たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2019年06月01日

J1リーグ第14節 FC東京vs.大分

J1リーグ第14節 FC東京vs.大分戦を観に味の素スタジアムへ。

ビールが美味しい季節になりましたicon_maro02


円陣



14時3分キックオフ。



前半30分 久保からパスを受けた室屋がクロスを上げる⇒ゴール前で橋本が合わせてヘディングシュート⇒Goalicon_bikkuri







前半39分 久保が左サイドでボールを奪い、ドリブルで駆け上がる⇒DFの股下を狙って左足で鋭いシュート⇒Goalicon_bikkuri2









ハーフタイム

久保を狙うカメラの数が半端ないicon_maro04



後半開始。



後半8分 久保が鋭い切り返しで大分MFを置き去りにして中央に絶妙なクロス⇒永井のヒールシュートは空振り⇒髙萩が足に当てるも決定期を逃すicon_maro06





スタジアムを飛んでいるキアゲハ蝶icon_maro05



来場者数は25,175人。




アディショナルタイムは5分。



後半46分 久保がプレスをかけ、GKへのパスミスを誘発⇒ファーストタッチでGKをかわし、左足でシュート⇒グラウンダーのボールは無人のゴールに吸い込まれGoalicon_bikkuri2 2得点!





試合終了。
ホイッスルが鳴った途端、久保は小さくガッツポーズicon_maro08


日本代表に招集されたDF室屋、MF橋本、MF久保(試合後、FW永井が日本代表に追加招集)らが活躍して、3-1で勝利し、1位をキープicon_maro02



ヒーローインタビューは、もちろん久保icon_maro08



サポーターと選手で「You’ll never walk alone」を合唱icon37




久保のシャーicon09



橋本のシャーicon09


「室屋icon_bikkuri日本icon_bikkuri2」コールに応える室屋。



日本代表に初選出され、6月4日に18歳の誕生日を迎える久保建英。
「夏にも海外に移籍」との報道がありますが、できれば今年のJ1リーグ初優勝を成し遂げてから移籍してもらいたいと思います。




【選手・監督コメント】(FC東京ホームページ)

《室屋成選手》
「先制点をアシストしたシーンは、ゴール前のスペースというか、空間にボールを送り込んだ。味方の誰かが走り込むと信じていた」

(久保選手からバックパスが来たときにはすでにそのイメージを持っていたか)
「この場面以外にも二人で何度かいい崩しができていた。高い位置でうまく時間を作り、フリーでクロスボールを上げることができ、大事な先制点を挙げることができてよかった」

(前節はあまりいい試合ができなかった中で、今日は自分たちのサッカーで勝利を収めた)
「いつか負けるときもくると思っていたし、次のこの試合が非常に大切だと思っていた。勝点3を獲ることができたことが良かった」

(今まで負けていなかったチームが最初に負けた後の試合、難しさもあるなか、難敵大分との対戦だった)
「基本的には自分たちのスタイルを崩さないことを考えていた。相手はつないでくるチームだったが、自分たちがそれを奪うような形で前からプレッシャーをかけていこうと話していた。今日は自分たちのスタイルを貫くことで勝点3を獲れた。やはり今日みたいなサッカーを続けていかなければいけないなと感じたし、自分たちのストロングポイントで勝てたのでそこは自信になった」

(久保選手は守備でもいい感覚を持っているように見えるが後ろから見ていてどうか)
「自分としてはできるだけ前でプレーしてほしいし、ふたりで話しながらプレーをしている。久保選手の判断を尊重しながら、守備でのポジショニングを考えている」

(これでホーム8連勝です)
「そうなんですね。あ、そうなのかという感覚。これからもいつもどおりやっていきたい」

(これで気持ち良く代表に合流できる)
「久保選手も橋本選手も得点を取ったので、みんなで気持ちよく行ってきます!」


《橋本拳人選手》
(前節のC大阪戦で、リーグ戦初黒星となったが、今節はどのような意気込みで臨んだか)
「前節は、悔しい敗戦となったが切り替えて今日まで準備をしてきた。今節は、上位対決ということで重要な試合だったが、勝点3を獲ることができて非常に嬉しい」

(重要な試合で先制点を決めた)
「久しぶりに味スタでのゴールとなったが、狙い通りに決めることができた。2列目からゴール前に入っていくのは、自分のストロングポイントでもあるし、チームの勝利に貢献できて本当に嬉しく思う」

