たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2010年07月13日

波形てすり「クネット」



13時 調布駅を北口から南口に移動するため駅の階段を降りると、アンケート調査をしている人たちがいました。
何のアンケートか聞いてみると、駅の階段に付けた手すりについてのアンケートだと言うのです。京王電鉄の人かと思ったら、手すりをつくっている「クネット」という会社の人でした。自分たちが設置した手すりについて、自らアンケートを取っている姿勢は感心しました。

最近、波形てすりを設置するところが増えています。
市役所も今年3月、前庭広場の外階段に設置しました。

blue_right市役所に波形手すりを設置しました(市HP)

この波形てすりは「クネット」という会社が開発したものです。
従来の手すりに比べ、「杖」のように使える水平部と「取っ手」のように使える垂直部を連続させた波形の形状で,握った時の手首の角度が自然なため,握り込みやすく,滑りにくい手すりとなっているのが特徴です。

blue_rightクネット・ジャパン(wikipedia)
blue_right「クネット」の特色(クネットジャパンHP)
blue_rightクネット街頭アンケート(クネットジャパンHP)


blue_rightユニバーサルデザイン波形手すり「クネット」の紹介
blue_right手すりクネクネ時代「直線より安心」病院・学校にも(朝日)

しかし、一方で厳しい評価もあるようです。
私の知り合いの障害者の人もマイナス評価していました。
市内のある障害者団体の役員さんに聞いてみると、半身麻痺の障害がある人からは「下りの時、手のスライドがしにくいので、踏ん張りがきかない」といった不満や、視覚障害者からは「スライドがきかないので使いにくい」などの声があるようです。

新しいタイプの商品なので、真のユニバーサルデザインになっているかどうかしっかりと検証をし、必要なら改善していくことが大切だと思います。

ご意見のある方はぜひお聞かせください。
icon30osuga01@u01.gate01.com 大須賀まで。


調布駅の波形手すり



市役所前庭階段の波形手すり


  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事

    2010年07月13日

    日韓ワールドカップ・その1




    ワールドカップ南アフリカ大会は、「無敵艦隊」と言われながら優勝したことのなかったスペインが悲願を達成して幕を閉じました。
    日本代表については、ほとんどの人がグループリーグでの敗退を予想していたと思いますが、思わぬ大活躍にずいぶんとワールドカップを楽しむことができました。
    FC東京の長友選手はしっかりと相手を押さえ込み、今野選手も短時間ではありますが、出場を果たしました。

    日本代表の躍進に大興奮しながら、8年前の日韓ワールドカップを思い出しました。

    「日本で開催するのは生きているうちにはもうないかもしれない」との思いから、インターネットでチケットを取るのは超大変でしたが、グループリーグのドイツ対アイルランドと決勝トーナメント1回戦、デンマーク対イングランドの試合のチケットを何とかゲットして、観に行きました。


    ドイツ対アイルランド戦チケット


    ドイツ対アイルランド戦は6月5日にカシマサッカースタジアムで行われました。チケットが2枚しか取れなかったので、私と息子で行きました。

    この試合のことは一生忘れられません。初めて見るワールドカップのレベルの高さにマジで驚きました。

    両国の選手とも、パスが正確なことと、トラップが上手でピタリと足下に収まることはもちろんですが、特にスライディングタックルの見事さには度肝を抜かれました。きれいにボールに行っていてほとんど足に引っかかりません。
    なおかつ、イエローカードが0枚で、悪質なファールが全くなかったことにも感動しました。

    今までJリーグで見て来たものとは大きく異なる、芸術的とも思える素晴らしい試合内容、「美しいフットボール」を目の当たりにして、サッカーに対する価値観も変わったほどです。

    試合はクローゼとロビー・キーンのそれぞれのエースが得点し、1-1の引き分けでした。





    ゴールキーパーはオリバー・カーン










    決勝トーナメントの1回戦、デンマーク対イングランド戦は6月15日に新潟スタジアムで開催されました。チケットを徹夜につぐ徹夜で何とか4枚ゲットし、今度は家族全員で行ってきました。

    息子と娘が、模造紙を張り合わせてつくったイングランドの応援横断幕を持ちながら駅からスタジアムまで歩いていると、次から次にイングランドのサポーターが寄って来て二人に話しかけ、記念写真を撮っていました。英語ができない子どもたちは笑顔を返すだけでしたが、思わぬ国際交流となり、いい経験となったようでした。

    試合は、当時、日本全国でフィーバーを起こしたベッカムがいるイングランドがファーディナンド、オーウェン、ヘスキーの得点で、3-0で勝利しました。


    イングランドサポーターに大人気



    「Go Go ENGLAND!」と書いてあるんですよ



    スタジアムで







    ワールドカップは家族に取って忘れられない思い出となりました。
    何十年先でもいいから、日本の子どもたちのためにもう一度日本でワールドカップを開催してもらいたいと思っています。

    blue_right2002 FIFAワールドカップ(wikipedia)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 06:01Comments(0)その他