たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2020年11月05日

新たな空洞に関する有識者委員会

東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)は、東京外かく環状道路(関越~東名) 本線トンネル工事現場付近において発生した地表面陥没箇所周辺の地盤調査で確認された地中の空洞について、「東京外環トンネル施工等検討委員会 有識者委員会」を開催しました。


地中空洞範囲(NEXCO東日本



【日時】
令和2年11月5日(木)10:00~11:30

【場所】
NEXCO東日本関東支社 東京外環工事事務所 会議室(練馬区高野台4-1-23)

【議題】
地表面陥没箇所周辺の地盤調査で確認された地中の空洞について


【議事概要】

〇今回の空洞の状況・大きさから、直ちに地表面に変状を及ぼすものではなく、緊急的な対応は必要ないが、空洞は早期に充填することが望ましいことを確認した。

〇今回のように空洞があった場合に留意すべき点は空洞深度と幅と地下水であり、空洞を確認した際は、これらの状況を速やかに調査したうえで、緊急的な措置の必要性や対策工事の内容を判断することを確認した。

〇陥没や空洞が発生した要因を把握するため、シールドトンネルの掘進データの確認に加え、地形、地質、地下水、並びに河川との関係についても調査するとともに、早急に原因究明を行うことを確認した。

〇また、現在進めている空洞調査を速やかに実施するとともに、必要に応じて更に空洞調査を実施することを確認した。

〇引き続き、陥没箇所、空洞確認箇所およびその周辺の監視を重点的に行うとともに、 周辺住民からの問合せ等に対し適切に対応することを確認した。


【地表面陥没箇所周辺の地盤調査で確認された地中の空洞について】



















<参照>

・東京 調布の住宅街 陥没現場近くで新たな空洞 追加調査へ(NHK NEWS WEB)

・道路陥没付近の地下 新たに空洞見つかる 東京 調布の住宅街(NHK NEWS WEB)
  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 22:00Comments(0)東京外環 道路陥没事故