たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2018年08月25日

柴崎駅列車接近メロディー「今日の日はさようなら」

京王線柴崎駅(調布市菊野台2丁目)の列車接近メロディーが、始発から「今日の日はさようなら」に変わりました。




「今日の日はさようなら」の作詞・作曲者の金子詔一さんは、1961年に警視庁少年課の職員だった大野重男さんとともに、ボランティアグループ「ハーモニィサークル」(現:公益財団法人ハーモニィセンター)を立ち上げます。
柴崎にあった大野さんの自宅やつつじヶ丘児童館などを中心に、子供会活動や若者たちと夢を語りあう仲間づくりや、作詞作曲活動に取り組んでいました。

サークルの運営をしていた金子さんが、若者たちの友情を深める目的でオリジナルソングとして1966年に作詞・作曲したのが「今日の日はさようなら」です。


こうした経緯から、柴崎駅周辺にゆかりのある「今日の日はさようなら」を列車接近メロディーとして導入することになりました。

1966年8月25日に歌手森山良子さんの楽曲としてリリースされたことから導入日を8月25日としました。


メロディーは、桐朋学園大学音楽学部(調布市若葉町)の先生と生徒が演奏したものを使用。
1番線(下り八王子方面)は末尾の部分、2番線(上り新宿方面)は冒頭の部分を使用します。


列車接近メロディーは、ホーム上で列車が近づいていることを知らせる音楽で、列車が接近すると、列車到着時の案内放送の前段に5秒程度のメロディーが流れます。

(下表:京王電鉄ホームページ)



列車接近メロディーは、京王線・井の頭線では10駅で導入されています。
現在、調布市内の駅は、調布駅(NHKドラマ『ゲゲゲの女房』主題歌「ありがとう」)、つつじヶ丘駅(「思い出のアルバム」)、仙川駅(「おもちゃの兵隊のマーチ」)の3駅です。

(下表:京王電鉄ホームページ/一部修正)




柴崎駅 新接近メロディ「今日の日はさようなら」(YouTube)



『今日の日はさようなら 森山良子 1967』(YouTube)




<参照>
・京王線柴崎駅の列車接近メロディーが 「今日の日はさようなら」に変わります!(京王電鉄)

・Wikipedia「今日の日はさようなら」

・「今日の日はさようなら」誕生の地・調布に歌碑を-市民有志が建立計画(調布経済新聞)

・the froggies site|フロッギーズ|今日の日はさようなら|金子詔一

・公益財団法人ハーモニィセンター ホームページ  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 12:00Comments(0)今日の出来事

    2018年08月25日

    車橋 開通式

    平成28年から整備を進めてきた車橋(調布市国領町3丁目)が、仮設橋梁から本設橋梁に歩行者・自転車の通行を切り替えることになり、実行委員会による「開通式」が開催されました。







    10時 ZEST BRASSによるオープニング演奏

    ZEST BRASSは、2012年に東京都を活動拠点とする若手プレイヤーによって結成され、地域からの依頼演奏など数多くこなし精力的に活動している吹奏楽団です。



    テープカット




    山口隼平・実行委員長挨拶



    通行可能となったので、渡ってみましたicon_maro02



    特別企画第1弾は、車橋の両岸である「国領チーム」と「菊野台チーム」による『綱引き対決』です。
    審判長を務めるのは調布出身の元大相撲幕内力士の直江俊司さん。


    国領チームの磯邉応援団長と菊野台チームの佐保田応援団長



    1試合目は子どもたち。


    国領チームの勝ちicon_bikkuri

    2試合目は大人。

    菊野台チームの勝ちicon_bikkuri

    3試合目の決勝戦は子ども・大人合同。

    2勝1敗で菊野台チームの優勝icon_bikkuri2


    車橋の様子



    工期:平成28年6月23日〜平成30年10月末の予定
    予算:約5億7,800万円
    ※工期・予算とも、9月に開催される市議会定例会で決定。


    車橋の下流側に設置された仮設歩道橋は本日から通行止となり、近日中に撤去されます。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 11:00Comments(0)