たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2011年04月26日

スタジアム通り御衣黄・八重桜競演/ちょうふ幹の会歓送迎会


6時30分 飛田給駅南口で朝立ち。



味の素スタジアム通りに淡緑色の御衣黄(ぎょいこう)と桃色の八重桜が咲き、見事に競演していましたface02



この桜は、2001年に東京スタジアム(現在の味の素スタジアム)開設の関連事業で飛田給駅北口駅前広場とスタジアム通りを整備する時に、飛田給まちづくり協議会(野口泰助会長=当時)が地元住民に街路樹のアンケートを取った結果、決まったものです。

御衣黄は北口駅前広場から旧甲州街道まで16本、八重桜は旧甲州街道から甲州街道まで34本植えられました。(一番駅側の1本は本来御衣黄だったものが業者の手違いで八重桜にface11)。

(以下の写真は2009.4.16撮影)
北口駅前広場から旧甲州街道間の御衣黄


旧甲州街道から甲州街道間の八重桜



御衣黄はサクラの栽培品種です。
江戸時代に、京都の仁和寺で栽培されたのがはじまりと言われています。
「御衣黄」という名前は江戸時代中期から見られ、その由来は貴族の衣服の萌黄色に近いためです(wikipedia参照)。

桜の中で唯一淡緑色の花をつける全国でも珍しい品種です。





動画レポート「調布市スタジアム通り 御衣黄・八重桜競演」


blue_right調布経済新聞「調布・飛田給駅前に緑色の桜-『ギョイコウ』が見頃に」

blue_right朝日新聞記事「淡黄色の御衣黄、清楚に 東京・調布のスタジアム通り」(asahi.com)







18時30分 ちょうふ幹の会歓送迎会がクレストンホテルで開かれ、正副議長が招待され出席しました。

代表幹事の小西総務部長


ちょうふ幹の会は、昭和61年頃、金子佐一郎元市長の発案により結成されました。
市役所特別職・部長職のOB及び現役の会員で構成し、会員相互の親睦・交流を図るとともに、一層の市政発展を目指すことを目的に活動しています。

現在会員数は、OB104人、現役23人の計127人です。

毎年、全体会と現役の会を1回ずつ行っています。
今回は、現役の会。

新たに部長職になった5名の紹介と、定年退職で現役の会を退会した4名の退会者(下写真)の挨拶と記念品贈呈が行われました。

西田前福祉健康部長(左)・土浦前選挙管理委員会事務局長(右)


小川前監査事務局長(左)・小山前東京都十一市競輪事業組合事務局長(右)

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    「吉田類の酒場放浪記」に『きくや 仙川』が登場!
    広島の酒「宝剣」
    狛江市長選 松原としお候補出陣式
    飛田給駅北口公衆トイレ 改修中
    長渕剛「乾杯」
    西部飛田給自治会 納涼盆踊り会
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     「吉田類の酒場放浪記」に『きくや 仙川』が登場! (2018-07-16 09:18)
     広島の酒「宝剣」 (2018-07-15 21:00)
     狛江市長選 松原としお候補出陣式 (2018-07-15 18:00)
     飛田給駅北口公衆トイレ 改修中 (2018-07-15 10:24)
     長渕剛「乾杯」 (2018-07-14 22:00)
     西部飛田給自治会 納涼盆踊り会 (2018-07-14 19:00)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01 │今日の出来事