たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2011年04月29日

これからの災害支援

14時20分 調布青年会議所の仲間だった荘司信芳さんの事務所「正司産業」を訪ねました。

実は、荘司さんの母校千葉大学の先輩、青山徹さんが石巻市の飼料会社、協同飼料株式会社石巻工場で工場長を務めています。
その青山さんは何と調布市民。
5年前から単身で現地に赴き、今回の被災となりました。

従業員の命は助かったものの工場は壊滅状態。
災害発生以来再建のために休まず働いて来ましたが、連休に調布に帰ってくると聞いて荘司さんにアポイントをお願いし、5月3日に会うことになりました。


打ち合わせが終わると、荘司さんが、ひとつのアイスクリームを持って来ました。
秋田を代表するお米「あきたこまち」を素材としたバニラ味のアイス、こまちアイスです。



荘司さんの大学時代の同級生の伊藤さんが、このこまちアイスを作っている秋田市(旧秋田県雄和町)の第三セクター、雄和振興公社に務めています。
今回の震災で地震の被害はほとんど受けなかったものの、被災地の影響で販売面での二次被害を受けているとのこと。
そこで、荘司さんが商品を送ってもらったそうです。

食べてみると、とっても濃厚な味。
ハーゲンダッツに負けていません。

荘司さんは、取り寄せて、5月1日に國領神社で開催される「国領千年の藤まつり」の会場で販売してみるそうです。

いろいろな支援がありますね。







17時 3月19日に石巻市へ救援物資を届けた横山泰治さんと水田征吾さん(3/20ブログ「横山レポート(その1)」3/20ブログ「横山レポート(その2)」)、サポートした小林孝さんとこれからの災害支援について話し合いました。

4人の結論は、
①広域支援ではなく、特定の自治体へ支援した方が直接相手と話し合いながらできるので、効果的で、やりやすく、わかりやすい。
②特定の自治体の候補は、石巻市。

その理由は、
(1)被災地の中でも最も被害が大きい。
(2)すでに第1弾として横山泰治さんと水田征吾さんが、第2弾として板橋榮次さんと私が(3/27ブログ3/28ブログ3/29ブログ)、第3弾として調布青年会議所が(青年会議所理事長ブログ4/4)救援物資を届けていること。
(3)その結果、市役所職員と人脈ができていること。

さらに私の個人的な理由として
(4)石巻市は石ノ森章太郎さんの作品(サイボーグ009、仮面ライダーなど)でマンガの町おこしをやっている。ゲゲゲの鬼太郎の調布と同じなので、調布のぬくもりステーションで石ノ森萬画館グッズの代理販売など独自の支援が考えられる。
(6)確認してみると、「市報ちょうふ」の紙が、石巻市の日本製紙石巻工場から来ていたこと。
(7)協同飼料株式会社石巻工場の青山工場長が調布市民なのも偶然とは思えない。
(8)昨年は市議会総務委員会で(2010.10/13ブログ)、一昨年は会派で視察で訪れていて、今回の被災が他人事とは思えない。
(9)小さい頃サイボーグ003(フランソワーズ・アルヌール)が大好きだったので、003のためにも何とかしたいこと(結構、本気です)。
などです。


「調布=石巻プロジェクト」(現「調布から! 復興支援プロジェクト」)の実施の検討が始まりました。

具体的な支援活動に結びつくかどうか、まだ皆目見当もつきませんが、何か出きることがあれば積極的に取り組んで行きたいと思っています。
まずは、横山さんが今まで石巻市の窓口になっていた門間総務課長さんに、必要性と可能性を確認することになりました。


がんばろう 日本 icon_bikkuri
がんばろう 石巻 icon_bikkuri2  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:02Comments(0)東日本大震災・味スタ避難所

    2011年04月29日

    消防団規律訓練/こいのぼりまつり

    5時 社団法人実践倫理宏正会調布支部(田中和子支部長)創立65周年記念朝起き会に出席。





    8時30分 調布市消防団(清水孝夫団長)規律訓練・機関員運用訓練が消防大学校校庭で行われました。

    ①新入団員と2年目の団員、②3年目以降の団員、③部長・班長、④分団長・副分団長、⑤機関員の5班に分かれて訓練をしました。

    ①班は、服装点検、基本の姿勢、整列休め、敬礼要領、整列要領、横隊、縦隊、まわれ右、停止間など
    ②班は、敬礼要領、整列要領、まわれ右要領、横隊、縦隊要領など
    ③班は、整列要領、指示命令など
    ④班は、物品授受、指示命令など
    ⑤班は、15箇分団を4グループに分け、<学科>法令上の特性、ポンプ構造の基礎知識、ポンプ運用時注意事項、<実技>水利部署及びポンプ運用要領、送水要領、安全管理要領、応用訓練(ダブル吸水要領)など

    私は第1分団の副分団長なので、④班に参加。
    整列のさせ方、指揮の取り方、物品授受要領などを学んだあと、5月14日に実施される調布市総合水防訓練の打合せをしました。

    (左)物品授受の訓練をする正副分団長/(右)規律訓練中の①〜③班


    ポンプ運用要領訓練中の機関員



    動画レポート「消防団規律訓練・機関員訓練(2010)」







    12時 第1分団機械器具置き場(詰所)に戻って、ポンプ車と積載器具・備品の点検をしました。









    13時20分 国領小学校校庭で開かれた健全育成推進国領地区委員会主催の第16回こいのぼりまつりに行ってきました。



    「東日本大震災の被災者を顧慮するものの、このような時期だからこそ、子どもたちや地域の方々にリラックスしてもらうことが必要だと判断して開催した」そうですicon01

    「自粛」のしすぎは、もうやめましょう。
    今回の被災の規模は莫大です。
    復興のためには、長い年月と労力と資金が必要です。
    「自粛」の名の下に経済活動が低迷していては、肝心の復興のためのお金を作ることができません。
    余裕がなければ労力を提供することもできません。

    これから、夏まつりや盆踊りのシーズンを迎えます。
    被災地の人たちのためにも中止にしないで下さい。
    会場で義援金を集めたり、被災地の物産を販売したりすることが支援となり、確実に災害復興につながっていくと、私は確信しています。



    地域の人に寄付してもらった約100匹のこいのぼりは元気いっぱいに校庭を泳いでいました。



    また、卒業年度毎のオリジナルこいのぼりが展示されていて、そこには子どもたちの将来の夢が書かれていました。
    人生の大海原を思う存分泳いでもらいたいと思いますicon01




    動画レポート「こいのぼりまつりin国領小(2010)」
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事