たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2013年03月27日

市議会第1回定例会最終日



9時10分 調布市議会第1回定例会が再開されました。

今定例会は、2月28日に開会され、会期は28日間。

市長報告 (1件)、市長提出議案 (43件)、議員提出議案 (12件)、委員会提出議案 (1件)、陳情 (8件)が審査されました。


市長提出議案 内容と審査結果

報告第 1 号  専決処分の報告について
[内容]
平成24年11月11日,市が実施する事業において原動機付自転車を移動したことにより,物件に損害を与えたもの。これによる市の損害賠償の額は,1万8,530円。



議案第 1 号  平成24年度調布市一般会計補正予算(第5号)
[内容]
歳入歳出それぞれ14億3,328万4,000円を増額するもの。
歳出予算の主な補正内容は,総務費,民生費,衛生費,土木費,消防費,教育費,公債費の7つの款において,契約差金を始め,年度末を見据えた未執行予定額の減額補正を含んだ内容となっている。
総務費については,退職見込み人数の増加等に伴う職員退職手当の所要額や,指定寄付金を財源とした財政調整基金積立金のほか,公共工事の前倒しとして,地域福祉センター及びふれあいの家の維持補修に係る工事費などを計上している。
民生費では,年度末を見据え,国民健康保険事業,介護保険事業及び後期高齢者医療の各特別会計への繰出金について,過不足額を計上している。また,公共工事の前倒しとして,保育園の維持補修等に係る工事費を計上するほか,管内・管外私立保育所運営事業費や,グループ型保育所助成費などを増額している。
衛生費では,大腸がん検診費や任意予防接種費のほか,特別交付税と連動したふじみ衛生組合負担金の所要額などを増額している。
商工費では,融資申請件数等の増に伴う中小企業事業資金保証料負担金の所要額を増額している。
土木費では,調布駅南口東地区市街地再開発事業補助金の所要額や,下水道事業特別会計への所要の繰出金のほか,一般寄附金を財源とした都市基盤整備事業基金への積立金などを計上している。
消防費では,消防施設維持管理費などを減額している。
教育費では,総合体育館の敷地内駐車場の整備工事費のほか,公共工事の前倒しとして,市民プールの維持補修に係る工事費などを計上している。
公債費では,平成23年度借入分の利子償還費について減額している。

歳入予算として,地方交付税では,特別交付税を増額している。
国・都支出金については,本補正の歳出に連動した特定財源を計上するほか,年度末を見据えた収入見込額を精査している。
財産収入では,各種基金の利子収入や不動産売払収入を増額している。
寄附金では一般寄附金及び指定寄付金を,繰入金では,都市基盤整備事業基金及び職員退職手当基金の繰入金を増額するほか,繰越金については,本補正により,前年度繰越金の残額を全額計上している。
諸収入では年度末を見据えた収入見込額を精査するほか,市債では,各事業の契約額の確定等に伴い,11事業について精査している。
これにより,歳入歳出予算の総額は,803億7,144万円となる。
繰越明許費としては,総務費,民生費,土木費及び教育費における15の事業について,市内事業者の受注機会確保につなげる公共工事の前倒しなど,年度内に事業完了が困難と見込まれることから繰越明許費を設定するもの。
債務負担行為の補正としては,基地跡地中継施設解体事業について,債務負担行為限度額を増額するもの。
地方債の変更としては,11事業について,契約額の確定等に伴い限度額を精査し,26億1,200万円に変更するもの。

[結果] 可決



議案第 2 号  平成24年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)
[内容]
歳入歳出それぞれ2億5,327万2,000円を増額するもの。
歳出予算としては,保険給付費,後期高齢者支援金等及び諸支出金を増額し,総務費,前期高齢者納付金等,介護納付金,共同事業拠出金及び保健事業費を減額するもの。
歳入予算としては,療養給付費等交付金,前期高齢者交付金,繰入金及び諸収入を増額し,国民健康保険税,国庫支出金,都支出金及び共同事業交付金を減額するもの。
これにより,歳入歳出予算の総額は213億6,069万5,000円となる。

