たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2015年09月24日

第3回調布市議会定例会最終日

9時10分 第3回調布市議会定例会が再開されました。




第3回定例会は、9月2日に開会され、本日が最終日です。


市長提出議案は34件。
平成26年度決算議案6件、平成27年度補正予算議案5件、条例の一部改正議案9件、人事案件4件など34件は、いずれも認定・可決・同意されました。

議員提出議案は8件。
7件が可決、1件が否決されました。

陳情は4件。
3件は継続審査、1件は不採択となりました。

継続審査中の陳情は3件。
1件が継続審査、2件が趣旨採択となりました。



<報告・議案・陳情の内容と結果>

報告第12号 専決処分の報告について
【内容】平成26年7月11日、大田区西蒲田3丁目4番の有料駐車場において、後退で駐車しようとした市の普通自動車が有料駐車場の精算機に接触し、損害を与えたもの。これによる市の損害賠償の額は、7万200円。
【結果】了承


報告第13号 専決処分の報告について
【内容】平成27年6月3日、国領町4丁目44番地先の路上において、市の普通自動車がブロック塀に接触し、損害を与えたもの。これによる市の損害賠償の額は、1万800円。
【結果】了承


報告第14号 専決処分の報告について
【内容】平成27年6月9日、小島町2丁目48番地先の市道において、電線共同溝の蓋を持ちあげようとしたところ、当該蓋が電線共同溝内に落下し、ケーブルに損害を与えたもの。これによる市の損害賠償の額は、9万405円。
【結果】了承


報告第15号 専決処分の報告について
【内容】平成27年4月8日、市が実施するふれあい収集の際、市の貨物自動車に積載した粗大ごみを相手方の物件に接触させたことにより、損害を与えたもの。これによる市の損害賠償の額は、4万6,440円。
【結果】了承


報告第16号 専決処分の報告について
【内容】平成27年7月16日、調布ケ丘1丁目22番地先の市道において、市が管理する街路樹の枝が、走行中の普通自動車の上に落下し、当該普通自動車に損害を与えたもの。これによる市の損害賠償の額は、55万6,740円。
【結果】了承


報告第17号 健全化判断比率等について
【内容】実質赤字比率及び連結実質赤字比率については、一般会計及び市全体の連結会計における実質収支額の、標準財政規模に対する比率を求めるもので、平成26年度決算における実質収支額は、全ての会計において黒字決算であったことから該当はなかった。
また、資金不足比率については、下水道事業特別会計における資金不足額の事業規模に対する比率を求めるもので、平成26年度における下水道事業特別会計についても、黒字決算であったことから、該当はなかった。
次に、実質公債費比率については、一般会計等が負担する元利償還金及び債務負担行為に係るものなどの準元利償還金の標準財政規模等に対する比率を、3箇年の平均で求めるもので、算出結果としては2.3パーセントとなった。平成25年度の2.2パーセントと比較して、0.1ポイント上昇している。
次に、将来負担比率については、連結ベースでの負債及び資産のストックの状況を加味して健全化の判断指標とするもので、算定基礎は、一般会計等が将来負担すべき実質的な負債から充当可能な財源を控除した将来負担見込額の標準財政規模等に対する比率で、算出結果としては3.9パーセトとなった。平成25年度の8.3パーセントと比較して、4.4ポイント改善している。
この結果、各指標とも、早期健全化基準を下回る内容となっていて、監査委員からは「いずれも早期健全化基準等を下回っており、財政収支が不均衡な状況又はその他の財政状況が悪化した状況とは認められなかった。引き続き財政の健全化に努められたい。」との審査意見をいただいている。
【結果】了承



