たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2019年11月23日

FC東京vs湘南

J1リーグ第32節 FC東京vs.湘南戦が味の素スタジアムで開催されます。

ラグビー・ワールドカップ(9月20日〜11月2日)が味の素スタジアム(東京スタジアム)で8試合開催されたため、この間、味スタが使えず、異例のAway8連戦となりました。

8連戦の結果は4勝2分け2敗となり、鹿島を逆転して再び首位に返り咲いて、味スタに戻ってきました。


天気はあいにくの雨。
雨に濡れない席が空いてなく、湘南側のゴール裏で立ち見。




前半36分 0-1。


ハーフタイム。
FC東京ゴール裏に移動する途中、ラッキーなことに席が空いていました。


円陣。



後半キックオフ。


後半3分 大森がDオリヴェイラからスイッチ⇒敵陣中央の右からスルーパスを供給⇒永井が抜け出しペナルティエリア右からシュート⇒GKがセーブicon_maro06



来場者数は34,250人




0-1のまま、アディショナルタイムに突入。

後半49分 岡崎が前線にロングボールを供給⇒ペナルティエリア中央ではね返されるが、こぼれ球に森重が反応⇒ペナルティエリア手前の中央から右足で巧みにシュート⇒ゴール右に吸い込まれ1-1の同点icon_maro02







試合終了。



携帯で他会場の試合結果を確認すると…
2位の横浜がAwayで勝利をし、FC東京は2位へ転落icon_maro06



森重、ありがとうicon_maro02


帰宅後、DAZNで森重のゴールシーンを繰り返し観ましたicon_maro02




《森重真人選手 コメント》(FC東京ホームページ
「本当は勝点3を獲りたかったなかで、最低限の結果。
ただ、難しい展開のなかで、最終的に勝点1を拾えたという試合内容だったと思う」

(難しい試合展開のなかで自身のゴールにより勝点1を獲得しました。そのシーンを振り返って)
「センタリングが上がった時点で周りに誰もいなかったので、こぼれ球の予測をしていた。すべりやすいピッチコンディションということもあり、ボールを低く抑えて、あとは枠に入れることを考えて蹴った。結果的にうまく決めることができたと思う」

(まさに最後の1秒まで、気持ちをみせたゴールでした)
「久しぶりのホームでこれだけのファン・サポーターが来てくれた。みんなの思いがゴールにつながったと思う」

(久しぶりのホームでの試合をどのような思いで臨んだのか)
「アウェイ8連戦でも、ずっと多くのファン・サポーターが駆けつけてくれていた。そういうファン・サポーターのためにも、ホームで勝利する姿を見せたかった。今日は勝点1しか獲ることができなかったが、また浦和戦があるので、次こそはしっかりと勝利を収めたい」

(久しぶりのホーム味スタで選手たちには固さがあったと監督が言っていたが)
「あきらかに選手たちはバタバタしていた。いつもは自分たちが勢いを持って押し込むところを相手にやられてしまったりしたり、セカンドボールが相手にこぼれてしまうことも試合を通して、多く見られた。固さがあるなということを感じながらも、負けなかったということが、今日の一番の収穫だと思う」

(あと2節となりますが、優勝に向けて大切なこと)
「今日、出た課題を整理して、良い準備をし、次の試合にぶつける。そのサイクルで今までやってきたので、最後までその良いサイクルで勝ちにつなげたい。僕たちは勝つしかない、そういう想いを持って戦いたいと思う」

(今日はなかなか1点が遠かった。試合全体を振り返って)
「本当は2点取って、逆転して勝点3を獲りたかったが、そう簡単には優勝までたどり着けないのだな、と試合中に感じていた。
相手の方が出足やアグレッシブさがあり、セカンドボールも相手にこぼれることが多かった。そういった意味でも、相手の方が自分たちを上回ってきた。そこは次節に向けた僕たちの課題だと思う。
ここからはプレッシャーだったり、自分たちがサッカーに対して取り組む姿勢、本質の部分が大切になってくると思うので、技術的なことや相手よりも、アグレッシブさを出すことが重要になると思う」

  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 16:00Comments(0)今日の出来事FC東京

    2019年11月23日

    調布消防署新庁舎落成式

    10時 調布消防署新庁舎落成式が行われました。



    感謝状贈呈:

    安藤消防総監から新庁舎落成記念事業実行委員会・南孝二委員長


    多田調布消防署長から調布災害防止協会・齊藤亀三会長



    式辞:安藤・消防総監



    来賓祝辞

    渡辺進二郎・市議会議長


    南孝二・新庁舎落成記念事業実行委員会委員長



    謝辞:多田・調布消防署長



    演奏:東京消防庁音楽隊



    施設見学



    消防車両(新庁舎落成記念誌より)



    調布消防署庁舎は、建て替えのため、2017年3月13日から上石原3丁目の警視庁第七機動隊跡地に仮庁舎を建てて運用してきました(2017.4.20ブログ)。

    12月10日から新庁舎で運用開始となります。



    12時 調布消防署新庁舎落成記念祝賀会がクレストンホテルで開催されました。

    主催者代表挨拶:調布消防署新庁舎落成記念事業実行委員会・南孝二委員長


    乾杯:調布市消防団・小津浩彦団長



    歴代署長紹介



    中締め:調布災害防止協会・齊藤亀三会長



    調布消防署は、今年のラグビーワールドカップ、来年のオリンピック・パラリンピックの会場となる味の素スタジアムと武蔵野の森総合スポーツプラザなどのスポーツ施設が管轄にある都内でも重要な消防署です。

    新庁舎を拠点に、より一層、市民の生命と財産を守るためにご尽力をお願いします
    icon_maro02  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 14:00Comments(0)今日の出来事