[結果] 可決



議案第 3 号  平成24年度調布市用地特別会計補正予算(第1号)
[内容]
歳入歳出それぞれ197万3,000円を増額するもの。
歳出予算としては,用地費について,公共用地取得における債務負担解消に係る買収費の償還利息が確定したことに伴う増額をしている。
繰出金については,土地開発基金の利子収入及び運用収入の増加見込みにより,増額している。
歳入予算としては,歳出予算に連動し,財産収入と繰入金を増額している。
これにより,歳入歳出予算の総額は,9億3,532万7,000円となる。

[結果] 可決



議案第 4 号  平成24年度調布市下水道事業特別会計補正予算(第3号)
[内容]
歳入歳出それぞれ1億2,306万1,000円を減額するもの。
歳出予算としては,事業費について,管渠整備費のうち,管渠等補修工事費及び野川処理区整備費負担金の所要額を調整するとともに,管渠等設計費,耐震化工事費,しゅんせつ工事費,合流式下水道改善事業費,流域下水道処理負担金,設計・測量・調査委託料,枝線工事費及び京王線連立下水道事業負担金に不用額が生じたので,これを精査するもの。
公債費については,前年度起債額の確定に伴う利子償還費の不用額を精査するもの。
歳入予算としては,分担金及び負担金,使用料及び手数料,国庫支出金及び都支出金において,それぞれ決算見込額に基づき精査するもの。
繰入金において,一般会計繰入金を増額するとともに,市債において,東京都知事の同意見込額に基づき減額するもの。
これにより,歳入歳出予算の総額は,34億8,676万3,000円となる。

[結果] 可決



議案第 5 号  平成24年度調布市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)
[内容]
歳入歳出それぞれ7億5,100万円を増額するもの。
歳出としては,訪問介護や特別養護老人ホームなどの介護保険サービスを賄う保険給付費が,当初の見込みを上回ったため,増額するもの。
歳入としては,保険給付費に対する国等の法定負担である国庫支出金等,一般会計繰入金及び基金繰入金の増額となっている。
これにより,歳入歳出予算の総額は,121億1,728万9,000円となる。

[結果] 可決



議案第 6 号  平成24年度調布市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
[内容]
歳入歳出それぞれ1億8,116万8,000円を減額するもの。
歳出予算としては,総務費及び広域連合納付金の所要額を減額するもの。
歳入予算としては,後期高齢者医療保険料及び繰入金を減額するもの。
これによる,歳入歳出予算の総額は,40億8,384万2,000円となる。

[結果] 可決



議案第 7 号  調布市指定地域密着型サービスの事業の人員,設備及び運営に関する基準を定める条例
[内容]
介護保険法の一部改正に伴い,指定地域密着型サービスの事業の人員,設備及び運営に関する基準を定めるもの

[結果] 可決



議案第 8 号  調布市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員,設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例
[内容]
介護保険法の一部改正に伴い,指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員,設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定めるもの。

[結果] 可決



議案第 9 号  調布市新型インフルエンザ等対策本部条例
[内容]
新型インフルエンザ等対策特別措置法の制定に伴い,国内で新型インフルエンザ等が発生し,政府が新型インフルエンザ等緊急事態宣言をしたときに市が設置する新型インフルエンザ等対策本部について,必要な事項を定めるもの。

[結果] 可決



議案第10号  調布市都市公園の移動等円滑化の基準に関する条例
[内容]
高齢者,障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の一部改正に伴い,市が設置する都市公園の移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定めるもの。

[結果] 可決



議案第11号  調布市景観条例

[内容]
景観法の基本理念に立脚し,良好な景観の形成について市,市民及び事業者の責務を明らかにするとともに,同法に基づく景観計画の策定,行為の規制等について必要な事項を定めることにより,市,市民及び事業者が相互に協力し,地域の特性を生かした良好な景観の形成を推進し,もって豊かな自然と都市の利便性とが調和したまちの発展に資することを目的とするもの。

