たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2020年02月04日

NHKニュース「おはよう日本」〜小海町松原湖“氷上ワカサギ釣り”解禁

7時48分 NHKニュース「おはよう日本〜『中継 “氷上のレジャー”ようやく解禁』」で、私の故郷・長野県小海町の松原湖から「氷上ワカサギ釣り解禁」の模様が放送されました。





松原湖は、『君の名は』の新海誠監督が、Twitterで「糸守湖の最初期のイメージは、僕にとっては小海高原美術館近くの松原湖や大月湖でした。」と明らかにしている湖です。(2016.10.19ブログ


blue_right氷上ワカサギ釣りチラシ(小海町)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 08:00Comments(0)今日の出来事映画・テレビ・漫画

    2020年02月02日

    長野県人会 新年会

    12時 調布市長野県人会の新年会が渝園(ゆえん=調布駅前菊屋ビル7階)で開催されました。

    司会は、副会長兼事務局長の福澤守恒さん。


    幕開けは、県歌「信濃の国」の合唱ですicon37


    市瀬富三・会長さんの挨拶。



    越山貴雄さんによる生演奏で、「ふるさと」(豊田村出身の作詞者・高野辰之が少年の日に友達と野山で遊んだ現・中野市の情景を懐かしんで作った)など長野県にゆかりの歌を歌いましたicon_maro02



    佐藤熙男・副会長が、「後期高齢者」ではなく「光輝幸齢者」と呼ぼうと提唱。




    調布市長野県人会は、出身者か、長野県と何らかの「縁」があれば入れます。
    何と言っても、県歌「信濃の国」を合唱できることが最大の魅力です。
    入会ご希望の方は、お知り合いの県人会の方か私までご連絡ください。
    blue_rightosuga01@u01.gate01.com


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 14:00Comments(0)今日の出来事

    2020年02月02日

    節分会 豆まき

    立正佼成会・調布教会さんで、節分会の豆まきをさせていただきました。


    裃(かみしも)に着替えます。
    腰紐が1本で足りず、ご苦労をおかけしましたicon10


    お隣は伊藤達也衆議院議員秘書の内川直樹さん。
    2人とも昭和35年、子年生まれの還暦年男ですicon_maro08



    「鬼やらいの儀」(下写真)に続き、豆をまかせていただきましたicon_maro02



    裃を着ての豆まきは、深大寺節分会(2010.2.3ブログ)に続いて、2回目です。

    貴重な経験をありがとうございましたicon_maro02
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 12:00Comments(0)今日の出来事

    2020年01月29日

    ブログアクセス 580,000突破!

    『大須賀ひろすけブログ』のアクセスカウンタが580,000を超えていましたicon_maro04




    ブログをご覧いただきまして、ありがとうございますicon_maro02

    これからも市議会・市政のこと、市内外・飛田給の出来事、調布でも開催される2020オリンピック・パラリンピックのこと、リーグ戦初優勝を目指しているFC東京や我が家のicon35のことなどを分かりやすくお伝えしていきますicon_maro08

    引き続き、よろしくお願いしますicon_maro05
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 03:28Comments(0)今日の出来事

    2020年01月28日

    FC東京 ACLプレーオフで勝利!

    ACL(アジアチャンピオンズリーグ)のプレーオフ、FC東京vs.セレス・ネグロスFC(フィリピン)が味の素スタジアムで開催されました。

    味スタは東京オリンピック・パラリンピックに向けた大規模改修工事中のため、迂回して入場しました。



    19時1分 迂回したため、1分遅れで2020シーズン初観戦。


    かなり寒かったので、焼酎のお湯割を持参しました。



    今日から携帯が変わりました。
    iPhone11もデビュー戦です。




    ハーフタイム

    スタッフが水かき。
    雨による水の量が半端じゃありませんicon_maro04


    ドロンパ。



    円陣。


    後半キックオフ。



    48分 アダイウトンからパスを受けた室屋成が右足でシュートを放つと、GKの手を弾いてゴールインicon_bikkuri
    FC東京が先制、1-0。






    観衆は6,630人。




    89分 カウンターからアダイウトンがGKの頭上を抜く、華麗なループシュートを決めて追加点icon_bikkuri2
    2-0。






    試合終了。
    2-0で勝利icon_maro02




    ヒーローインタビューは室屋選手。




    室屋選手のシャーicon09




    ドロンパの勝利ダンスicon_maro02



    セレス・ネグロスFCのMF、小田原 貴選手は府中市(府ロクジュニアユース)出身のサッカー選手。
    「家族全員、アマラオが好きだった」「ホームゲームは毎試合、観戦していた」と、生粋のFC東京サポーターで家族全員がソシオだそうです。

