たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2017年01月22日

西部飛田給自治会 もちつき大会

10時20分 飛田給3丁目の高速下第四公園で開かれていた西部飛田給自治会(川内武雄会長)主催のもちつき大会に伺いました。




綿あめに子どもたちは喜んでいました。



飛田給小学校の山中校長先生が飛び入り参加。
なかなか堂に入ってます。


私もついてみましたface02 あれ、腰が入ってないな〜icon10



つき上がった餅を食べられる大きさにちぎり、あんこ・きなこ・大根おろしをからめてできあがりです。まいう〜face05



餅米を蒸すのにガスと火を使う関係で、今年から要請を受けて初めて地元の消防団第1分団が出動し待機していました。
ご苦労様です。

  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:35Comments(0)飛田給の出来事

    2017年01月21日

    飛田給自治会 新年会

    18時 飛田給自治会(原均会長)新年会が飛田給1丁目のアーバンホテル1階の酔八仙で開かれました。




    壷に入れて8年間熟成した「陳八年甕紹興酒」はかなりイケますface05
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)飛田給の出来事

    2017年01月17日

    飛田給駅西側踏切拡幅検討案 提示

    狭くて危険な飛田給駅西側の踏切(飛田給1号踏切拡幅検討案が市から議会に提示されました。
    検討案では、踏切幅員が約3m拡幅され約9mとなります。
    9mの内訳は、歩道2m・車道5m・歩道2mです。

    議会への正式な説明は、2月13日に開催される予算内示会で行われる予定です。
    なお、今後の市・都・国・京王電鉄・警視庁との協議で、拡幅の幅員、事業費・工期などが変更される可能性もあります。













    <踏切拡幅に係るこれまでの主な経緯>

    ◯平成20年11月 飛田給地域の7団体(飛田給駅南口まちづくり準備会、飛田給自治会、西部飛田給自治会、鶴島自治会、飛田給小学校地区協議会、健全育成推進飛田給地区委員会、飛田給駅南口商店会)の代表者が京王電鉄本社を訪ね、飛田給駅西側踏切拡幅の要望書を提出。





    ◯平成22年3月 飛田給福祉のまちあるき実行委員会、まちづくり準備会、地区協議会、地域の自治会など地元の8団体が市に「飛田給駅南口まちづくりへの福祉に関する要望 」を提出。


    ◯平成25年10月28日 飛小地区協議会会長と健全育成飛田給地区委員会会長が吉野利明都議会議長を訪問し、飛田給駅西側踏切について現状を説明し、拡幅の協力を要請。(2013.10.28ブログ




    ◯平成27年10月 飛田給駅西側踏切拡幅対策協議会(飛田給小学校地区協議会、飛田給自治会、西部飛田給自治会、鶴島自治会、飛田給第三自治会、西武自治会、健全育成推進飛田給地区委員会、飛田給小学校PTA、飛田給駅南口商店会、調布地区防犯協会飛田給支部、調布市交通安全協会第一支部、飛田給福祉のまちあるき実行委員会、CIL調布など)が踏切を拡幅するための署名活動を開始。(2015.11.22ブログ



    ◯平成27年11月25日 飛田給駅西側踏切拡幅対策協議会調布市長宛踏切拡幅の要望書署名用紙を提出。(2015.11.25ブログ





    ◯11月25日 飛田給駅西側踏切拡幅対策協議会調布市議会踏切拡幅の陳情書を提出。(2015.11.25ブログ







    ◯12月16日 市議会本会議にて踏切拡幅の陳情が全員賛成で採択
    署名総数は10,552名。


    ◯平成28年3月16日 踏切拡幅対策協議会の役員が国土交通省を訪ね、市への要望書と署名の写しを提出。


    ◯3月22日 踏切拡幅対策協議会の役員が京王電鉄本社(多摩市)を訪ね、踏切拡幅の要望書と署名用紙を提出。(blue_right2016.3.22ブログ







    ◯3月24日 踏切拡幅対策協議会代表が東京都都市整備局を訪ね、市と京王電鉄への踏切拡幅の要望を伝達。

    ◯3月24日 調布市議会本会議にて、飛田給駅踏切拡幅に係る「飛田給駅周辺交通環境調査費」500万円を含む平成28年度一般会計予算が賛成多数で可決。


    ◯平成29年1月17日 市が踏切拡幅の検討案を議会に提示。



    狭くて危険な踏切をなくすための大きな一歩が提示されました。




    踏切拡幅のために市・都・国・京王電鉄に何度も何度も要望をし続けてきた自治会を始め地元の皆さん、ようやく努力が報われましたface02

    地元住民・飛田給駅利用者・FC東京と東京ヴェルディのサポーターを始め1万人を超える署名活動にご協力いただいたすべての皆さん、ありがとうございましたicon_bikkuri

