告をする高野府中市議会議長)



    13時30分 多摩川架橋及び関連道路整備促進協議会総会(会長・石川稲城市長)が新宿の京王プラザホテルで開かれました。

    この協議会は多摩川中流部の立川市、府中市、日野市、国立市、狛江市、多摩市、稲城市そして調布市の8自治体の市長と議長が会員となり、架橋と関連道路の整備を国と都に求めるための団体で、昭和55年に発足しました。

    この間の取り組みの結果、発足当時の5橋12車線から、平成22年8月では9橋32車線へと、橋梁数で約2倍、車線数では約3倍に拡大し、橋梁部での交通渋滞が改善するなどの効果も現れており、多摩地域における基盤整備が大きく推進しました。

    是政橋については、平成22年度内の完成に向けて、4車線化の工事が進められており、稲城大橋については、平成22年4月から無料化が実施されました。

    更には、関戸橋(下流側)の架け替え、(仮称)第二多摩水道橋及び(仮称)富士見橋の架橋の事業化、そして中央自動車道稲城インターチェンジの八王子方面への接続が強く望まれています。


    総会終了後は要請行動です。部屋を移動して、まず全員で東京都への要請。

    調布市と川崎市を結ぶ(仮称)第二多摩水道橋ですが、多摩川原橋と多摩水道橋の間が最長の4.8キロとなっているため、建設の必要性は十二分にあるものの、双方の(特に川崎側)周辺アクセス道路があまり整備されていないため、残念ながら具体的な計画化があまり進んでいません。
    石川会長の要望に対する東京都建設局山口道路監の答えも「都市計画道路とのネットワークの検証が必要」と、あまり積極的なものではありませんでした。

    都へ要望書を渡す石川会長(左)




    その後、国への要請となりますが、正副会長と参加希望の市長・議長が、民主党への要請に衆議院の民主党控室へ、次に国土交通省への要請に行きました。

    実は、昨年までは政党への要請行動はありませんでした。
    政権交代以降、小沢幹事長(当時)が「政治主導」と称し、「すべての予算陳情・要請行動は民主党の幹事長室を通す」体制にしましたが、幹事長が変わってもまだ残っているようです。

    政府と省庁に要請することと、政党に要請することとは全く意味合いが異なります。
    「政権政党に頭を下げなければ予算をつけない」と誤解されるようなやり方は慎んだ方がよいのではないでしょうかicon01

    結局昨年と違い、正副会長を除くほとんどの市長・議長は、私を含め、行かなかったようです。


    多摩川架橋・関連道路位置図1(下流側)




    多摩川架橋・関連道路位置図2(上流側)




    多摩川架橋・関連道路位置図3(調布周辺)











    19時 自民党調布総支部常任幹事会



    20時 消防団第一分団ホースカー操法訓練  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:03調布市外の出来事

    2010年07月31日

    東京国体開催決定記念行事/刑務所作業製品展示即売会

    10時 第68回国民体育大会・第13回全国障害者スポーツ大会開催決定記念行事が東京都庁都民広場で開かれました。
    開催決定報告、大会愛称等最優秀賞受賞者表彰式に続き、新宿区立戸塚第三小学校吹奏楽団によるミニコンサート、ローラースポーツダブルダッチのデモンストレーション演技などがありました。
    せっかくやっているのに、観衆が少ないことが気になりましたface07


    ひろすけ’動画レポート(作成中face16

    新宿区立戸塚第三小学校吹奏楽団の演奏



    ローラースポーツ デモンストレーション



    ダブルダッチ デモンストレーション



    blue_rightスポーツ祭東京2013(第68回国民体育大会・第13回全国障害者スポーツ大会)






    新宿駅西口広場イベントコーナー刑務所作業製品展示即売会が行われていました。
    インターネットで調べてみると新宿矯正展との事業名らしいのですが、その名前はちょっと・・・face11
    8月8日16時までやっています。

    7月29日に西口イベントコーナーで開催されていた「『河川愛護月間』川のパネル展」を見ましたが、毎回何らかのイベントをやっています。
    以前は通りかかっても関心がありませんでしたが、文化会館たづくりの催し物を訪ねる様になってからは、不思議なもので、他のイベントも気になる様になりました。
    西口イベントコーナー8月の催し物はこちら





    この家具全部刑務所作業の製品face08


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01調布市外の出来事

    2010年07月08日

    国民体育大会東京開催正式決定!

