たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2015年03月11日

東日本大震災から4年(1)

東日本大震災が発生してから4年が経ちました。

この震災は私の人生に大きな影響を与えました。
私にとっての3.11を振り返ってみます。

当時、私は市議会議長を務めていました。
市議会は第1回定例会中で、この日は平成23年度関連議案について、4つの常任委員会が開かれていました。


14時46分 全員協議会室で総務委員会の審査をしていると、部屋が大きく揺れ始めました。

揺れ方が、激しい縦揺れではなく、ゆったりとした横揺れだったので、「首都直下型」ではなく、遠方での地震であることを直感しました。
委員長が「暫時休憩」を宣言したので、テレビがある会派控室へ。

テレビをつけると、「東北地方で大きな地震」との第一報が流れていました。
東京でのこの揺れ方は、被災地の被害の大きさが心配です。

家族の安否が気になりますが、発着信規制されているためか、固定電話も携帯電話もメールも通じません。

市役所議会棟と本庁舎の被害状況を把握しに行きました。
議会棟はほとんど被害がなかったものの、本庁舎は6階以上、特に8階に被害が。




15時15分頃 副議長、議会運営委員長、常任委員長と会派幹事長に集まってもらい、常任委員会を散会することにしました。

この頃から、未だかつて無い津波被害の模様がテレビで放送され始めました。
まちが津波に破壊されると言う信じられない光景が・・・


16時頃 第1回調布市災害対策本部会議の結果、「第一小・国領小に避難をしてきた市民が十数名。その他公共施設での人的被害はなし。 物的被害については,器・図書・展示物等の落下あり。 火災等もなし。 現在、消防団等で被害情報を収集中。 」とのこと。

17時頃まで議会と行政の対応をしていましたが、消防団第一分団(当時副分団長)の参集・活動状況を見に、自転車で飛田給に。

旧甲州街道の様子。車は大渋滞でたくさんの人が歩いていました。


自宅で家族全員の無事を確認して、ほっとしながら第一分団詰所に。

各分団には市総合防災安全課から「参集」、「担当地域を巡回して被害状況の把握」の命令が出ていて、実行されていました。
出動した団員に今後の対応をお願いし、再度市役所へ。


調布駅南口周辺の様子。



17時30分頃 市役所に到着し、議長室で情報収集。

21時 第2回災害対策本部会議を傍聴。
各部長からの報告によると「市内で8件ほど塀の倒壊等が発生。 人的被害はなし。現在の主な課題は,調布駅周辺の京王線不通に伴う帰宅困難者への対応。第一小学校に180人,グリーンホールに800人。今後、総合福祉センター,たづくりなどを開放予定。併せて毛布,食料を支給すべく準備中。」


市の動きに一定の結論が出たので、グリーンホールの様子を確認に。

グリーンホールはロビーにもホールにもたくさんの人がいましたが、意外と落ち着いた雰囲気。


ロビーの公衆電話は長蛇の列。



旧甲州街道を歩いて飛田給に戻ります。歩いて帰宅する人がたくさん。



22時頃 飛田給の第一分団詰所に到着。
団員が十数名集まっていました。

0時15分 詰所待機が終わり解散。
地震の被害者が一人でも少ないことを祈りながら帰宅。


1万8千人以上の方が犠牲になるとは・・・想像だにしていませんでした。


詳しくは2011.3.11ブログをご覧ください。

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    市民文化祭 開会式
    衆議院議員選挙 10日目
    健全育成 あいさつ運動/飛田給自治会大運動会 打ち合わせ
    衆議院議員選挙9日目
    伊藤達也 選挙公報
    伊藤達也 政見放送
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     市民文化祭 開会式 (2017-10-19 20:00)
     衆議院議員選挙 10日目 (2017-10-19 17:19)
     健全育成 あいさつ運動/飛田給自治会大運動会 打ち合わせ (2017-10-19 17:07)
     衆議院議員選挙9日目 (2017-10-18 18:57)
     伊藤達也 選挙公報 (2017-10-17 23:00)
     伊藤達也 政見放送 (2017-10-17 10:07)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 22:46 │今日の出来事東日本大震災・味スタ避難所