たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2018年01月16日

調布駅前広場整備に関する説明会

19時 調布駅前広場整備に関する説明会が文化会館たづくり・くすのきホールで開催され約250名が参加しました。

地下駐輪場や駅前広場の樹木などの整備計画について説明した後、質疑応答がなされました。




市の説明が分かりにくいので勘違いをしている市民が少なくないようですが、来年のラグビーワールドカップ開催時期までに整備をするのは、駅前広場北側のロータリー(車道部)形状・上屋(バス乗り場と歩行空間の屋根)の一部南側の地下駐輪場だけです。

それ以外の北側の駅前広場(車道部・歩道部)、南側の駅前広場整備などは、オリンピック・パラリンピック終了後の平成35年度までに整備する予定です。






現在、市は調布駅周辺の駐輪場で困っていません。
駐輪場の土地を借りている地主さんから返却を求められている状況になく、平成29年4月にオープンした市役所西側の調布西第1路上自転車駐車場(駐輪場)はがら空き状態です。


なぜ地下駐輪場の整備だけを急ぐ必要があるのでしょうか。
南側の駅前広場整備と合わせて、オリンピック・パラリンピック後、平成35年度までに整備をしても何の不都合もないのです。




調布市が開催地となるラグビーワールドカップとオリンピック・パラリンピックは、「お出迎え」「おもてなし」が大切なテーマとなっています。

現在、地下駐輪場の整備範囲(下図:黒枠内)には63本もの樹木が植えられています。

市は「既存樹木(62本)の移植・伐採工事を平成30年2月より順次行う」としているので、「お出迎え」する樹木は1本(下図43番)しかありません。




地下駐輪場整備範囲内の樹木



今まで、調布市は調布駅前広場の樹木を大切にしてきました。
先人たちが造りあげてきた「調布駅前の杜」でお出迎えするのと「丸々坊主の禿山」状態でお出迎えするのとどちらが良いでしょうか?





前回の調布駅前広場整備に関する説明会は、平成29年7月28日に開催されました(2017.7.28ブログ)。
一方、「(仮称)調布駅前広場整備に係る市民会議」が平成29年4月17日・26日、5月25日の3回にわたって開催されました(2017.4.26ブログ)。

たび重なる出席要請があったにもかかわらず、長友市長は副市長や部長に任せて自ら出席することはありませんでした。

今回が始めて市民の前で説明する機会となったのです。



市長は説明会の最期に敢えて発言を求めて、「今日頂いた意見も踏まえたうえで、最後は行政として判断をする。どの道を選択しても、全ての方に100%納得いただくわけにはいかない。行政の責任として、最高責任者は私なので、どの道を選択しても私が責任を持ってやったことと理解していただいて結構。」と言い放ちました。

市民の前で市長自ら説明する機会がたった1回だけで良いのでしょうか。

説明会での発言時間はひとり3分程度に制限され、充分発言出来なかった参加者がたくさんいました。

市民の中には、樹木のこと、グリーンホールの外階段が撤去されるために大ホール機能が無くなる(収容人数が1,300人から640人規模になる)こと、公衆トイレを作る計画が暗礁に乗り上げていることなどを知らない市民が少なくありません。

地下駐輪場の整備と樹木の移植・伐採工事は、南側の整備の端緒となるものです。
もっと市民と話合いを重ねてから実施するべきだと思います。




また、市長は最期の発言で、「調布市商工会から11月の時点で市の戦略に沿って速やかに駅前広場の計画を進めろという意見もいただいている。3,207社の代表の機関決定を全会一致でいただいている。」とも発言しました。

市長として、政策を表明をすることはありますが、結論に至った理由に一民間団体の意見表明をあげる事例は過去にありません。
商工会に賛同してもらったから事業を進めると言わんばかりです。

会場にいた商工会の関係者に確認すると、「商工会の機関決定」は総会ではなく理事会で行われたそうです。
総会での機関決定ではないので、「3,207社が賛成している」という表現は、誤解される極めて不適切な表現ではないでしょうか。
商工会の関係者も「なんであんなこと言うんだろう」と不快感を露わにしていました。


私は調布駅前広場は計画の進め方と使い勝手によっては日本一の駅前広場になれる可能性があると本気で確信しています。
だからこそ、現在の市の計画のあり方と進め方に疑問を持っているのです。



(毎日新聞1月18日)



blue_right調布駅前広場整備に関する説明会開催結果 平成29年度第2回(調布市ホームページ)
  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 21:00Comments(0)今日の出来事調布市政調布駅前広場

    2018年01月16日

    夕焼け富士

    16時55分 見事な夕焼け富士でしたicon_maro02




    富士山の右方向に十字の形の不思議な雲がicon_maro04


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 18:00Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事富士山

