たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2012年12月18日

第4回定例会会議結果



9時10分 調布市議会第4回定例会本会議が再開されました。

第4回定例会会議結果は次の通り。


市長報告 (4件)

報告第17号「専決処分の報告について」
<内容>
平成24年1月14日、調布市布田4丁目25番地先の市道において、歩行者が、道路境界石と道路舗装との段差に足をとられ転倒し、人身に損害を与えたもの。
市の損害賠償の額は、12万5,670円。


報告第18号「専決処分の報告について」
<内容>
平成24年8月27日、調布市小島町3丁目39番地先の市道において、市(街づくり事業課)が管理する簡易バリケードの管理の瑕疵により人身及び物件に損害を与えたもの。
損害賠償の額は、1万5,612円。


報告第19号「専決処分の報告について」
<内容>
平成24年9月3日、市役所市民税課のカウンターにおいて、職員が所持していた筆記具が来庁者の鞄に接触し、損害を与えたもの。
市の損害賠償の額は、5,000円。


報告第20号「専決処分の報告について」
<内容>
平成24年8月28日、調布市布田2丁目33番地3先の都道において、市(総合防災安全課)の普通自動車が、横断中の自転車に接触し、損害を与えたもの。
市の損害賠償の額は、1万3,000円。



市長提出議案 (24件)

議案第82号「専決処分の承認について」
<内容>
平成24年度調布市一般会計予算に補正の必要が生じ、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分し、歳入歳出それぞれ7,985万9,000円を増額したもの。
歳出予算では、総務費のうち選挙費において,平成24年12月16日に執行される東京都知事選挙に伴う所要額を計上した。
歳入予算では、歳出と同額を都支出金のうち選挙費委託金として計上した。
これにより、歳入歳出予算の総額は、773億8,722万5,000円となる。
<結果>
承認


議案第83号「専決処分の承認について」
<内容>
平成24年度調布市一般会計予算に補正の必要が生じ、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分し、歳入歳出それぞれ4,667万7,000円を増額したもの。
歳出予算では、総務費のうち選挙費において,平成24年12月16日に執行される衆議院議員選挙及び最高裁判所裁判官国民審査に伴う所要額を計上した。
歳入予算では、歳出と同額を都支出金のうち選挙費委託金として計上した。
これにより、歳入歳出予算の総額は、774億3,390万2,000円となる。
<結果>
承認


議案第84号「平成24年度調布市一般会計補正予算(第4号)」
<内容>
歳入歳出それぞれ15億425万4,000円を増額するもの。
歳出予算では、本補正のうち,消防費を除く各款において職員人件費の所要の調整をしている。また、議会費、衛生費、労働費、農業費、商工費については、職員人件費のみの補正を行う内容となっている。
総務費については、寄附金を財源とした財政調整基金への積立金や市税過誤納還付金を計上している。
民生費については、待機児童対策としての民間保育所への施設整備助成費をはじめ、介護給付費などの障害者福祉サービス費や生活保護費の所要額を増額する。
また、ヘルプカード作成に係る障害者地域安心ネットワーク事業費や高齢者への在宅援護サービス事業費のほか、乳幼児や義務教育就学児への医療費助成事業費、国・都支出金の過年度清算返還金などの所要額を計上している。
土木費については、舗装補修などの道路の維持管理費のほか、事業期間の短縮に伴う事業の前倒しにより調布駅南口東地区市街地再開発事業補助金の所要額を増額するほか、寄附金を財源とした緑の保全基金及び都市基盤整備事業基金への積立金などを計上している。
消防費については、東京都への消防事務委託金の所要額を増額する。
教育費については,小中学校運営に係る光熱水費のほか、「スポーツ祭東京2013気運醸成・開催記念事業」の実施に係る実行委員会運営費補助金の所要額を増額する。
一方、歳入予算では、国庫支出金,都支出金において、歳出予算と連動した特定財源を計上している。
寄附金では、一般寄附及び指定寄附を、繰入金では都市基盤整備事業基金繰入金を計上するほか、繰越金では本補正の所要の財源を計上している。
また、諸収入では、東京都市長会からのスポーツ祭東京2013気運醸成事業助成金のほか、調布駅南口東地区市街地再開発事業補償金を計上している。
これにより、歳入歳出予算の総額は、789億3,815万6,000円となる。
<結果>
可決