    昨日7月7日に開催された財団法人日本体育協会理事会において、第68回国民体育大会を、平成25年9月28日(土)から同年10月8日(火)までの11日間を会期として、東京都で開催することが決定されました。

    東京都における国体の開催は、昭和24年、34年に続き3回目となり、前回からは54年ぶりとなります。

    今回の東京国体は実質的に多摩地域を中心に各競技が行われます。だから、多摩地域の自治体では多摩国体と呼ばれています。
    調布市には味の素スタジアムがあり、今回の国体において、開会式・閉会式・陸上競技・サッカー決勝戦とメイン種目を行います。ましてや、国体開催にあわせ、スポーツ振興やまちづくりにどのように結びつけるのかが大きな課題となっています。正式発表をいち早く市のホームページで知らせるくらいの積極的な姿勢が欲しいと思います。

    blue_right調布市ホームページトップ7月8日23時36分現在

    blue_right東京国体HP
    blue_right13年国体、東京での開催を正式決定
    blue_right国民体育大会(wikipedia)
    blue_right東京国体概要(あきる野市HP)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:42調布市外の出来事

    2010年07月04日

    福生市市制施行40周年記念式典

    10時 福生市市制施行40周年記念式典が福生市民会館で開かれました。

    福生と言えば、横田基地が思い出されます。横田基地は昭和20年、終戦と同時に旧陸軍の多摩飛行場が米軍に接収され、現在の横田基地となりました。面積は福生市域の何と約3分の1を占めています。
    福生市はその後、独自の商業振興を遂げ、西部地域の自治体の中では公共施設がかなり充実しているようです。

    また、今年40周年を迎える多摩地域の自治体5市(福生市・狛江市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市)が共同で実施するイベントラリーのチラシが資料に入っていました。各市を代表するイベントを紹介し合っていて、狛江のいかだレース以外は初めて知るものばかりでした。なかなかいい企画ではないでしょうか。

    式次第は、第1部・市制施行40周年記念式典、第2部・表彰式、第3部・記念映画発表となっていて、市民が手づくりでつくった記念映画にとっても興味がありましたが、祭ばやし保存大会に遅れるので、式典で帰りました。


    会場の市民会館



    立礼する加藤市長、大野議長ら(左から)



    会場の様子



    加藤市長挨拶



    大野議長挨拶



    米軍横田基地司令官紹介



    市政施行40周年5市イベントラリーちらし




    blue_right福生市HP
    blue_right福生市議会
    blue_right福生市議会インターネット中継
    blue_right市制施行40周年記念映画製作HP
    blue_right横田基地(wikipedia)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01調布市外の出来事

    2010年06月14日

    中川まさはる決起大会

    18時 中川まさはる三多摩総決起大会が立川グランドホテルで開かれました。



    中川まさはるさんは現参議院議員で7月に行われる参議院選挙に東京選挙区から立候補を予定しています。会場は立ち見が出るほど満員で、比例区の立候補者も多数駆けつけ賑やかな会でした。
    ただ、選挙情勢はいまだに自民党に厳しいものがあります。東京選挙区では一人当選でも何とかの状況で、党本部は強引にもう一人公認候補を出す予定です。相変わらず反省もなければ情勢分析もできない状態です。

    blue_right中川まさはる公式サイト  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 00:02調布市外の出来事

    2010年02月24日

    三議連総会




    15時30分 自民党三多摩議員連絡協議会(三議連)の総会 ・研修会が立川グランドホテルで開かれました。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 00:02調布市外の出来事

    2010年02月23日

    全国高速自動車道市議会協議会




    14時 九段会館で全国高速自動車道市議会協議会第36回定期総会が開かれました。協議会は調布を含め全国で311の市議会が加盟。

    挨拶をした仲道俊寿会長(大分市議会議長)によると、国土交通省の正副大臣に出席を要請したものの、公務を理由に誰も来ないとのことでした。東京都では調布のほか、三鷹・八王子など8市が会員。23年度から府中バス停付近でのスマートインターチェンジが供用開始の予定です。

