たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2019年04月28日

J1リーグ第9節 FC東京vs.松本

J1リーグ第9節 FC東京vs.松本山雅FC戦が味の素スタジアムで開催されました。

FC東京の試合観戦は、4月21日に執行された調布市議会議員選挙立候補のため、第3節のvs.鳥栖以来。
久しぶりの味スタですicon_maro02
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本

You'll never walk alone♪
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本

円陣
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本


14時3分 キックオフ
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本


前半44分 中盤でJ1リーグデビュー戦のDF渡辺剛が出足鋭く相手ボールをカット⇒ルーズボールの奪い合いから抜け出した久保建英が走り出した永井謙佑にスルーパス⇒パスを受けた永井がペナルティエリア中央の左寄りに進入して左足でシュート⇒ゴール右に決まるicon_bikkuri
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本


ハーフタイム 鯉のぼり旗を手にするドロンパ。
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本


後半開始。
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本


後半15分 久保が細かいタッチで相手をかわし、ペナルティエリア右に進入⇒左足で巻いたシュートを放つ⇒左ポストを直撃するもゴールならずicon_maro06
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本


後半31分 ディエゴ・オリヴェイラのシュートのこぼれ球を拾った久保がペナルティエリア中央で相手にファウルを受けてPKを得る。
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本

後半32分 PKのキッカーはディエゴ。独特のリズムから右足で蹴ると、GKの逆を突いてゴール右に決まるicon_bikkuri2
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本


観衆は36,412人。
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本


アディショナルタイムは3分。
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本

後半49分 試合終了のホイッスル。
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本


2-0でFC東京が勝利icon_maro02
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本

ヒーローインタビューは先制点の起点になった渡辺剛icon_maro02
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本

首位をキープしたFC東京の選手。
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本


永井のシャーicon09
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本

渡辺剛の初シャーicon09
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本

「首位東京」で、ドロンパの勝利ダンスも絶好調icon_maro08
J1リーグ第9節 FC東京vs.松本J1リーグ第9節 FC東京vs.松本



【選手・監督コメント】

(FC東京ホームページより)

《永井謙佑選手》
(得点シーンを振り返って)
「少し前のシーンで、髙萩選手のパスからシュートを狙ったが角度がなく決めることができなかった。もう少し角度がつけば決めることができると思っていたので、久保選手からスルーパスをもらった時は、あえて少し外側にトラップして相手GKをニアサイドに動かすことができた。あとはうまく流し込むことができたので、先制点につながった」

(久保選手が持った時はボールがくる予感はあった)
「渡辺選手がボールを奪ったあとに、久保選手がボールを持った。パスが来なくても自分が動き出すことで久保選手がシュートを打つこともできると思ったので、2つのパターンを想定して準備していた。実際にスルーパスが来た時は、思った以上に内側にボールが来たので驚いたが、それが逆に自分の良さを出す結果となったのでよかった。ああやってボールを出してくれるので感謝している」

(久保選手といい連携がとれています)
「久保選手はひとりでボールを運べるし、他の選手をおとりにしてシュートを放てる。そこの最後の選択は本人次第だが、ボールを受けた時の準備は僕もディエゴ オリヴェイラ選手も怠らずに続けている」

(チーム好調の要因の一つとしてFW陣の躍動があります)
「1点目のゴールは、攻撃から守備への早い切り替えで、渡辺選手がボールを奪ったことで、最後に僕が決めることができた。チームとしての狙いがハッキリしていて、みんなが同じ方向を向いていることが好調の要因だと思う」

(連戦だが好調を維持している)
「メンバーが変わったとしても、やることは変わらない。
実際、良い試合ができている。これを継続して、誰が出場してもしたたかな戦いができるようにしていきたい」


《渡辺剛選手》
「J1リーグデビュー戦だったので、思いっきりプレーしようと思っていた。この試合でそれをうまく出すことができたのが良かった」

(デビュー戦ということで緊張はあった?)
「自分の中ではいつでも行ける準備をしていたので、緊張というよりは楽しみという気持ちが強かった。それが良かったのだと思う」

(試合に臨むに当たり意識していたこと)
「自分のストロングポイントであるヘディングやカバーリングに関しては誰にも負けてはいけないと思ってるので、苦手な部分を上回るように意識しながら、思い切ってプレーした」

(先制点は渡辺選手のディフェンスからでした)
「自分が奪ったボールがうまくゴールにつながってラッキーだった。試合の中で行けるところは思いっきり奪いに行きたいと思っていたので、チャンスボールが来てうまく奪うことができてそれがゴールにつながり、自分の中では理想のプレーができたシーンだった」

(自信にもなったのでは)
「自分のプレーが出せたことは自信にもつながった」

(ここまでリーグ戦無敗となります。次戦に向けて意気込みを)
「現時点で選手誰一人満足していないし、ここで満足せずしっかり次も勝ちたいという気持ちが強いので、また準備をしっかりしていきたいと思います」