議案第85号「平成24年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)」
<内容>
歳入歳出それぞれ632万4,000円を増額するもの。
歳出予算では、職員人件費の所要額を調整するもの。
歳入予算としては、一般会計繰入金を増額する。
これにより、歳入歳出予算の総額は、211億742万3,000円となる。
<結果>
可決


議案第86号「平成24年度調布市下水道事業特別会計補正予算(第2号)」
<内容>
歳入歳出それぞれ1,097万1,000円を増額するもの。
歳出予算では、職員人件費の所要額及び事業費における下水道管渠等の維持管理費の所要額を調整するとともに、東京都の入間川分水路工事に係る下水道移設工事について事業費における管渠費を減額する。
歳入予算としては、歳出と連動した分担金及び負担金,国庫支出金及び都支出金の減額を行うほか、一般会計からの繰入金及び市債を増額する。
これにより、歳入歳出予算の総額は、36億982万4,000円となる。
債務負担行為については、入間川分水路工事に係る下水道移設工事の進捗に連動して、債務負担行為の限度額を設定する。
地方債の変更については、合流式下水道改善事業における工事の施工内容の変更並びに下水道施設耐震化事業及び管渠建設事業における工事の追加に伴い、地方債の限度額を変更する。
<結果>
可決


議案第87号「平成24年度調布市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)」
<内容>
歳入歳出それぞれ239万7,000円を増額するもの。
歳出予算では、職員人件費の所要額を調整するとともに、介護認定に係る介護認定審査会費及び認定調査費を増額する。
歳入予算としては、一般会計繰入金を増額する。
これにより、歳入歳出予算の総額は、113億6,628万9,000円となる。
<結果>
可決


議案第88号「平成24年度調布市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)」
<内容>
歳入歳出それぞれ2,278万8,000円を増額するもの。
歳出予算では、職員人件費の所要額を調整するとともに、葬祭費の所要額を増額する。
歳入予算としては、一般会計繰入金及び受託事業収入を増額する。
これにより、歳入歳出予算の総額は、42億6,501万円となる。
<結果>
可決


議案第89号「調布市自治の理念と市政運営に関する基本条例」
<内容>
自治によるまちづくりを一層推進し、活力ある豊かな地域社会の実現を図るため、調布市自治の理念と市政運営に関する基本条例を制定するもの。
地方自治体を取り巻く環境は、大きく変化してきている。超高齢社会・人口減少時代の到来や長引く景気の低迷とともに、地方自治体の財政状況は厳しさを増している。市民ニーズの多様化や行政課題の複雑化が進み、国の一律な制度では、地域特性に応じた課題解決が難しくなっている。また、分権改革の進展により、地方自治体が自己決定・自己責任に基づいて自治体運営を行うことができるよう地方自治に関する制度等も大きく変化している。
地方自治体は、これまで以上に地域の実情に応じた対応が求められており、今まさに、地方自治体がどのように自治体運営を行っていくのかが強く問われている。
主体的に地域の課題に取り組み、まちづくりを進めるには、市民と市が課題を共有し、適切な役割分担のもと、共に力を合わせながらまちづくりに取り組まなければならない。
本案は、このような状況に鑑み、調布市における自治の理念及び市民と市の役割を明確にし、市政運営の基本原則を法的に定め、地域特性に応じた自主・自立のまちづくりを進めることにより、活力ある豊かな地域社会の実現を目指すもの。
自治の理念と市政運営に関する基本原則を条例として明文化し、法的に担保することで、市政の基本的事項について、そのよりどころ・運用の指針が明確となり、基本条例の趣旨等と整合性を確保する形で、様々な施策が遂行され、より継続的に、地方分権時代にふさわしい統一的な市政運営が行われることとなる。
本案については、今後の市政における基本的な方針となることから、約6年半にわたって多様な市民参加手法を組み合わせ、できるだけ多くの市民意見を頂けるよう取り組んで来た。
併せて、市議会からの貴重な意見を一つ一つ検討し、条例案として取りまとめ、市議会へ提案する。
<結果>
可決