議案第60号 平成26年度調布市一般会計歳入歳出決算の認定について
【内容】平成26年度は、基本構想、基本計画の2年目として、「強いまちをつくるプロジェクト」など4つの重点プロジェクトを基軸に、計画に位置付けた各施策の着実な推進を図るとともに、災害対策の強化など市民の安全安心の確保や市民生活支援などに継続的に取り組んだ。
平成26年度一般会計歳入歳出決算の主な特徴として、まず、歳入決算から申しあげると、歳入決算総額は、882億5,831万円余となり、前年度と比較して、73億5,919万円余の増となった。
歳入の根幹をなす市税については、法人市民税の大幅な増のほか、税制改正等による個人市民税や固定資産税の増要因により、前年度と比較して、22億1,807万円余の増収で、過去最高の市税収入額となった。
地方譲与税及び各種交付金については、地方消費税交付金や配当割交付金などの増要因により、前年度と比較して、7億2,999万円余の増収となった。
国庫支出金及び都支出金については、社会資本整備総合交付金や、保育所緊急整備事業補助金、臨時福祉給付金・子育て世帯臨時特例給付金給付事業費補助金などの増要因により、前年度と比較して、17億113万円余の増収となった。
財産収入については、普通財産の売払いや各種基金の資金運用などの収入を確保した。繰入金については、各特別会計の前年度決算余剰金の清算繰入れのほか、公共施設整備基金や都市基盤整備事業基金などの各種基金からの繰入れを行った。
続いて、歳出決算について申しあげる。歳出決算総額は、823億3,036万円余となり、前年度と比較して、61億869万円余の増となった。
主な内容として、総務費については、文化会館たづくり管理運営費、電算管理事務費などのほか、財政調整基金や公共施設整備基金への積立てなどである。
民生費については、保育園の施設整備費や運営費など子ども施策の推進に要する経費や、高齢者、障害者、生活保護などの福祉施策の充実に要する経費のほか、国民健康保険事業等の特別会計への繰出金などである。
衛生費については、家庭ごみなどの収集運搬等に係る経費をはじめとする清掃費のほか、市民の健康を維持・増進するための各種予防健診事業などの経費である。
労働・農業・商工費については、市内の農業・商工業の振興に係る経費及び花火大会補助など観光振興の経費などである。
土木費については、中心市街地の再開発事業や駅前広場整備事業のほか、生活道路、都市計画道路、公遊園の整備費などの経費である。
消防費については、東京都への消防事務委託費のほか、消防施設維持管理費や災害対策用備蓄品購入費などの経費である。
教育費については、児童・生徒の安全で良好な教育環境を確保していくための小・中学校の施設管理費や施設整備費のほか、社会教育関係施設の管理運営費などである。
この結果を、地方自治法第233条の規定により監査委員の意見を付し、御認定をいただくため、決算附属書類を添えて御提案申しあげるもの。
決算の概要を申しあげると、歳入総額は882億5,831万4,920円、歳出総額は823億3,036万8,885円となり、歳入歳出差引額は59億2,794万6,035円で、このうち翌年度へ繰り越すべき財源として、繰越明許費繰越額及び事故繰越し繰越額3億1,678万7,000円を差し引いた実質収支額は56億1,115万9,035円となる。
款別に決算の概要を申しあげると、歳入については、収入の根幹をなす市税は、465億6,755万円余で、歳入決算額の52.8パーセントを占めている。
以下、各決算額及び歳入決算総額に占める構成比を順次申しあげると、国庫支出金124億8,530万円余14.1パーセント、都支出金100億9,367万円余11.4パーセント、繰越金46億7,744万円余5.3パーセント、市債29億1,900万円3.3パーセントなどが歳入の主な内容である。
次に、歳出においては、引き続き、民生費が高い比率で第1位を占め、389億7,665万円余で歳出決算総額の47.3パーセントを占めている。
以下、各決算額及び歳出決算総額に占める構成比を順次申しあげますと、総務費113億8,141万円余13.8パーセント、土木費106億1,175万円余12.9パーセント、教育費84億6,385万円余10.3パーセント、衛生費49億2,569万6.0パーセント、公債費43億6,085万円余5.3パーセントなどが歳出の主なものである。
【結果】多数により認定