    2018年01月14日

    調布市消防団出初式

    8時 サイレン吹鳴。第1分団機械器具置場(詰所)と消防ポンプ車のサイレンが1分間鳴らされました。


    出初式に出発する第1分団メンバー。



    8時45分から消防ポンプ車によるパレードを行いました(下図:市報ちょうふ平成30年新春号)。



    10時 調布市消防団出初式が多摩川河川敷で行われました。

    消防団15個分団の機械部隊(消防ポンプ車隊)による分列行進から始まります。


    位置に着く標員。担当は第8分団。


    分列行進が始まりました。


    第1分団消防ポンプ車。指揮:髙花分団長、機関員:宮澤団員、旗手:志村団員。





    熊澤副団長指揮により徒列部隊の入場。



    機械部隊も合流し、分団ごとに二列横隊で整列。



    開式の辞。倉田副団長。



    国旗掲揚。担当は第1分団の野口副分団長・木村団員。



    団旗入場。旗手は第1分団・野口部長。



    人員及び機械の報告。永易団長。


    人員及びに機械の検閲



    永易・消防団長訓示



    園部・調布消防署長挨拶




    感謝状及び表彰状等の伝達授与

    勤続10年以上の平成28年度退団者(25名)を代表して、前第12分団長の元木利之さんが感謝状と記念品を受領しました。


    東京都消防褒章を受領する第1分団・髙花明宏分団長。


    三多摩消防団連絡協議会・優良表彰を受領する第4分団・小川分団長と分団旗手。



    優良分団表彰(第4・7・13分団)を代表して受領する第13分団・畑野分団長と分団旗手。


    特別功労章を受領する第10分団・小川分団長。


    功労賞(6名)を代表して受領する第13分団・田中班長。


    功績賞(10名)を代表して受領する第2分団・髙橋分団長。


    優良賞(29名)を代表して受領する第8分団・酒井部長。


    技能章(37名)を代表して受領する第11分団・小林分団長。


    15年勤続章(6名)を代表して受領する第3分団・石坂分団長。


    10年勤続章(28名)を代表して受領する第5分団・平沼副分団長。


    精勤章(97名) を代表して徽章を受領する第7分団・榎本分団長。



    調布消防署長賞・救急講習普及業務功労表彰を受領する第8分団・井ノ口副分団長



    調布消防署長賞・防災訓練指導に関する業務功労表彰(9名)を代表して受領する第9分団・川端分団長


    調布消防署長賞・優良分団表彰(第2・9・14・15)を代表して受領する第15分団・小野田分団長。旗手は私の甥の野本団員です。



    会場から富士山が見えました。



    睦消防組による梯子乗りの演技。
    睦消防組は北多摩地区の鳶職により昭和27年に結成され、現在約150人が加入している伝統ある組織です。
    本日の演技は北多摩睦消防組第2区6番組(渡邉組頭)。

    纏を先頭に入場。


    竹ばしごの高さは7micon_maro04



    演技の解説は、渡邉・元調布市消防団第6分団長。


    第5分団の小川直登・団員。



    見事な演技に拍手icon303icon303


    部隊操練
    出場は、第11・12・13・14・15分団の5個分団・32名。指揮者は小津副団長。
    「右向け右」「回れ右」「前へ進め」などの号令に合わせて行進します。





    消防ポンプ車基本操法(手びろめ操法)。出場は第2・7分団。




    4線による放水が始まると、きれいな虹が現れましたicon_maro02






    消防演技の最後は、一斉放水
    出場分団は第2・5・7分団を除く12個分団。指揮者は倉田副団長。





    子ども用の防火衣の試着や、消防車をバックに親子で記念撮影ができるふれあいコーナーは大人気。第5分団担当。



    音楽演奏調布市青少年吹奏楽団。『名探偵コナン メインテーマ』『逃げ恥〜恋』ほかを演奏。寒くて手がかじかむ中、素敵な演奏をありがとうございましたicon_maro08



    閉会式。田中・市議会議長の来賓祝辞。


    小津副団長による閉式の辞



    分団員の皆さん、とっても寒い一日でしたが、前日の予行を含め大変お疲れさまでした。


    多くの分団が、午後から地域廻りや新年会があり、「一年で一番長い日」になるかと思いますが、頑張ってくださいicon_maro02


    望遠はデジタル一眼、広角はコンパクトデジカメで撮影しました。
    撮った写真の枚数は1,675枚icon_maro03



    osuga-YouTubeアーカイブ「調布市消防団出初式(2010)①」


    osuga-YouTubeアーカイブ「調布市消防団出初式(2010)②」
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 13:00Comments(0)調布市政消防団

