たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2018年02月21日

調布駅前広場の既存樹木の伐採・移植作業 着手

調布駅前広場の既存樹木の伐採・移植作業2月22日(木)から実施することを明らかにしました。

市議会へは、昨日の2月20日に下記の文書が配布されました。








PDF⇒


議長は担当から説明を受け、建設委員は電話で「実施する」と通告されました。
幹事長以外の議員は、資料を渡されただけです。


また、今年の2月13日に開催された建設委員会の陳情審査での説明で「伐採」とされていたNo.57とNo.59のクスノキが「移植」に変更し、No.47とNo.52のクスノキが「移植を前提とした調整」に変更したことをこの資料で初めて知りました(一覧表の赤枠部分)。

1本でも多くの樹木を残す努力は評価しますが、建設委員会で「伐採」としていたものを「移植」に変更したら、それなりの説明が必要なのではないでしょうか。


自民党創政会は、市に「丁寧な説明」を求めて来ました。
いよいよ伐採・移植工事を着工する最終局面で、このような乱暴なやり方で良いのでしょうか。

なぜ市長は市議会全員協議会を招集して、議員に直接説明し、理解を求めないのでしょうか。


着工にあたっての市長の市民へのコメントも市のホームページで初めて見ました。



長友市長は、議会は無視して、市民へのコメントだけで何を済ませようとしているのでしょうか。



自民党創政会は21日に緊急議員団会議を開き、21日午後、市長に伐採・移植工事の延期を求める「再要望書」を提出しました。


PDF⇒



一方、市民への説明はどうなっているのでしょうか。
市のホームページへの掲載は2月21日。
驚くことに、作業開始日の前日です。





議会には2日前市民には前日と・・・
事業着手にあたり、こんな乱暴な説明の仕方があって良いのでしょうか。
「丁寧な説明」はどうしたのでしょうか。

長友市長の掲げる「市民参加」「市民との協働」「説明責任」はどこに行ってしまったのでしょうか。

強引なやり方は、必ずや将来に禍根を残すと私は思います。

調布駅前広場は市長のためにあるのではなく、市民のためにあることを市長は改めて認識すべきです。

調布駅前広場の既存樹木の伐採・移植作業の延期と、市長の議会と市民に対する「丁寧な説明」を求めます。

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    インスタントラーメン専門売店/ばあど家/荻窪ラーメン/高尾山イメージラッピング車両
    娘が「杉並ファイブふぇす」にゲスト出演!
    調布写楽会写真展
    飛田給小学校 ゆずりは祭り
    調布エフエム開局20周年 記念式典
    市議会 建設委員会審査
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     インスタントラーメン専門売店/ばあど家/荻窪ラーメン/高尾山イメージラッピング車両 (2018-06-17 23:00)
     娘が「杉並ファイブふぇす」にゲスト出演! (2018-06-17 19:00)
     調布写楽会写真展 (2018-06-16 18:00)
     飛田給小学校 ゆずりは祭り (2018-06-16 12:00)
     調布エフエム開局20周年 記念式典 (2018-06-15 20:00)
     市議会 建設委員会審査 (2018-06-15 12:00)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:42│Comments(0)今日の出来事市議会調布駅前広場調布市政
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。