    九段会館の大ホールに初めて行きましたが、日比谷公会堂に負けず劣らずのレトロな雰囲気がとっても気に入りました。

    blue_right全国高速自動車道市議会協議会(全国市議会議長会HP)
    blue_rightスマートインターチェンジ府中
    blue_right九段会館大ホール(九段会館HP)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 00:02調布市外の出来事

    2010年02月19日

    市議会議長会




    15時 東京自治会館にて東京都市議会議長会2月定例総会 ①会務報告②全国市議会議長会第8回地方分権改革・道州制調査特別委員会の会議結果について③東京都市区町村振興協会平成21年度第3回理事会の会議結果についてなど報告事項が12件、①各市提出議案について②平成22年度全国市議会議長会及び関東市議会議長会役員等の推薦についてなど協議事項が3件でした。
    新年度人事として、東京都市議会議長会会長に島崎義司武蔵野市議会議長が就任することが承認され、関東市議会議長会会長に市川潔史八王子市議会議長を推薦することなどが承認されました。


    18時 有志議長による情報交換会。26市議会議長のうち14議長が参加。議会運営や議会改革など貴重な情報交換ができました。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 00:01調布市外の出来事

    2010年02月13日

    会派視察「健康管理システムについて」




    10時30分 中津市のダイハツ九州アリーナを視察。テーマは「健康管理システムについて」。ダイハツ九州アリーナは中津市総合体育館のネーミングライツ。年間600万円で契約しています。
    施設概要はアリーナ面積2,780㎡、バスケットボールコート3面が確保できる広さと、可動式を含め、約1,700席の観客席を備えています。
    併設するトレーニング室は、クライミングウォールや各種専門的なトレーニング機械を整備し、コンピューターシステムでのデータ管理、トレーニングメニューの作成、インストラクターによる指導を行っています。



    このトレーニング室で「健康づくりサポート事業」を行っています。この事業は①体力測定②メタボリックシンドローム改善サポート③効果的なトレーニングメニュー作成の3事業からなっています。
    体力測定はトレーニングジムの利用者を対象に、月に2回無料で実施。現状の体力分析と運動の指針をつくるとともに、運動効果の確認と次の目標を設定。
    メタボ改善サポートでは体成分分析器で内蔵脂肪量を測定。メタボ対象者以外にも開放し、筋肉バランス・脂肪量など有効なデータを提供し、健康づくりに役立ててもらっています。さらには市保健課と連携し、生活習慣病の予防・改善に取り組んでいます。
    トレーニングメニュー作成システムは、利用目的(健康維持、ダイエット、パワーアップなど)と個人の運動能力(推定筋肉量)から最も効果的な運動メニューが作成されます。このトレーニングでトレーナーの負担を増やさずに安全で効果的なトレーニング実践に役立てているとのこと。
    健康づくりサポートシステムの導入で、「市民の健康づくり」、「生活習慣病の予防・改善」、「保険課との連携のよる医療費の削減」を目指しています。
    なお、駐車場の屋根は太陽光パネルで覆われていました(トップ写真)。太陽光発電システムを導入し、施設の電力の一部を供給していました。

    blue_rightダイハツ九州アリーナHP







    大分空港に向かう途中で福澤諭吉先生旧宅を訪ねました(上写真=時間がなく旧宅前で写真撮影のみ)。
    私は福澤先生が創立した慶応義塾大学の法学部政治学科に昭和54年に入学しました。3年目の終わり頃、家庭の不要品のリサイクル運動(関東リサイクル運動市民の会)での活動が忙しくなり、ほとんど大学に行けなくなったため、大学側に休学を申し入れました。
    その申し入れに対し、「休学が認められるのは病気によるものと、海外の正式な教育機関に留学した場合のみ。それ以外を認めると東大を受験し直すために休学する者が出る」との学生部長か学生課長(確か)の驚くべき発言に、当時生意気盛りの私は「学生が休学して、社会で様々な経験をしてから、また勉強をすることがなぜ認められないのですか。ましてや政治学科なのだから、政治家の秘書になったり、市民運動を経験してから大学に戻ることが認められないのはおかしい。慶応よりも東大に行きたい人がいるのなら、東大に行ってもらえばいいじゃないですか。そんなせこいことを言っていては福澤先生が泣いていますよ!」と捨て台詞を残して退学届を出してしまったのです。
    今だったら、どんな手を使ってでも卒業するでしょうが(冗談です)、当時は若気の至りというとこでしょうか。福澤先生旧宅を訪ね、ふと昔のことを思い出しました。(下写真はJR中津駅構内にあった福澤先生の学問のすゝめの一節「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」の碑)



