たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2015年05月30日

調布中 体育大会/第五中 体育祭/FC東京vs柏/武藤選手 ドイツ・マインツへの移籍発表

今日は市立中学校5校、市立小学校3校で運動会が行われます。
まずは、息子と娘の母校、調布中学校「体育大会」へ。伝統校だけあって、体育大会でも厳かな雰囲気です。





続いて第五中学校「体育祭」へ。調布中の隣の学校ですが、呼び名も雰囲気もかなり違います。この違いが、伝統であったり、校風であったりするんでしょう。






昼食は、FC東京の必勝を込め、飛田給2丁目のえどこまラーメンでスタミナねぎラーメンの大盛り。




18時30分 味の素スタジアム西側に建設中の武蔵野の森総合スポーツ施設の建設が更に進んでいました(右端の建物が味スタ)。



J1 1stステージ 第14節 FC東京vs.柏戦。
スターティングメンバー発表。


サポーターのチャントに応える武藤嘉紀選手。


円陣。



19時4分 キックオフ


前半32分、三田啓貴選手が、こぼれ球を押し込み先制icon_bikkuri




65分、武藤選手がエリア内で足をかけられてPKを獲得。


自らボールをセット。



この直後、地震のため試合は2分間の中断。


68分、武藤選手が蹴った強烈なキックは、GKの左手をはじいて右に決まり、再び勝ち越しに成功icon_bikkuri2










2-1で勝利icon22


試合終了後、電光掲示板に「FC東京より発表がございます」の文字が。武藤選手の移籍発表か?



ヒーローインタビュー。



サポーターに挨拶。




退場後、武藤選手のドイツ・マインツへの移籍が電光掲示板と場内放送で発表されましたicon_bikkuri2




《武藤選手コメント》
「PKの場面は、地震の影響があって緊張感が増した。それでも今日は絶対にチームを勝利に導きたかった。
(移籍が発表されたが)
1stステージのタイトルは厳しくなったし、何もチームにもたらせていないと思う。ここで移籍することを、ファン・サポーターのみなさんには申し訳なく思う。それでも新たなチャレンジと成長を続けることが恩返しにもなるはず。FC東京は自分を育ててくれたクラブ。引退をする前には絶対にここに戻ってきたい。何よりもあと1か月はFC東京の一員。チームメイトと力を合わせて、最後まで勝利に向かいたい」
(出典:FC東京ホームページ


『今回このようなチャンスをいただけたのは、チームメイト、クラブ関係者、指導者の方々をはじめ、これまで武藤嘉紀に関わって下さったたくさんの方々、そしていつでも側にいて勇気を与えて下さり、応援して下さったファン・サポーターの方々のおかげです。本当に、本当に、感謝の気持ちで一杯です。
自分の中で決断するまでには、いろいろな葛藤や迷いもありました。たくさんの方にご迷惑やご心配もお掛けしてしまいました。ただ、決断したからには、たくさんの方々に恩返しできるように、自分ができることを精一杯やりたいと思います。いまは自分が育ってきた、愛するFC東京のために、次の試合でいいプレーをすること、ゴールを決めること、チームが勝つことだけを考えます。
ファン・サポーターのみなさまに、プレーを通して感謝の気持ちが伝えられるように、全身全霊で頑張ります。ぜひFC東京へ、武藤嘉紀へ、これまで以上に熱いご声援をよろしくお願いします』
(出典:FC東京ホームページ



6月27日の1stステージ最終節、清水エスパルス戦が武藤選手のFC東京での最後の試合になりますicon_bikkuri2

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    伊藤達也 衆議院選ドキュメント
    衆院選 伊藤達也・自民党 開票結果
    伊藤達也 当選!!
    衆議院議員選挙 投票
    飛田給小 地域運動会
    衆院選最終日 伊藤達也・調布打ち上げ式
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     伊藤達也 衆議院選ドキュメント (2017-10-23 12:57)
     衆院選 伊藤達也・自民党 開票結果 (2017-10-23 10:21)
     伊藤達也 当選!! (2017-10-23 01:50)
     衆議院議員選挙 投票 (2017-10-22 13:39)
     飛田給小 地域運動会 (2017-10-22 13:26)
     衆院選最終日 伊藤達也・調布打ち上げ式 (2017-10-21 21:00)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01│Comments(0)今日の出来事FC東京
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。