議案第61号 平成26年度調布市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
【内容】国民健康保険は、被用者保険と比べ、高齢者や低所得者の加入割合が高いなどの構造的問題や医療技術の高度化に伴う医療費の増加など、厳しい経営状況が続いている。この様な状況の中、医療保険者として国民皆保険制度を維持する重要な役割を担っており、市民の健康保持に必要な医療を安心して受けていただくことができるよう事業基盤の安定を基本に運営してきた。
平成26年度においては、医科等レセプト点検やジェネリック医薬品使用促進通知事業を継続して実施し、患者負担の軽減及び医療保険財政の健全化に努めた。
国民健康保険税については、口座振替推進キャンペーン、口座振替契約受付サービスなど納付環境の利便性向上対策を継続して実施した。また、徴収体制の強化により収納率は継続して向上しているが、調定額が減少したこともあり、金額では前年度比較で、7,968万円余の減収となった。
決算の概要について申しあげると、歳入総額は212億2,909万628円、歳出総額は、211億7,594万9,507円となり、実質収支額は、5,314万1,121円となった。
款別に決算の概要を申しあげると、まず、歳入においては、国民健康保険税が45億1,355万円余で、歳入総額の21.3パーセント、前期高齢者交付金が43億7,777万円余20.6パーセント、国庫支出金41億8,975万円余19.7パーセント、繰入金34億9,868万円余16.5パーセント、共同事業交付金21億8,145万円余10.3パーセント、都支出金13億8,754万円余6.5パーセントなどが主なものである。
次に、歳出については、保険給付費が、135億2,480万円余で、歳出総額の63.8パーセント、後期高齢者支援金等30億5,268万円余14.4パーセント、共同事業拠出金23億4,026万円余11.1パーセント、介護納付金13億4,472万円余6.4パーセントなどが主なものである。
【結果】全員賛成で認定


議案第62号 平成26年度調布市用地特別会計歳入歳出決算の認定について
【内容】歳入総額は、6億6,606万1,719円、歳出総額は、同じく6億6,606万1,719円となりました。
款別に決算額の概要を申しあげますと、歳入決算におきましては、財産収入が5億9,290万円余で、歳入総額の89.0パーセント、繰入金が7,316万円余11.0パーセントなどであります。
その内容といたしましては、調布市土地開発公社や土地開発基金で先行取得していた生活道路用地及び仙川崖線用地の売払いなどによる財産収入や、一般会計からの繰入金などであります。
次に、歳出決算につきましては、用地費が6億80万円余で、歳出総額の90.2パーセント公債費が6,232万円余9.4パーセントなどであります。
その内容といたしましては、生活道路用地、仙川崖線用地、土地開発基金用地などの公共用地買収費や債務負担解消分としての公共用地買収費のほか、土地開発基金繰出金、公共用地先行取得債の元利償還金などであります。
【結果】多数により認定


議案第63号 平成26年度調布市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
【内容】歳入総額は、29億8,679万9,628円、歳出総額は、28億9,740万2,616円となり、実質収支額は7,805万3,012円となります。
款別に決算の概要を申しあげますと、歳入におきましては、使用料及び手数料が20億2,116万円余で、歳入総額の67.7パーセント、一般会計からの繰入金5億5,703万円余18.6パーセント、市債3億1,900万円10.7パーセントなどが主なものであります。
次に、歳出におきましては、事業費が21億2,189万円余で、歳出総額の73.2パーセント、総務費4億7,874万円余16.5パーセント、公債費2億7,773万円余9.6パーセントなどが主なものであります。
事業費の主な内訳といたしましては、流域下水道処理負担金14億5,268万円余、枝線工事費1億6,642万円余、管渠等補修工事費7,875万円余などであります。
【結果】全員賛成で認定