      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 00:01調布市外の出来事

    2010年02月12日

    会派視察「昭和のまちづくり」・「国体への取り組み」



    9時 会派の調布創政会で大分県豊後高田市を訪問。視察のテーマは「昭和のまちづくりについて」
    豊後高田市は、かつて宇佐神宮を結ぶ宇佐参宮鉄道の終点として、また国東半島一円のバス路線の起点であったことから人々が集う賑やかな場所でした。しかし、鉄道が昭和40年に廃止となり、人口減少や車社会の進展等により人の流れに変化が起こったこと等から中心市街地は急速に衰退していき、さらに、郊外への大型店の進出や、金融機関の撤退が拍車をかけ、さびれていきました。
    そんな豊後高田市が、今や年間30万人の観光客を迎える新たな観光スポットとして全国から注目されています。

    キーワードは「昭和のまち」!
    平成4年、地元商工会議所が、衰退する中心市街地の起死回生をかけて東京の大手広告代理店に依頼し再生プランを作ります。巨大な文化センターとスポーツセンターを建設し周囲に商業集積を図るという非現実なプランで失敗。

    この失敗を機に、「商業まちづくり委員会」を立ち上げ、自分たちの手による再生が始まります。まず手がけたことは「まちの個性探し」。商店街が最も元気だった「昭和30年代」を「まちの個性」としてアピールできれば、面白いまちづくりができることにたどり着きます。実際に調査してみると、商店街の建物の7割が昭和30年代以前に建てられ、多くの店舗が現在の看板を外し、少し手直しすれば「昭和の店」になることがわかりました。

    平成13年に4店舗で「昭和のまち」がスタートします。参加店が増える一方、歴史や面白さを伝える語り部としての「ご案内人」のアイデアが生まれ、そのガイドの面白さが評判となり、1日に何台も観光バスが来る様に。メディアに大きく取り上げられたこともあり、年々観光客が増加。年間5万人を見込んでスタートした「昭和のまち」は、15年度に20万人を超え、19年度には36万人を記録し、大分県を代表する観光地に!! 



    現在38店舗が加盟し、外観だけ改装するのではなく、お店にはその店の歴史を伝えるお宝「一店一宝」が飾られ、昭和らしさをアピールした商品「一店一品」が用意されています(トップ&上写真)。



    実際に、商店街と、観光拠点施設「昭和ロマン蔵」・「駄菓子の夢博物館」(上写真)を見学してみると、昭和35年生まれの私にとって「昭和30年代」を彷彿させる町並みと展示品に大興奮! 魅力にすっかり取り憑かれてしまいました。

    ちなみに、3月29日から始まるNHKの朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」は昭和30年代の調布が舞台です。
    調布市内の空き店舗を「昭和の店」にしてみたり、鬼太郎昭和グッズを販売してみるなど、我が市にもまちづくりに繋がる大切なヒントがあると感じました。




    また、私は調布の特色を「映画・音楽・ゲゲゲの鬼太郎・FC東京・新選組のまち調布」と謳い、名刺にも記しています。昨年6月に議長に就任してからは、これらの特色を象徴する物を集め、議長室の机の上に並べ始めました。
    今まで、FC東京フラッグ・映画のカチンコ・ 深大寺の「だるチャン」・鬼太郎フィギア・新選組フラッグ(上写真左から)などを集めて来ました。そんな中、音楽に関する物がなかなか見つからなかったのですが、今回、昭和のまちの雑貨や「悠遊館」で楽器の鉛筆削りを発見!早速買い求め、机の上に飾りました(上&下写真)。



    blue_right豊後高田「昭和のまち」HP








    14時 大分市を視察。テーマは「国体への取り組みについて」。大分県は2008年第63回国民体育大会を開催。大分市では、開会式・閉会式ほか、国体で陸上・サッカー・バスケットなど13競技、障害者スポーツ大会で8競技を開催しました。

