たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2010年09月25日

「ゲゲゲの女房」最終回

NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」は、今日がいよいよ最終回icon_bikkuri

14時から木島平村で調布市との姉妹都市盟約25周年を記念しての植樹祭に議長として参加するので、村にやってきました。

今夜宿泊するホテルシューネスベルクで番組を見ることに。




調布が舞台となり半年間放送してきた番組の最終回を木島平村で見るというのも、姉妹都市の因縁でしょうか。


12時45分 最終回が始まりました。
最近は、テーマ曲のいきものがかりの「ありがとう」を聞くだけでジーンときますface11




前日、布美枝さんのお父さんが亡くなったシーンで終わったので、最終回は調布ではなく、鳥取で終わってしまうのかな・・・。

2人が小さい頃初めて「べとべとさん」と出会った場所で、鬼太郎や悪魔くんに見守られながら、手をつないで歩いていくシーンで終わりました。




ラストシーンが調布でなかったのは残念ですが、内容を見て納得。

この半年間、「ゲゲゲの女房」のおかげで調布市が全国から注目されました。

私も「ゲゲゲの鬼太郎」を始め水木作品が好きだったこと、「水木さんを調布のまちづくりにもっと生かすべきだ」と市議会で一般質問してきたこと、十数年前に実際に水木さんに会いに行き話をしたこと、などがあったので、二十数年振りに朝ドラを見ました。

一日も欠かさずに見たのは今回が初めてです。


私は、このドラマが私たちが忘れかけていた大切なことを思い出させてくれたと思っています。

それは、あいさつとふれあいがある地域の温かさです。隣近所で暮らす人が助け合って生きて行くことの大切さです。


このようなすばらしいドラマを作っていただいた、水木しげるさんと布枝さんご夫妻、脚本を担当した山本むつみさん、「ゲゲゲの女房」放送に関わったすべての人に心から感謝します。

ありがとうicon_bikkuri

だんだんicon_bikkuri2
  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02Comments(0)水木しげる・ゲゲゲの鬼太郎&女房

    2010年09月25日

    「調布の森」植樹祭

    調布市が長野県木島平村姉妹都市交流の盟約を結んで、今年で25年になります。

    25周年を記念して、木島平村望郷にこにこファームの一角に、調布市が仮称「調布の森」を設置することになりました。
    その植樹祭に参加するために木島平村に向かいます。


    6:15 調布出発。調布インターから中央自動車道に乗ります。


    8:30 諏訪湖サービスエリアで休憩。

    ここは数年前から「恋人の聖地」になっているそうです。知ってました?



         シルバー専用駐車スペースが             スタバもあります 




      台風一過の影響で空気が澄んでいます





    8月7日の木島平村夏祭りの時と同じく、2回目の休憩は上信越自動車道の松代パーキングエリア

    おいしくて感激した「とろろめし」をもう一度。

    いろんな「とろろめし」セットが。
    おなかがすいていたので、とん汁と信州黒毛和牛コロッケがセットになった松代定食(650円)を注文。
    とん汁もかなりいけます!
    でも、コロッケは余計でした。とろろめしには合わないような・・・face11

    帰り際、お店の人に聞いてみると、「とろろ汁」単品(70円)もあることがわかりました。
    次回は、大盛り「とろろめし」にしようっと!

    ※松代PAの上りと下りで経営会社が違います。おいしいのは松代PA「下り」なので、お間違いなく。

            松代PA「下り」     立ち食いそばやさん風の「スナックコーナー」


     「とろろめし」とん汁とコロッケとのセット     「とろろ汁」単品






    10:40 木島平村到着





    植樹祭まで時間があるので、村の最高人気スポット馬曲(まぐせ)温泉望郷の湯に。




    ちょうど毎月第2・4土曜日限定の「野天風呂・男湯女湯入替えデー」だったので、普段は女湯になっている方に初めて入りましたface02
    ポスターやインターネットの写真に使われているのはこちらです。
    広さは男湯の1.5倍ほどありそう。
    眺めもこちらの方がいいみたい。


                      (馬曲温泉HPより)


            抜群の眺め             温泉の後は定番の牛乳





    お昼ご飯は、前回と同じく「わたなべ」。
    3回目にしてやっと念願の「さしみ定食」が食べれましたface02
    1年がかりで食べた味は、まいう~face05







    12:40 今晩お世話になるホテル・シューネスベルクへ。




    NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」は、今日がいよいよ最終回icon_bikkuri

    調布が舞台となっている番組の最終回を木島平村で見るというのも、姉妹都市の因縁でしょうかface02







    14:00 木島平村望郷にこにこファームで(仮称)調布の森植樹祭が始まりました。

    調布市からは市議21人、市役所職員部課長会35人、調布市文化協会の高岡会長など約70人が、木島平村からは芳川村長、湯本議長さんほか約90人が参加。

    木島平小学校みどりの少年団に手伝ってもらいながら6,000平方メートルの敷地にサトウカエデの苗を250本植樹しました。

    植樹後は、調布市青少年吹奏楽団と木島平村の誇る鬼島太鼓によるコンサートがありました。

    晴天のもと、大自然の中での演奏はとっても感動的でしたface05


    オープニングは調布市青少年吹奏楽団ファンファーレ  調布市議会を代表して挨拶


    木島平小学校・みどりの少年団に手伝ってもらいサトウカエデを植えました


    「調布の森」改め「返景の杜」に植えたサトウカエデは250本。すくすくと育ってほしいと思います。


         調布市青少年吹奏楽団の演奏。大自然の中、とっても素敵でしたface05


             3度目の日本一になった鬼島太鼓の演奏。迫力満点icon_bikkuri


              何と「鬼島太鼓」と共演face08  夢のような気分ですface02


           市議全員が太鼓経験         鬼島太鼓ガールズと記念写真face05


     
      にこにこファームからパノラマランド方向    パノラマランドから木島平村の風景





    16:00 「返景の杜」植樹祭懇親会パノラマランド木島平で始まりました。

           芳川・木島平村長挨拶         今後の交流の充実に期待




    植樹祭が無事終了しました。
    調布市の主催の事業でしたが、木島平村からも芳川村長、湯本議長さんを始めたくさんの方にご参加いただきました。
    心から御礼申し上げます。

    議長挨拶でも述べましたが、「調布の森」は生まれたばかりです。
    木島平のみなさんの温かい愛情ですくすくと育ち、やがては周りの木島平の森と一体になった大きな森に成長することを願っています。

    また、森の成長に負けずに、行政・議会・市民・子ども達などを中心に市と村の交流がますます活発になるよう、議会としてもしっかり応援していきたいと思っています。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)木島平村