議案第90号「調布市税賦課徴収条例の一部を改正する条例」
<内容>
地方税法の一部改正に伴い、平成24年4月1日から平成27年3月31日までの間に取得された下水道除害施設に係る固定資産税の課税標準の特例割合を4分の3とするもの。
<結果>
可決


議案第91号「調布市手数料条例の一部を改正する条例」
<内容>
都市の低炭素化の促進に関する法律の制定に伴い、建築主等が同法に基づく低炭素建築物新築等計画の認定等を申請した場合の審査の事務手数料を定めるもの。
<結果>
可決


議案第92号「調布市高齢者住宅条例の一部を改正する条例」
<内容>
公営住宅法の一部改正に伴い、高齢者住宅等の整備基準を定めるとともに高齢者住宅の使用申込者の資格に係る収入基準の規定を改めるほか、規定の整備を行うもの。
<結果>
可決


議案第93号「調布市市営住宅条例の一部を改正する条例」
<内容>
公営住宅法の一部改正に伴い、市営住宅等の整備基準を定めるとともに市営住宅の使用申込者の資格に係る収入基準の規定を改めるほか、所要の改正及び規定の整備を行うもの。
<結果>
可決


議案第94号「調布市下水道条例の一部を改正する条例」
<内容>
下水道法の一部改正に伴い、公共下水道の構造の技術上の基準を定めるとともに規定の整備を行うもの。
<結果>
可決


議案第95号「調布市国民健康保険運営協議会委員の報酬及び費用弁償に関する条例を廃止する条例」
<内容>
調布市国民健康保険運営協議会委員の報酬及び費用弁償について、これらの額及び支給方法を改め、調布市非常勤特別職の職員の報酬及び費用弁償に関する条例に基づくものとするもの。
<結果>
可決


議案第96号「市道路線の認定及び廃止について」
<内容>
調布市富士見町3丁目21番地64先に位置する道路を市道として管理するため、道路法第8条第1項の規定により認定し、これに伴い、調布市富士見町3丁目21番地3先に位置する市道北183号線を同法第10条第1項の規定により,廃止するもの。
<結果>
可決


議案第97号「市道路線の廃止について」
<内容>
調布市布田4丁目32番地1先に位置する市道南26-23号線の廃止で、現況等を考慮したところ支障がないので、道路法第10条第1項の規定により廃止するもの。
<結果>
可決


議案第98号「市道路線の一部廃止について」
<内容>
調布市上石原3丁目27番地1先に位置する市道西124-2号線の一部廃止で、現況等を考慮したところ支障がないので、道路法第10条第1項の規定により廃止するもの。
<結果>
可決


議案第99号「調布市市民プラザあくろすの指定管理者の指定について」
<内容>
株式会社セイウンを指定管理者として指定することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるため、提案するもの。
<結果>
可決


議案第100号「調布市専用水道事務等の委託について」
<内容>
地方自治法第252条の14第1項の規定により、平成25年4月1日から当該専用水道に関する事務を東京都に委託するもので、同条第3項の規定において準用する同法第252条の2第3項本文の規定により議会の議決を求めるため、提案するもの。
<結果>
可決


議案第101号「調布市名誉市民の決定について」
<内容>
調布市名誉市民の決定について、調布市名誉市民条例第3条の規定により、議会の同意を求めるもの。
名誉市民として、山田禎一氏を推挙する。
<結果>
同意


議案第102号「調布市教育委員会委員の任命について」
<内容>
調布市教育委員会委員のうち小谷克秀氏の任期が、平成24年12月21日をもって満了するので、後任者の任命について、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるもの。
後任者として、加藤実三氏を任命したい。
<結果>
同意