    大分市の特色は市民運動の取り組みにありました。①市民ボランティアは、総合案内所係や休憩所係など延べ2,300人が活動。②スタンド観戦運動には約161,000人が参加。市立小学生(4年生以上)・中学生は約16,000人が授業として観戦。③花いっぱい運動は「フラワーポット里親事業」を展開。

    市立小中学校で1クラス1鉢フラワーポットに取り組んだり、13地区のふるさとづくり運動推進協議会に20鉢づつお願いするなど、約1,900鉢の花が市内を飾りました。④環境美化運動のうち「市民いっせいごみ拾い」には約10万人が参加、「国体クリーンアップ活動」には16団体・約1,700人が参加。目指すは「日本一きれいなまちづくり」で、現在も続いています(下写真)。



    ⑤おもてなしサポーターには約8,000人が登録しました。
    市民との協働をここまで徹底して実践したことは大いに評価に値し、見習うべき点がたくさんあると感じました。

    東京国体はいよいよ3年後に迫っています。2年後にはプレ国体が開催される予定になっています。調布市内では、味の素スタジアムで開会式、閉会式、陸上競技、サッカーの決勝戦を行う予定になっています。せっかく国体を地元で開催するのだから、市民と小中学生のスポーツ振興にどのように結びつけるのかが大きな課題です。また、一流のスポーツを身近に観られるチャンスでもあります。この貴重なチャンスをまちづくりにしっかりと生かさなければならないと思っています。



    後日談がありました。花いっぱい運動に参加した市民が、国体後もフラワーポットの管理運営を手伝っているというのです。実際に大分駅前のフラワーポットがそうとのことで写真に撮りました(上写真)。市民が植え管理している花が出迎えてくれるなんて素晴らしいと思いませんか。

    blue_right東京国体HP
    green_right一般質問「多摩国体について」(H19年第3回定例会)
    green_right委員会質疑「多摩国体の準備について」(H20年9月文教委員会)
    green_right委員会質疑「国体開会式でのマスゲームについて」(H20年3月文教委員会)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 00:01調布市外の出来事

    2010年02月09日

    プロバスケbjリーグ試合観戦




    19時 プロバスケットボールbjリーグ・東京アパッチvs仙台89ersの試合を代々木第二体育館で観戦。
    bjリーグ(Professional Basketball Japan)は2005年に開幕した日本初のプロバスケットボールリーグです。地域密着の理念を基本に、初年度は仙台・新潟・埼玉・東京・大阪・大分の6チームでスタート。その後シーズン毎にチーム数が増加し、2009-2010シーズンは13チームとなりました。10月から翌年4月までがレギュラーシーズンでEAST(仙台、新潟、富山、埼玉、東京、浜松)とWEST(滋賀、京都、大阪、高松、福岡、大分、沖縄)に分かれ全350試合を戦っています。

    東京のチームは東京アパッチ。イースタンカンファレンスで07-08シーズンが1位、08-09シーズンが2位の名門ですが、今シーズンは現在8位と苦戦。後半の巻き返しが期待されています。アパッチには調布・府中近辺に住んでいる選手が多く、看板スターの青木康平選手と中村友也選手、 おまけに青木幹典ヘッドコーチも調布市内在住とのことで、がぜん親近感が増します。



    試合は、ジュリアスアシュビー選手のダンクシュート(トップ写真)を始め、スピーディーで迫力あるプレイが繰り広げられ、最後まで1点をめぐる攻防。結果は66-63で東京が何とか接戦を制しました。

    red_right動画レポート「bjリーグ・東京アパッチvs仙台」
    blue_rightbjリーグHP
    blue_right東京アパッチHP  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 00:01調布市外の出来事

