たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2010年07月13日

波形てすり「クネット」

波形てすり「クネット」

13時 調布駅を北口から南口に移動するため駅の階段を降りると、アンケート調査をしている人たちがいました。
何のアンケートか聞いてみると、駅の階段に付けた手すりについてのアンケートだと言うのです。京王電鉄の人かと思ったら、手すりをつくっている「クネット」という会社の人でした。自分たちが設置した手すりについて、自らアンケートを取っている姿勢は感心しました。

最近、波形てすりを設置するところが増えています。
市役所も今年3月、前庭広場の外階段に設置しました。

blue_right市役所に波形手すりを設置しました(市HP)

この波形てすりは「クネット」という会社が開発したものです。
従来の手すりに比べ、「杖」のように使える水平部と「取っ手」のように使える垂直部を連続させた波形の形状で,握った時の手首の角度が自然なため,握り込みやすく,滑りにくい手すりとなっているのが特徴です。

blue_rightクネット・ジャパン(wikipedia)
blue_right「クネット」の特色(クネットジャパンHP)
blue_rightクネット街頭アンケート(クネットジャパンHP)


blue_rightユニバーサルデザイン波形手すり「クネット」の紹介
blue_right手すりクネクネ時代「直線より安心」病院・学校にも(朝日)

しかし、一方で厳しい評価もあるようです。
私の知り合いの障害者の人もマイナス評価していました。
市内のある障害者団体の役員さんに聞いてみると、半身麻痺の障害がある人からは「下りの時、手のスライドがしにくいので、踏ん張りがきかない」といった不満や、視覚障害者からは「スライドがきかないので使いにくい」などの声があるようです。

新しいタイプの商品なので、真のユニバーサルデザインになっているかどうかしっかりと検証をし、必要なら改善していくことが大切だと思います。

ご意見のある方はぜひお聞かせください。
icon30osuga01@u01.gate01.com 大須賀まで。


調布駅の波形手すり
波形てすり「クネット」


市役所前庭階段の波形手すり
波形てすり「クネット」


  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    都知事・都議補選 飛田給地域の投票所 「飛田給小」に変更
    「林あきひろ」議員と飛田給の縁
    調布市内の震度 いずれも「2」
    飛田給自治会 総会「議案書」作成
    「金格ハンバーグ」
    父の日の日本酒
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     都知事・都議補選 飛田給地域の投票所 「飛田給小」に変更 (2020-07-05 00:26)
     「林あきひろ」議員と飛田給の縁 (2020-06-25 11:00)
     調布市内の震度 いずれも「2」 (2020-06-25 05:17)
     飛田給自治会 総会「議案書」作成 (2020-06-23 23:50)
     「金格ハンバーグ」 (2020-06-23 21:00)
     父の日の日本酒 (2020-06-22 23:37)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01│Comments(0)今日の出来事
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。