    飛田給1号踏切が一日も早く安全・安心な踏切に生まれ変わるようにこれからも頑張りますicon_bikkuri2
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:45Comments(0)調布市政飛田給の出来事

    2017年01月10日

    健全育成飛田給 定例会

    19時30分 調布市健全育成推進飛田給地区委員会定例会が飛田給1丁目の青少年交流館で開かれました。




    <今後の健全育成飛田給関連日程>

    親子音楽会 2月1日(水)14時45分〜16時 「リコーダーコンサート」@飛小体育館

    四校親善ソフトボール大会 2月11日(祝土) @飛小校庭
    ※四校=第五中学区の第三小、富士見台小、多摩川小、飛小
    ※予備日12日(日)

    ジュニアサブリーダー大会 3月20日(祝月)9時〜 @グリーンホール大ホール  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)飛田給の出来事

    2017年01月07日

    夕焼け

    凄い夕焼けが見られそうな気がしたのですが・・

    残念、今ひとつでしたface11








      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 18:43Comments(0)飛田給の出来事

    2017年01月01日

    道生神社 初詣・歳旦祭・賀詞交歓会

    9時 地元の道生(みちおい)神社(飛田給2-39-20)に初詣


    10時 布多天神社から野澤宮司においでいただき、お社で歳旦祭が執り行われました。



    続いて、飛田給自治会と道生神社奉賛会の役員さん、近所の人などが境内に集まり、賀詞交歓会が行われ、新年を祝いました。


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:45Comments(0)飛田給の出来事

    2017年01月01日

    薬師尊ご開帳

    明けましておめでとうございます 
    今年もよろしくお願いしますicon_bikkuri

    新年が夢と希望に満ちた素晴らしい年でありますように
    icon_bikkuri2


    0時20分 飛田給薬師堂(飛田給1-25)のご本尊、薬師尊ご開帳から新年がスタートです。



    飛田給薬師堂の本尊は、元仙台藩士の松前意仙(いせん)が諸国を遍歴した末に、ここを生涯の地と定めて庵を結び、医業のかたわら仏道に志して人々を救済するため、自ら石の薬師尊を刻んだものです。
    尊像完成の後、傍らに穴を掘り、その中に入って鉦(かね)をたたきながら、お経を唱えて、そのまま入定(死去)し、生き仏となりました。
    江戸時代の元禄5年(1702年)のことです。


    ご本尊の石造瑠璃光薬師如来立像は、140㎝の正立像で、左手に薬壺を捧げ、右手は施無畏印を結び、慈悲に満ちた表情をしています。



    昭和49年、薬師堂境内行人塚は調布市史跡(第1号)に、石造瑠璃光薬師如来立像は郷土資料(第7号)に指定されました。

    普段は非公開ですが、12月31日の23時45分から2時間ほどと、9月12日の飛田給薬師尊例大祭で公開されています。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:46Comments(0)飛田給の出来事

    2016年12月30日

    道生神社 歳末大掃除

    9時 飛田給自治会・道生神社奉賛会の役員さんが集まり、飛田給2丁目の道生(みちおい)神社歳末大掃除を行いました。





    新年1月1日は、神社境内で10時から歳旦祭、引き続き、飛田給自治会・道生神社奉賛会の役員さんらが集まり賀詞交歓会が開催されます。

    初詣は、こじんまりした道生神社へどうぞface02  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 19:18Comments(0)飛田給の出来事