    2010年01月13日

    社会保険労務士会賀詞交歓会




    12時 東京都社会保険労務士会・東京都社会保険労務士政治連盟新春賀詞交歓会がホテルグランドパレスでありました。全国社会保険労務士会連合会の前会長が調布在住で元教育委員会委員長の大槻哲也氏ということもあって参加しました。
    社会保険労務士が年金制度改革に大きく関わっていることを会場で初めて知りました。

    blue_right「社会保険労務士とは」(労働調査会HP)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 00:01調布市外の出来事

    2009年11月26日

    事業仕分け




    9時30分 行政刷新会議の事業仕分けを見に、新宿区の国立印刷局市ケ谷センターの体育館まで行って来ました。
    噂の必殺仕分け人、蓮舫衆議院議員は第3ワーキンググループにいました(トップ写真)。見学者の多くがカメラや携帯で写真を撮っていて、さすがに時の人という感じです。
    事業仕分けの評価は功罪の両方がありますが、国の事業予算の中身が国民の前にさらけ出されたことは大いに評価すべきでしょう。すでに多くの地方自治体が独自に事業仕分けをしています。調布市でもやるのかやらないのか重要な課題です。


    動画レポート「事業仕分け」


    blue_right行政刷新会議HP
    blue_right事業仕分け会場の様子
    blue_right構想日本HP  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01調布市外の出来事

    2009年11月17日

    地方分権推進全国会議/自民党三議連研修




    12時15分 東京国際フォーラムで開催された地方分権推進全国会議に出席。
    全国知事会・市長会・町村長会の代表が原口総務大臣と鳩山総理大臣に意見表明をし、それぞれ回答をもらっていましたが、意見表明時間はそれぞれ各自2分と3分、総務大臣からの回答は9分しかなく、時間があまりにも不十分でした。また、総理大臣は代理で、形だけの印象を拭えない会議でした。

    blue_right地方分権推進全国会議(全国市長会HP)








    16時 自民党三多摩議員連絡協議会の冬期全議員研修会がホテル春日居で開かれました。
    研修会の第1講座は政策研究大学院大学の横道清隆教授が「今後の地方議員年金について」、第2講座は都立墨東病院の富山順治副院長が「メタボリックシンドロームの予防と治療について」、第3講座は東京都の菅原秀夫三多摩担当副知事と高橋宏樹多摩・島嶼振興担当参事が「多摩振興プロジェクトについて」講演しました。
    地方分権推進全国会議に出席したため、第3講座の途中に着きました。

    blue_right自民党三多摩議員連絡協議会HP

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01調布市外の出来事

    2009年08月05日

    多摩川橋梁予算陳情


    13時30分 多摩川架橋及び関連道路整備促進協議会(会長渡辺多摩市長)が京王プラザホテルで開かれました。

    この協議会は多摩川中流部の立川市、府中市、日野市、国立市、狛江市、多摩市、稲城市そして調布市の8自治体の市長と議長が会員となり、架橋と関連道路の整備を国と都に求めるための団体で、昭和55年に発足しました。

    この間の取り組みの結果、発足当時の5橋12車線から、今年8月には9橋32車線へと、橋梁数で約2倍、車線数では約3倍に拡大しました。
    また、是政橋は平成22年の完成に向けて4車線化の工事が進められており、稲城大橋は今年度中に無料化が実施される予定となっています。


    まず、国会議員、都議会議員、国と都の関係幹部職員にご臨席いただいての総会がありました。

    その後は陳情活動です。部屋を移動して、まず都への陳情。

    都への要望は、①是政橋の第二期事業及び関連道路整備事業の早期完成、②関戸橋下流側の架け替え整備の早期事業化、③(仮称)第二多摩水道橋と関連アクセス道路の具体的な計画化と事業化、④(仮称)富士見橋と関連アクセス道路の早期事業化、⑤中央高速稲城インターチェンジの八王子方向の接続と府中方面から都心部へのアクセス、の5点です。








    調布に関しては③。上図の様に多摩川原橋と多摩水道橋の間が最長の4.8キロとなっているため、建設の必要性は十二分にありますが、双方の(特に川崎側)周辺アクセス道路があまり整備されていないため、残念ながら具体的な計画化があまり進んでいません。