[結果] 可決



議案第12号  調布市道の構造の技術的基準に関する条例
[内容]
道路法の一部改正に伴い,市道を新設し,又は改築する場合における道路の構造の技術的基準を定めるもの。

[結果] 可決



議案第29号  調布市文化会館たづくり条例の一部を改正する条例
[内容]
新たに防災センターを設置するもの。

[結果] 可決



議案第30号  調布市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例
[内容]
東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律の厚生労働省関係規定の施行等に関する政令の一部改正に伴い,引用する条項を改めるもの。

[結果] 可決



議案第31号  調布市立学童クラブ条例の一部を改正する条例
[内容]
つつじケ丘児童館学童クラブ上ノ原第1分室等を設置し,及びつつじケ丘児童館学童クラブ上ノ原分室等を廃止するとともに,学童クラブに通う障害児等に対する送迎事業について改めるほか,所要の改正及び規定の整備を行うもの。

[結果] 可決



議案第32号  調布市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例
[内容]
道路法施行令の一部改正に伴い,引用する条項を改めるとともに,道路の区域内の地面に設ける自転車,原動機付自転車等を駐車させるため必要な車輪止め装置その他の器具等の占用料について定めるもの。

[結果] 可決



議案第33号  調布市都市公園条例の一部を改正する条例
[内容]
都市公園法の一部改正に伴い,都市公園の設置基準を定めるとともに,規定の整備を行うもの。

[結果] 可決



議案第34号  市道路線の認定について
[内容]
調布市国領町4丁目3番地31先に位置する道路を市道として管理するため,道路法第8条第1項の規定により,認定するもの。

[結果] 可決



議案第35号  市道路線の廃止について
[内容]
調布市小島町3丁目98番地37先に位置する市道南71-12号線の廃止で,現況等を考慮したところ支障がないので,道路法第10条第1項の規定により廃止するもの。

[結果] 可決



議案第36号  市道路線の廃止について
[内容]
調布市国領町7丁目30番地5先に位置する市道南186-1号線の廃止で,現況等を考慮したところ支障がないので,道路法第10条第1項の規定により廃止するもの。

[結果] 可決



議案第37号  市道路線の廃止について
[内容]
調布市国領町7丁目29番地7先に位置する市道南186-2号線の廃止で,現況等を考慮したところ支障ないので,道路法第10条第1項の規定により廃止するもの。

[結果] 可決



議案第38号  平成25年度調布市一般会計予算
[内容]
平成25年度は,新たな基本構想に掲げたまちの将来像「みんなが笑顔でつながる・ぬくもりと輝きのまち調布」の実現に向けた新たな基本計画の初年度である。
市政経営を取り巻く環境は依然として厳しい状況にあるが,市政の第一の責務として,市民の安全・安心を守り,市民生活を支援するとともに,中長期的な展望のもと,財政規律の維持を図りながら,新たな基本計画に基づくまちづくりを着実に進めていくこととしている。
平成25年度予算編成に当たっては,基本計画や財政フレームの策定と併行し複数年次を見据える中で,「選択と集中」の視点から,事業の優先度等を厳しく精査するととともに,あらゆる角度からの財源確保に取り組み,最小の経費で最大の効果を挙げる予算編成に全庁で取り組んだ結果,一般会計の予算総額は,771億1,000万円となり,前年度と比較して,9億8,000万円1.3パーセントの増となっている。