(高さや強さ、身体能力が売りだと思うが、今日は相手にスピードのある選手がいました。どういったことを意識していたか)
「前田選手は高校の後輩。どういったプレーをしてくるかわかっていたので、スピードに対しては事前に予測をして先に動くことで、負けることはないと思っていた」


《長谷川監督》
「ゴールデンウィークということ、天気が良かったこともあり、非常にたくさんのファン・サポーターの方にきていただいた。そのなかで我々のサッカーを90分間行えたことはとても良かった。選手たちも集中力を欠くことなく、最後までプレーしてくれたと思っている。松本が相手ということで非常に球際の激しい試合になると思っていたので、基本的な部分で後手を踏んでいたら難しい試合になると話していた。立ち上がりからインテンシティの高い試合をしてくれたと思っている。久保に1点取ってほしかったが、今日の試合は非常にキレがあり、素晴らしいプレーをしてくれたと思う。
本日急きょ初先発となった渡辺、今シーズンリーグ戦初先発となった太田など、DFラインに若干変更があったが、ふたりともスムーズに試合に入ってくれ、周りも良いサポートをしてくれた。
結果として新たなサッカーをできたことが大きなプラス材料だと思っている。次は中5日空くので、しっかりと休みを取り、G大阪とのアウェイ戦に備えたいと思う」

(ボールポゼッションが高くなった中で、攻守の切り替えから得点を奪った)
「逆にあそこまで押し込めると思わなかった。ここまでに松本の試合を見ていて、立ち上がりの5~10分は非常に前から来ている印象があった。今日もそういった入り方をしてくると思っていた。ゲームコンタクトの中で、少しずつ優位性を保つことができると思っていたが、松本の守備力は非常に高いので、ゴールをしたかと思えば間際でかき出すこともあり、得点を奪うことはそんなに簡単なことではないと思っていた。そのなかで、ああいった一瞬の隙を突くことができたということで、クオリティの高いパスとシュートを打つことができた。本当にあの一瞬の精度がかみ合ったシーンだと思う」

(奪われたかけた時に素早く回収するという部分は、ひとつのポイントになっていくようにみえます)
「相手が、切り替えの部分でいけた!と思えた瞬間に逆にボールを奪うことができれば当然チャンスになるので、相手がどこであれ、押し込んだ後の切り替えは重要。これは昨シーズンから言っていた部分。今シーズンは奪った後の精度にこだわって取り組んでいた。チームとしての狙い、選手たちの意図があのゴールのシーンは一致したのだと思う」

(首位としてプレッシャーがあった中、どのようにチームを管理して導いていこうと思っているか)
「今日はメンバーが変わったという部分で、チーム内に危機感があった。チームとして首位だからといった油断、慢心は感じられなかった。選手たちも昨シーズン失速したことを十分経験しているので、1試合1試合戦って自分たちのサッカーをしていかないといけないことを十分理解している。
キャプテンの東がチームを鼓舞して、経験のある選手たちが非常に若い選手たちを引っ張って行ってくれているので、チームとして緩い雰囲気は練習中から感じることなくできているので継続していきたい」


(Jリーグホームページより)

《久保建英選手》
--先制点となった永井 謙佑へのスルーパスなど、チームの勝利に貢献したが?
誰が見ても分かる特長を持っている選手がチームに何人もいるというのは、自分たちにとって大きなアドバンテージ。それを生かさない手はない。永井選手の場合はちょっと遅れてでも、全然パスは通ると思っていました。

松本に限らず、ほとんどのチームが自分にとっては初めての相手になってくるので、毎週のトレーニングである程度の対策はしているつもりです。逆に相手もそういう対策はしてくると思いますが、その中で臨機応変さというか、状況に応じて判断を変えることが求められると思います。その意味で今日はFC東京のほうが1つ上手だったのかなと思います。

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    市政功労者表彰式
    飛田給駅舎 ラグビーワールドカップ特別装飾
    TBS「噂の!東京マガジン」〜『令和の常識やって!TRY』撮影
    第78回「緑と花の祭典」
    立正佼成会調布教会 発足45周年記念式典
    J1リーグ第31節 FC東京 再び首位に!
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     市政功労者表彰式 (2019-11-13 16:40)
     飛田給駅舎 ラグビーワールドカップ特別装飾 (2019-11-10 17:15)
     TBS「噂の!東京マガジン」〜『令和の常識やって!TRY』撮影 (2019-11-10 11:45)
     第78回「緑と花の祭典」 (2019-11-10 11:30)
     立正佼成会調布教会 発足45周年記念式典 (2019-11-10 11:00)
     J1リーグ第31節 FC東京 再び首位に! (2019-11-09 16:00)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 16:00│Comments(0)今日の出来事FC東京
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。