たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2013年07月22日

7/22④ 南三陸さんさん商店街/創業40周年記念パーティー

14時40分 南三陸さんさん商店街に到着。


2012年2月25日に、南三陸町の志津川地区にオープンした仮設商店街です。

名前の由来は「サンサンと輝く太陽のように、笑顔とパワーに満ちた南サン(三)陸の商店街にしたい」という思いから。

商店街には、新鮮な海の幸がどっさりのった「南三陸キラキラ丼」を堪能できる食堂をはじめ、生鮮食品店、電気屋、花屋、蒲鉾屋など30店舗が出店し軒を連ねています。(参照:東北ろっけんパーク

お昼時間を過ぎたせいか、あまり人がいません。



ちょうど「南三陸キラキラうに丼」キャンペーン(5月1日~8月31日)をやっていました。


震災前、世界三大漁場と称された三陸産の海産物など地元食材にこだわった「南三陸キラキラ丼」は、1年間に4万5,000食を売り上げたヒット商品でした。

今回、キラキラ丼の中で一番人気だった「キラキラうに丼」がキャンペーン第2弾として復活。(参照:南三陸さんさん商店街ホームページ

・・・となったら、食べるっきゃないでしょface02

ところが、飲食店を廻ってみると・・・
ほとんど休憩中です。

1軒だけやっていましたicon_bikkuri

豊楽食堂さんに入ります。


店主の岩田大さん自慢のウニ丼(¥2,000)。

地物のウニと志津川タコを使っていて、別皿にヤキソバも付いていますface02
ウニの量にびっくりface08 


岩田さんにお話しを伺います。


何と、岩田さんは東京の下町出身。

さんさん商店街で店を再開したおばあちゃんを助けるためにやってきた、おばあちゃん孝行の青年です。


店内にJR東日本の大人の休日倶楽部「南三陸編」の写真パネルが飾ってありました。


見ると、吉永小百合さんの隣でちゃっかり写っています。


おまけに、TVCM「南三陸編」を見ると、最後に吉永さんと握手までface08

岩田さんのような元気一杯の青年が、復興を引っ張って行くのでしょうface02

ちなみに、独身で「花嫁募集中」とのこと。
我はと思わん女子は豊楽食堂さんへどうぞicon_bikkuri


動画:テレビ朝日「津波被害の南三陸町に仮設商店街オープン」(YouTube)




16時50分 石巻グランドホテルに着きました。

部屋に入ると…
果物が置いてありましたface08
ホテルの部屋に果物が置いてあるのは、23年前の結婚式以来です。


後藤宗徳社長さんの心配りに改めて感心しますface02


40周年記念パーティーは18時からなので、復興商店街で買い物してきます。


まずは、石巻立町復興ふれあい商店街へ。


石巻市が石巻商工会議所と連携し、2011年12月に立町アーケード通りに開設した石巻の市街地初の仮設店舗です。

ほとんどのお店がお休みですicon_maro06



気を取り直して、もう一つの復興商店街石巻まちなか復興マルシェへ 。


石ノ森萬画館の川を挟んだ向かい側に、2012年6月9日にオープンした仮設商店街です。
萬画館を運営する「街づくりまんぼう」などが主体となって開設しました。

鮮魚・魚介製品販売店や生鮮野菜販売店など6店舗が出店。
敷地内にはミニイベント会場としても利用できるフードコートや、ライブなどを行えるデッキステージも設けられています。(参照:東北に行こう!石巻

仮設風呂から仮設商店街へ・石巻【東日本大震災パノラマ Vol.183】(MSN産経フォト)

かつて調布に住んでいたことのある『うまいもん屋』のスタッフ、由香さんは元気でしょうか(2013.2.11ブログ)?