歳出予算の各款別の概要。
議会費については,議会運営に係る諸経費を計上している。
総務費では,安全・安心パトロールなどの防犯対策に係る経費や,グリーンホール・文化会館たづくりの施設整備費のほか,市税徴収体制の強化や都議会議員及び参議院議員の選挙費などを計上している。
民生費については,367億5,000万円余を計上し,前年度と比較して,15億2,000万円余4.3パーセントの増となっている。この主な要因としては,障害者福祉サービス費や生活保護費などの扶助費のほか,待機児童対策に係る保育所運営費の増額に伴うもので民生費の予算総額に占める構成比は,47.7パーセントで,高い比率での第1位となっている。
その主な内容としては,待機児童対策として,7月に予定している認可保育園1園の開設のほか,認可保育園1園の増築及び認証保育所1箇所の開設の準備を進めていく。学童クラブでは,3季休業中の朝の受入時間を早めるとともに,在籍障害児の受入学年の延長に係る経費を計上している。高齢者施策としては,介護予防事業や地域密着型サービスの充実のほか,ちょうふの里改修工事に係る経費などを計上している。障害者施策としては,「希望の家深大寺」や市内では初めてとなる重度重複障害者グループホームの整備に係る経費などを計上している。
衛生費では,可燃ごみの広域処理の終了等により,15億2,000万円余22.8パーセントの減となっている。 主な内容としては,前立腺がん検診の実施や特定不妊治療についての費用の一部助成に係る経費のほか,こころの健康支援センターにおける発達障害者の支援体制の整備に係る経費や定期予防接種費などを計上している。また,地球温暖化対策や自然環境の保全等を目的とした施策のほか,資源循環型社会の形成に向けたごみ減量・資源化の促進,大気汚染等の測定調査に係る経費などを計上している。
労働費では,勤労者互助会補助金や地域若者サポートステーションの誘致・開設に係る経費などを,また,農業費では,都市農業育成対策補助金など,魅力ある都市農業の推進に係る経費を計上している。
商工費では,市民生活支援等の継続的な取組として「中小企業事業資金融資における信用保証料の全額補助」の延長実施に係る経費のほか,LED街路灯の整備などを支援する商店街施設等整備事業補助金などを計上している。
土木費では,調布・布田・国領3駅の駅前広場の整備のほか,調布駅南北の市街地再開発事業,都市計画道路の整備に係る経費などを計上している。併せて,特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化促進のほか,深大寺地区のまちづくりの推進,崖線緑地の保全,公遊園施設の老朽化対策などにも取り組んでいく。
消防費では,東京都の被害想定の見直しや大震災を踏まえた防災備蓄品の充実に係る経費のほか,災害時の水の確保に向けた地下水ろ過システムの導入に係る経費などを計上,市民の安全・安心の確保のため,地域の防災力を高め,災害に強いまちづくりを推進していく。
教育費では,児童・生徒数の増加に伴い教室不足が予想される小中学校の校舎増築工事のほか,普通教室・給食施設等の改修工事費や,校庭芝生化・直結給水化に伴う工事費などを計上している。また,命の教育活動の推進として,昨年開始した調布市防災教育の日を実施するほか,引き続き市立小・中学校全校の教員を対象とした上級救命講習を行うとともに,救命に関する指導力の向上を図るための研修についても充実を図っていく。
また,スポーツ祭東京2013の開催に向けて,調布市実行委員会への運営費補助金を計上している。
公債費については,各種公共建築物の施設整備や都市基盤の整備などのために借り入れた市債の元利償還金を計上している。
諸支出金については,美術作品等取得基金への繰出金を計上している。

歳入の各款別概要。
市税については,423億1,000万円余前年度と比較して,8,000万円余0.2パーセントの増となっている。
市税収入は,個人市民税及び法人市民税の減要因はあるものの,固定資産税,都市計画税,市たばこ税の増要因により,市税総体では増収を見込んでいる。
地方譲与税,利子割交付金などの各種交付金については,景気にも連動する交付金等の減収影響により,34億6,000万円余前年度と比較して,7,000万円余の減となっている。
使用料・手数料につきましては,23億円余を計上している。
国庫支出金にいては,117億1,000万円余を計上しているが,歳出予算と連動した,社会資本整備総合交付金や障害者自立支援給付費負担金の増により前年度と比較して15億8,000万円余の増となっている。
都支出金については,93億6,000万円余を計上しているが,歳出予算と連動した,みちづくり・まちづくりパートナー事業補助金の減などにより,前年度と比較して2,000万円余の減となっている。
財産収入については,1億8,000万円余を計上している。
繰入金では,19億4,000万円余を計上しているが,都市基盤整備事業基金や財政調整基金の繰入金の減などにより,前年度と比較して,3億円余の減となっている。
市債については,世代間負担の公平化を図るため,各適債事業において所要の財源を計上している。
なお,臨時財政対策債については,普通交付税の不交付団体は平成25年度から借入れができなくなったことから,前年度の6億円から皆減となっている。
債務負担行為については,「ちょうふの里設備整備事業」と「グリーンホール設備整備事業」について,限度額を設定している。
地方債の設定については,各適債事業について,限度額を設定している。

