たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2010年05月12日

神津島村議会来訪/交通安全協会懇親会/W杯石川・徳永予備登録



13時 神津島村議会の中村竹男議長(前列右)を始め6名の議員が表敬訪問においでになりました。毎年この時期、市長と議長宛にお見えになっているとのことです。








18時 調布交通安全協会(荻本国明)総会後の懇親会がクレストンホテルでありました。総会&懇親会の案内か、懇親会だけの案内かは団体によって異なります。今回は懇親会のみ。
調布交通安全協会は調布警察署の所轄となる調布市と狛江市両市の関係者からなっています。
毎年春と秋に行われる全国交通安全運動の時は、私も地元の交通安全協会、自治会の方と一緒に横断歩道に立っています。
H21年度は調布市での交通事故発生件数は816件で前年度比71件の減でしたが、残念ながら死者は1名増の3名でした。
私は交通事故を減らすためには、『夜間の無灯火自転車』の対策をもっと積極的に取り組まなければいけないと考えています。誰にでも、夜、無灯火の自転車にヒヤリとさせられた経験があるはずです。市議会での一般質問、委員会審査などで主張してきましたが、なかなか市も警察署も『盗難自転車』対策に比べると、今ひとつ熱心に取り組もうとしていないように感じます。無灯火自転車による事故を減らすために、これからも訴え続けて行きます。

green_right一般質問「夜間の無灯火自転車対策について」(H19.6)
green_right委員会質疑「夜間の無灯火自転車対策について」(H19.3) 委員会質疑「夜間の無灯火自転車対策について」(18.9) 委員会質疑「夜間の無灯火自転車対策について」(18.6) 委員会質疑「夜間の無灯火自転車対策について」(18.3) 委員会質疑「夜間の無灯火自転車対策について」(18.3) 委員会質疑「夜間の無灯火自転車対策について」(17.9)




日本サッカー協会は、10日に発表したワールドカップ日本代表23名に加えて、予備登録選手7名を発表しました。
FC東京からは徳永悠平選手と石川直宏選手が選ばれました。
代表と予備登録選手の違いがわかりにくいですが、予備登録選手は代表23名のバックアップ要員で、最終メンバー登録期限の6月1日までに、代表23名にケガなどで欠員が生じた時の交代要員です。
ただし、負傷者が出た場合は、1次リーグ初戦(6月14日カメルーン戦)の24時間前まで入れ替えが可能です。前回ドイツ大会の時はハワイで静養中だった茂庭選手が急遽呼ばれました。 誰かの負傷を祈る訳ではありませんが、石川選手がW杯のピッチを縦横無尽に走り回る所をぜひ見たいものです。
Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 00:00