物産市場石巻元気復興センターで買い物。




商店街の様子。





会場入り口で「調布から!復興支援プロジェクト」代表の横山泰治さんと待ち合わせです。

18時 株式会社ソーワダイレクト創業40周年記念パーティーが始まりました。


(株)ソーワダイレクトは石巻グランドホテル石巻サンプラザホテルアンジュガーデン迎賓館を運営しています。

社長は後藤宗徳さん。

社団法人石巻観光協会会長、石巻商工会議所副会頭を務める傍ら、石巻市復興基本計画市民検討委員会委員、コンパクトシティーいしのまき・街なか創生協議会副会長、社団法人石巻元気復興センター委員などを務め、復興の最前線で活躍しています。

学生時代、中央大学に通っていて、何回か調布を訪ねたことがあるそうです。
また、社団法人石巻青年会議所理事長、東北地区ブロック協議会会長を務めたJCマンでもありました。

調布から!復興支援プロジェクト」が初めて石巻を訪ねて以来、常にお世話になってきました。(2011.5.26ブログ2011.7.19ブログ2011.10.30ブログ2011.12.23ブログ2013.2.10ブログ2013.3.6ブログ

今回のパーティーに、「調布から!」代表の横山さんと元副代表の私の2名で出席しました。


会場は、石巻圏域の政財界をはじめ多くの関係者で満員でした。


石ノ森萬画館を運営する株式会社街づくりまんぼうの西條允敏社長と談笑する「調布から!」の横山泰治代表。



石巻グランドホテルは、震災で床上50センチまで浸水し、電気や機械、配管類などが被害を受けました。

後藤社長が、津波を警戒しながら備品を2階に上げようと話をしていると、近所の人が右往左往し始めるのが見えました。
思わず「避難して!」って叫びながら、2階に誘導。

その瞬間から、避難所の運営、避難してくる被災者との共同生活が始まったのです。

受け入れた被災者の数は、最終的に最大約300人。
社員も含めると約330人。
震災後しばらくは、スタッフも帰れませんでした。

高齢者や病人、ケガ人に3階の客室を開放し、それ以外の人に2階の宴会場を使ってもらいました。
もちろん宿泊費など一銭も取れません。
それどころか、食事やストーブなど、すべて持ちだしで提供。
レストランや結婚式用の食料などの備蓄があったので、避難所として機能することができたのです。

後藤社長は、阪神淡路大震災の時に石巻青年会議所メンバーとしてボランティアに行った経験がありました。
その時の経験がとても役に立ち、今回の行動の原点になったそうです。

震災後、一番辛かったのは、1ヶ月から1ヶ月半の時。
避難所を運営しながら、会社の再建を、同時に考えなければなりませんでした。
3月分しか社員に給料が支払えないため、スタッフのほぼ全員を一旦解雇しなければならない状態でした。
3月25日、レストランに全員を集めて話しをし、いったん約100人を解雇しました。

同ホテルのソムリエ・浦山光一さんは語ります。
「後藤社長は2代目で、最初に入ってきた時は従業員も『どこの誰だ』という目で見た。でも窓拭き、床みがきから始めて皆に認められた人です。その社長が3月下旬、従業員に頭を下げて言ったんです。
『給料は3月いっぱいしか払えない。でも、被災者の最後の一人が帰るまで、皆に協力してほしい』
私はその言葉と態度を意気に感じ、4月以降もホテルに残ると決めたんです」

解雇した社員が、ボランティアで避難した人たちの面倒見るために、ずーっと毎日来てくれました。
給料は出ていないのに。避難している人たちを守ろうと往復2時間歩いて来る人もいました。

「彼らは本当に宝物ですよ。彼らがヒーローです」と後藤社長は話します。


(参照:東京財団×共存の森ネットワーク「被災地の聞き書き101」講談社「被災地の英雄たち」三陸河北新報社「被災を機に全面改装」


後藤社長は御礼の挨拶の中で、「ホテルが避難所となった経験を生かして、これからも『石巻市第二公共会館』として、石巻圏域の復興に貢献して行きたい」と語っていました。


ホテルのロビーには「夢は人を強くする」というメッセージ板が置いてあります。熱血漢の後藤社長らしいな〜と思います。(写真:2011.10.30ブログ



開会前、横山さんが「調布から!」のメンバー宮野重夫さんから預かったプレゼントを後藤社長に届けました。
宮野さんは調布で老舗和菓子屋「千代富 清風堂」を営んでいます。