[結果] 可決



議案第39号  平成25年度調布市国民健康保険事業特別会計予算
[内容]
調布市国民健康保険事業の財政運営は,長引く景気の低迷,医療の高度化に伴う医療費の増加など,依然として厳しい経営状況が続いている。しかしながら,国民皆保険制度を維持し,医療保険者として健康保持に必要な医療を地域住民に安心して受けてもらえるようにすること,疾病の予防や健康を増進する施策の推進を図ることを事業の基本とし,歳入の確保及び医療費の適正化を推進することに重点を置き,このたびの予算編成を行ったもの。
平成25年度調布市国民健康保険事業特別会計予算の歳入歳出の総額は,213億800万3,000円で,前年度に比べ1.4%の増となっている。
歳出予算としては,歳出総額の65.2パーセントを占めている保険給付費は,138億8,524万円余を計上し,前年度に比べ4,086万円余の増額となっている。
後期高齢者支援金等については,30億7,754万円余を計上し,歳出総額の14.4パーセントを占めていて,前年度に比べ1億6,911万円余の増額となっている。
共同事業拠出金については,23億7,446万円余を計上し,歳出総額の11.2パーセントを占めていて,前年度に比べ3,088万円余の減額となっている。
総務費については,人件費をはじめ,保険給付事務,被保険者資格の得喪事務及び国民健康保険税賦課・徴収事務に係る経費のほか,医療費適正化対策,国民健康保険税収納率向上対策等の経費を計上している。
歳入予算として,歳入総額の21.7パーセントを占めている国民健康保険税は,被保険者数や景気の動向等を勘案した結果,46億2,330万円余を計上し,前年度に比べ1億6,416万円余の減額となっている。
国庫支出金については,44億6,133万円余を計上し,歳入総額の20.9パーセント,前期高齢者交付金については,42億2,685万円余を計上し,歳入総額の19.8パーセント,共同事業交付金として,24億554万円余を計上し,歳入総額の11.3パーセントを占めている。
これらを主な財源として,なお不足するものについては,一般会計からの繰入金を充当し,収支の均衡を図ったもの。

[結果] 可決



議案第40号  平成25年度調布市用地特別会計予算
[内容]
歳入歳出それぞれ1億7,861万2,000円を計上するもの。
歳出予算の主な内容は,用地費では,一般会計と連動した生活道路用地買収費や債務負担行為解消分に係る公共用地買収費のほか,公共用地取得に要する事務費交付金など,1億1,157万円余を計上している。
繰出金では,土地開発基金への運用収入及び利子収入繰出金を313万円余,公債費では,公共用地先行取得債の元利償還金として,6,390万円を計上している。
歳入予算としては,歳出予算と連動した,財産運用収入や不動産売払収入のほか,一般会計繰入金について所要額を計上している。
平成25年度の債務負担行為については,公共用地取得のための限度額を2億9,400万円とし,これに必要な資金として,調布市土地開発公社が金融機関から融資を受ける償還元金及び利子について債務保証するとともに,同公社が平成24年度までに融資を受けた生活再建救済制度の適用資金に対する債務保証をするもの。
このほか,同公社が市場性資金により融資を受けた資金を繰上償還した場合に生じる利子の金融機関に対する損失補償を設定している。

