たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2010年09月12日

飛田給薬師尊例大祭




飛田給薬師尊例大祭が開かれました。

薬師奉賛会(大塚会長)の役員さんは朝から集合し、薬師堂境内の清掃・飾り付けなどを行ったあと、西光寺ご住職による法要が執り行われました。


18時からは、飛田給はやし連・子供囃子による演奏と、おかめ・ひょっとこ・獅子舞の踊りが行われました。

私は、地元の消防団第一分団員として警戒を担当。
19時から味の素スタジアムでFC東京vs浦和戦がありますが、地元の大切な行事のため残念face11


飛田給はやし連・子供囃子による演奏と踊り








薬師尊は、調布市の文化財の中で史跡指定第1号です。

お堂には江戸中期、松前意仙が自ら造った石造瑠璃光薬師如来立像が安置されています。

松前意仙は仙台藩士で、医道を業としたが、早くから仏門に志し、薬師に帰依していました。
故あって出家してからは、諸国を巡歴、飛田給に居を定めてからは、終日読経し、ときに行脚、托鉢に出たといわれています。

その間、この瑠璃光薬師如来立像を刻んでいます。像身は140㎝の正立像で、左手に薬壺を捧げ、右手は施無畏印を結び、慈悲に満ちた相好をしています。

松前意仙は、この石像を彫りあげて大願成就後、自ら墓穴を掘り、村人に「鉦の音のやんだときは、わが命の尽きた時である」といい残してその中に入り、端座叩鉦誦結三昧のすえ、元禄15年(1702)に入定されたといいます。

死後、村人によって手厚く葬られ、塚が築かれました。
行人塚と呼ばれ、現在も大切にされています。

現在の塚は昭和47年に改修されたもので、この工事の際、専門家によって発掘、調査が行われ、端座したまま倒れた意仙の遺骨の存在が確認されています。

翌年、土地の代表は、宮城県白石市の松前家の子孫を訪ね、仙台における意仙の存在について調査し、史実の確認にあたっています。

お堂は、薬師本尊開眼の貞享3(1686)年から三百年にあたる、昭和61年9月12日に意仙の遺徳を伝えるため、飛田給自治会薬師尊奉賛会が建てました。


19時30分からは奉納踊りが行われました。




ひろすけ’動画「飛田給薬師尊例大祭(2010)」作成中face16


ひろすけ’動画「飛田給薬師尊例大祭(2009)」
  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02Comments(0)飛田給の出来事

    2010年09月12日

    少年野球大会/公P連卓球/バレー大会/セプテンバーコンサート

    9時 調布市少年野球連盟(林貞夫会長)主管の第50回市民体育祭兼第35回少年野球選手権大会開会式が多摩川児童公園少年野球場で開かれ、来賓として挨拶をしました。




    この日も朝から猛暑のため、優勝旗・優勝杯返還、始球式などが省略されたので、私の挨拶も短めにしました。


         暑さを吹き飛ばす元気一杯の選手宣誓



         開会式に続き、熱戦が繰り広げられました



    毎年、少年野球連盟の子ども達は、赤い羽根共同募金をボランティアで手伝っています。

    小さい頃からボランティア活動に携わることは素晴らしいことです。
    指導者の方に頭が下がります。

    今年は、10月2日(土)午前9時から調布市内京王線9駅で実施します。
    元気に頑張っている子どもたちの姿を見たら、励ましの声をかけてあげてください。

    なお、毎日「ゲゲゲの女房」番組の最後に、調布の風景を写真で紹介していますが、昨年の募金の時の写真が、今週の18日(土)放送で紹介されるそうです。







    10時 調布市公立小中学校PTA卓球大会を観に布田小学校体育館へ。

    6月20日ひろすけ’ブログに書いた通り、P連の体育行事はバレーボール、卓球、バドミントン、小中別親善ソフトボールの5種目です。

    今日はそのうちの卓球大会。

    温泉ピンポン卓球のレベルだと思ったら大違い。

    多くの選手は、中学高校で卓球部だったに違いないするどいサーブとスマッシュを放っていました。




    残暑で暑い体育館の中は、中年選手の熱気で溢れていました。







    10時40分 総合体育館で行われていた調布市レディースバレーボール連盟(樋口亘子会長)主催の第43回調布市家庭婦人バレーボール大会に。

    15チームが参加。女性パワーが炸裂していました。


           レベルは高いのです


            見事なブロック


        黒酢パワードリンクをいただきましたface15







    11時40分 京王フローラルガーデン・アンジェで開かれていたセプテンバーコンサートJP 2010  in 調布に行きました。

    このコンサートは、2001年の同時多発テロをきっかけにニューヨークで始まりました。

    「9月11日を心に刻み、世界の平和を祈りながら、街中を音楽で満たそう」という趣旨のもと、世界14カ国で毎年9月に同時開催されています。
    日本では、昨年約70会場で500組を超えるアーティストが無償で参加。

    調布での開催は昨年に引き続き2回目。


     入園料がかかりますface11 でもパンフで100円引き



    開場に入ると公園内3ヶ所でコンサートをやっています。

    入口のスケジュール表を見ると、目的のミュージックデュオ「Belly Love」の演奏がすでに始まってるface08
    慌てて開場まで走りますicon10

    何とか1曲半だけ聞けました。




    自然の中のコンサートって いいですface05



    こちらは手話コーラス



    この日もむちゃくちゃ暑かったです。
    出演者のみなさん、聞いているだけでも暑いのにお疲れ様でした。


    せっかくアンジェに行ったので、花の写真を撮っている人をまねて1枚撮ってみました。

    もちろん何の花か知りません。





    <関連ブログ>

    その1(マダムポアン)        その2(街はぴ)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事