    2016年12月10日

    飛田給クリスマスミニコンサート@飛田給駅

    15時10分 飛田給駅構内の改札口前コンコースで飛田給小学校地区協議会(石川浩会長)主催の飛田給クリスマスミニコンサートが開催されました。

    このコンサートは、2004年に始まり、2006年から飛田給小学校合唱部が、昨年から第五中学校合唱部が出演しています。


    第1部はリコーダー2本とヴィオラ・ダ・ガンバによる演奏会



    リコーダーは浅井愛さん(下写真左)と中津川茉莉さん。浅井さんは下石原出身で富士見台小学校・第五中学校の卒業生です。


    ヴィオラ・ダ・ガンバは折口未桜さん。



    第2部飛田給小学校合唱部による合唱。





    第3部は混声合唱団 七福神の合唱。七福神は調布市立第五中学校・第七中学校・神代中学校のOB・OG及び生徒を中心に、12~22歳の若者で構成された合唱団です。




    第4部調布市立第五中学校合唱部の合唱。





    第5部は出演者全員によるジョイントコンサート。





    飛田給駅の構内は音の反響が大きいので、意外とコンサートにうってつけなのです。

    今年も「音楽のまち調布」に相応しい、素敵なコンサートでしたface02



    Osuga-YouTube 飛田給クリスマスイルミネーション&駅コンサート(2009)

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02Comments(0)飛田給の出来事音楽のまち

    2016年12月10日

    飛田給駅北口 クリスマスイルミネーション

    8時 4日に引き続き、飛田給小学校地区協議会(石川浩会長)のメンバーが集まり、飛田給駅北口駅前ロータリークリスマスイルミネーションの準備が始まりました。

    前回はモニュメント本体に電飾を付けたので、今日はクリスマスツリーと雪だるま・トナカイなどの設置と電飾です。


    飛田給の駅前イルミネーションは、1998年に当時南口の鹿島建設技術研究所の角にあった桜の木で始まり、2000年まで3回行いました。
    しかし、2001年、味の素スタジアム(当時は東京スタジアム)の開業に伴う駅舎の改築工事により桜は伐採されてしまいました。

    そこで、飛田給自治会や飛田給まちづくり協議会(当時)などが、新たに整備される北口広場に新しい飛田給の象徴=シンボルツリーとしてもみの木の植栽を強く要望しました。

    その結果、もみの木が植えられ、2001年からは北口でのイルミネーションが始まりました。


    しかし、もみの木は、地下が駐輪場のため十分な土の厚さを取れなかったことと、排水が不十分だったことなどの理由で枯れてしまいました。
    また、2013年に味の素スタジアムをメイン会場にスポーツ祭東京(国民体育大会・障害者スポーツ大会)が開かれることもあって、もみの木は伐採され、代わりにモニュメントが設置されました。

    2012年からはモニュメントに装飾しています。



    まずは、モニュメントの周りにクリスマスツリーを組み立てます。


    ツリーに装飾します。




    雪だるまやトナカイも設置し、電飾をチェックして準備終了です。





    15時10分 飛田給駅構内でクリスマスコンサートが開催されました。


    blue_right2016.12.10ブログ「飛田給クリスマスミニコンサート@飛田給駅」



    16時40分 クリスマスイルミネーションの点灯式が行われました。



    イルミネーションは1月7日(土)まで行われています。





    Osuga-YouTube 飛田給クリスマスイルミネーション&駅コンサート(2009)

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)飛田給の出来事

    2016年12月07日

    飛田給自治会 役員・部会長会

    19時 飛田給自治会(原均会長)の役員・部会長会が青少年交流館で開かれました。



    議題は、①第45回運動会の反省について、②年末年始の行事について、③新年会について、④歳末たすけあい募金について、⑤その他


    年末年始の飛田給自治会関連行事
    ◯12月25日(日)〜31日(土)20時〜22時 歳末消防特別警戒(消防団第1分団)
    ◯12月25日(日)・27日(火)・29日(木)20時〜22時 歳末防犯パトロール(防犯委員会)
    ◯12月31日(土)23時45分〜1月1日(日)1時頃 薬師尊ご開帳(薬師奉賛会)
    ◯1月1日(日)9時〜 歳旦祭・賀詞交歓会(道生神社奉賛会)
    ◯1月2日(月)一日 お正月獅子舞町内めぐり(飛田給囃子連)


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)飛田給の出来事

    2016年11月27日

    ふれあいクリーンデー

    本日、飛田給小学校地区協議会(石川浩会長)主催のふれあいクリーンデーが行われます。
    自宅周辺から道路・公園などに捨てられているゴミを拾いながら飛田給小学校に集合します。



    昨年まではゴミを手で拾っていましたが、おデブ系は屈む動作が苦手なので、近所の100円ショップに行ってみると・・料理用のトングがありました。
    探していたトングより短いですが、手よりはずっと拾いやすくなります。



