たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2017年11月09日

秋の火災予防運動

本日から11月15日まで秋の火災予防運動が実施されます。

21時 調布市消防団第1分団詰所(飛田給1丁目)に激励に行きました。
第1分団には、平成26年まで18年間お世話になりました。



10月に下石原1丁目と小島町1丁目で発生した連続放火犯(2017.10.1ブログ)はまだ捕まっていません。
市民の生命と財産を守るために、引き続き頑張ってください!


21時10分 2回目の警戒に出発しました。

  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事消防団

    2017年11月09日

    商工会建設業部会 情報交歓会

    19時 調布市商工会建設業部会主催の第12回情報交歓会がクレストンホテルで開催されました。

    司会は建設業部会幹事の狩野明彦・市議会議員


    渡部完治 建設業部会長 挨拶


    瀧栁嘉市・市商工会副会長の発声で乾杯



    この交歓会は、会員同士の情報交歓で新製品開発のヒントを得たり、新たなビジネスパートナーを見つけたり、ビジネスチャンスや受発注取引の推進につながる貴重な場となっているようです。


    村澤守・建設業部会副部会長の音頭で中締め




    調布市では建設、水道、道路などの地元事業者と災害時に様々な支援をしてもらう「災害に関する協定」を結んでいます。

    災害時に市外事業者が助けに来てくれることは、ほとんど期待できません。
    災害時にはお世話になるのに、日頃の仕事は市外に発注するなんてことでは、道義的にもおかしいと思います。

    市内事業者に発注することは、雇用機会の増加につながります。
    更には、法人税や所得税など税収入の形で市に還元されることにもなります。

    単なる入札価格だけの違いだけで市外事業者に発注してはいけない理由がここにあると私は思っています。

    地域経済が元気にならなければ、まちに活気が戻って来ません。

    これからも「バイ調布運動の徹底と、災害時にお世話になる地元事業者への発注機会の増加」に積極的に取り組んで行きます。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:00Comments(0)今日の出来事調布市政

    2017年11月09日

    調布市で強盗傷害事件発生

    <NHKニュースより>


    警視庁によると、9日午後4時半ごろ、調布市深大寺北町の自動車販売店の事務所に3人組の男が押し入り、1人でいた65歳の経営者の男性の腹を日本刀のようなもので刺して現金およそ40万円を奪って逃げました。
    男性は大けがをして病院に運ばれましたが意識はあるということです。

    3人組の男は片言の日本語を話し、いずれも目出し帽をかぶっていたということです。
    現場は京王線の調布駅から2キロ余り離れた住宅街で、警視庁は強盗傷害事件として、周辺の防犯カメラの映像を解析するなど逃げた男の行方を捜査しています。


    blue_right「自動車販売店に強盗 男性重傷 東京 調布」(NHKホームページ)


    ニュース映像からすると、調布市深大寺北町2丁目、三鷹通り(都道121号線)沿いの中古車販売店と思われます(写真:GoogleMapより)。



    GoogleMapによると、事件現場は深大寺児童館まで250m、北ノ台小学校まで400m、深大寺小学校まで800mの距離です。



    強盗犯は凶器を所持したまま逃走中と思われるので、近隣住民の方々は戸締りを徹底し、外出する際は十分にご注意ください。

    不審な人物を見かけたら110番通報をお願いします。

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 22:56Comments(0)今日の出来事災害情報