議案第64号 平成26年度調布市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
【内容】平成26年度は、第5期介護保険事業計画の事業期間の3年目となりました。
まず、要介護認定者数につきましては、3.4パーセントの伸びとなりました。
また、第1号被保険者の介護保険料の収納率につきましては、前年度より0.1ポイント減の95.6パーセントとなりました。
次に、決算の概要について申しあげますと、歳入総額は134億7,925万4,463円、歳出総額は132億5,311万3,157円となり、実質収支額は2億2,614万1,306円となります。
款別に決算の概要を申しあげますと、歳入におきましては、国庫支出金及び都支出金の合計が47億6,433万円余で歳入総額の35.3パーセント、支払基金交付金が36億949万円余26.8パーセント、保険料が26億9,006万円余20.0パーセント、繰入金及び繰越金の合計が24億1,276万円余17.9パーセントが主なものであります。
次に、歳出につきましては、保険給付費が124億452万円余で、歳出総額の93.6パーセント、総務費が3億3,754万円余2.5パーセント、地域支援事業費が、2億8,893万円余2.2パーセント、諸支出金が1億2,238万円余0.9パーセント、基金積立金が9,972万円余0.8パーセントとなっております。
【結果】全員賛成で認定


議案第65号 平成26年度調布市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
【内容】決算の概要について申しあげますと、歳入総額は、44億7,280万1,829円、歳出総額は、44億6,196万8,508円となり、実質収支額は、1,083万3,321円となります。
款別に決算の概要を申しあげますと、歳入におきましては、後期高齢者医療保険料が23億1,820万円余で、歳入総額の51.8パーセント、繰入金19億8,745万円余44.4パーセント、諸収入1億3,345万円余3.0パーセント、繰越金3,368万円余0.8パーセントとなっております。
次に、歳出につきましては、広域連合納付金が41億4,779万円余で、歳出総額の93.0パーセント、保健事業費1億6,137円余3.6パーセント、保険給付費5,814万円余1.3パーセント、総務費5,702万円余1.3パーセント、諸支出金3,761万円余0.8パーセントとなっております。
【結果】全員賛成で認定


議案第66号 平成27年度調布市一般会計補正予算(第1号)
【内容】歳入歳出それぞれ49億9,797万1,000円を増額するものであります。
本補正予算では、前年度繰越金活用計画に基づく財政基盤の強化の取組のほか、都支出金及び助成金を活用した事業の実施や、追加財政需要への対応などに係る予算を計上しております。
それでは、歳入歳出予算の主な内容を歳出予算から申しあげます。
総務費につきましては、前年度繰越金活用計画に基づく、財政調整基金及び公共施設整備基金への積立金を計上しております。
民生費につきましては、北ノ台小学校の学区域に新設する学童クラブの設計委託料や、前年度繰越金活用計画に基づく繰越金や寄附金などを財源とした子ども基金及び社会福祉事業基金への積立金、過年度清算返還金を計上しております。
土木費につきましては、調布駅南地下自転車駐車場の整備に係る設計と事業認可図書の作成の委託料を計上しております。また、都市計画道路の用地買収費及び補償費、「菊野台第2仲よし広場」の借地返還に伴う撤去工事に係る経費、入間町周辺地区の崖(がい)線(せん)樹林地の樹木管理経費を計上するほか、前年度繰越金活用計画に基づく繰越金や寄附金を財源とした都市基盤整備事業基金及びふるさとのみどりと環境を守り育てる基金への積立金などを計上しております。
教育費につきましては、都補助金を活用し、オリンピック教育の推進を図る特色ある教育活動運営費のほか、地域資料のデジタル化や深大寺周辺地域魅力発信事業に係る経費を計上しております。また、助成金を活用した図書館のハンディキャップサービス事業用の自動車購入費などを計上しております。
一方、歳入予算といたしましては、歳出予算に連動した都支出金などの特定財源を確保するほか、各特別会計における前年度清算繰入金、基金繰入金、繰越金などを計上しております。
これによりまして、歳入歳出予算の総額は、899億6,797万1,000円となります。
続いて、債務負担行為の補正といたしまして、調布駅南地下自転車駐車場整備に係る設計委託が、完了までに約1年を要する見込みであることから、債務負担行為を設定するものであります。
【結果】賛成多数で可決


