たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2012年01月17日

咳喘息/阪神淡路大震災17年

昨年からが出続けています。

自宅近所の診療所に4回も通い風邪薬をもらってきましたが、一向によくなりません。

もう、1ヶ月を超えるので、風邪ではないのかもface07


「せき」でGoogle検索すると、トップ記事に「長引く咳にご注意!咳喘息」の見出しが。

読んでみると、

「かぜは治ったはずなのに、咳はちっとも治まらない、といったような状態が数週間続いたら、それは咳喘息かも知れません。

咳喘息は、慢性的に咳が続く気管支の病気です。一般的な喘息と同様、気道(呼吸をするときに空気の通る道)が狭くなり、いろいろな刺激に対して過敏になって、炎症や咳の発作が起こります。

室内外の温度差や、たばこの煙を吸う受動喫煙、運動、飲酒、ストレスなどのほか、ホコリやダニなどのいわゆるハウスダストが発作の要因になるといわれており、患者数は年々増加しています。この病気は、特にアレルギーのある人に多いとされています。アレルギー反応によって、気道が炎症を起こしてしまうためです。」


とあります。

私は、アレルギー性鼻炎なので、ますます疑いが・・・。


調布病院で診てもらいました。

レントゲンを撮った結果、結核、肺炎、ガンの部類ではなさそうで一安心。

結局、やはり「咳喘息」の診断。


生まれて初めて、吸入薬(下左)と添付薬をもらいました。



この吸入薬「アドエア ディスカス」で薬を吸入するのですが、「吸入の確認」が結構厄介なのです。

説明書には「薬が吸入されると、わずかな甘味や粉の感覚を口の中に感じます。」と書いてありますが、実際に吸ってみると、甘みも粉の感覚もほとんど感じません。「すると言われればそんな気がする」程度です。

これって、私だけなのでしょうか?

他人より鈍感なのかなと思いつつ、市の職員に同じ薬を使っている人がいたので聞いてみたら、同じ答えでした。


肝心の薬が吸入できているかわからないなんてダメでしょうface09


数日間確認してから、販売会社グラクソ・スミスクライン株式会社カスタマー・ケア・センターに電話しました。

担当者に伝えると、「時々同様の電話がある」との事です。

「吸入されたことがわかるように、甘みを少し強くするとか、吸入後うがいをする時にわかるよう色をつける等改善してください。」と要望しました。

英国の本社から輸入しているとのことなので、どこまで改善されるかわかりませんが、できるだけ早い対応を望みます。


<参考>「アドエア ディスカスの使い方」(YouTube)







阪神淡路大震災から17年が過ぎました。




死者6,434名、行方不明者3名、負傷者43,792名、住家被害全壊104,906棟など凄まじい被害をもたらしました。

この震災からの教訓を私たちは生かしているのでしょうか。

私は、教訓を学び、しっかりと生かしてこそ、犠牲者と被災者が報われるのではないかと思っています。

首都直下型地震が30年以内に起きる可能性は70%以上と言われています。

地震が起きることを防ぐことはできませんが、被害を少なくすることはできるのです。

教訓を生かして災害に強いまちをつくりましょうicon01


2011年1月17日ブログ「阪神淡路大震災16年」

2010年10月6日ブログ「阪神高速・震災資料保管庫」

2010年1月17日ブログ「阪神淡路大震災15年」


  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    健全育成地区親善ソフトボール大会
    オリンピック自転車ロードレースコース 体験走行
    FC東京vs.柏戦 調布出身の平川選手 味スタデビュー!
    調布飛行場の新たな被害者支援制度等に係る住民説明会
    ゲリラ雷雨 発生
    ブログアクセス 49万突破
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     健全育成地区親善ソフトボール大会 (2018-08-19 12:00)
     オリンピック自転車ロードレースコース 体験走行 (2018-08-18 21:57)
     FC東京vs.柏戦 調布出身の平川選手 味スタデビュー! (2018-08-15 21:00)
     調布飛行場の新たな被害者支援制度等に係る住民説明会 (2018-08-13 21:00)
     ゲリラ雷雨 発生 (2018-08-13 18:00)
     ブログアクセス 49万突破 (2018-08-12 10:00)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01 │今日の出来事