たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2017年08月13日

Jリーグ第22節 FC東京vs.神戸戦

J1リーグ第22節FC東京vs.神戸戦が味の素スタジアムで開催されました。

試合に先立ち、第41回日本クラブユース選手権(U-18)大会で優勝したFC東京U-18チームの表彰式が行われました。



今年リーグ戦にフル出場中だった正ゴールキーパー(GK)林 彰洋が「大宮戦後、膝の痛みが少し強くなり、プレーできない」(篠田 善之監督)との理由で先発から外れ、大久保 択生が起用されました。
大久保はプロ10年目で初めてのJ1リーグ戦の舞台ですface01


合わせて、ルーキーのGK廣末 陸が初めてJ1でのベンチ入りをしました。



19時3分 キックオフ。


前半は、一方的に神戸に押されっぱなしでしたface11


ハーフタイム
浴衣姿のドロンパ。



後半開始。



後半43分 敵陣中央の右でボールを持った大久保 嘉人が右サイドから斜めに走りだした室屋にスルーパス⇒室屋はワンタッチで中央に折り返しピーターウタカにパス⇒ウタカは無人のゴールにボールを流し込んでゴールicon_bikkuri2











GK大久保択生はビッグセーブとスーパーセーブを連発icon_bikkuri




アディショナルタイムは4分。


試合終了。1-0でFC東京が勝利icon_bikkuri2



ヒーローインタビューは、J1デビューを無失点勝利で飾ったGK大久保 択生face02


大久保択とウタカ。


大久保択のシャーicon09


ウタカのシャーicon09



石川ナオ、ピッチでの姿を待ってるよface02




【選手・監督コメント】(FC東京ホームページ)

《大久保 択生選手》
「思ったよりも緊張はしなかった。
 先発に関しては、一昨日あたりから何となく予感があったが、どのような状況でも常に準備はしていたので。
 反対にベンチの陸がガチガチに緊張していて『なんで陸が……』とも思ったけれど(笑)。

 ここ数試合は、チームとして失点が続いていたので、みんなで『失点ゼロ』にしたいと話していた。
 試合の入り方は良くなかったと思うが、全員で我慢することができた。
 僕自身、今までチームに迷惑をかけていた分、今日、無失点に抑えられたことはすごく嬉しい。
 神戸のシュートがそれほど飛んできたという感覚もないが、セットプレーでもやられなかった。でも一番嬉しいのはチームが勝てたこと。

(神戸FWハーフナー マイク選手のヘディングに反応して、チームを救ったが?)
 あの場面では、ボールをよく見て、どちらに来ても身体が反応できるようにギリギリまで待った。
 (セーブは)本当にギリギリでしたが。

 それに今日は、みんなに助けてもらった気がしている。
 周りのみんなが声を掛けてくれて、気を遣ってくれた。
 『自信をもってプレーしてくれればいい』と言われていて、僕が助けられた。
 その信頼を裏切らない結果が出せてよかった。

(“シャー”について)
 ずっと、GKがやることはないかも……と思って、少し羨ましかった。
 それができてすごく嬉しい。
 何よりホームで、今日のような雰囲気のもとで、一体となって戦えたことが勝利に繋がったと思う。
 自分はどんな時でもやることは変わらないが、練習から頑張って、今後は監督が起用を悩むぐらいに向上し、成長していきたい」



テレビ朝日「やべっちF.C.」の「今週のサブイボ」は、『FC東京の連携 大久保▶︎室屋▶︎ウタカ』でしたface02




【ハイライト映像】 J1リーグ第22節 8/13(日)神戸戦(fctokyochannel)


  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    伊藤達也 当選!!
    衆議院議員選挙 投票
    飛田給小 地域運動会
    衆院選最終日 伊藤達也・調布打ち上げ式
    衆議院議員選挙 最終日
    伊藤達也候補 接戦
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     伊藤達也 当選!! (2017-10-23 01:50)
     衆議院議員選挙 投票 (2017-10-22 13:39)
     飛田給小 地域運動会 (2017-10-22 13:26)
     衆院選最終日 伊藤達也・調布打ち上げ式 (2017-10-21 21:00)
     衆議院議員選挙 最終日 (2017-10-21 16:24)
     伊藤達也候補 接戦 (2017-10-20 15:34)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 22:00│Comments(0)今日の出来事FC東京
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。