議案第67号 平成27年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
【内容】歳入歳出それぞれ5,616万5,000円を増額するものであります。
その内容を歳出予算から申しあげますと、総務費のシステム改修委託料及び諸支出金の一般会計繰出金を増額するものであります。
これに対する歳入予算といたしましては、都支出金及び繰越金を増額するものであります。
これによりまして、歳入歳出予算の総額は、246億1,801万6,000円となります。
【結果】全員賛成で可決


議案第68号 平成27年度調布市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
【内容】歳入歳出それぞれ6,805万3,000円を増額するものであります。
その内容を歳出予算から申しあげますと、諸支出金の一般会計繰出金を増額するものであります。
これに対する歳入予算といたしましては、繰越金を増額するものであります。
これによりまして、歳入歳出予算の総額は、33億2,691万7,000円となります。
【結果】全員賛成で可決


議案第69号 平成27年度調布市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
【内容】歳入歳出それぞれ2億2,835万9,000円を増額するものであります。
その主な内容を歳出予算から申しあげますと、平成26年度の保険料の余剰分を介護保険給付費等準備基金に積み立てるとともに、同年度に交付を受けた国庫支出金等の超過交付額を返還するため、国・都支出金過年度清算返還金等の支出を行い、また、同様に超過交付となった一般会計繰入金を清算するため、一般会計繰出金を増額するものであります。
これに対する歳入予算といたしましては、支払基金交付金の追加交付額を増額するとともに、平成26年度調布市介護保険事業特別会計の繰越金を増額するものであります。
これによりまして、歳入歳出予算の総額は、141億7,512万9,000円となります。
【結果】全員賛成で可決


議案第70号 平成27年度調布市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
【内容】歳入歳出それぞれ1,083万3,000円を増額するものであります。
その内容を歳出予算から申しあげますと、諸支出金の一般会計繰出金を増額するものであります。
これに対する歳入予算といたしましては、繰越金を増額するものであります。
これによりまして、歳入歳出予算の総額は、47億5,032万8,000円となるものであります。
【結果】全員賛成で可決


議案第71号 調布市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例
【内容】地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正に伴い、指定管理者としての欠格条項を改めるもの。
【結果】全員賛成で可決


議案第72号 調布市個人情報保護条例の一部を改正する条例
【内容】行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の制定に伴い、特定個人情報の保護措置等について定めるもの。
【結果】賛成多数で可決


議案第73号 調布市住民基本台帳条例の一部を改正する条例
【内容】住民基本台帳法等の一部改正に伴い、なりすまし請求等防止の申出者等に対する本人確認の方法、引用する法律の名称等を改めるもの。
【結果】賛成多数で可決


議案第74号 調布市職員定数条例の一部を改正する条例
【内容】地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正に伴い、教育委員会における職員の定数の配分を定める者を改めるもの。
【結果】全員賛成で可決


議案第75号 調布市非常勤特別職の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
【内容】地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正に伴い、非常勤職員に教育委員会委員を加えるとともに所要の改正を行うもの。
【結果】全員賛成で可決


議案第76号 調布市長等常勤特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例
【内容】市長等に教育長を加えるとともに教育長の給料の額を定めるほか、所要の改正を行うもの。
【結果】全員賛成で可決


議案第77号 調布市税賦課徴収条例等の一部を改正する条例
【内容】地方税法の一部改正に伴い、個人の市民税に係る住宅借入金等特別税額控除の適用期間を延長するとともに市たばこ税の税率の特例を廃止するほか、所要の改正を行うもの。
【結果】全員賛成で可決


議案第78号 調布市手数料条例の一部を改正する条例
【内容】行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の制定に伴い、個人番号カード及び通知カードの再交付手数料を定めるもの。
【結果】賛成多数で可決


議案第79号 調布市ふれあいの家条例の一部を改正する条例
【内容】別表で定める利用料金の上限額につきまして、全日の利用料金上限額と他の3区分の利用料金上限額との調整を図るもの。
【結果】全員賛成で可決


