たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2013年08月08日

緊急地震速報

気象庁は午後4時56分ごろ、「奈良、大阪で震度6弱から7程度。九州から関東にかけて34都府県に震度4以上の揺れが襲う」とのった緊急地震速報を発表しました。

私の携帯にもアラーム音とともに速報がもたらされました。
同時に消防の受令機からは「東京、予測震度3 」との音声が。

震源地が奈良で、東京が震度3ということは、かなり大規模な地震ということになります。

一瞬身構えました。


しかし、実際には人が感じる揺れは発生しませんでした。


緊急地震速報は、地震波が2か所以上の地点で観測され、最大で「震度5弱」以上と推定された場合、機器の判断で自動的に発表されます。

気象庁の観測では、実際の震源は和歌山県北部で震源の深さは約10キロでしたが、これとは別に、三重県南東沖約60キロの海底で観測され、地震波とは異なる小さな揺れを、観測機器が地震波と誤って判断。
和歌山の地震発生と同じタイミングだったため大きな揺れと判断し、「震度4」以上の揺れが到達すると予測したのです。


西日本各地では、交通機関のダイヤが乱れ、津波に備えて高台に避難する人もいました。


一方、甲子園球場では第3試合の日川(山梨)―箕島(和歌山)の六回表。
日川の攻撃が終わった直後に緊急地震速報が発表されましたが、試合は続行されました。


(写真は8月9日NHK「おはよう日本」)

大会本部によると、大地震が起きた場合の試合の運営ルールとして、試合をただちに中断し、観客に席を立たず、動かないことを場内放送などで呼びかけ、被害状況を確認の上で球場の外周、グラウンドに観客を避難誘導すると定めているといいます。

本部には気象情報会社「ウェザーニューズ」の担当者が2人常駐していて、8日は「奈良県で震度7クラスの地震が発生する可能性」という速報の内容を確認し、球場のある兵庫県内での状況を注視したが、地震は発生せず。運営ルールに則って、中断の判断は下さなかったとのことです。

う〜ん、これでいいのでしょうか。
携帯電話の速報がわからなかった人もいるはずです。

少なくとも、球場にいた人に地震速報が出されたことだけは知らせるべきではなかったのでしょうか。


なお、緊急地震速報は2007年10月の運用開始後137回目の発表。
震度3以上を観測しなかったのは33回目となりました。


今の技術には限界があるというものの、気象庁には精度を上げてもらうしかありません。

東日本大震災による津波で大きな犠牲者が出た背景には、気象庁の津波警報第一報が「津波高さ3mから6m」としたことにありました。


かといって、頼るところは気象庁しかありません。
地震速報が出た時には、必ず対処するように心がけましょう。


<参照>
地震速報誤報、ノイズの途切れ原因 「奈良で震度7」(朝日新聞)
「奈良で震度7」誤報 気象庁が謝罪(読売新聞)
地震速報誤報 「震度7」関西騒然(読売新聞)
甲子園、緊急地震速報でも試合続行 特に混乱なく(J-CASTニュース)
緊急地震速報の誤報 気象庁、原因を調査(MSN産経ニュース)
緊急地震速報、誤報で「最大震度7」(サンケイスポーツ)

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    衆議院議員選挙 10日目
    健全育成 あいさつ運動/飛田給自治会大運動会 打ち合わせ
    衆議院議員選挙9日目
    伊藤達也 選挙公報
    伊藤達也 政見放送
    衆議院議員選挙 伊藤達也・調布第一声
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     衆議院議員選挙 10日目 (2017-10-19 17:19)
     健全育成 あいさつ運動/飛田給自治会大運動会 打ち合わせ (2017-10-19 17:07)
     衆議院議員選挙9日目 (2017-10-18 18:57)
     伊藤達也 選挙公報 (2017-10-17 23:00)
     伊藤達也 政見放送 (2017-10-17 10:07)
     衆議院議員選挙 伊藤達也・調布第一声 (2017-10-10 20:00)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02 │今日の出来事