[結果] 可決



議案第41号  平成25年度調布市下水道事業特別会計予算
[内容]
歳入歳出それぞれ35億3,928万8,000円を計上したもの。
歳出予算として,総務費について,4億8,649万円余を計上している。その主な内容としては,下水道使用料等の徴収事務に要する経費である。
事業費については,27億6,827万円余を計上している。その主な内容としては,下水道管渠等の清掃委託料及び補修工事費,調布市下水道総合計画に基づく下水道施設長寿命化推進事業に係る経費,耐震化工事費及び合流式下水道改善事業費,流域下水道処理負担金,野川処理区整備費負担金等である。
公債費については,下水道債の元利償還費として,2億7,451万円余を計上したもの。
歳入予算としては,主要な財源である使用料のほか,国庫支出金,都支出金,市債等において,歳出予算に計上した各事業に係る特定財源を見込んだもの。

[結果] 可決



議案第42号  平成25年度調布市介護保険事業特別会計予算
[内容]
歳入歳出それぞれ118億7,912万2,000円を計上したもの。
歳出予算の主な内容としては,高齢化の進展に伴い,歳出予算の94.3パーセントを占めている保険給付費は,112億1万円で,前年度に比べ,9億4,497万円余9.2パーセントの増額となっている。
地域支援事業費は,保険給付費の総額の2.5パーセントに相当する2億9,130万円余を計上している。
総務費については,3億6,493万円余を計上している。
歳入予算としては,保険料は,25億5,762万円余で,歳入総額の21.5パーセント、国庫支出金及び都支出金については,合わせて42億3,785万円余で,歳入総額の35.7パーセント、支払基金交付金については,32億6,290万円余で,歳入総額の27.5パーセント、繰入金については,18億1,959万円余で,歳入総額の15.3パーセントを占めている。

[結果] 可決



議案第43号  平成25年度調布市後期高齢者医療特別会計予算
[内容]
歳入歳出それぞれ43億6,589万9,000円を計上したもの。
歳出予算としては,歳出予算の93.6パーセントを占めている広域連合納付金について40億8,466万円余、保健事業費として1億5,309万円余を計上するもの。
歳入予算としては,後期高齢者医療保険料が22億6,835万円余で,歳入総額の52.0パーセントを占めている。
一般会計からの繰入金として19億7,545万円余、さらに諸収入1億2,208万円余が主なもの。

[結果] 可決




議員提出議案 (12件)、委員会提出議案 (1件)、陳情 (8件)の審査結果など会議結果こちらをご覧ください。









19時30分 操法訓練
  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01今日の出来事

    2013年03月25日

    飛田給小学校卒業式

    今日は市立小学校20校で卒業式が行われます。1,743名(2月1日現在)の子どもたちが卒業します。




    私は地元の飛田給小学校へ。

    10時 飛田給小学校第38回卒業式が始まりました。


    卒業証書授与。卒業生一人ひとりが、担任の先生から呼名された後、中学校での部活や勉強のこと、なりたい職業など「将来の夢」を語ってから、卒業証書を受け取ります。


    送ることばと門出のことばに続き、卒業生と在校生の最後の合唱です。


    69名の子どもたちが巣立って行きました。



    可能性あふれる未来に向かって、しっかりと羽ばたいて行ってほしいと思いますicon01





    18時 国立高校同窓会代表幹事会が三鷹駅近くの同窓会事務局で開かれました。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01今日の出来事

    2013年03月24日

    飛田給自治会防災訓練

    飛田給自治会主催の防災訓練が飛田給1丁目の野口倉庫で行われました。


    8時 消防団第1分団詰所に集合して準備。

    8時30分 野口倉庫集合。

    9時50分 飛田給自治会防災訓練開始。私は消防団で参加し、消防署のお手伝い。



    <訓練内容>
    ①炊き出し訓練(アルファ米)
    ②初期消火訓練(消火器)
    ③救命訓練(AED)
    ④応急救護訓練(三角巾)
    ⑤煙体験
    ⑥家具転倒防止講習