議案第80号 調布市デイセンターまなびや条例の一部を改正する条例
【内容】デイセンターまなびやの休業日を改めるもの。
【結果】全員賛成で可決


議案第81号 調布市墓地等の経営の許可等に関する条例の一部を改正する条例
【内容】納骨堂の設置場所及び構造設置基準を改めるとともに、経営者の講ずべき措置を加えるほか、所要の改正及び規定の整備を行うもの。
【結果】全員賛成で可決


議案第82号 市道路線の廃止について
【内容】調布市若葉町3丁目29番地10先に位置する市道東94-6号線の廃止でありまして、現況等を考慮いたしましたところ支障がありませんので、道路法第10条第1項の規定により廃止するもの。
【結果】全員賛成で可決


議案第83号 市道路線の廃止について
【内容】調布市飛田給1丁目34番地17先に位置する市道西37号線の廃止でありまして、現況等を考慮いたしましたところ支障がありませんので、道路法第10条第1項の規定により廃止するもの。
【結果】全員賛成で可決


議案第84号 権利の放棄について
【内容】学童クラブ育成料につきまして、消滅時効における5年の時効期間が経過したことにより、裁判手続による執行の方法を利用することが事実上できず、収納が困難であるため、調布市裁判執行債権管理ガイドブックに基づき、債務者20人分計55万6,500円の債権を放棄するもの。
【結果】全員賛成で可決


議案第85号 権利の放棄について
【内容】延長保育利用料につきまして、消滅時効における5年の時効期間が経過したことにより、裁判手続による執行の方法を利用することが事実上できず、収納が困難であるため、調布市裁判執行債権管理ガイドブックに基づき、債務者33人分計46万9,500円の債権を放棄するもの。
【結果】全員賛成で可決


議案第86号 権利の放棄について
【内容】ショートステイ事業のうち、委託により調布学園にて行っているショートステイ事業の利用料につきまして、消滅時効における10年の時効期間が経過したことにより、裁判手続による執行の方法を利用することが事実上できず、収納が困難であるため、調布市裁判執行債権管理ガイドブックに基づき、債務者2人分計6万2,500円の債権を放棄するもの。
【結果】全員賛成で可決


議案第87号 権利の放棄について
【内容】ホームヘルプサービス利用料につきまして、消滅時効における10年の時効期間が経過したことにより、裁判手続による執行の方法を利用することが事実上できず、収納が困難であるため、調布市裁判執行債権管理ガイドブックに基づき、債務者1人分34万7,800円の債権を放棄するもの。
【結果】全員賛成で可決


議案第88号 都市公園を設置すべき区域の決定について
【内容】調布市下石原1丁目58番地5の一部ほかについて、都市公園法第33条第1項の規定に基づき、都市公園を設置すべき区域を定めるため、同条第5項の規定により議会の議決を求めるものであります。
【結果】全員賛成で可決


議案第89号 調布市名誉市民の決定について
【内容】調布市名誉市民の決定につきまして、調布市名誉市民条例第3条の規定により、議会の同意を求めるものであります。
名誉市民の推挙につきましては、お手元に配布いたしております略歴書のとおり、平成21年9月11日に逝去されました故林和男氏に対し、同日に遡及して名誉市民の称号を贈るため推挙申しあげたいので,御同意くださいますようお願い申しあげます。
【結果】全員賛成で可決


議案第90号 調布市固定資産評価審査委員会委員の選任について
【内容】調布市固定資産評価審査委員会委員のうち菅野秀樹氏の任期が、平成27年9月30日をもちまして満了いたしますので、後任者の選任につきまして、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものであります。
後任者といたしましては、お手元に配布いたしております略歴書のとおり菅野秀樹氏を選任申しあげたいので、御同意くださいますようお願い申しあげます。
【結果】全員賛成で同意


