たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2011年03月20日

飛田給自治会緊急役員会/味の素スタジアム避難所

午前9時 飛田給自治会(板橋栄次会長)緊急役員会が、飛田給ふれあいの家で開かれました。



前日、板橋会長と私が味の素スタジアムスポーツ振興局調布庁舎に設置された東北関東大震災避難所を訪れ(3/19ブログ)、都の担当者に「炊出し」について確認したところ、「できればやってほしい」との要望があったので、やるかやらないかをはかるために急遽の招集となった訳です。
板橋会長、一昨日に避難所を訪れ都の担当と話をして来た原均副会長と、私の3人から避難所の現状と都との話し合いの状況を報告しました。
それを聞いた役員さんからは若干「慌ててやらなくても様子を見たら」との意見もありましたが、「要望があるのならすぐにやってあげよう」との声がほとんどで、結論として「豚汁」と「アルファ米」をやることになりました。
実施日は、何と明日の昼食ですface08

早速、炊出しの材料と道具の手配が始まりました。



昨日都との打合せで聞いた避難者の数は約150人。一日で数十人増える可能性があるので200人分を用意することになりました。
だいこん・にんじん・こんにゃく・みそ・豚肉等の豚汁の具材は、飛田給商店街のお店に連絡。
休みの店でも、さすが普段お客さんの婦人部メンバーだけあって、自宅に電話をして店主に注文。
その日のうちに受け取った具材は婦人部メンバーに届け、それぞれ自宅で切った上で明日味スタにもって来てもらうことに。

アルファ米は、3月13日に予定され大震災のため急遽中止となった飛田給自治会防災訓練で使うはずだったものを利用することになりました。
アルファ米の箱には、ハシと容器も入っているので便利です。

ずんどうとプロパン用コンロは、防災訓練の炊出し用に買ったばかりのものを早速使うことに。

次は、プロパンガスボンベ。
あちらこちらの燃料屋さんに電話をすれども休日なのでなかなか連絡がとれず。
やっと1件連絡がとれ、当日もって来てもらうことに。

最後に残ったのが豚汁の容器です。
手分けをして調布・三鷹・府中市のスーパー・量販店に問い合わせをしましたが、同じ容器が200個揃いません。
志村さんが知り合いの三鷹の「問屋さん」に連絡がとれ、店を開けてもらって取りに行くことに。
さらに、天気予報が雨だったので、会場にテントを張ってもらうよう原さんが都に要請することになりました。

これで必要なものはすべてそろいました。
避難所の都の担当者に連絡をして、役員代表が13時から打合せをすることになりました。


13時 飛田給自治会役員代表で味スタの避難所に。地域情報をチェックしています。


体育施設なのでシャワーが設置されています。
男女各3台です。
都は、せっかくシャワーがあるのに避難者に使わせず、「近くの銭湯を利用して下さい」としています。
「近く」と行っても地元の飛田給には無く、調布市下石原と府中市朝日町まで行かないとありません。
都と味スタの担当者にお願いしましたが、ぜひとも使わせてあげてくださいface15


昨日より避難者が増え、約150名となったため、体育室も使っていました。


都と市の担当者と打合せが始まりました。味スタでの炊出しの実施は初めてです。


打合せ終了後、早速準備開始。女性陣は具材担当、男性陣は備品の担当です。





17時 西牧先生を先頭に調布中学校3年生の有志が支援物資をもって避難所を訪ねてきました。18日に卒業式を終えたばかりの生徒たちです。
家庭にあった生活用品、未使用のタオル・毛布等を都の担当者に渡しました。


(左)ちょうど、市の総合防災安全課の職員がアルファ米を届けにやってきました。
(右)届けられた支援物資が避難所のロビーに並べられるようになりました。




この日、初めて調布市調布市社会福祉協議会との間で避難所の運営について話し合いが行われたようです。
当初、避難所は都がすべての運営を行うので市は必要ないと言われていた様ですが、開設してみて都だけではとても運営できないことがわかったようです。

避難所を訪ねるのは避難者だけではないからです。
ボランティアをやりたい人、支援物資を届けてくる人、避難している知り合いを探しに来る人、親戚に会いにくる人等、連日ひっきりなしに訪ねてきます。
炊出しや慰問をしたいとの申し出もたくさんあります。
都ではとても調整しきれなくなった様です。

4月以降も開設延長される可能性が高くなってきている中、当初予定の「3月いっぱい」では想定されていなかった、生活支援や新学期の子どもたちの学校の問題もあります。


私は、市民により近いところにいる市役所ができることはすべて都から引き受けてやるべきだと考えています。
味の素スタジアムに避難して来ている人達は、調布で生活している以上、市民に準じた存在であると私は思っています。

避難者は、数ある避難所の中から調布の味スタを選んで避難してきたのです。
これも何かの縁だと私は思いますicon01

  • 同じカテゴリー(東日本大震災・味スタ避難所)の記事画像
    東日本大震災復興支援映画「MARCH」上映会
    8/5~10日の東北訪問・旅行で撮影した写真の枚数 4,515枚!
    東北訪問・旅行 3日目
    ワカモノプロジェクト下見ツアー 2日目
    ワカモノプロジェクト下見ツアー 1日目
    洗車
    同じカテゴリー(東日本大震災・味スタ避難所)の記事
     東日本大震災復興支援映画「MARCH」上映会 (2017-09-30 14:00)
     8/5~10日の東北訪問・旅行で撮影した写真の枚数 4,515枚! (2017-08-11 23:01)
     東北訪問・旅行 3日目 (2017-08-07 22:00)
     ワカモノプロジェクト下見ツアー 2日目 (2017-08-06 23:01)
     ワカモノプロジェクト下見ツアー 1日目 (2017-08-05 23:01)
     洗車 (2017-08-04 23:01)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01 │東日本大震災・味スタ避難所