議案第103号「人権擁護委員の候補者の推薦について」
<内容>
人権擁護委員のうち有川和子氏の任期が、平成25年3月31日をもって満了するので、後任の候補者の推薦について人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の同意を求めるもの。
候補者として、有川和子氏を推薦する。
<結果>
同意


議案第104号「人権擁護委員の候補者の推薦について」
<内容>
人権擁護委員のうち石井良和氏の任期が、平成25年3月31日をもって満了するので、後任の候補者の推薦について人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の同意を求めるもの。
候補者として、狩集英昭氏を推薦する。
<結果>
同意


議案第105号「調布市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」
<内容>
職員の給与改定は、東京都においては、東京都人事委員会の職員の給与に関する勧告に基づき、平均マイナス0.32パーセントの給与改定を行うことが決定され、各地方公共団体においても、それぞれ給与改定が実施されようとしている。
調布市においては、東京都人事委員会勧告の内容を踏まえ、諸般の事情を考慮し、住居手当の額を改めることにより、職員の給与改定を行うもの。
また、平成25年3月支給の期末手当について、民間給与との較差に係る年間収入の調整を行うもの。
<結果>
可決



陳情 (8件)

陳情第9号「議会改革の推進を求める陳情」
<結果>
継続審査


陳情第10号「議会報告会の開催を求める陳情」
<結果>
趣旨採択


陳情第11号「代表質問の質問方式を改めることを求める陳情」
<結果>
不採択


陳情第33号「審議会等に参画している市議会議員の委員報酬の見直しを求める陳情」
<結果>
継続審査


陳情第35号「下石原交差点の大気汚染測定局に微小粒子状物質(PM2.5)測定機の設置を求める陳情」
<結果>
趣旨採択


陳情第36号「調布市自治の理念と市政運営に関する基本条例に『住民投票制度』の追加を求める陳情」
<結果>
不採択


陳情第37号「議会基本条例検討に当たって市民への説明会の開催を求める陳情」
<結果>
継続審査


陳情第38号「議会基本条例案のパブリック・コメント実施時に住民説明会の開催を求める陳情」
<結果>
継続審査



議員提出議案 (8件)

議員提出議案第44号 調布市議会会議規則の一部を改正する規則
<結果>
可決


議員提出議案第45号 調布市議会市政調査費の交付に関する条例及び調布市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例
<結果>
可決


議員提出議案第46号 微小粒子状物質(PM2.5)測定機の設置等を求める意見書提出について
<結果>
可決


議員提出議案第47号 ボートレース事業の実施に係る交付金等の見直しに関する意見書提出について
<結果>
可決


議員提出議案第48号 患者数が特に少ない希少疾病用医薬品(ウルトラ・オーファンドラッグ)の開発促進・支援のための法整備等を求める意見書提出について
<結果>
可決


議員提出議案第49号 次代を担う若者世代支援策を求める意見書提出について
<結果>
可決


議員提出議案第50号 メタンハイドレートの実用化を求める意見書提出について
<結果>
可決


議員提出議案第51号 防災・減災体制再構築推進基本法(防災・減災ニューディール基本法)の制定を求める意見書提出について
<結果>
可決

  • 同じカテゴリー(市議会)の記事画像
    第3回市議会定例会 開会
    市議会第2回定例会一般質問「調布駅前広場について」 全文
    全員協議会「調布駅前広場について」
    公文書流出事件で長友市長が給料を減額
    調布市議会第2回定例会 閉会
    全国市議会議長会 25年勤続表彰
    同じカテゴリー(市議会)の記事
     第3回市議会定例会 開会 (2017-09-04 19:00)
     市議会第2回定例会一般質問「調布駅前広場について」 全文 (2017-08-15 10:37)
     全員協議会「調布駅前広場について」 (2017-07-06 23:01)
     公文書流出事件で長友市長が給料を減額 (2017-06-22 23:16)
     調布市議会第2回定例会 閉会 (2017-06-19 23:01)
     全国市議会議長会 25年勤続表彰 (2017-06-08 22:37)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01 │市議会