たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2010年06月11日

第2回定例会最終日/市議会だより運営委員会



9時20分 第2回定例会再開。閉会中に各常任委員会に付託し審査を受けた議案10件(総務委員会3件、文教委員会3件、厚生委員会2件、建設委員会2件)について採決を行いました。
続いて、追加議案・一般会計補正予算(第1号)を市長が提出。提案理由を説明した後、総務委員会に付託しました。委員会審査のため暫時休憩後、本会議を再開、採決を行いました。
次に委員会付託を省略した小学校校舎増築工事契約案件2件と京王線連立工事に伴う付属街路工事に関する施行協定の計3件について採決しました。
続いて陳情5件について採決を行いました。
次に議員提出議案10件について採決しました。
続いて、閉会中における議員の派遣について、諸報告(調布飛行場等対策特別委員会報告、ふじみ衛生組合議会報告等6件)がされ了承されました。
最後に長友市長から任期を満了するにあたっての挨拶があり、第2回定例会は閉会しました。


調布市議会第2回定例会各案件の提案理由等と結果は次の通りです。

報告第3号専決処分の報告
<内容>慈恵医大第三病院の駐車場において,生活福祉課職員の運転する車両が停車中の車両に接触し,損傷を与えたもの。事故発生日は,平成22年3月12日。損害賠償の相手方及び額は,小平市在住者で,18万161円。
<結果>報告の通り了承

報告第4号専決処分の報告
<内容>小島町3丁目58番地先の市道において,街づくり推進課職員の運転する車両が駐車場から出庫した際,駐車中の車両に接触し,損傷を与えたもの。事故発生日は,平成22年2月20日。損害賠償の相手方及び額は,茨城県在住者で,21万9,406円。
<結果>報告の通り了承

報告第5号「財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団の経営状況について」
<概要>事業実施以来,展示事業や調布寄席(よせ),調布シネサロンは100回を超え,特に芸術鑑賞事業のうち美術鑑賞展示では「平和祈念事業名誉市民水木しげる展」において,延べ1万6,140人が鑑賞した。
そのほか「調布よさこい」,「調布映画祭」,「出張ステージ」など,市民との協働事業を拡充し,子育て中の方にも参加してもらえるよう,保育付き事業の拡充も図った。施設の管理運営では,館内各施設の安全確保に努め,利用者が安心して快適に施設を利用できるように施設運営を行った。平成20年12月1日に施行となった公益法人制度改革関連三法による公益法人制度改革に関しては,評議員会・理事会において公益財団法人化が決議され,平成23年4月1日移行を目標に近隣団体の動向や東京都との緊密な連携のもと,手続を進めている。
そうした中で,まず,決算について,収入総額は,13億5,709万9,189円だった。これに対して,支出総額は,同額の13億5,709万9,189円であった。これによって,平成21年度の決算は,当期収支差額零円となっている。
次に,平成22年度の事業計画について,その予算として,14億1,610万7,000円を計上している。平成7年3月31日に設立された財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団は,設立15周年を迎え,今後も市民の芸術文化活動のよき推進役として,基本計画に掲げる芸術文化の振興事業を着実に進め,財団の設立趣意でもある市民文化の向上と地域社会の発展を図る事業を実施していくとのこと。
今後とも市民の皆さんの声を反映した事業運営を心掛け,様々なことにチャレンジしていく姿勢を持ち続け,更なる市民文化の向上と地域社会の発展に向けて,市民の皆さんをはじめ多方面からの御意見をいただきながら歩む,よりよい財団の運営に期待を寄せている。
<結果>報告の通り了承