議案第91号 調布市固定資産評価審査委員会委員の選任について
【内容】調布市固定資産評価審査委員会委員のうち新井七吾氏の任期が、平成27年9月30日をもちまして満了いたしますので、後任者の選任につきまして、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものであります。
後任者といたしましては、お手元に配布いたしております略歴書のとおり新井七吾氏を選任申しあげたいので、御同意くださいますようお願い申しあげます。
【結果】全員賛成で同意


議案第92号 調布市教育委員会教育長の任命について
【内容】調布市教育委員会委員のうち教育委員会教育長を務める大和田正治氏の任期が平成27年9月30日をもちまして満了することに伴い、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、調布市教育委員会教育長の任命につきまして議会の同意を求めるものであります。
つきましては、お手元に配付いたしております略歴書のとおり大和田正治氏
を任命申しあげたいので、御同意くださいますようお願い申しあげます。
【結果】全員賛成で同意


議案第93号 人権擁護委員の候補者の推薦について
【内容】人権擁護委員のうち小林忠司氏の任期が、平成27年12月31日をもちまして満了いたしますので、後任の候補者の推薦につきまして人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の同意を求めるものであります。
候補者といたしましては、お手元に配付いたしております略歴書のとおり遠藤 弘行氏を推薦申しあげたいので、御同意くださいますようお願い申しあげます。
【結果】全員賛成で同意



議員提出議案(8件)

議員提出議案21号 調布市議会会議規則の一部を改正する規則
【結果】可決


議員提出議案22号 調布飛行場自家用飛行機墜落事故について東京都に抗議する決議



【結果】可決


議員提出議案23号調布市議会委員会条例の一部を改正する条例
【結果】可決


議員提出議案24号 私立幼稚園、小・中・高等学校就学者に対する公私間格差是正のための教育費助成と、私立幼稚園、小・中・高等学校に対する経常費補助の拡充及び教育環境整備費助成を求める意見書提出について
【結果】可決


議員提出議案25号 地方創生に係る新型交付金等の財源確保を求める意見書提出について
【結果】多数により可決


議員提出議案26号 ICT利活用による地域活性化とふるさとテレワークの推進を求める意見書提出について
【結果】可決


議員提出議案27号 地方税財源の拡充に関する意見書提出について
【結果】可決


議員提出議案28号 原発再稼働に反対する意見書提出について
【結果】多数により否決



陳情(4件)

陳情第9号 意見書提出にかかわる議員提出議案の本会議における審議方法の改善を求める陳情
【結果】継続審査

陳情第10号 請願・陳情の提出者説明の時間延長を求める陳情
【結果】継続審査

陳情第11号 請願・陳情の提出者説明の場で、委員の方々と活発な議論ができることを求める陳情
【結果】継続審査

陳情第12号 平和安全法制に関する意見書の取り消しを求める陳情
【結果】多数により不採択


継続審査中の陳情(3件)
陳情第5号 議会報告会を年2回以上開催することを求める陳情
【結果】趣旨採択

陳情第7号 請願・陳情の提出者説明の改善を求める陳情
【結果】継続審査

陳情第8号 政務活動費の収支実績等を議会ホームページに公開することを求める陳情
【結果】趣旨採択



blue_right平成27年第3回調布市議会定例会会議結果

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    衆議院議員選挙 最終日
    伊藤達也候補 接戦
    市民文化祭 開会式
    衆議院議員選挙 10日目
    健全育成 あいさつ運動/飛田給自治会大運動会 打ち合わせ
    衆議院議員選挙9日目
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     衆議院議員選挙 最終日 (2017-10-21 16:24)
     伊藤達也候補 接戦 (2017-10-20 15:34)
     市民文化祭 開会式 (2017-10-19 20:00)
     衆議院議員選挙 10日目 (2017-10-19 17:19)
     健全育成 あいさつ運動/飛田給自治会大運動会 打ち合わせ (2017-10-19 17:07)
     衆議院議員選挙9日目 (2017-10-18 18:57)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01│Comments(0)今日の出来事市議会
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。