    渡辺会長が都幹部職員に説明し、代表の道家技監(建設局長兼務)に要望書を渡しました(下写真)。







    続いて、車で移動して国土交通省です。

    大臣、副大臣2名、大臣政務官3名、事務次官、技監、交通審議官3名を始め16件21名に陳情です。各市の市長・議長を始め担当職員総勢45名の陳情団が、一緒に部屋から部屋に渡り歩きます(写真下)。






    先方の対応もいろいろ。毎日数多くの陳情団が全国からやって来ます。私たちの前に関西空港の陳情団が回っていました。
    不在が多く、ほとんどは受付で秘書に要望書を渡します(写真下)。





    一方、わざわざ奥の部屋に通し、自ら説明を聞き対応する方もいます。

    (写真中央=技監)





    私はこの日で終わりでしたが、6日・7日と国土交通省関東地方整備局、関東地方整備局相武国道事務所、中日本高速道路㈱、財務省に陳情活動に行くそうです。
    また、同行した市の職員に聞くと、前日に東京区画整理連盟で区画整理事業の予算陳情に来ていたとのこと。
    予算獲得って大変です。職員のみなさんの予算獲得の苦労の一端がわかりました。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01調布市外の出来事

    2009年07月31日

    中央線三鷹・立川間立体化複々線促進協議会



    13時30分 第41回三鷹・立川間立体化複々線促進協議会と第28回多摩地域都市モノレール等建設促進協議会合同総会出席のため、パレスホテル立川へ。

    長友市長、小林建設委員長も同席です。
    市長と議長は協議会の理事です。

    中央線三鷹駅・立川駅間連続立体交差事業は、平成7年に事業認可を受け、11年に着工、今年1月には西側区間の高架切替工事が完了し、下り線は全区間で高架化されました。
    協議会の目的は、事業の早期完成と複々線化の促進を求めるものです。


    多摩都市モノレール事業は、構想路線全線93キロのうち、平成12年、多摩センター駅・上北台駅間の約16キロ区間が開業しました。
    次期整備路線の中では、上北台駅・箱根ケ崎駅間が「事業化すべき路線」として、多摩センター駅・町田間及び多摩センター駅・八王子間が「事業化に向けて導入空間の確保に着手すべき路線」に位置づけられています。
    協議会の目的は、全線の早期開業です。

    ただ、調布市は両事業に直接関係していないので応援部隊の立場です。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01調布市外の出来事

    2009年06月29日

    国民体育大会東京都準備委員会第3回総会




    14時 京王プラザホテルで第68回国民体育大会東京都準備委員会第3回総会が開かれました。

    東京国体は4年後に、調布の味の素スタジアムをメイン会場に行われます。

    83会場で40競技が繰り広げられますが、味スタでは開会式、閉会式、陸上競技、サッカー決勝戦が行われる予定です。


    冒頭で、会長の石原都知事が挨拶しましたが、内容がほとんどオリンピックのことで、挨拶が終わり次第、会長にもかかわらず「公務がある」との理由でさっさと退席する等、「石原慎太郎なら何でも許される」的な態度には不快感が残りました。

    また、机上に「東京水」のペットボトルが置いてあったので、初めて飲んでみました。
    宣伝の割に味は・・・。



    調布の水ってほんとにおいしいと改めて実感。


    green_right一般質問「多摩国体」(市議会HP)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02調布市外の出来事

    2009年06月28日

    青桐の会




    16時から烏山区民ホールで「第7回青桐の会 歌謡・舞踊の集い」を参観。

    この集いは調布から千歳烏山にかけて舞踊・民謡・歌謡の分野で活動している15団体が行う合同発表会です。

    開催場所は区民センターと調布グリーンホールを交代で行い、今年は区民センターの番でした。

    入り口に募金箱をもうけ、社会貢献もなさっています。

    参加団体の美鈴歌謡いとうの高遠忠三さんからのお声がけで伺いました。

    写真は高遠さん(右側)と神田秋栄さんの舞踊「風流船揃」の模様です。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01調布市外の出来事