プレゼントは紅白饅頭50セットでした。
紅白饅頭は、閉会後、後藤社長を支えてきたホテルスタッフに配られたそうですface02




2次会は、横山さんと2人でグランドホテル4軒隣りの「さかな処 三吉」に。
3回目にして初めてカウンターに座ることができました。


美味しい魚と酒(石巻の名酒 平孝酒造「日高見」)でに囲まれて超幸せですface05


途中で、一般社団法人みらいサポート石巻代表理事の大丸英則さんとピースボートセンターいしのまきのスタッフ 奥村早苗さんも合流。
ちなみに、奥村さんは町田出身。

4人で大いに盛り上がりましたface02
飲み過ぎて、あまり覚えていませんけど…icon_maro06  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:04今日の出来事東日本大震災・味スタ避難所

    2013年07月22日

    7/22③ 南三陸町「防災対策庁舎」

    14時30分 南三陸町防災対策庁舎に着きました。






    3月11日は町議会の最終日でした。
    役場には佐藤仁町長や職員約40人、町議らがいました。

    地震後、佐藤町長や職員、町議の何人かが防災庁舎に向います。

    2階にある放送室では、危機管理課の遠藤未希さんが、上司の課長補佐・三浦毅さんと交代しながら、防災無線で「6メートルの津波が予想されます」「高台に避難してください」「異常な潮の引き方です。逃げてください」などと呼び掛け続けていました。


    午後3時15分頃、屋上から「津波が来たぞぉー」という叫び声が聞こえました。
    遠藤さんは、必死の思いで訴えました。
    「大きい津波がきています。早く、早く、早く高台に逃げてください。早く高台に逃げてください」

    「あの時の女性の声で無我夢中で高台に逃げた。あの放送がなければ今ごろは自分は生きていなかっただろう」と町民は言います。

    同僚は、遠藤さんが放送室から飛び出す姿を見ています。
    屋上へ逃げたはずでした。
    しかし、津波の後、遠藤さんの姿はありませんでした。



    遠藤さんは1986年、南三陸町の公立志津川病院で産声を上げました。
    待望の第1子に両親は「未来に希望を持って生きてほしい」との願いを込め「未希」と命名しました。
    9月10日には、結婚披露宴を挙げる予定でした。


    津波は、防災対策庁舎の屋上を超えてきました。
    下写真は、屋上と海面が同じ高さになった瞬間です。
    この後も水位は上昇し、さらに2メートルほど上まで到達したと思われます。(南三陸町ホームページより)



    屋上に避難した約30人のうち、助かった職員は、アンテナにつかまることができた人と手すりで必死に耐えられた人、わずか10人でした。
    防災対策庁舎では、遠藤さんを含む町職員ら39人が犠牲となりました。


    (参照:南三陸町ホームページ「東北地方太平洋沖地震により発生した津波の状況写真」防災対策庁舎の悲劇◆宮城・南三陸「最後まで防災無線で叫び続けた人は2人いた」


    南三陸町 防災対策庁舎 【東日本大震災パノラマ Vol.243】(MSN産経フォト)

    南三陸町 防災対策庁舎の内部【東日本大震災パノラマ Vol.193】(MSN産経フォト)



    埼玉県教育局は、東日本大震災を題材とした教材を掲載した教員用の道徳教育指導資料集「彩の国の道徳『心の絆』」を作成。
    2012年4月から、さいたま市を除くすべての公立小・中・高等学校に配布しました。

    遠藤未希さんの献身的な行為は、「天使の声」として取り上げられました。

    「天使の声」(彩の国の道徳「心の絆」)