    アルファー米による炊き出し訓練


    消火器による初期消火訓練


    AEDによる救命訓練


    三角巾による応急救護訓練



    煙体験



    私も煙体験ハウスに入ってみました。


    中に入ると、煙でほとんど何も見えません。姿勢を低くして手探りで進みます。
    煙は化粧品の成分を気化させたもので、もちろん無害です。


    やっと出口が・・。


    無事出てきましたface02
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01今日の出来事

    2013年03月19日

    調布中学校卒業式

    今日は市立中学校8校で卒業式が行われます。
    8校の卒業生は計1,315名です。




    私は地元の調布中学校に行きました。



    9時30分 第66回卒業式が始まりました。

    卒業証書授与。一人ひとり担任の先生から呼名され、校長先生から卒業証書をもらいます。


    毎年気になることが・・・。
    もらったばかりの卒業証書がイスの下の床に直接置かれています。何とかならないものでしょうか。



    藤澤校長式辞


    赤羽根PTA会長祝辞



    在校生の「送ることば」、卒業生の「門出のことば」に続き、生徒全員で「旅立ちの日に」を合唱します。最も感動的なシーンです。


    最後はクラス毎に在校生と保護者に一礼して調布中を巣立って行きました。



    校庭の桜はまだでしたが、中庭の桜は子どもたちの卒業をお祝いするがごとく咲いていましたface02



    卒業生一人ひとりの将来に幸あれicon01
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01今日の出来事

    2013年03月11日

    東日本大震災から2年

    8時50分 議会運営委員会

    9時10分 市議会本会議。一般質問2日目。


     

    東日本大震災から2年が経ちました。

    帰宅してから全国のコミュニティFMを聞くことができるインターネットのサイマルラジオラジオ石巻を聞きます。

    ラジオを聞きながら東日本大震災全記録(河北新報社)を読んでいると、震災直後からテレビで見た光景、被災地を訪ねて見たこと聞いたこと感じたことが次々と頭の中を巡ります。





    裏山がすぐそこにあったのに、石巻市立大川小学校で74名もの児童の命が失われたのは何故なのでしょうか。

    (写真:NHK)



    釜石東中学校の生徒が隣の鵜住居小学校の児童の手を繋ぎ「津波てんでんこ」を実践した「釜石の奇跡」!


    (写真:NHK)


    その一方で、釜石東中・鵜住居小の近くにある鵜住居地区防災センターでは多くの人の命が奪われました。なぜ子どもたちのように高台に逃げなかったのでしょうか。

    (写真:NHK)



    気象庁が震災直後に津波の予想高さを「宮城県6メートル、岩手県と福島県3メートル」としたのは何故なのでしょうか。

    (写真:NHK)


    津波が襲ったのは地震発生後40分以上過ぎてからなのに、どうしてこんなにも多くの人が亡くなってしまったのでしょうか。



    福島第1原子力発電所の全電源喪失が警告されていたのに、何ら手を打って来なかった責任は誰が取るのでしょうか。




    災害が起こることを防ぐことは出来ませんが、努力により被害を減らすことはできるはずです。

    そのためにも、東日本大震災の教訓を永遠に伝えて行かなければならないと思っています。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01今日の出来事

    2013年03月10日

    東日本大震災慰霊祭「あの日を忘れない」

    11時30分 東日本大震災慰霊祭「あの日を忘れない」が開かれている調布駅南口広場へ。


    調布から!復興支援プロジェクト」も出店し、石ノ森萬画館グッズの他、宮城県石巻市・気仙沼市・女川町・東松島市等の物産を販売しました。


    岩手県復興支援販売ブースの担当は、第五中学校ボランティア部のメンバー。





    13時 桐仁会理事会




    18時30分 調布長野県人会役員会。5月6日に開催予定の総会について協議。





    19時40分 再び慰霊祭会場にてキャンドル献灯






    今夜は「津波からの生還」(三陸河北新報社「石巻かほく」編集局編)を読みます。栞は昼間第五中ボランティア部の生徒さんからもらった手づくり作品。


    読書の供は「一ノ蔵」と「調布から!復興支援プロジェクト」テントで買った女川産笹かまぼこ。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01今日の出来事

    2013年03月09日

    三鷹ロイヤルの丘/FC東京ホーム開幕戦

    13時 三鷹市に新設された介護老人保健施設「三鷹ロイヤルの丘」を視察。
    介護福祉士として働いている私の友人、星野奈夏さん(男性ですよ)が案内してくれました。

