たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2020年10月14日

J1リーグ第22節 FC東京v清水@味スタ

J1リーグ第22節 FC東京vs.清水エスパルス戦が味の素スタジアムで開催されました。

今日の席は、バックスタンド2階の最前列です。



この試合でJ1通算300試合出場を達成した高萩洋次郎選手に花束が贈呈されましたicon_maro02




円陣



19時3分 キックオフ



前半22分 田川 亨介がファールを受けゴールほぼ正面でFKを獲得。



三田 啓貴が左足で蹴ったボールは壁に当たり空中に上がる⇒DFがクリアし切れなじかったボールを髙萩 洋次郎が拾って、右サイドの中村 拓海にパス⇒戻された髙萩が入れたクロスをGKがはじく⇒永井 謙佑が拾って、ダイレクトで中央へ折り返す⇒GKがファンブル⇒DFがクリアしたボールが浮き球となる⇒クリアボールの落下点にいた三田が左足を思い切り振り抜いてシュート⇒コース上にいた田川がまたぐようにジャンプ⇒わずかに右足内側に当たってコースが変わり⇒GOALicon_bikkuri=先制に成功して1-0icon_maro02









前日の13日に第一子の長女誕生した三田選手をお祝いして"ゆりかごパフォーマンス"。



今季シーズンのリーグ戦、先制に成功した試合は11試合。
10勝0分け1敗で勝率は90.9%。


<ハーフタイム>


後半キックオフ



後半10分 小川 諒也が敵陣中央の左からディフェンスラインの裏を狙ってスルーパス⇒永井がペナルティエリア左で受けると、うまく反転して前を向く⇒DFの逆を突き、右足でニアサイドを狙ってシュート⇒左上に突き刺ささりGOALicon_bikkuri2=追加点をゲットし2-0icon_maro08








後半34分 2-1


アディショナルタイムは4分



後半47分 左サイドで細かくパスを回す⇒安部 柊斗が高萩にパス⇒抜け出した原 大智がそのボールを受けペナルティエリア左に進入⇒グラウンダーの速いボールを中央へ送る⇒ゴールエリアに走り込んだアダイウトンが右足でシュート⇒無人のゴールに押し込んでGOALicon_bikkuriicon_bikkuri2=駄目押し点を奪い3-1icon_maro02






試合終了。3-1で勝利icon_maro08



ヒーローインタビューは田川選手icon_maro02



前節から12,000人制限ですが、入場者数は3,812人face10





J1リーグ第22節 清水エスパルス戦 (fctokyochannel)




【選手・監督コメント】(FC東京ホームページ

《髙萩洋次郎選手》

(J1通算300試合の節目の試合となったが)
「まずは、勝ててホッとしている。
節目の試合をホームで勝つことができて嬉しく思っている」

(プロになってから色々なことがあったと思う)
「今シーズンに関しては特に難しいシーズンだと思っている。
Jリーグにとっても、東京にとっても、日本全体を見渡しても、今は非常に難しい状況。
そのなかで、みなさんの協力があり、こうやって試合を行うことができている。サッカーができることに感謝したい。
また、その積み重ねがJ1リーグ通算300試合になったのだと思っている。
ここまで応援してくれたすべての方々に感謝したい」

(試合前のセレモニーでは笑顔も見られた)
「どちらかというとリラックスして試合に入るタイプ。
普段はあそこまで笑顔にはならないが、妻と娘二人を試合前に見ることができて気持ちが和んだし、今日の試合を勝ちたいとより一層思った場面だった」

(チームとして今後の意気込みを)
「すべての大会で優勝を狙える位置にいる。
1試合1試合だが、すべてのタイトル獲得を目指して戦っていきたい」
《永井謙佑選手》
(2点目のシーンを振り返って)
「小川選手が良いタイミングでパスを出してくれた。
あとは、前を向いた時にシュートコースが見えたので振り抜いた。
打った瞬間に入ったと思ったゴールだった」

(監督は前半の内容はあまり良くないと話していたが)
「前半は細かいミスが多かった。
失い方も良くなかったし、切り替えが遅くカウンターを受ける場面もあった。
後半はそこの部分をしっかりチームとして修正したことで、2点目、3点目という追加点に繋げることができたと思う」

(個人のコンディションについて)
「今日はフレッシュな状態だったので結果で応えようと思っていた。
しっかり結果を残すことができて良かったと思う」

(川崎との勝点の差をどのように捉えているか)
「一戦一戦やることが大事だと思っている。
上を見ていても他のチームより消化数が多いので、目の前の試合を勝って終わることによりフォーカスしたい。
川崎というよりは自分たちが勝つことを意識している」


《三田啓貴選手》

(先制点につながるシュートシーンについて)
「とにかく枠内に飛ばすことを意識してシュートを打った。 もっと綺麗なシュートで自分自身で決めきることができれば良かったが、田川選手がしっかりブラインドになりゴールにつながって良かった」

(お子さんが産まれたとのことだが)
「昨日、無事に産まれた。 (奧さんには)今日の試合は勝って、ゴールを決めて、ゆりかごダンスをしてくると話していた。結果的に自分のゴールにはならなかったが、しっかりできて良かったと思う」

(連敗することなく今日の試合を勝利で終えたことについて)
「次節の横浜FC戦のあと、試合が1週間空くので、連戦の最後を勝ちたいし、そこからまた続く連戦に向けて、メンタル的にも良い形でしっかりと締めたい」


《長谷川 健太監督会見要旨》

「まず、ホームで勝てたことは良かった。ただ内容に関して、特に前半はなかなかスイッチが入らず、出足の悪い45分間だった。良い形で先制できたことが唯一の良い部分だった。
後半になって多少持ち直したが、90分を通して今日の出来は褒められない。今日の収穫と言えば、悪いなりに勝点3を獲ったこと」

(はじめは相手とうまくかみ合っていない印象だった)
「清水がうまく立ち位置を取ってきたので、なかなかハッキリさせることができなかった。ただ後半はそこも修正できたと思う」




清水エスパルスの六平 光成選手は、東京都西東京市出身で中学時代はFC東京U-15深川に所属していました。
私の母校・国立高校の5年先輩で俳優の六平直政さん(昭和48年卒)の息子さんです。




<今日のドロンパ>

試合開始前




ハーフタイム


  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 21:00Comments(0)FC東京

    2020年10月14日

    第2回「飛田給駅前クリーン作戦」

    7時30分 第2回「飛田給駅前クリーン作戦」が実施されました。




    自治会(飛田給自治会、西部飛田給自治会、鶴島自治会、第三自治会)・飛田給小学校地区協議会・健全育成推進飛田給地区委員会など約30人が集まり、駅周辺のゴミを拾いました。


    相変わらず、タバコのポイ捨てがicon_maro03






    マスクまでicon_maro04



    植え込みの中を見ると・・・




    駅周辺はゴミ捨て場ではありませんface09



    来年は延期になったオリンピック(バドミントン、サッカー、7人制ラグビー、近代五種、自転車ロードレース)・パラリンピック(車椅子バスケットボール)が味の素スタジアム、武蔵野の森総合スポーツプラザ、武蔵野の森公園で開催されます。

    ゴミのポイ捨てがなくなって、飛田給に世界中からやってくるお客さんを気持ちよくお迎えできますようにicon_maro02


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 09:00Comments(0)飛田給の出来事