    2018年01月13日

    FC東京 新体制発表会

    「2018 FC東京 新体制発表会」がイオンシネマ・シアタス調布で開催されました。



    シアタス調布は「映画のまち調布」に昨年6年ぶりに復活した映画館です(2017.9.29ブログ「映画のまち調布に復活した映画館オープン!」)。
    11スクリーンありますが、会場は最も大きい526席のNo.10スクリーン。
    クラブ創設20年目の記念する年に、初めて調布市での開催となりましたicon_maro02


    最初に2017シーズンの映像が上映されました。



    FC東京の大金 直樹・社長が挨拶し、2018シーズンのビジョンが発表されました。



    明日から調布市・府中市・三鷹市などFC東京のホームタウンを中心に、FC東京創設20周年記念街路灯フラッグが掲示されるそうです。



    2017シーズンで引退した私の大好きな石川 直宏(ナオ)さんが登場icon_maro04


    クラブとサポーターを繋げる「FC東京・クラブコミュニケーター」への就任が発表されましたicon_maro02






    □本人コメント(FC東京ホームページ
    『このたびクラブコミュニケーターとして、新たな立場でFC東京を強く、愛されるクラブにしていく役職に就きました。今まで自分がFC東京で積み重ね感じてきた伝統と新たな歴史を融合させ、首都クラブの誇りを持ってみんなが一つになって戦っていく姿を示していけるような存在、クラブを創っていきたいと思います。今後は、クラブの中で人と人をつなげていくことはもちろん、クラブとファン・サポーターのみなさま、ステークホルダーのみなさまをつなげていく役割を目指す新たなチャレンジをしていきますので、引き続き共に歩んでいただけると嬉しいです』



    同じく昨シーズン限りで引退した羽生 直剛さんがサプライズ登場icon_maro04
    FC東京強化部のスカウト担当に就任することが発表されましたicon_maro02


    石川クラブコミュニケーターと羽生スカウトの2ショットicon_maro08



    2018シーズン 新体制発表

    トップチーム新任スタッフ紹介


    抱負を語る長谷川 健太新監督 blue_rightゲキサカ

    優勝経験が豊富だけあって頼もしく感じました。
    お子さんがFC東京の下部組織にいたそうですicon_maro08


    新加入選手紹介・挨拶


    柏レイソルから期限付き移籍で加入したFWディエゴ・オリベイラ選手(背番号9番) blue_rightゲキサカ


    横浜Fマリノスから期限付き移籍で加入したFW富樫 敬真選手(17番) blue_rightゲキサカ


    中央大から加入のFW矢島 輝一選手=八王子市出身(23番) blue_rightサッカーキング


    FC東京U-18から昇格したFW原 大智選手=日野市出身(24番) blue_rightゲキサカ


    ヴィッセル神戸から完全移籍で加入したMF大森 晃太郎選手(39番) blue_rightサッカーキング


    FC東京U-18から昇格したMF品田 愛斗選手(44番) blue_rightゲキサカ



    フォトセッション





    会場のサポーターと一緒に写真撮影(写真:サッカーダイジェストWeb
    石川クラブコミュニケーターと羽生スカウトの間に写っていましたicon_maro08が私です)



    拍手の中、監督・コーチ・選手が退場。



    blue_right「2018年FC東京新体制発表会 in イオンシネマ シアタス調布」


    ロビーに新ユニフォームが飾られていました。




    「FC東京新体制発表会」の開会前に、長友貴樹・調布市長が挨拶をしました。


    昨年、長友市長がご夫婦で8年以上にわたり、FC東京の試合を味の素スタジアムの特別招待席で無料観戦していることが明らかになりました(blue_right2017.12.14ブログ「長友市長ご夫妻 FC東京戦 8年以上 無料観戦!?」)。

    FC東京の試合を観戦することも大事ですが、お金を払ってFC東京の運営を支援することも大切なことではないでしょうか。

    市長の収入は年に2,000万円を超えます(市長報酬1,788万5千円、東京都6市競艇事業組合理事+東京都11市競輪事業組合管理者+ふじみ衛生組合副管理者+東京たま広域資源循環組合管理者=年間230万4千円、総計2,018万9千円)。

    ご夫婦でタダ見をしないで有料で観戦し、ご夫妻の分は調布の子どもたちに回していただけたら、子どもたちも喜ぶのではないかと思うのですが・・・。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:29Comments(0)今日の出来事FC東京

    2018年01月11日

    カミさん 55歳誕生日会

    カミさんが55歳の誕生日を迎え、家族で誕生日会です。
    かんぱ〜いicon_wine






      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 22:00Comments(0)