報告第6号「社団法人調布市体育協会の経営状況について」
<概要>平成21年度は市民体育祭,市民スポーツまつり,市民駅伝競走大会をはじめとした,各種スポーツの振興事業を行った。また,総合体育館の指定管理者として効率的な施設の活用及び市民ニーズを踏まえた新たな事業の実施等,施設の管理運営に関する事業を展開した。
まず,決算についは,収入額は,2億5,669万9,955円であった。これに対して,支出総額は,2億4,328万7,734円だった。これにより,平成21年度の決算は,1,341万2,221円の収支差額となっている。
次に,平成22年度の事業計画について,その予算として,2億5,377万円を計上している。その内容としては,生涯スポーツの推進,競技力の向上,総合体育館の充実した施設運営の3つを基本方針として,各種スポーツ大会や教室の開催,指導者養成講座の実施,各種大会への選手及び役員の派遣,総合体育館の施設管理運営,また,平成25年の東京国体に向けてジュニア選手の育成を行うものである。なお,協会の運営については,今後とも関係団体等と十分連携を図りながら,市民のスポーツ活動の振興に努めていくとのことである。
<結果>報告の通り了承

報告第7号「財団法人調布ゆうあい福祉公社の経営状況について」
<概要>平成21年度は,介護保険制度創設以来初めて介護報酬の引上げが行われ,公社では非常勤職員の処遇改善をした。また,要介護認定調査の見直しに伴う要支援認定者のケアプラン作成や相談業務の増加に対応した。
平成21年度に重点的に取り組んだ項目は,介護保険制度改正への対応のほかに,高齢者を取り巻く地域の課題等を的確にとらえた講座・講習・研修会や各種相談事業を実施し,福祉サービス利用への支援,相談機能等の充実を図った。また,公益法人制度改革への対応として,様々な調査,検討を行った結果,公益法人認定を目指すという方向性を定めた。
まず,決算については,収入総額は,5億6,004万4,381円であった。これに対して,支出総額は,5億4,338万5,320円であった。これにより,平成21年度の決算は,1,665万9,061円の当期収支差額となっている。
次に,平成22年度の事業計画について,その予算として,6億8万6,000円を計上している。
平成22年度の重点的取組としては,第1に,公社事業の方向性の検討と公益法人制度改革への取組,第2に,食事サービスの改善と発展に向けた取組,第3に,認知症の方を支える地域づくりの推進,第4に,家族介護者に対する支援の推進,第5に,ボランティア活動の推進と協力会員交流活動の支援など,今後も多様化する高齢社会のニーズを的確にとらえて事業展開を図っていくとのこと。
<結果>報告の通り了承

報告第8号「調布市土地開発公社の経営状況について」
<概要>まず,決算については,事業収益が,15億5,325万2,596円、事業外収益が,762万9,335円だった。これに対して,公共用地処分のための事業原価が,15億4,278万1,960円販売及び一般管理費が,1,019万4,108円だった。
これにより,平成21年度の決算は,790万5,863円の当期純利益を計上している。この当期純利益に前期繰越準備金を加えた結果,準備金,2,970万6,233円を計上することができた。
本年度純利益が生じた主な理由としては,公社保有地の有効活用に努めたことが挙げられる。事業内容としては,生活道路用地として,346平方メートルの用地を取得した。また,土地の処分としては,公社経営健全化促進事業等による事業用地を処分した。
次に,平成22年度の事業計画について,公有地取得事業として,7億2,000万円を計上している。その主な内容としては,生活道路用地を取得するもの。
なお,公社の運営については,保有地の有効利用による財源の確保を図るとともに,債務の縮減に向け,市と連携し,経営の健全化になお一層努力していくとのこと。
<結果>報告の通り了承

報告第9号「平成21年度調布市繰越明許費繰越計算書について」
<内容>国の経済対策臨時交付金を活用したグリーンホールを始めとする施設等の整備に係る17事業のほか,年度内完了が困難であった市道147号線整備事業費などの9事業についての繰越計算書。
<結果>報告の通り了承

報告第10号「平成21年度調布市事故繰越し繰越計算書について」
<内容>平成20年度からの繰越事業となりました都市計画道路7・5・1号線補償費につきまして,避け難い理由により,平成21年度内に建物除却等が完了しないことから,支出が困難なため,平成22年度に繰り越したもの。
<結果>報告の通り了承


