たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2012年11月30日

山田禎一さん名誉市民に

第4回調布市議会定例会において、山田禎一さんが名誉市民に決定され、本会議散会後、市議会議場において顕彰式が行われました。

山田さんは、精神科医で医療法人社団研精会理事長等を務めておられます。

昭和47年に全国で初めてとなる精神障害者授産施設(創造印刷)を市内に開設。
さらに、都内で最初の介護老人保健施設を開設し、精神障害者と高齢者のリハビリや自立に尽力されるとともに、市教育委員長,市医師会長を歴任。

医療、福祉、教育の分野を中心に地域社会の発展、公共の福祉に大きく貢献されて来られました。

こうした山田さんの功績を称えるために、この度、名誉市民の称号が贈られました。

【名誉市民とは】
文化の興隆、市の発展のために顕著な功績があり、深く市民が敬愛する方に対し、その称号を贈るものです。

                 (写真=名誉市民推戴状)



山田さんは
「22万人の調布のまちでこのような表彰を受けさせていただき、たいへん光栄であります。金沢から調布のまちに来て半世紀が過ぎましたが、振り返ってみると大した足跡を残したわけではなく、人様のためにというのがこの世に生れてきた私の使命であって、役に立てばこんな幸せなことはありません。市民の福祉のため幸せのために、少しでもお役に立てるよう今後も精一杯がんばりたい。」
と受賞の感想を話されていました。


    (写真=調布市ホームページより)


私は公私ともに山田先生にお世話になってきました。
先生、名誉市民受賞おめでとうございますface02


なお、昭和55年に元市長の本多嘉一郎さん、平成20年に漫画家の水木しげるさんに名誉市民の称号が贈られています。


(調布市ホームページ参照)

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    ブログ アクセスカウンタ 450,000突破
    58歳 誕生日
    調布駅前広場の樹木 初日の伐採・移植作業は中止
    自民党狛江総支部 新春の集い
    調布駅前広場の既存樹木の伐採・移植作業 着手
    市役所前庭 河津桜
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     ブログ アクセスカウンタ 450,000突破 (2018-02-24 11:33)
     58歳 誕生日 (2018-02-22 22:00)
     調布駅前広場の樹木 初日の伐採・移植作業は中止 (2018-02-22 12:00)
     自民党狛江総支部 新春の集い (2018-02-21 21:00)
     調布駅前広場の既存樹木の伐採・移植作業 着手 (2018-02-21 17:42)
     市役所前庭 河津桜 (2018-02-21 14:00)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02 │今日の出来事