    私は遠藤未希さんのことを忘れません。
    心からご冥福をお祈りします。


    動画:「町を救った南三陸町の防災無線遠藤未希さん」(YouTube)


    南三陸さんさん商店街に向かいます。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:03今日の出来事東日本大震災・味スタ避難所

    2013年07月22日

    7/22② 陸前高田市「奇跡の一本松」

    12時30分 陸前高田市「奇跡の一本松」に着きました。

    専用駐車場で車をとめて、歩行者用通路を歩きます。


    通路には夜間用の照明が施されていました。


    照明は「陸前高田灯すプロジェクト」が設置。
    夜間はこんなにきれいです。(写真:「陸前高田灯すプロジェクト」ホームページより)


    案内板



    奇跡の一本松と陸前高田ユースホステル。


    景勝を誇った高田松原は、一本を残して破壊されてしまいました。




    動画:FNN東日本大震災アーカイブ「奇跡の一本松」(YouTube)

    おかえり「奇跡の一本松」【東日本大震災パノラマ Vol.218】(MSN産経フォト)


    (以下参照:高田松原と奇跡の一本松奇跡の一本松保存プロジェクトWikipedia「高田松原」
    白砂青松の高田松原は、市民はもとより県内外の来訪者から四季を通して愛される場所でした。
    約350年前から先人たちが植林を行い、市民の手で守り育ててきた高田松原。
    夏には海水浴客でにぎわい、松に囲まれた遊歩道は市民の憩いの場所でした。
    高田松原は、まさに陸前高田市の象徴とも言える存在でした。


    平成23年3月11日、陸前高田市を地震と大津波が襲いました。
    死者、行方不明者は2,000人近くにのぼり、市街地や海沿いの集落は壊滅しました。
    過去の度重なる津波から高田のまちを守ってきた、約7万本と言われる高田松原も10メートルを超える大津波に呑み込まれ、ほとんどが流されてしまいました。
    その中で唯一耐え残ったのが「奇跡の一本松」です。



    津波に耐えて奇跡的に残った一本松でしたが、海水により深刻なダメージを受け、平成24年5月に枯死が確認されました。
    しかし、震災直後から、市民のみならず全世界の人々に復興のシンボルとして親しまれてきた一本松を、今後も後世に受け継いでいくために、陸前高田市ではモニュメントとして保存整備することにしました。

    それが「奇跡の一本松 保存プロジェクト」です。

    2012年9月、最後に残った松の木が伐採されました。
    切られた松は防腐処理を施した上で元の場所に戻す復元工事が行われ、2013年7月に完成式典が行われました。
    なお、この一本松の復元事業費約1億5千万円は陸前高田市による募金運動により賄われました。

    2012年2月、東日本大震災の復興政策を統括する復興庁が発足した際には、本庁の看板になぎ倒された高田松原の松が使われました。



    奇跡の一本松から見えた高台では、今泉地区被災市街地復興土地区画整理事業が行われていました。高台に住宅地を造成しています。




    次は南三陸町の「防災対策庁舎」に向かいます。

    宮城県気仙沼市に入りました。

    国道45号気仙沼バイパスの沿道にきれいな花が植えられていました。


    看板を見ると、花のある45「花いっぱい運動」と書いてあります。


    地元の自治会や中学校の生徒が管理しているようです。



    帰宅してから、調べてみました。(以下:気仙沼市ホームページ「花のみち45」より)
    国道45号気仙沼バイパス沿いには、総延長約4.3kmにも及ぶ花壇が整備されていて、多くの市民が参加して、サルビアやブルーサルビア、ベゴニアなどを植栽しています。
    この取り組みは、平成6年度から始まり、今では市内の企業、地元の自治会やボランティア団体、中学生など、合計約44団体、約4,000名が作業に参加しています。
    6月から11月まで色彩豊かな花々が見事に咲き誇り、訪れた人々の心を和ませてくれます。