    9時 飛田給駅北側の歩道からゴミを拾い始めます。


    いきなりポイ捨てタバコがface09



    11月15日に調布市の喫煙マナーアップキャンペーンできれいにした飛田給南口駅前の雨水浸透枡に行ってみます。


    11月15日の掃除前と掃除後

    blue_right2016.11.15ブログ「喫煙マナーアップキャンペーン@飛田給」

    12日間でタバコは何本捨てられているでしょうか・・
    3本捨てられていましたface09face09



    飛田給駅の南側は、駅前広場と道路の整備中です。


    どんな状況だろうがタバコをポイ捨てする連中には関係ないようです。



    飛田給3丁目の西部飛田給自治会エリアに入ると・・
    日頃からお掃除を心がけていて、チリひとつ落ちていませんface02



    飛田給小学校周辺では、次々に参加者がやって来ます。


    ゴールの飛田給小学校に到着icon_bikkuri


    私の集めたゴミ。


    甘酒をご馳走になります。生き返る〜face05



    みんなで力を合わせて、ゴミのポイ捨てのないまちをつくりましょうicon_bikkuri2




    道路はゴミ捨て場じゃないぞface09face09

    調布市は平成10年に「調布市都市美化の推進に関する条例」を施行し、美化推進重点地区(多摩川河川敷、野川河川敷、京王多摩川駅周辺、仙川駅周辺、国領駅周辺、菊野台交差点周辺、深大寺周辺、つつじヶ丘駅周辺)の8地区を指定。「市民が吸殻を捨てた場合は2万円以下の罰金に処する」と規定しました。

    でも、実際に罰金を取ったことがありません。

    ポイ捨てをする人は、違反を承知で平気で捨てていく確信犯です。
    何百回マナーキャンペーンをやっても、ポイ捨てがなくならないことは、誰でもわかっています。
    なくすためには、悲しいことですが、たとえ、一定の時期でも、千円であっても違反者から罰金を取るべきだと思いますicon_bikkuri

    千代田区は平成14年に路上喫煙者から2千円の罰金を取って話題になりました。
    市にやる気があればできるのです。
    百害あって一利なしのポイ捨てに対する市の消極的な姿勢が私には理解できません。

    ポイ捨てだらけの町ときれいな町と、どちらが好きですか?


    ◯「タバコのポイ捨て」に関する市議会建設委員会での私の質疑

    green_right「ポイ捨てをやめさせるために罰金を取る考えは」「味の素スタジアムから飛田給駅まで歩行喫煙禁止ゾーンにする考えは」(H26年3月)

    green_right「ポイ捨ては具体的にどんな法律や条例に違反しているのか」「ポイ捨ての実態をどのように把握しているのか」「喫煙マナーアップキャンペーンの効果は」「美化推進重点地区は市内9駅のうち4駅のみを指定している。全駅を指定しない理由は」「市はポイ捨てたばこをやめさせる意思を持っているのか」「条例を適用して罰金を取った例がない。どうして消極的な姿勢に終始しているのか」「ポイ捨てを変えるためには罰金を取るしかないと思う。決意は」「歩きたばこの実態と規制は」「味の素スタジアムのイベント終了後、実態として歩きたばこをしている。取り締まる考えは」「たばこを吸う人、吸わない人、煙が嫌いな人の権利を守るためには完全分煙しかあり得ない。市の考えは」(平成25年9月)

    green_right「たばこのポイ捨てを取り締まらないのは行政の怠慢ではないのか」(平成19年3月)

    green_right「条例を作ったのに、たばこのポイ捨ての罰金を取らない理由は何か」(平成18年9月)

    green_right「たばこのポイ捨てで罰金を取る考えは」(平成14年9月)


    Osuga-YouTube「飛田給小学校地区協議会ふれあいクリーンデー(2009)」

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 14:08Comments(0)飛田給の出来事

    2016年11月24日

    東京 11月の雪は54年ぶり

    11月に東京で雪が降るのは54年ぶりだそうですface08

    私は56歳なので年齢的には2度目ですが、当時は長野に住んでいたので、1962年の東京の雪は知りません。
    その時、長野は大雪だったのでしょうか。
    ただ、2歳だったので、東京のことも長野のことも覚えていません。


    飛田給駅の様子です。


    味の素スタジアムの様子です。




    雪が積もっていれば、車・人・電車など大混乱だったでしょう。
    積もらなくてよかったface01  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)飛田給の出来事

