たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2009年10月25日

市民文化祭・工芸美術展・将棋大会・奇術発表会


市民文化祭・工芸美術展・将棋大会・奇術発表会

14時 市民文化祭市民将棋大会を見に文化会館むらさきホールに。まさしく老若男女、年齢・性別にかかわらず、子どもとおじいさん、中学生とおばあさんが将棋をさしていました。
実は以前から「ちびっ子名人戦」みたいな、調布の子どもたちの将棋大会があれば面白いなと思っているんです。








14時30分 文化会館たづくり南北ギャラリーでの市民文化祭工芸美術展に。袋物、人形、染色、鎌倉彫、籐工芸、パッチキルトワーク、七宝焼、陶芸、創作人形、皮工芸、紙押絵、和紙人形、木目込人形、駒子の紙人形、エッグアート、パーチメント、トールペインティング、チャイナペンティング、木彫、バーナークラフト、マクラメ、レース、サンドブラスト、手まり、ヨーロッパ刺繍、布絵と展示品は多岐に及んでいました。

南ギャラリーで「出品者の許可がなければ撮影禁止」(係の人)という理由で撮影をあきらめていたところ、北ギャラリーの受付によく存じ上げている七宝焼の近藤久野先生が座っていたので撮影をお願いしたところ、快諾していただいたので、近藤先生の作品のみ取りました。

プロの作品や商業的な価値を持った作品が撮影禁止なのはわかります。また、そうでなくても撮影されるのが嫌な人もいるでしょう。だからといって全部撮影禁止にするのはなぜなのでしょうか。出品者に撮影OKかNGか確認して、展示の際、禁止の作品に「撮影禁止」と表示すればいいのではないしょうか。

市民文化祭・工芸美術展・将棋大会・奇術発表会



動画レポート「市民文化祭工芸美術展」








市民文化祭・工芸美術展・将棋大会・奇術発表会

15時 グリーンホール小ホールで市民文化祭奇術発表会・マジックフェスティバル。テレビやマジックパブで見たことはありますが、ホールでマジックを見るのは初めてです。第一部プログラム9番の横山尚樹さんの「プロ入門」(写真)、10番の司会の岳野さんと佐藤さんによる「お土産手品解説」を見ました。見て参加して楽しいマジックはいろんな所で活躍の機会がありそうな気がします。

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    健全育成飛田給 定例会
    父のお墓参り
    デジカメとプリンター故障
    母とカツ丼と寿司
    J1リーグ再開ホーム初戦 FC東京vs川崎
    飛田給自治会「役員会」
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     健全育成飛田給 定例会 (2020-07-14 21:00)
     父のお墓参り (2020-07-11 14:00)
     デジカメとプリンター故障 (2020-07-09 18:00)
     母とカツ丼と寿司 (2020-07-09 13:00)
     J1リーグ再開ホーム初戦 FC東京vs川崎 (2020-07-08 21:30)
     飛田給自治会「役員会」 (2020-07-07 20:00)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01│Comments(0)今日の出来事
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。