たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2012年01月31日

ふるさと小海町

私の自宅パソコンのトップページは「YAHOO!」になっています。

帰宅し、トピックスを見てみると・・・



5番目に「50年後の日本 小海町を歩く」の見出しがface08


小海町は私のふるさと

昭和35年に生まれ、中学1年生の時、調布に引っ越すまで、12年間暮らしていました。

小海町の記事を東京で見ることはめったにないことです(多分初めて)。



記事のタイトルは・・・
街は高齢者仕様に 『50年後の日本』長野県小海町を歩く

ざっと、次のような内容です。

白菜やレタスなど高原野菜の産地として知られるこの町は、約5200人の人口の5人に2人が65歳以上の高齢者、
1年間に生まれる子供は20~30人という「50年後の日本の人口構成に近い町」(国立社会保障・人口問題研究所)だ。
日本の「将来像」ともいえる町を、一足先に歩いた。

「30年前は家族連れでにぎやかだった」(商店街関係者)という商店街も今は空き店舗が目立つ。
しんしんと降り続く雪の中、日中も人通りはほとんどない。

高齢化に伴い、町は高齢者が生活しやすいよう整備が進んでいる。

しかし、「財政には余力がない」(町職員)。
町の平成23年度予算の歳出35億9500万円のうち、社会保障費にあたる民生費と衛生費は全体の3割を占める計約10億5400万円。
「勤労世帯に投資して町を活性化したいが…」。現実には高齢者の生活を守ることで精いっぱいだ。

平成22年の国勢調査では65歳以上が1833人。
15~64歳は2794人。0~14歳にいたっては553人だ。
日本の将来像に近いと告げると、町役場の職員は「確かにお年寄りは多いけど、国レベルでこうなるのは想像できない」と驚いた様子で話す。

当然、基盤産業も深刻な若者不足の影響を受ける。
白菜やレタスの収穫時期、あちこちの畑で汗を流しているのは中国人実習生だ。
JA長野八ケ岳は「正直、実習生なしでは農業が成り立たない」と説明する。

子育てはどうなっているのか。
子供は“町の宝”。
町では3人目以降の子供は保育料無料。18歳までは医療費も無料だ。
しかし、保育所や小学校は統廃合が進み、かつて町内に3つあった保育所は1つに。
2校あった小学校も、この春から1校だけになる。

「保育所と同じ顔ぶれで中学校まで育つ」という家族的な雰囲気で大事に扱われるためか「のびのび育つ半面、競争原理は働きにくい。
生きる力を養っていかないといけない」という。

「この環境で、この子たちはたくましい大人に育ってくれるだろうか」。
2060年、国全体が同じ悩みを抱える可能性は高い。



街は高齢者仕様に 「未来の縮図」長野・小海町を歩く(MSN産経ニュース)



私が引っ越したのは、昭和47年8月。40年前のことです。

その頃はまだまだ元気な町でした。

いまや、かなり厳しい状態の様です。


3年前、久しぶりにふるさとを訪ねました(2009.11.23ブログ「ふるさと小海町を訪ねて」)。

土村公園からの風景。(右)母校の小海小学校。モダンな校舎になっていました。


その時、「ふるさとっていいな〜face05」とあらためて実感。



今回、小海町ホームページを見ていると、町と議会が6月に石巻市へ支援物資の提供を行ったことがわかりました。

石巻市物資提供報告(小海町ホームページ)


私も、市内の友人と一緒に「調布から!復興支援プロジェクト」をつくり、石巻市で支援活動を行ってきました。

被災地がたくさんあるのに同じ石巻とは・・・偶然とはいえ、不思議な縁があるな〜と思います。



今年もまたふるさとを訪ねてみようかなface02

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    衆議院議員選挙9日目
    伊藤達也 選挙公報
    伊藤達也 政見放送
    衆議院議員選挙 伊藤達也・調布第一声
    衆議選公示 公設掲示板選挙ポスター貼り
    中秋の名月
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     衆議院議員選挙9日目 (2017-10-18 18:57)
     伊藤達也 選挙公報 (2017-10-17 23:00)
     伊藤達也 政見放送 (2017-10-17 10:07)
     衆議院議員選挙 伊藤達也・調布第一声 (2017-10-10 20:00)
     衆議選公示 公設掲示板選挙ポスター貼り (2017-10-10 18:12)
     中秋の名月 (2017-10-04 23:00)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02 │今日の出来事