たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2017年03月10日

調布映画祭2017

3月5日から12日まで文化会館たづくりで開かれている第28回調布映画祭2017の展示部門に行ってみました。

たづくりエントランスではDEATH NOTEリュークが降臨中face08




文化会館たづくり1階展示室で開催されてる「ぼくたちのトクサツ!」展へ。





ガメラ・ピグモンと記念撮影face02


「映画のまち」のミニュチュア屋さんマーブリング・ファインアーツ(国領町)製作の「調布駅北口周辺」


怪獣の中で最も好きなギャオスface05




たづくり2階南ギャラリーでは調布映画祭2017展を開催。
撮影で使用する小道具や機材、資料を展示していました。


花の応援団・青田赤道の学ランとface02




北ギャラリーで開催されていた「市立図書館会館50周年記念・映画の図書展」
映画のポスター、台本、スチール写真等が展示されていました。

  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)

    2017年03月10日

    「ぼくたちのトクサツ!」

    3月12日(日)まで、「仮面ライダークウガ」などのプロデューサーである髙寺成紀氏プロデュースによる、特撮の展示イベント「ぼくたちのトクサツ!」が開催されています。




    開催日時・場所
    平成29年3月5日(日)から12日(日)まで
    午前10時から午後8時まで(土曜日、日曜日は午後7時まで)
    調布市文化会館たづくり(都調布市小島町2丁目33−1)1階 展示室


    展示内容
    半世紀以上に渡り日本特撮がどんな状況と共に歩んできたのかを、「キャラクターもの」という視点から紹介。さらに、明日の「トクサツ」の姿も考えていきます。

    約50坪の展示スペースには、円谷プロ・東映・東宝・大映などの人気キャラクターたちが大集合。「ウルトラマンシリーズ」に登場した怪獣たちがミニチュアビル街で対決する様子や、「仮面ライダー」の敵であるショッカー怪人の造型デザイン画、約15年ぶりに公開される「平成ガメラシリーズ」の撮影用小道具などが展示されます。

    「ウルトラマンシリーズ」に登場した怪獣たちがミニチュアビル街で対決
    生誕100周年となる造型作家、高山良策さんをリスペクト
    調布の街並を地元のミニチュアメーカー、マーブリング・ファインアーツが再現
    「仮面ライダー」の敵・ショッカー怪人の造型デザイン画 多数展示
    80年代の特撮を元気にした宇宙刑事の展示
    「平成ガメラシリーズ」の撮影用小道具を約15年ぶりに大公開
    白組によって制作されたCG映像のメイキング上映
    「映画のまち調布」の応援キャラクター・ガチョラ大紹介 他

    その他
    ガメラTシャツ・クウガTシャツ・クウガBDBOX・イベント限定「魔神クッキー」などを販売


    髙寺プロデューサーからのコメント
    日本の特撮ファンも今や3世代になろうとしていますが、実は、この半世紀での特撮の歴史は、意外と激しく移り変わってきています。初期には撮影技術を指していた「特撮」という言葉も、今では非常に広い意味で使われるようになりました。巨大ヒーローもの・等身大ヒーローもの・SF・ファンタジーもの・子ども番組・CG映画・ジャンルムービーなどなど。さまざまな言葉で表現されるトクサツ的作品群ですが、今回はその中から時代を切り拓いてきたキャラクターに注目しながら、「トクサツ」をご紹介していければと思っています。


    blue_right髙寺成紀プロデュース「ぼくたちのトクサツ!」(調布市ホームページ)より
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 07:34Comments(0)今日の出来事