たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2015年11月22日

花の植え替え/踏切拡幅署名活動/農業まつり/調鈴会忘年会

7時30分 飛田給駅周辺のプランターの花の植え替えをしました。

このプランターは、1998年に飛田給まちづくり協議会(野口泰助会長=当時)が呼びかけて、飛田給駅南口商店会と共同で始めたものです。

飛田給小の子どもたちの有志に木製のプランターを作ってもらい、花を植えました。
当時小学生だった私の長男坊も参加しましたが、その頃のプランターはほとんど残っていません。

2005年からは「飛田給を花でいっぱいにしたい」との熱い想いを持つ石川浩さんが資金面も含めて中心となり、地元有志で行っています。


私は旧品川道のシティーエステートさんとオザキさん前を担当。
咲いていた花は取らずにそのまま生かすことにしました。円形プランターでは二重の丸と中心に花を植えるつもりが、なんだか分からん状態にicon_maro06


参加者は、石川さん、板橋栄次さん、本田照男さんと私の4名。私とツーショットのプランターの素敵な花は、本田さんが植えたものです。


みんなでちょっとずつ家の回りに花を植えて、花いっぱいのまちにしましょうicon31




10時 踏切拡幅対策協議会メンバーが、狭くて危険な飛田給駅西側踏切を拡幅するための署名活動を行いました。






12時20分 調布駅前広場で開かれている第39回調布市農業まつりに行ってみました。


野菜で作られた大きな宝船


調布から!復興支援プロジェクトは宮城県東松島産牡蠣の支援販売を行っていました。


ぷりっぷりの牡蠣は超美味しそうでした。


上布田はやし連さんがお囃子の演奏と踊りを披露していました。


農産物展示品評会は午前中に終わってしまっていて、数種類の野菜を袋詰めにして即売会の準備をしていました。


農業経営者クラブさんの野菜名前あてクイズ


農の生け花愛好会さんの展示


調布産のウコン粉をいただきました。


花づくり研究会の小林芳一さん





<FC東京J1リーグ最終節vs鳥栖戦は別掲>




15時30分 午前中に引き続き、狭くて危険な飛田給駅西側踏切を拡幅するため、本日2回目の署名活動を行いました。私はFC東京の試合&セレモニー観戦のため、16時過ぎから参加。


約600名のたくさんのサポーター、地域住民、駅利用者の皆さんが署名してくださいました。ありがとうございました。




19時 平成24・25年度の調布市消防団分団長の同期会である調鈴会の忘年会が調風で行われました。
同じ釜の飯を食った同志は、いつまでたっても良いものですface02


  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    衆議院議員選挙9日目
    伊藤達也 選挙公報
    伊藤達也 政見放送
    衆議院議員選挙 伊藤達也・調布第一声
    衆議選公示 公設掲示板選挙ポスター貼り
    中秋の名月
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     衆議院議員選挙9日目 (2017-10-18 18:57)
     伊藤達也 選挙公報 (2017-10-17 23:00)
     伊藤達也 政見放送 (2017-10-17 10:07)
     衆議院議員選挙 伊藤達也・調布第一声 (2017-10-10 20:00)
     衆議選公示 公設掲示板選挙ポスター貼り (2017-10-10 18:12)
     中秋の名月 (2017-10-04 23:00)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01│Comments(1)今日の出来事飛田給の出来事消防団
    この記事へのコメント
    私も農業まつり行ってました。
    平成24年に調布駅、布田駅の踏切が拡幅されて話題になり
    ました・・駅の踏切拡幅により安全さを実感しますので1日も早く
    飛田給駅の踏切が拡福されるといいです・・飛田給はJリーグ
    のときはもちろん、コンサートのときもお客さんが多いし、住民も多い
    大事な駅ですしね~。
    自由民主党創成会会報紙に「柴崎駅‐つつじヶ丘間の5か所の
    あかずの踏切での歩行者や自転車の安全確保、不便解消を
    図りますと書いてありますよね・・・柴崎駅ーつつじヶ丘間の踏切のことも
    早く実行していただきたいです。
    西調布駅の踏切拡福もお願いします~
    自転車使わない自分にとっては道路の幅の大きさは重要です。
    Posted by A2 at 2015年11月28日 22:41
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。