たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2020年11月11日

JリーグFC東京vs札幌@味スタ

J1リーグ第33節 FC東京vs.北海道コンサドーレ札幌戦が味の素スタジアムで開催されました。

18時から自民党調布総支部の常任幹事会があったので、味スタに着いたのは、選手紹介の後半でした。


「YOU’LL NEVER WALK ALONE」。



選手を出迎えるドロンパ。




円陣。


波多野 豪 頼むぞ〜。



19時3分 札幌ボールでキックオフ。



今日の席は、ゴール裏の下層ホーム席です。



前半21分 自陣から安部 柊斗が前線へスルーパス⇒永井 謙佑がDFと入れ替わって抜け出し、ペナルティエリア左に進入⇒GKと1対1⇒右足でシュート⇒ニアサイドを抜いてGOAL=1-0。








<ハーフタイム>

ドロンパが場内を1周。







FC東京ボールで後半開始。



後半30分 ディエゴ オリヴェイラが髙萩 洋次郎とのワンツーで敵陣を持ち上がる⇒ペナルティエリア右へ進入したDオリヴェイラが中村 帆高にパス⇒中村の折り返しをDFがクリアミス⇒ボールがDオリヴェイラの前に⇒右足でシュート⇒GKがセーブicon_maro06





後半30分 Dオリヴェイラと永井が交代すると、スタジアムから大きな拍手icon23icon23



後半32分 高萩が右サイドからスルーパス⇒走り込んだ原 大智がペナルティエリア右から右足でシュート⇒DFがブロックして右CKを獲得。




後半32分 キッカーの小川 諒也は左足でクロス⇒ファーサイドに飛び込んだアダイウトンが頭で合わせる⇒GKがセーブicon_maro06




アディショナルタイムは4分。



試合終了。


1-0で勝利icon_maro02


連敗を4で止め、J1ホーム通算150勝を達成しましたicon_maro08


入場者数は6,357人。




ヒーローインタビューは永井 謙佑選手。


永井選手が名古屋から移籍した2017年以降、ゴールを決めた試合は負けなしの17連勝(18試合)となりました。


選手が周回して挨拶。






【選手・監督コメント 抜粋】(FC東京ホームページ)

《永井謙佑選手》
(シュートシーンを振り返って)
「安部選手がうまく裏にボールを出してくれた。
あとは、ボールを中に運んでファーやニアも打てるような身体の向きでシュートを打った。
途中までファーに蹴ろうと思っていたが、清水戦で同じシチュエーションで止められていたし、ニアの方がパワーが乗ると思って選択した」

(あらためて無失点での勝利について)
「ホームで勝ち、連敗を止めることができた。正直ホッとしている。
チームとしてなかなか先制点を取ることができていなかったので、そこは強く意識していた。
今日の試合のカギになると思っていたし、先制点を奪ってからチームに勢いが出たと思う」


《波多野豪選手》
(試合を振り返って)
「絶対に勝利をつかみたい試合だった。
結果的に無失点で勝利することができたのでよかったしホッとしている」

(ここ数試合先発での出場が続いているが)
「試合に出ないとわからないこともある。
ここ数試合で自信も出てきているし、充実した時間を過ごすことができていると思う」


《長谷川 健太監督会見要旨》
「辛抱強く戦って、みんなでホームで勝とうと。最後まで粘って戦ってくれたと思う」

(今日の布陣の狙いは)
「幅を使ってくるというのもあるが、今日の先発メンバーはゼロトップとも言えるような布陣で、縦パスを入れてコンビネーションを使ってくる。幅を使うというより、攻守の切り替えの部分、チャナティップや駒井といった好調の選手や荒野が自由に動くことで、マークを無効化する攻めをするので、彼らをどう管理するかを意識した。
前半、危ないシーンはルーカス フェルナンデスに折り返されたシーンで1回あったが、それ以外はボックス内に入られることはなかった。奪ったあとの部分では、札幌が前線から切り替えて東京が前に運べないシーンが続きましたが、ゴールシーンは安部がタメを作って永井の速さを活かせた東京らしい攻撃だった。
本当はもっと押し込む狙いもあったが、その中で我慢強く戦いながら武器を活かして点を取ることができた」

(連敗を4で止めた)
「ルヴァンカップ決勝が延期になり悔しい思いはしたが、この試合にかける気持ちを出してくれた。メンタル面の切り替えも、ベテラン含めてチームをうまく引っ張ってくれた。まだ来シーズンのACLの権利は、ここから連勝をすれば可能性を残してカタールに行くことができる。今日勝てたことは来シーズンにつながる勝利を収めることができたと思っている」


J1リーグ第33節 北海道コンサドーレ札幌戦(YouTube-fctokyochannel)




この試合から味の素スタジアムの入場者数が約12,000人から約16,000人に拡大されました(2020.11.4ブログ)。

また、Jリーグより、10月30日以降アルコール販売が容認されることとなり、FC東京は各飲食売店でのアルコール飲料の販売を再開することにしました(※アルコールの販売はキックオフまでで、客席での売り子による販売はありません)。
アルコールを含む飲み物・食べ物の持ち込みは可能ですが、通常時と同様にビン・カンの容器は紙コップへの移し替えが必要です。



<今後の試合日程>

◎Jリーグ
◯11月15日(日)19:00 第27節 Away vs.名古屋グランパス
◯11月18日(水)19:00 第32節 Away vs.ベガルタ仙台
◯12月12日(土)14:00 第31節 Home vs.サンフレッチェ広島 @味スタ
◯12月19日(土)14:00 第34節 Home vs.ヴィッセル神戸 @味スタ


◎ルヴァンカップ
◯1月4日(月)14時台 決勝 vs.柏レイソル @国立競技場


◎AFCチャンピオンズリーグ(ACL)
東地区のグループステージの試合は準決勝までカタール・ドーハでセントラル方式での開催です(※時間は日本時間)。
◯11月24日(火)19:00 第3戦 vs.上海緑地申花足球倶楽部
◯11月27日(金)22:00 第4戦 vs.上海緑地申花足球倶楽部
◯11月30日(月)19:00 第5戦 vs.蔚山現代FC
◯12月3日(木)19:00 第6戦 vs.パース・グローリーFC
  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 21:00Comments(0)FC東京