たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2012年04月28日

調布市防災教育の日

調布市教育委員会は、東日本大震災の教訓を受け、4月の第4土曜日を「調布市防災教育の日」と定めました。

その目的は
①実効的な防災教育の充実
「震災時対応シミュレーション」の検証
③震災時に即応できる体制づくりと学校と地域の連携を高める
の3つ。


本日、市立20小学校、8中学校の計28校で一斉に行われました。

「震災時対応シミュレーション」の発災想定時間が午前11時24分であること以外は、内容は各学校長に一任。

①児童・生徒向けの「命」をテーマにした授業
②保護者・地域住民向けの「震災から学ぶ」などの公開講座
③避難訓練、保護者引き渡し訓練
④避難所設営訓練
などが行われました。


保護者・地域住民向け公開講座の内容は学校により千差万別。

教育委員会から事前にもらった実施メニュー一覧によると・・・

第一小学校では、地域協議会・PTA・自治会・消防団代表による「防災シンポジウム」
上ノ原小学校では、調布消防署員による講演「家庭における防災」
調布中学校では、宮城県山元町教育長による講演「大震災から学ぶ『命の大切さ』」
といった風。



地元の飛田給小学校に行ってみました。

1校時目は、「命」の授業

(写真:飛小ホームページより)


2校時目は、保護者・地域住民向け公開講座。講師は飛小近くにある警視庁第七機動隊の隊員。テーマは「東日本大震災特別派遣に従事して」。



3校時目は、通常授業。連休の初日だけあって、たくさんの保護者が参観していました。



4校時目。「11時24分に大地震発生」とのシミュレーションに基づき、避難訓練保護者引き渡し訓練が行われました。

全校児童は先生の指示に従って机の下に隠れ、その後、防災頭巾を被り、教室の廊下に並び、クラス毎に体育館へ避難しました。




午後は、避難所運営訓練

防災備蓄倉庫の中身を確認



「ロンテナー」という商品名の箱が。中身がわからないので開けてみると・・・


配水容器でした。

(右写真:「ロンテナー」ホームページより)


災害簡易組立トイレを組み立ててみます。その名も「ベンクイックface08


初めての組み立ては20分以上かかりましたicon10 (右)やっと完成。

(左写真:飛小ホームページより)

せっかくなので、座ってみました。



アルファ米炊出し訓練

(写真:飛小ホームページより)


発電機使用訓練。手前が防災倉庫の備品。奥側にある一回り大きい飛田給小学校地区協議会所有の発電機を使ってみました。


実際にガソリンを入れ、起動させ、照明器具をつなぎます。



濾過器使用訓練。プールの水を濾過して飲むのが原則。それ以上汚れた水は能力的に無理とのこと。




今回の「調布市防災教育の日」を見ていて、いくつかの課題が浮かび上がりました。

①4月は新入生が入学したばかりで学校側に余裕がない時期。来年以降も4月の第4土曜日でいいのか。
②小学校区と中学校区の板挟みになる、自治会・自主防災組織・地区協議会・健全育成・消防団など、地域の団体はどう対応したらいいのか。
③教育委員会は、各学校に丸投げでいいのか。
④市との連携が不十分。例)避難所運営訓練なのに、市地域防災計画にある避難所の初動要員(市職員)が不参加。
⑤防災倉庫備品に箱の中身がわからないものがある。例)ロンテナー。中身を明示するべき。
⑥児童が教室廊下に並び体育館に避難する際、点呼をとっていない。
⑦防災頭巾をかぶり靴を履いているので、頭と足は守られているが、素手のため手は無防備。防災頭巾に軍手をセットすべき。

思いついただけでもこれだけ出てきます。


私は、平成23年第3回定例会では、一般質問で教育長に「今回の震災でどのようなことを感じ、考えているのか。調布の子どもたちの命を守るために新たに決意したことは何か。大震災についての所感と教訓は」と質問しました。

平成16年第4回定例会では、「『災害時は、消防も警察も来ない、自分たちだけで何とかしなければいけない』を原点に、もっと実践的な訓練にするべきではないのか。避難所となる小・中学校を拠点に、学校に児童・生徒の在校中の場合と休日・夜間の場合にわけ、市と学校、地域が連携して避難所の開設と運営訓練をすることが極めて大切なはず。防災備蓄倉庫にある組み立てトイレ、発電機、ろ水機を実際に使用したり、防災行政無線で被害想定状況を報告したり、幾らでも実践に即した訓練ができるはず。さらに、各避難所の状況や被災者の名前を調布エフエム放送で流すことも実際にやってみるべき。」と、防災訓練のあり方について質問をしてきました。


今回、市教育委員会が「調布市防災教育の日」を制定して動き出したことは評価します。

初めてのことなので、様々な課題が出てくることでしょう。

だからこそ、参加者の意見(児童・生徒・教職員・学校管理職・保護者・地域住民・地域団体など)や専門家による検証が必要です。

今回の「防災教育の日」をしっかりと検証して、来年度は更に充実してもらいたいと思いますicon01



防災備蓄倉庫

調布市では、災害時の避難所となる市内の公立小中学校など公共施設(29箇所)に備蓄倉庫を設置しています。


備蓄品一覧



市地域防災計画では、災害が発生し、市内の避難所に避難する人が約24,000人発生すると予想。
これを約30の避難所で割ると1箇所あたり約800人が避難すると予想されます。

これに基づき,各避難所には800人の3日分の備蓄を行っていますが、現実に災害が発生したら、遥かに多くの人が避難所へ備蓄品をとりに来るため、あっという間になくなってしまうと思われます。

災害時に備えて、各家庭における最低3日分の水・食料の備蓄をお願いしますicon01






帰宅してから、Jリーグ第8節 FC東京vs清水戦を録画観戦。

2人退場して9人になった相手から1点を取ることができないどころか、カウンターで失点icon_maro06

これで3連敗icon_maro06

ショックでしばらく立ち上がれず。


試合記録(FC東京ホームページ)

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    衆議院議員選挙9日目
    伊藤達也 選挙公報
    伊藤達也 政見放送
    衆議院議員選挙 伊藤達也・調布第一声
    衆議選公示 公設掲示板選挙ポスター貼り
    中秋の名月
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     衆議院議員選挙9日目 (2017-10-18 18:57)
     伊藤達也 選挙公報 (2017-10-17 23:00)
     伊藤達也 政見放送 (2017-10-17 10:07)
     衆議院議員選挙 伊藤達也・調布第一声 (2017-10-10 20:00)
     衆議選公示 公設掲示板選挙ポスター貼り (2017-10-10 18:12)
     中秋の名月 (2017-10-04 23:00)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01 │今日の出来事