    被災地を訪ね、落ち込んでいた心が癒されましたicon01
     

    「復興道路」の看板がありました。復興のためには道路が絶対に必要です。
    全国の道路予算を削ってても、被災地の道路を最優先して造るべきだと思いますicon_bikkuri


    JR気仙沼線の高架橋が崩落していました。



    南三陸町に入りました。
    防災対策庁舎に向かいます。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02今日の出来事

    2013年07月22日

    7/22① 宮古市石碑「此処より下に家を建てるな」

    宿泊した釜石ベイシティホテル
    震災の時、1階の天井まで津波が来たそうです。
    2011年7月に仮オープン、12月に本オープンしました。



    5時30分 近くにある高台の津波避難場所に歩いて行ってみます。

    ホテル前の歩道


    手付かずと思われる建物も少なくありません。




    高台の避難場所が見えます。


    上ってみます。


    津波避難場所に到着。


    高台からの風景




    震災当日、ここから動画が撮影されました。

    動画:「釜石市 津波」(YouTube)



    町を歩いてみます。

    石巻市役所。

    動画:「釜石市役所付近に押し寄せる津波」(YouTube)


    町中にあった津波の看板。





    「過去は歴史は過去の囈語に非ず 現代の警策にして未来の指針なり」


    復興商店街「青葉公園商店街




    昨晩、食事処「誰そ彼」から帰って、道の駅「区界高原」で買った「平成の三陸大津波」(岩手日報社)を読んでいました。


    すると・・・
    宮古市重茂姉吉(おもねあねよし)地区にある、先人の津波被害の教訓を伝える石碑「此処より下に家を建てるな」を訪ねるのを忘れたことに気がつきました。


    そこで、釜石東中学校、鵜住居小学校、鵜住居地区防災センターの再訪をあきらめ、石碑を見に行くことに。

    ただし、ナビによると、石碑までは片道1時間半以上かかるようです。


    7時40分 出発。

    国道45号線を行きつつ、部分的に供用されている三陸縦貫自動車道を使います。


    港湾部が手付かずの地域もまだあります。


    国道を外れ、重茂半島の山道に入って行きます。


    なんと霧が出てきました。前がよく見えませんicon10 
    低速で慎重に走ります。ヘッドライトを上向きにし、カーブではクラクションを鳴らします。
    たどり着けるか不安・・・


    しばらく走ると、ようやく霧が晴れました。

    道路標識がほとんどないので、集落名は看板で把握するしかありません。


    ようやく重茂姉吉(おもねあねよし)地区に着いたようです。



    9時20分 石碑は、姉吉集落の最も海側の住宅から100mほど海側に行ったところに、静かに建っていました。



    大津浪記念碑

    高き住居は児孫の和楽
    想へ惨禍の大津浪
    此処より下に家を建てるな

    明治二十九年にも 昭和八年にも津浪は此処まで来て
    部落は全滅し 生存者僅かに前に二人後に四人のみ
    幾歳経るとも要心あれ




    姉吉地区は1896年(明治29年)の明治三陸地震による津波で60人以上、1933年(昭和8年)の昭和三陸地震による津波で100人以上の死亡者を出し、壊滅的な被害を受けました。
    碑文には、生存者はそれぞれ2人と4人とあります。

    昭和三陸地震の後、地区の住民らが浄財によりこの石碑を建立すると共に、集落も、この碑よりも高い位置に形成しました。


    碑は海抜約60mの所に建っています。

    漁港まで行ってみます。


    石碑の50mほど海側に今回の津波到達地点の碑がありました。
    先人の教訓が住民の命を助けたのです。



    急坂を800m程下がり、姉吉漁港に着きました。


    津波があったとは思えない、とっても穏やかな海でした。



    (参照:Wikipedia「大津浪記念碑」岩手日報社「平成の三陸大津波」読売新聞「此処より下に家建てるな…先人の石碑、集落救う」



    陸前高田市「奇跡の一本松」と南三陸町「防災対策庁舎」に向かいます。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01今日の出来事東日本大震災・味スタ避難所