    新川団地の建て替えに合わせて、特別養護老人ホームと共に誘致された様です。

    ユニット型全室個室(特別室60床・一般室60床)の素晴らしい施設でした。

    トイレ好きの私は、新しい施設を見る時に必ず「多目的トイレ」をチェックします。





    急いで味の素スタジアムへ。

    14時 車のラジオで調布FMをつけ、試合の中継を聞きます。



    天文台通り味スタの近くに来ると・・・・
    なぜか渋滞icon_maro06





    14時30分 やっと味スタに到着icon10
    FC東京ホーム開幕戦(14時キックオフ)を遅れて観戦。



    私の年間チケットは「ホーム自由席」。
    14時36分 ようやく空いている席を見つけて座りました。



    試合は柏相手に3-0で完勝icon22 バンザ〜イface02



    試合結果(FC東京ホームページ)
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01今日の出来事

    2013年03月06日

    石巻観光協会の後藤会長調布訪問

    石巻観光協会会長の後藤宗徳さんが調布にお越しになり、レストランたづくりでお話を伺いました。



    後藤さんは、一昨年5月に初めてお会い(2011.5/26ブログ)して以来、私たち「調布から!復興支援プロジェクト」をサポートしていただいています。

    後藤さんの本業は、石巻グランドホテルの社長さん。
    一昨年7月には、津波被害で改装中なのに、「他に泊まる所がない」と無理を言って泊めていただきました(2011.7/19ブログ)。
    行く度にお世話になり、今や「調布から!」の定宿です。

    「調布から!行こう石巻・女川」交流懇親会(2013.2/10ブログ)とグランドホテルロビーでの会談の席(2011.10/30ブログ)で、「東京に来たついでに、ぜひ一度調布にお寄り下さい」とお願いしましたが、遂に実現。


    復興の計画や予算等の打ち合わせに都心に来たついでに、調布に寄って下さったのです。


    本来は、「被災と復興の実態」を誰よりも知る後藤さんに講演をしてもらうのが目的でしたが、今回は時間がないので、「調布から!」代表の横山泰治さんが、原島芳一調布市商工会会長、大久保正二調布市観光協会会長、八田調布市産業振興担当部長との会談をセッティングしました。

    商工会を訪問後、大久保会長と昼食。
    「調布から!」のメンバー、私と鈴木宗貴議員が市議会本会議午前の部終了後に合流。
    その後、部長から話を聞いた長友調布市長、小林副市長も駆け付けました。


    今回の調布市長・商工会会長・観光協会会長との出会いにより、更に支援のステージが広がって行くと確信していますicon01

              (右:後藤会長、左:大久保会長)


    いつか、後藤さんのお話がじっくりお聞きできる機会をぜひ作りたいと思っていますicon_bikkuri
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01今日の出来事

    2013年03月03日

    飛田給小学校地区協議会防災訓練

    飛田給小学校校庭で飛田給小学校地区協議会(石川浩会長)主催の防災訓練が行われました。

    私は、消防団第1分団員として参加。

    まず、消防署隊の準備を手伝います。
    煙体験ハウスの組み立て。



    地元の飛田給自治会、西部飛田給自治会、鶴島自治会、飛田給第三自治会、西部自治会等から地域住民が参加し、さまざまな訓練・体験をしました。

    <訓練内容>
    ①飛田給小まで危険箇所を確認しながら集合
    ②消火器による初期消火訓練
    ③煙体験
    ④簡易担架訓練
    ⑤応急救護訓練(三角巾)
    ⑥AED(Automated External Defibrillator=自動体外式除細動器)を使っての救命訓練
    ⑦家具転倒防止講習
    ⑧炊出し訓練(アルファ米)


    団員は4ヶ所に分かれて消防署隊のお手伝い。

    私は消火器による初期消火訓練を担当。

    標的は「消すぞう君」。


    実際に燃えている火を消火するので臨場感がありますfire



    どんな火事でも最初は小さいんです。
    初期消火できるかが、その後の運命を大きく変えます!


    第1分団消防ポンプ車と積載器具・備品を展示。

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01今日の出来事