(今節は、先制点がポイントになった)
「チームとして、早い時間帯に点を取ることができれば、主導権を握って戦えると思っていた。先制点を取ってからチームに勢いが出たと思う」

(リーグは首位で中断期間に入ります)
「負けを引きずることなく、勝つことができた。チームとしては、中断期間でさらに連携を高めていき、一つひとつのプレーの精度を高めていければと思う。個人としては、代表で多くのことを吸収して、成長してチームに再合流したい」

(あらためて日本代表への意気込みを)
「自分のプレーをしっかりと表現することと、爪痕を残せるように全力を尽くしたい」


《東京・長谷川 健太監督会見要旨》
「前節負けたので、今日はキックオフから選手がよく走って戦ってくれた。
自分たちから仕掛けないと大分は動いてくれないなかで、前線の選手も最後は足がつっていた。
彼らの頑張りがないと3得点は奪えなかった。ベンチメンバーを含めてよく戦ってくれた結果だと思っている」

(自分たちから仕掛ける姿勢がよく見られた。前節の反省を踏まえてか)
「前節はいろいろな事情や要素もあったが、試合だけ見ればC大阪に切り替えや球際で負けて、波状攻撃を仕掛けることができなかった。
ウチの速い攻撃をどのチームも警戒してファウル覚悟で止めてくるなか、そこで終わっていたら相手にとって怖い攻撃はできない。
大分も切り替えと球際のチーム。そこで負けられないと話していた。あとはビルドアップが特殊なので、そこをどうけん制するかは1つのテーマだった。
プレスの行き方を間違えると全部外されるので、そこは選手たちがピッチで具現化してくれた。
今回は相手に気持ちよくビルドアップさせなかったが、大分はまた次に向け、片野坂監督がしっかりと準備してくると思う。
今日は前線の選手がスプリントしながら相手にストレスをかけたことが一番の勝因だと思う」

(久保選手が2点取りました。あらためて彼の評価は?)
「試合開始で1回相手に奪われて、今日は大丈夫かなと思ったが、そのあとドリブルで仕掛けてだいぶ吹っ切れた。
仕掛ける姿勢やボールを触る回数も多く、最後まで自分のリズムでプレーをしてくれた。
シュート技術はさすが。1点目も難しい状況で決めて、2点目も落ち着いて流し込んだ」



J1リーグ 第14節 大分トリニータ戦(YouTube fctokyochannel)



<今後のホーム試合日程>
◎ルヴァンカッププレーオフステージ第1節 6月19日(水)19:00 FC東京VSセレッソ大阪 @味スタ

◎J1リーグ第17節 6月29日(土)19:00 FC東京VS横浜F・マリノス @味スタ  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 16:00Comments(0)今日の出来事FC東京

    2019年06月01日

    調布中学校 体育祭

    11時20分 調布中学校の第72回体育祭に伺いました。

    作年から「体育大会」から「体育祭」に名称が変更されました。
    「音楽祭」に合わせたそうです。


    二人三脚(学年別男女別)


    1年生「いかだ流し」


    2年生「大縄跳び」


    3年生「全員リレー」



    今年のスローガンは「令和の幕開け〜歴史に残る戦いを〜」。



    2年生「大縄跳び」までの得点です。

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 13:00Comments(0)今日の出来事

    2019年06月01日

    調布市環境フェア

    10時30分 第47回 調布市環境フェアが市役所前庭で開催されていました。


    市では、毎年6月の環境月間にあわせ、「みんなでつなぐ、調布の未来、地球の未来」をテーマに、様々な展示や体験ブースを設けた環境フェアを開催しています。


    今年は、26の市民団体・企業・行政団体が出展。(下表:市報ホームページ版より)



    調布水辺の楽校(がっこう)


    フードドライブ協力会


    調布未来(あす)のエネルギー協議会


    ちょうふ環境市民会議


    都立農業高校



    調布市・緑と公園課


    下水道課


    ごみ対策課



    「壁面緑化で 涼しい夏を」をテーマにゴーヤの苗800株を無料配布していました。
    毎年いただいていますが、今年は私のマンションが大規模改修中でベランダが使えないので、残念ながらパスしました。




    調布の貴重な自然を次の世代にしっかりと残しましょうicon_maro02


    Osuga-YouTubeアーカイブ「調布市環境フェア (2010年)」
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 11:00Comments(1)今日の出来事