たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2019年01月13日

調布市消防団出初式

8時 市内15カ所の消防団機械器具置場(詰所)で、消防招集信号のサイレンが1分間鳴らされました。

(写真:第1分団機械器具置場と消防ポンプ車)


ポンプ車はパレードのスタート地点に出発。



8時45分から消防ポンプ車によるパレードを行いました(下図:市報ちょうふ平成31年新春号)。



9時30分 出初式会場の多摩川河川敷に到着。


4Lサイズが4名集まった「4L4」ですface02


天気予報は晴れですが、まだ曇りです。



10時 調布市消防団出初式が始まりました。

位置に着く標員。担当は第9分団。


消防団15個分団の機械部隊(消防ポンプ車隊)による分列行進が始まりました。


第1分団消防ポンプ車。指揮:村山分団長、機関員:田邊団員、旗手:宮澤団員。


第7分団・15分団ポンプ車。



倉田副団長指揮により徒列部隊の入場。



機械部隊も合流し、分団ごとに二列横隊で整列。



開式の辞。小津副団長。



国旗掲揚



団旗入場



人員及び機械の報告。永易団長。



人員及びに機械の検閲



消防団長訓示。永易団長。



晴れましたicon_maro02



感謝状及び表彰状等の伝達授与

調布市消防団が東京消防庁消防総監優良表彰を受領しました。



勤続10年以上の平成29年度退団者(8名)を代表して、前第10分団長の小川さんが感謝状と記念品を受領しました。


東京都消防褒章を受領する第8分団・三上分団長。


三多摩消防団連絡協議会・優良表彰を受領する第8分団。


功労分団表彰(第9・14・15分団)を代表して受領する第15分団。


優良分団表彰(第10・11・14分団)を代表して受領する第14分団。


特別功労章3名を代表して受領する第11分団・小林分団長。


功労賞(15名)を代表して受領する第7分団・杉﨑部長。


功績賞(18名)を代表して受領する第4分団・小川分団長。


優良賞(28名)を代表して受領する第12分団・平子班長。


技能章(12名)を代表して受領する第14分団・杉本分団長。


20年勤続章を受領する第8分団・三上分団長。


15年勤続章(7名)を代表して受領する第2分団・髙橋分団長。


10年勤続章(9名)を代表して受領する第12分団・内田副分団長。


精勤賞(18年2名、15年7名、12年8名、9年26名、6年11名、3年25名) を代表して徽章を受領する第1分団・野口副分団長。


第八消防方面本部長賞を受領する第15分団・加藤団員。


調布消防署長賞・功労表彰(14名)を代表して受領する第1分団・村山分団長。


調布消防署長賞・優良分団表彰(第9・13・15分団)を代表して受領する第13分団。



睦消防組による梯子乗りの演技。
睦消防組は北多摩地区の鳶職により昭和27年に結成され、現在約150人が加入している伝統ある組織です。
本日の演技は北多摩睦消防組第2区6番組(渡邉組頭)。

半鐘を合図に纏を先頭に入場。



竹ばしごの高さは7micon_maro04


演技の解説は、渡邉・元調布市消防団第6分団長。





3人目は第5分団の小川団員。




見事な演技に拍手icon23icon23



部隊操練
今年から各分団から2名づつと右翼きょう導・左翼きょう導2名の計32名。右翼きょうどうは第1分団の村山分団長。指揮者は熊澤副団長。
「右向け右」「回れ右」「前へ進め」などの号令に合わせて行進します。






今年は、消防ポンプ車基本操法(手びろめ操法)の代わりに調布市消防少年団による鼓笛演奏




消防演技の最後は、一斉放水
指揮者は小津副団長。




音楽演奏は調布市青少年吹奏楽団。寒くて手がかじかむ中、素敵な演奏をありがとうございましたicon_maro02




熊澤副団長による閉式の辞



分団員の皆さん、前日の予行を含め大変お疲れさまでした。
多くの分団が、午後から地域廻りや新年会があり、「一年で一番長い日」になるかと思いますが、頑張ってください
icon_maro02


Osuga-YouTubeアーカイブ「調布市消防団出初式(2010)①」


Osuga-YouTubeアーカイブ「調布市消防団出初式(2010)②」




17時 第1分団新年会「てぃーだかんかん」(飛田給1丁目)で開かれました。
  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 21:00Comments(0)今日の出来事消防団