たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2011年11月24日

飛田給小「町探検」/臨時幹事長会議/商工会50周年記念式典

11時 飛田給小学校2年生消防団第1分団機械器具置場(詰所)にやって来ました。

生活科の「町探検」の授業で、飛田給地域から訪ねたい場所を選び、2ヶ所を見学するそうです。

「青少年交流館と飛田給郵便局」、「特別養護老人ホーム爽々荘と第7機動隊」、「クリスマス亭とひるま商店」、「宮の下図書館と若宮八幡神社」など。


詰所にやって来たのは「青少年交流館と消防小屋」2チームと「クリーニング屋さんと消防小屋」チームの計3チーム、14名の子どもたち(子どもたちの資料には「消防小屋」となっています)。


まず、消防団について説明をした後、質問を受けます。私も1チームを担当しましたが、2年生にわかるように説明するのは一苦労face07 質問に答えるのはもっと大変icon10


消防ポンプ車に乗せて、器具やスイッチ(サイレン以外)に触らせてあげます。


耐火服を着て、ヘルメットをかぶります。体が小さいので、上着なのにワンピース状態face05 筒先も持って構えてみます。


一列横隊で敬礼icon_bikkuri


子どもたちの中から、将来消防団員が誕生することを期待していますicon01






12時 第4回定例会の一般質問が締め切られました。

18人が質問通告をしました。
私は、次の第1回定例会で質問する予定です。





15時 臨時幹事長会議が開催されました。

協議事項は
1.第4回定例会における市長の発言の許可について
2.議長から市長への申し入れについて


実は、11月16日に開催された第1回臨時会の閉会後、驚くべき事実が発覚しました。

議案第64号「平成23年度一般会計補正予算(第2号)」を付託され審査を行った総務委員会建設委員会において、行政側の説明が全く違っていたのです。

議案は、歳入歳出をそれぞれ25,273,500円を増額するもの。

その理由として、市長は本会議での上程時に
「都市計画道路3・4・4号線において、道路用地の地中から広範囲にわたり大量のコンクリート塊等が出現したことにより、その処分費等が増額し、契約金額の増額が必要となったため」
と説明していました。


歳入は総務委員会で、歳出は建設委員会に付託されました。

総務委員会では、2,500万円の内訳について、担当部長は市長と同じく「コンクリート塊の処分費等」と答弁しました。

総務委員会では、「コンクリート塊の処分費が補正予算額のほとんど」との認識に基づいて様々な質疑がなされました。


一方、建設委員会では行政側から内訳一覧表が資料提出されました。



コンクリート塊の処分費は、6,228,262円、全体の24.6%に過ぎません。関連している残土処分費3,418,686円と堤防盛土費用3,131,855円を合わせた12,778,803円でも50.6%、約半分です。

また、建設委員会は現地調査に出かけましたが、道路の築造工事は9割方終わっていて「コンクリート塊もほとんどが撤去された後だった」そうです。
何のための現地調査なのでしょうか?


しかもこの事実は、たまたま、両委員会を傍聴していた議員がいたからわかったことなのです。


コンクリート塊が発見されたのは、3月上旬のことです。
この間、議会への報告は一切ありませんでした。

また、この議案は会派に対する行政側からの事前説明もありませんでした。
私は議員になって21年目ですが、議案の事前説明がなかったのは初めてのことです。


長友市長の言う「説明責任」とは一体何なのでしょうか。


幹事長会議の冒頭で長友市長が入室し発言をしました。

「第1回臨時会での議案に対する説明が一部不十分であった点についてお詫びを申し上げます。今後、適切な情報提供、丁寧な対応を心がけてまいります。」
と言った趣旨の内容でした。

発言後、すぐ退室してしまったので、内容について市長に確認することができなかったことは残念です。


市長が退室した後、幹事長さんから
「何のための発言かわからない」
「一部とは何のことを言っているのか」
「今まで何回も説明責任を果たしていないと指摘されて来たのに、『今後、適切な情報提供、丁寧な対応を心がける』という発言を誰がまともに聞くのか」
「議会軽視だ」
などといった発言が相次ぎました。


こうしたことを受けて、議長が市長に申し入れをすることになりました。

極めて異例なことです。


市長は、第4回定例会の冒頭での発言を議長に求めている様です。
今度こそ、真摯な発言を聞けるものと思います。







16時 調布市商工会(原島芳一会長)創立50周年記念式典が、クレストンホテルで開催されました。



調布市商工会は、都内にある27の商工会で第1位、全国でも第3位の会員数を誇ります。

功労役員表彰、従業員表彰、特別表彰、表彰伝達がありました。blue_right表彰者名簿(PDF)


式典アトラクションは、ソプラノ歌手新藤昌子さんの歌。新藤さんは調布市出身。第二小学校、桐朋学園中学・高校・大学音楽学部声楽科卒業です。素晴らしい歌声を披露してくれました。



記念祝賀会会場に移動です。


祝賀会で挨拶する原島芳一会長。


荻本貞臣前会長の音頭で乾杯icon_wine


J2優勝とJ1復帰を決めたFC東京・阿久根社長の報告と御礼の挨拶


阿久根社長と天皇杯と来シーズンのJ1優勝を祈念してのVサインface15


会場では、桐朋学園大学出身の國吉紫苑さん、間野久美子さん、原良子さん、伊久希さんによる4人組「カルテット シオニーテ」の弦楽四重奏が演奏されていましたface05




調布市は「音楽のまち」です。

今回のように、桐朋学園大学音楽学部の学生・卒業生の演奏する機会を作ってあげることは、とってもいいことだと思いますicon01

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    伊藤達也 当選!!
    衆議院議員選挙 投票
    飛田給小 地域運動会
    衆院選最終日 伊藤達也・調布打ち上げ式
    衆議院議員選挙 最終日
    伊藤達也候補 接戦
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     伊藤達也 当選!! (2017-10-23 01:50)
     衆議院議員選挙 投票 (2017-10-22 13:39)
     飛田給小 地域運動会 (2017-10-22 13:26)
     衆院選最終日 伊藤達也・調布打ち上げ式 (2017-10-21 21:00)
     衆議院議員選挙 最終日 (2017-10-21 16:24)
     伊藤達也候補 接戦 (2017-10-20 15:34)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01 │今日の出来事