市長提出議案(20件)の件名と結果

議案第37号専決処分の承認について
<内容>「調布市税賦課徴収条例の一部を改正する条例」で,65歳未満の公的年金等所得に係る個人の市民税の所得割について,原則として給与所得と合算して特別徴収することとしたもの。
<結果>満場一致をもって承認

議案第38号専決処分の承認について
<内容>「調布市都市計画税賦課徴収条例の一部を改正する条例」は,地方税法の改正により条項が移動しているので,引用条項を整理したもの。
<結果>満場一致をもって承認

議案第39号専決処分の承認について
<内容>「調布市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例」で,被保険者が非自発的失業により離職した場合,前年の給与所得を100分の30として保険税を計算することとしたもの。
<結果>満場一致をもって承認

議案第40号「調布市若人の教育振興基金条例」
<内容>高等学校等の授業料の無償化等による奨学資金制度の見直しを契機として,従来からの奨学事業への基金運用のほか青少年の教育振興に要する経費にも基金を処分できるよう改めるもの。また,このことにより,基金の名称を「調布市若人の教育振興基金」に改めるとともに規定の整備を行うもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第41号「調布市職員の勤務時間,休日,休暇等に関する条例の一部を改正する条例」
<内容>育児や介護を行う職員の負担を軽減するため,時間外勤務の免除や制限をできるようにする等の改正を行うもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第42号「調布市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例」
<内容>職員の子育て支援の観点から育児休業等の申請可能な条件等を見直し,配偶者が育児休業中又は専業主婦(夫)である職員についても,育児休業又は部分休業を取得できるようにする等の改正を行うもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第43号「調布市立学校学校医,学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例」
<内容>関係政令の改正に伴う都の基準改定を受け,学校医及び学校歯科医並びに経験年数の短い学校薬剤師の補償基礎額を引き上げる一方,経験年数の長い学校薬剤師の補償基礎額を引き下げる改正を行うもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第44号「調布市税賦課徴収条例の一部を改正する条例」について
<内容>地方税法等の一部を改正する法律が施行されたことに伴い,扶養控除の廃止等に伴う手続の新設,たばこ税の引上げ,非課税口座内の少額上場株式等に係る譲渡益等への非課税措置及び引用条項の整理を行うもの。なお,本件については,関係する法律の施行日に合わせて6月1日の施行が必要なことから,先議とするもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第45号「調布市知的障害者援護施設条例の一部を改正する条例」
<内容>新たに就労移行支援を行う施設としてすまいる分室を設置するもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第46号「調布市医療ステーション条例の一部を改正する条例」
<内容>医療ステーションを構成する施設のうち精神障害回復途上者用作業所を除く改正を行うもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第47号「調布市国民健康保険条例の一部を改正する条例」
<内容>「医療保険制度の安定的運営を図るための国民健康保険法等の一部を改正する法律」が制定されたことに伴う条例の一部改正。条例において引用している条番号を改めるもの。引用している国民健康保険法が5月19日に公布,同日施行されていることから,先議とし,公布の日から施行する。
<結果>満場一致をもって可決