    2016年11月20日

    7時 窓から外を見ると、霧でほとんど見えませんface08


    調べると・・
    湿った空気が残っているところに地上付近の気温が下がってきたため、広い範囲で霧が発生したようです。


    飛田給から東方向。


    微かに見える飛田給駅。


    味の素スタジアムは全く見えない状態。




    参照:<幻想的>都会で雲海出現(ウェザーニュース)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)飛田給の出来事

    2016年11月18日

    飛田給小学校避難所運営委員会

    19時 飛田給小学校避難所運営委員会が開かれました。

    前々回から平成25年に作成した飛田給小避難所運営マニュアルの見直しを行っています。

    マニュアルは自ら考えることも大切ですが、被災地と避難所の実態を知っているメンバーがいないので、せっかく作っても災害の実情に合わないこともあり得ます。


    そこで、今回は、被災地と避難所の実態をよく知っている市内上石原の青木病院の青木誠先生にご講演いただきました。


    青木先生は、医師として東日本大震災・熊本地震を始め何回も被災地に駆けつけました。
    また、市立小中学校28校の避難所運営マニュアルの中で最も実践的と言われる第五中学校のマニュアルの作成に中心となり関わりました。

    このようなご経験から、避難所の運営やマニュアルのあり方に貴重なアドバイスをいただきました。


    更に、市とボランティアが一体となった「チーム調布」としての取り組みや市と避難所との連絡手段にタブレット端末を取り入れる新たな手法の提案もいただきました。



    やはり、被災地と避難所の実態を知っている方のお話は説得力がありますface02
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)飛田給の出来事

    2016年11月17日

    飛田給小 あいさつ運動&焼き芋大会

    今朝は飛田給小学校であいさつ運動でした。あいさつ当番は元気いっぱいの2年生。



    正門を入ったところに棚田があります。
    先月5年生が稲刈りをしました。
    この棚田で、明日1年生が「焼き芋大会」をするそうです。


    芋は先週飛小の畑で収穫。


    廊下に1年生が収穫したサツマイモが並んでいました。



    熱々のサツマイモを食べる子どもたちの笑顔と歓声が目に浮かびますface02  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)飛田給の出来事

    2016年11月15日

    喫煙マナーアップキャンペーン@飛田給駅

    7時30分 調布市の喫煙マナーアップキャンペーンに健全育成推進飛田給地区委員として参加しました。

    市では、「調布市都市美化の推進に関する条例」で、たばこの吸い殻などのポイ捨てを禁止し、歩きたばこをしないよう求めています。
    毎年11月の1週間(原則第3週)をキャンペーン期間とし、市内の各駅周辺で、朝の通勤時間帯にあわせ喫煙マナーを呼びかけるほか、清掃活動を実施しています。

    今年は14日(月)の調布駅から18日(金)の柴崎駅・西調布駅までの1週間。
    本日は午前7時30分から8時まで飛田給駅とつつじヶ丘駅での実施でした。


    地元の自治会・健全育成・飛田給小学校地区協議会などのメンバー10数名が集まり、①啓発用品(ポケットティッシュ、携帯灰皿)の配布、②歩行喫煙者に対してのマナーアップの呼びかけ、③駅周辺の清掃活動を行いました。




    私は駅南口の清掃活動を担当。

    南口駅前の雨水浸透枡には、ポイ捨てされた吸い殻がこんなにface08face09face11


    ゴミ拾いトングを使って清掃開始。


    きれいになりましたface02


    雨水浸透枡にポイ捨てされたたばこface08face09


    雨水浸透枡には、たばこだけでなく、ガム・乾電池・ワインのコルクまでもが捨てられていましたface11


    雨水浸透枡はごみ捨て場じゃないぞface09face09


    調布市は平成10年に「調布市都市美化の推進に関する条例」を施行し、美化推進重点地区(多摩川河川敷、野川河川敷、京王多摩川駅周辺、仙川駅周辺、国領駅周辺、菊野台交差点周辺、深大寺周辺、つつじヶ丘駅周辺)の8地区を指定。「市民が吸殻を捨てた場合は2万円以下の罰金に処する」と規定しました。

    でも、実際に罰金を取ったことがありません。

    ポイ捨てをする人は、違反を承知で平気で捨てていく確信犯です。
    何百回マナーキャンペーンをやっても、ポイ捨てがなくならないことは、誰でもわかっています。
    なくすためには、悲しいことですが、一定の時期、たとえ千円であっても違反者から罰金を取るべきだと思いますicon_bikkuri

    千代田区は平成14年に路上喫煙者から2千円の罰金を取って話題になりました。
    市にやる気があればできるのです。
    百害あって一利なしのポイ捨てに対する市の消極的な姿勢が私には理解できません。

    ポイ捨てだらけの町ときれいな町と、どちらが好きですか?


