たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2011年03月25日

味の素スタジアム避難所 3/25

14時 味の素スタジアム避難所。

(左)深大寺温泉「ゆかり」の送迎バスが待っていました。
(右)庄や飛田給店店長代理の堀場昭彦さんが「500円」の食事券を持って来てくれました。
先日、飛田給自治会の板橋会長さんらが昼食を食べた時、避難者の方用に割引券を出してもらえないか交渉しました。庄や飛田給店を経営する有限会社ケンユーの丹野博社長さんが福島市出身ということもあって今回の食事券となりました。たくさんの方に利用してもらいたいと思います。


学習コーナーが設置されました。26日10時にガチャピンがやって来ます。


ロビーに雑誌のラックと本のコーナーができました。


教科書も置いてありました。石原小と調布中で使われていたものです。


アミノバイタルフィールドが開放されていました。





避難所の子どもたちに調布中学校の生徒が読み聞かせをした記事が朝日新聞に掲載されました(5/26朝日新聞多摩版)。


この日の炊出しは、市内でモツ焼き店「い志井」等を経営する石井宏治社長が担当。
石井社長が調布中学校で同級生だった調布中3年生の学年主任・西牧たかね先生に声をかけました。
そして、調布中の生徒による「読み聞かせ」が行われたわけです。

中学生が自分たちができることを考え工夫して様々なボランティア活動行っています。
いいぞ、中学生icon_bikkuri

blue_right掲載記事「元気届ける紙芝居」(asahi.com)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02Comments(0)東日本大震災・味スタ避難所

    2011年03月25日

    飛田給小学校卒業式/FC東京今野選手義援金募金

    9時40分 飛田給小学校卒業式の控室で。
    ○○○三兄弟(左から、井上校長、私、板橋・飛田給自治会長)



    10時 飛田給小学校第36回卒業証書授与式が始まりました。

    (左)卒業生一人ひとりが「将来の夢」を語ってから、卒業証書を受け取ります。
    中学校での部活や勉強のこと、将来なりたい職業等です。
    卒業証書番号は2305〜2386。


    井上校長式辞


    お祝いのことば。細江・調布市教育委員会教育部施設担当課長(左)と鈴木PTA会長


    送ることばと門出のことば


    卒業生と5年生の最後の合唱


    式場を後にします。


    各クラスから卒業生へのメッセージ


    (右)担任の先生を先頭に卒業生が出てきました。


    卒業おめでとうございます。(右)クラス写真に気合いを入れるお父さんお母さん。






    15時 市職員の異動の内示について説明がありました。





    17時40分 調布駅南口に長蛇の列が。
    FC東京の今野選手ら数選手が東北関東大震災の災害義援金の募金を行っていました。




    調布第五中学校のボランティア部を中心とした3年生の有志生徒も頑張っていましたface02
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事東日本大震災・味スタ避難所