たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2019年06月15日

J1リーグ第15節 FC東京vs.神戸

J1リーグ第15節 FC東京vs.神戸戦が味の素スタジアムで開催されました。

来場客が多く雨のせいか、ホーム自由席で空いている席がなかなか見つかりませんicon10
ぐるっと回ってようやく空いていた席は、神戸側の2階席icon_maro03



円陣。



19時3分 キックオフ。



前半14分 ディエゴ・オリヴェイラがドリブルで前に運び、矢島にパス⇒矢島はペナルティエリア中央にパス⇒走り込んだ室屋が右足でシュート⇒枠の左に外れるicon_maro04



前半26分 ペナルティエリア手前中央での混戦からJ1リーグ戦初スタメンの矢島がシュート⇒GKの好セーブに阻まれるicon_maro03




2019ラグビーワールドカップ と2020オリンピック・パラリンピックの会場となる味スタに電光掲示板が新設されましたicon_maro02



後半キックオフ。



後半4分 神戸・イニエスタがゴール。


後半8分 GKのパスミスを矢島がカット⇒ペナルティエリア手前の中央から右足でシュート⇒GKの足にはじかれるicon_maro06




来場者は38,506人で、今シーズン最多。




後半37分 8高萩OUT→36安部IN。 安部はJ1デビューですicon_maro02



後半38分 小川が倒されて左サイドの敵陣中央でFKを獲得。
後半39分 キッカーの小川がゴール前にクロス⇒ニアサイドに走り込んだ橋本が頭で合わせて流し気味のシュート⇒右のポストをたたいてゴールならずicon_maro06




後半40分 ディエゴ・オリヴェイラが中央に折り返すのパス⇒後方から走り込んだ安部が合わせてシュート⇒DFがブロックicon_maro06




その後は見せ場がなく試合終了で、0-1で敗戦icon_maro06

FC東京は今季2敗目を喫し、ここまで全勝を記録していたホームで初敗北。

2位川崎との勝点差は5。

(順位表:FC東京ホームページ



それにしても、イニエスタは凄かったicon_maro04

  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 21:00Comments(0)今日の出来事FC東京

    2019年06月15日

    FC東京・久保建英選手 レアル・マドリードへ完全移籍

    FC東京のホームページで、久保建英選手のレアル・マドリードへの完全移籍が発表されました。

    ・【ファン・サポーターのみなさまへ】久保建英選手の移籍について
    ・【追記】久保建英選手 レアル・マドリードへ完全移籍のお知らせ





    □久保建英選手 コメント
    「FC東京のファン・サポーターのみなさま、この度、レアル・マドリードに移籍することになりました。チームが首位をキープしている中、シーズンの途中でチームを離れることは難しい決断でした。ただ、自分で決めた以上は悔いの無いよう、責任を持ってしっかりサッカーと向き合いたいと思います。日本に帰ってきてから今まで、色々なことがありましたが、自分を成長させてくれたFC東京に関わるみなさんには、感謝の言葉しかありません。 本当にありがとうございました。これから先は何が起こるかわりませんし、不安も少なからずありますが、FC東京で培ってきたもの、そして歩んできた日々が、自分の自信となり背中を押してくれると信じています。これからは、FC東京の久保建英ではなくなりますが、一人のサッカー選手として、温かく見守っていただけると嬉しいです」

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:00Comments(0)今日の出来事FC東京

    2019年06月15日

    自治会費・赤十字募金 受付

    10時から飛田給自治会の自治会費と日本赤十字の募金を青少年交流館で受け付けました。

    10時30分 自治会の書記としてのお手伝いですが、飛田給小学校で「ゆずりは祭り」(2019.6.15-1ブログ)があったため遅れて参加。

    班長さんが集めた自治会費と募金を持って来て下さいます。
    ご苦労様ですicon_maro02



      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 12:00Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2019年06月15日

    飛田給小学校 ゆずりは祭り

    8時50分 飛田給小学校体育館でゆずりは祭りが始まりました。

    ゆずりは祭りは子どもたちが飛小の誕生日をお祝いし、親やお世話になっている地域の人たちなどに感謝するお祭りです。

    飛小は昭和50年(1975年)に第三小学校から独立して開校しました。
    校章は、ゆずり葉を基にデザインされました


    春、枝先に若葉が出たあと、前年の葉がそれに譲るように落葉するのが、ゆずり葉の特色。
    飛小では、他の人の気持ちを察することのできる心を「ゆずりの心」とし、大切にしています。
    校歌にも「ゆずり葉の よき校風を 伝え合い 世に拡げつつ」と詠われています。


    セレモニー第1部飛田給はやし連の演奏と舞からスタート。
    獅子、おかめ、ひょっとこの登場に子どもたちは大喜びicon_maro02




    記念品贈呈。
    お祝いとして、PTAから「どら焼き」、健全育成推進飛田給地区委員会から「ラムネ」が子どもたちにプレゼントされました。



    校歌斉唱。4月に入学した1年生はちゃんと歌えているでしょうかicon_maro07




    セレモニー第2部はゆずりは祭り集会

    飛小にちなんだ「飛小◯×クイズ」。


    じゃんけん列車。



    「感謝の言葉」
    各学年の代表委員が、お父さん・お母さん、地域の人、先生などに感謝の言葉を述べました。



    最後は、飛小オリジナル「ゆずりは音頭」を全員で踊りました。




    ゆずりは祭りは、時とともに変化をしてきました。

    かつては、クラスごとに毎年新しいお神輿を作っていました。
    パレードコースは、飛田給駅の北側まで飛田給1丁目・2丁目・3丁目の町内を周り、地域の人たちも楽しみにしていました。

    学校週5日制導入による授業時数の減と警察の警備の関係で、十数年前から飛田給3丁目のみのコースに変わり、3年前から学校外周に変更。

    一昨年からは校庭1周となり、神輿を披露し、6年生から5年生に引き継ぎ式を行っていました。



    変化にはそれなりに理由があるのでしょうが、規模が縮小されることに一抹の寂しさを感じます。

    blue_right2015.6.20ブログ2018.6.16ブログ  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 10:30Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事