    「たばこのポイ捨て」に関する市議会建設委員会での私の質疑

    green_right「ポイ捨てをやめさせるために罰金を取る考えは」「味の素スタジアムから飛田給駅まで歩行喫煙禁止ゾーンにする考えは」(H26年3月)

    green_right「ポイ捨ては具体的にどんな法律や条例に違反しているのか」「ポイ捨ての実態をどのように把握しているのか」「喫煙マナーアップキャンペーンの効果は」「美化推進重点地区は市内9駅のうち4駅のみを指定している。全駅を指定しない理由は」「市はポイ捨てたばこをやめさせる意思を持っているのか」「条例を適用して罰金を取った例がない。どうして消極的な姿勢に終始しているのか」「ポイ捨てを変えるためには罰金を取るしかないと思う。決意は」「歩きたばこの実態と規制は」「味の素スタジアムのイベント終了後、実態として歩きたばこをしている。取り締まる考えは」「たばこを吸う人、吸わない人、煙が嫌いな人の権利を守るためには完全分煙しかあり得ない。市の考えは」(平成25年9月)

    green_right「たばこのポイ捨てを取り締まらないのは行政の怠慢ではないのか」(平成19年3月)

    green_right「条例を作ったのに、たばこのポイ捨ての罰金を取らない理由は何か」(平成18年9月)

    green_right「たばこのポイ捨てで罰金を取る考えは」(平成14年9月)   

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 09:53Comments(0)飛田給の出来事

    2016年11月12日

    飛田給小学校 学芸会

    9時50分 飛田給小学校学芸会を見に行きました。

    学芸会は隔年で行われています。

    すでに1年生と3年生の発表は終わっていました。


    5年生「魔法をすてたマジョリン」




    2年生「遠足に行くんだ」




    4年生「冒険者たち」




    6年生「夢から醒めた夢」





    ミュージカル仕立ての歌あり踊りありで、子どもたちの素晴らしい表現力に拍手icon23icon23
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02Comments(0)飛田給の出来事

    2016年11月06日

    飛田給 花の植え替え

    8時 飛田給駅周辺プランター花の植え替えをしました。


    このプランターと花は、1998年に「飛田給を花でいっぱいにしましょうicon_bikkuri」と当時の飛田給まちづくり協議会が飛田給駅南口商店会に呼びかけて共同で始めたものです。

    飛田給小学校の子どもたちの有志に木製のプランターを作ってもらい、花を植えました。
    当時小学生だった私の長男も参加しましたが、その頃のプランターは傷んでしまい残っていません。

    2005年からは「花いっぱい運動」に熱い想いを持つ石川浩さんが資金面も含めて中心となり、年に2回地元の有志で行っています。


    花は深大寺元町の佐保田園芸さんが格安で提供してくださいましたface02


    年々プランターが壊れて少なくなってしまい、今年は4カ所6つのプランターに植え替えます。
    私は駅北口の歩道にある円形プランターのひとつを担当しました。



    まずはプランターの掃除をします。


    プランターに捨てられているタバコに腹が立ちますface09


    すき家さん、歩道に出している宣伝用のぼり旗が邪魔ですよface07 ルールとマナーを守ってくださいface09face09



    私の植えた花。我ながらセンスが・・icon_maro06


    今回の参加者は、本田照男さん、石川浩さん、板橋栄次さんと私の4名。



    みんなでちょっとずつ花を植えて、花いっぱいのまちにしましょうicon_chuicon_chu

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)飛田給の出来事

    2016年10月27日

    初冠雪富士山と雲海/あいさつ運動@飛小/稲木干し

    今朝の富士山は、霧か霞か雲海とのコラボで初冠雪の昨日とは違った趣がありました。




    7時50分 飛田給小学校であいさつ運動でした。


    昨日、東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校児童の遺族が訴えた裁判の一審判決が出ました。
    この悲劇から教訓を学び、子どもたちが2度と災害の犠牲にならないよう、津波を含めた防災教育を改めて徹底しなければならないと思います。

    blue_right2013.8.15ブログ
    blue_right2013.2.11ブログ
    blue_right2012.1.22ブログ
    blue_right2011.8.18ブログ



    先週5年生が刈った稲が天日干しされていました。

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 16:33Comments(0)飛田給の出来事