たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2017年12月28日

調布の自家用小型機墜落事件 整備会社・社長を起訴

2015年7月26日、自家用小型飛行機が調布飛行場(調布市西町)を離陸直後、調布市富士見町1丁目の住宅街に墜落し炎上。
住民1名、機長と同乗者1名の3名が死亡するという極めて悲惨な事故が発生してから2年5か月が経ちました。

東京地検立川支部は、無許可でチャーター飛行事業を営んだとして、機体を管理・整備していた日本エアロテック(調布市西町)の小山純二社長(64)を航空法違反罪で在宅起訴しました。合わせて法人としての同社も起訴しました。

起訴状によると、小山社長らは2013年1月から事故が起きた15年7月26日まで、国土交通省の許可を受けずに鹿児島県・奄美大島や高知県などにチャーター飛行を4回行ったとされています。
チャーター飛行は1回につき約11万~128万円を受け取っていました。
事故当日は10万円で4人を乗せ、伊豆大島まで飛行する予定だったといいます。

捜査本部は業務上過失致死傷容疑でも捜査を続けています。
ほかにも事故で死亡した当時36歳の機長ら2人が航空法違反の疑いで書類送検されていますが、検察は処分などについて明らかにしていません。

日本エアロテックは「起訴に関して事実をまだ知らされていない。起訴の事実が真実であれば厳粛に受け止め、真摯に対応したい」としています。


<参考>
・「調布事故で社長在宅起訴=無許可チャーター飛行-東京地検支部」(時事通信)

・「調布の小型機墜落 無許可で搭乗者から料金 社長を起訴」(NHK)

・「調布墜落で在宅起訴 会社社長を航空法違反罪で 」(日本経済新聞)

※毎日新聞では「起訴内容は、事故が起きた15年7月26日までに7回、国の許可を得ずに小型機に計15人を乗せ、調布飛行場から大阪・八尾空港などに運航、計約254万円の運賃を受け取っていたとしている。」となっています。
・「調布小型機墜落 整備会社社長を起訴 航空法違反で」(毎日新聞)


(写真:NHK NEWS WEB



<自家用小型飛行機墜落事件に関する主な大須賀ブログ>

・2017.7.26「自家用機墜落事故から2年」

・2017.7.18「運輸安全委員会 自家用機墜落事故調査報告書を公表」

・2017.3.29「調布の小型機墜落事件 管理会社を航空法違反容疑で書類送検へ」

・2016.7.26「小型機墜落事故から1年」

・2015.8.19「調布飛行場付近における航空機墜落事故に係る住民説明会」

・2015.7.28「調布市議会 東京都に「飛行機墜落事故に関する要請」」

・2015.7.27「小型機墜落事故 続報」

・2015.7.26「調布市富士見町の住宅街に小型機墜落」
Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 22:00│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。