たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2016年01月09日

FC東京 権田選手 SVホルンへ移籍



FC東京のゴールキーパー、権田修一選手がオーストリア3部のSVホルンへ期限付きで移籍することとなりました。

権田選手はFC東京U-15に入ってから約18年間 FC東京一筋で活躍し、2009年からは連続して日本代表にも選ばれました。

2010年にはJ2へ降格となってしまったものの、応援に対するお礼と天皇杯の戦いに向けた決意を表明するために米本選手とともに来庁した際、市議会の議長室も訪ねてくれました。(2010.12.16ブログ「FC東京 権田・米本選手来庁」


昨年の東アジアカップでは川島選手に代わり正ゴールキーパーかと思った矢先、オーバートレーニング症候群が発症してしまいました。
一時は引退を覚悟した様ですが、心機一転、本田圭佑選手が経営するSVホルンへ移籍する道を選んだのです。

新たなチームで頑張って、いつかまたFC東京と日本代表に戻って来てほしいと願いますface02


権田選手コメントFC東京HPより)
『FC東京ファン・サポーターのみなさんへ。
このたび、オーストリア3部のSVホルンに移籍することが決まりました。
僕はFC東京の駒沢スクールに小学校3年生で入りました。約18年間、ずっとFC東京の恵まれた環境の中でプレーできたことで成長することができました。逆を言えば、僕はFC東京以外のチームを知りません。U-15からU-18、U-18からトップチームへ昇格して、進路を自分で決断することは一度もないサッカー人生を歩んできました。プロ生活10年目を迎えるこのタイミングで、サッカー人生で初めてチャレンジしてみたいと思い、今回の移籍を決断しました。
昨年の7月にオーバートレーニング症候群と診断され、みなさんにはご心配をおかけしました。一度は引退する事も考えましたが、サッカーから離れてみたことで今はプレーしたい意欲が今まで以上に沸いています。この意欲を力に、欧州で一からサッカー人生を始めたいと思っています。
今までたくさんの応援をありがとうございました。これからもサッカー選手・権田修一への応援をよろしくお願いします』



blue_right権田修一選手 SVホルンへ期限付き移籍のお知らせ(FC東京HP)

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    衆議院議員選挙 10日目
    健全育成 あいさつ運動/飛田給自治会大運動会 打ち合わせ
    衆議院議員選挙9日目
    伊藤達也 選挙公報
    伊藤達也 政見放送
    衆議院議員選挙 伊藤達也・調布第一声
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     衆議院議員選挙 10日目 (2017-10-19 17:19)
     健全育成 あいさつ運動/飛田給自治会大運動会 打ち合わせ (2017-10-19 17:07)
     衆議院議員選挙9日目 (2017-10-18 18:57)
     伊藤達也 選挙公報 (2017-10-17 23:00)
     伊藤達也 政見放送 (2017-10-17 10:07)
     衆議院議員選挙 伊藤達也・調布第一声 (2017-10-10 20:00)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 22:15│Comments(0)今日の出来事FC東京
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。