たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2018年10月13日

スタス・レビュー 秋のおどり/樽ホッピー@浅草ホッピー通り

娘が前回(2018.7.21ブログ)に続いて、「STAS Revue(スタス・レビュー)2018 inゆめまち 秋のおどり」にキャストとして出演しました。




STASは、SKD(松竹歌劇団)出身の4人、千羽ちどり・高城美輝・明石薫・銀ひ乃でさんが中心となり、「東京レビューの灯りを消すな」を合言葉に4人の頭文字(Senba,Takajyo,Akashi,Shirogane)を取りSTAS 【スタス】と命名し、現在も浅草を中心に活動を続けています。


会場は浅草六区通りにある「ゆめまち劇場」。


18時 公演が始まりましたが、公演中の撮影はNGicon_maro06

(娘提供のオフィシャル写真)


公演が無事終わりましたicon_maro02



夕食は、「手打ちそば 十和田」で、生ビール・おつまみ3点セット・もりそばとミニ海老天丼セット・特別純米酒「縄文明水」(青森県七戸町・盛田庄兵衛)をいただきましたicon_maro08




食後、浅草を散策。

前回は東側の伝法院通りで、『白浪五人男』の像と出会いましましたが(2018.7.21ブログ)、今回は西側の伝法院通りで鼠小僧次郎吉の像に会いましたicon_maro02



今回も締めは「ホッピー通り」で。


前回のお店は「大衆酒場 岡本」でしたが、今回はお隣の「居酒屋 鈴芳」(すずよし)さんに。


ホッピー通りで唯一「樽ホッピー」を飲むことができます。さっそく「樽ホッピー(白)」を注文。


2杯目の「樽ホッピー(ハーフ&ハーフ)」で女将さんとかんぱ〜いicon37


言わずもがなですが、ホッピーは調布で作っているので、私は「ホッピーは調布のソウルドリンク」だと思っています。


女将さんに「ホッピーのふるさと調布から来た市議会議員」と自己紹介したら、女将さんがホッピーの社長に伝えて欲しいとのことが。
「最近、何回か値上げがりしたので、ビールとあまり変わらない値段になっちゃった。あまり値上げしないでね」とのことです。

確かに、瓶ホッピー(白)500円、瓶ビール550円と、“庶民の味方”ホッピーとビールの値段があまり変わりません。
鈴芳さんが昭和49年に創業した時は、160円だったそうですicon_maro04


ホッピービバレッジの社長さんにお会いしたことがないので、直接お伝えできませんが、取り合えず、ホッピーの関係者の皆さんにブログでお伝えします。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:00Comments(0)今日の出来事