議案第48号「調布市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例」
<内容>地方税法等の一部を改正する法律が施行されたことに伴い,引用する法律名を改めるもの。なお,本件も,関係する法律の施行日に合わせて6月1日の施行が必要なことから,先議とするもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第49号「調布市奨学資金支給条例を廃止する条例」
<内容>高校授業料の無償化を受て,市の奨学資金制度を廃止するもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第50号「市道路線の認定」
<内容>調布市柴崎2-7-1先に位置する道路を市道として管理するため,道路法第8条第1項の規定により,認定するもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第51号「市道路線の廃止」
<内容>調布市深大寺東町2-11-65先に位置する市道北124-7号線の廃止で,現況等を考慮したところ支障がないので,道路法第10条第1項の規定により廃止するもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第52号「東京都市公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び東京都市公平委員会共同設置規約の変更について」
<内容>二枚橋衛生組合が平成22年3月31日をもって解散したことに伴い,地方自治法に基づく所定の手続を行うもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第53号「平成22度調布市一般会計補正予算(第1号)」
<内容>順調に事業進ちょくしている京王線連続立体交差事業の付属街路第2号線整備について,当該工事に関する施行協定を締結し,平成24年度までの業務委託とすることから,新たに債務負担行為を追加するもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第54号「調布市立柏野小学校校舎増築工事請負契約」
<内容>児童数の増加と特別支援学級の設置などに対応するため,鉄筋コンクリート造,地上3階建て,延べ面積850.45平方メートルの校舎を増築するもの。去る5月24日に制限付き一般競争入札を行った結果,川田工業株式会社東京本社が1億6,357万9,500円で落札したので,6月3日に仮契約を結び,議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるため,提案するもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第55号「調布市立第一小学校校舎増築工事請負契約」
<内容>児童数の増加と学童クラブの設置などに対応するため,鉄筋コンクリート造,地上3階建て,延べ面積784.94平方メートルの校舎を増築するもの。去る5月28日に制限付き一般競争入札を行った結果,小柳建設株式会社東京支店が1億3,962万2,700円で落札したので,6月3日に仮契約を結び,議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるため,提案するもの。
<結果>満場一致をもって可決

議案第56号「調布都市計画道路区画街路都市高速鉄道第10号線付属街路第2号線整備のうち工事に関する施行協定」
<内容>京王線連続立体交差事業により解消される18箇所の踏切道の一つである相模原線調布6号踏切の閉鎖に伴い,付け替え側道として整備を行うものであり,付属街路の総延長は約154メ-トル,幅員は8メートル。工事費用につきましては,総額5億7,162万円となるもの。このたび,京王電鉄株式会社と協議が整ったので,議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるため,提案するもの。
<結果>満場一致をもって可決


陳情審査結果

陳情第61号「予算並びに決算委員会の設置に関する陳情」
<結果>多数により不採択

陳情第63号 「調布市都市美化の推進に関する条例」の改正を求める陳情
<結果>全会一致で趣旨採択

陳情第64号 フロッピーディスク以外のメディア等でも市政情報の公開を求める陳情
<結果>多数により趣旨採択

陳情第65号 調布市ホームページを使いやすくするための改善を求める陳情
<結果>全会一致で趣旨採択

陳情第66号 調布市道東147号と都市計画道路調布3・4・17号が交わる交差点に信号機の設置を求める陳情
<結果>全会一致で趣旨採択


blue_right議員提出議案の件名と結果を含めた平成22年第2回調布市議会定例会会議結果





閉会15分後に市議会だより運営委員会が開かれました。市議会だより第202号発行(案)について協議がされました。
発行日は7月14日(水)、紙面は4ページなどが決まりました。

なお、市議会だより創刊第200号を記念し、より紙面を充実するために記念事業を6月20日から26日まで文化会館たづくり11階「みんなの広場」で行います。ぜひご覧いただきご意見をください。
blue_right調布市議会だより創刊200号記念事業

  • 同じカテゴリー(市議会)の記事画像
    第3回市議会定例会 開会
    市議会第2回定例会一般質問「調布駅前広場について」 全文
    全員協議会「調布駅前広場について」
    公文書流出事件で長友市長が給料を減額
    調布市議会第2回定例会 閉会
    全国市議会議長会 25年勤続表彰
    同じカテゴリー(市議会)の記事
     第3回市議会定例会 開会 (2017-09-04 19:00)
     市議会第2回定例会一般質問「調布駅前広場について」 全文 (2017-08-15 10:37)
     全員協議会「調布駅前広場について」 (2017-07-06 23:01)
     公文書流出事件で長友市長が給料を減額 (2017-06-22 23:16)
     調布市議会第2回定例会 閉会 (2017-06-19 23:01)
     全国市議会議長会 25年勤続表彰 (2017-06-08 22:37)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 00:01 │市議会