    小田原選手のシャーicon09





    プレーオフに勝利したFC東京は、2016年以来4年ぶりのACL本選出場となりました。

    グループFで、蔚山現代(韓国)、上海申花(中国)、パース・グローリー(オーストラリア)と対戦します。
    初戦は2月11日、Away蔚山現代です。



    【選手・監督コメント】(FC東京ホームページ)

    《室屋 成選手》
    「試合をとおして、気持ちの部分を前面に出していこうとみんなで話をし、臨んだ。天候の影響もあり、ゴールへ迫ることがなかなか難しい中、全員でハードワークすることができたと思う」

    (ここまで水がたまったピッチコンディションでプレーをしたことはあるか)
    「公式戦でここまで水が溜まった状態で試合をしたことないと思う」

    (試合前には急遽、ピッチ内ウォーミングアップが中止となりました)
    「立ち上がりのところでボールがどのくらい滑るのか、どういう感覚なのかというところを、いつも以上に注意深く確認する必要があったので、多少の不安はあったが、全員が素早く適応できたと思う」

    (決勝点となる先制点を振り返ってください)
    「前半に何本かシュートを打っていて、監督からは『枠に飛ばしたら何か起こるかもしれないぞ』と言われていたので、多少感覚的な部分もあったが、シュートを枠に飛ばすことに集中しゴールを決めることができた」

    (GKにはじかれながらもポストに当たって決まったゴールだったが、あのときの狙いは)
    「雨でボールがどのタイミングで止まるかわからなかったので、とにかく枠内にシュートをを飛ばすためにうまくミートしようということだけを考えていた」

    (入った瞬間のガッツポーズが印象的でした)
    「今日の試合展開から、1点勝負の試合になると思っていたので先制点を取ることができたら本当に大きいなと思っていたので、その思いがこみ上げた」

    (キャンプから積み上げてきて、どういった手ごたえがあったか)
    「正直、まだ何もないと思っている。今日は戦術的な部分はほぼ出すことができない状況だったので、ここまでやってきたことというよりも、ハードワークするところや戦う部分を前面に出して戦った。そういったゲームをものにすることは非常に大きいことだし、今日のような経験も積み上げていければと思う」

    (ついに今シーズンが始まりました。今年の抱負を)
    「すぐにACLグループステージが始まる。そこに向けてしっかりと準備をして臨みたい」


    《アダイウトン選手》
    (試合を振り返って)
    「今日の試合を見てもらえばわかるが、とてもサッカーができるコンディションではなかったし、自分たちも、本来の自分たちのサッカーとは異なる戦い方になった。そのなかでも、チーム全員で戦い勝利することができたし、自分自身もゴールを決められ、大変嬉しく思う。自分の武器である、パワーやスピードをピッチで表現することができて良かった。ファン・サポーターとともに喜ぶことができ本当に嬉しい」

    (ゴールシーンを振り返って)
    「前半からGKが高い位置を取っていると感じていた。ゴールシーンでは、長いドリブルを仕掛けたタイミングでGKが飛び出してくる様子が見えたので、それをうまくループシュートで流し込むことができた」

    (今日の試合で自分の役割は担うことができたか、また今日の勝利につながった要因は)
    「今日、ピッチに立った選手たちはそれぞれチームのために戦うことができたと感じている。
    こういうピッチでは、ドリブルもパスもまともにできない。ただ、それ以上にこの試合にかける思いが強かったし、必ず勝利をつかむんだという思いで戦うことができた。貢献の仕方は、それぞれあるなかで、選手一人ひとりが責任を持って戦うことができたからこそ、勝利につながったと思う」

    (今日の勝利につながった要因は)
    「こういうピッチでは、ドリブルもパスもまともにできない。ただ、それ以上にこの試合にかける想いが強かったし、必ず勝利しなければいけないという気持ちで戦うことができたからこそ、勝利を手にすることができたと思っている」


    《長谷川 健太監督》
    「本戦に出場できることになり、まずはよかった。Jリーグ代表として戦う責任でもあった。選手にもJリーグの代表としてプライドを持って戦おうと伝えた。
    アジアでの戦いに簡単な試合はない。キックオフと同時に選手も戦ってくれた。レフェリングもJとは違うので特にゴール前は気をつけようと話した。セットプレーが一番危険になると思ったので、ディフェンスラインも理解をして戦ってくれた。
    最後の大智のファウルはわざとではないと本人も言っていたが、もちろん退場は良いことではない。
    こういうアジアの大会では難しい判定もある。細心の注意を払って最後まで戦わないといけないが、10人になっても追加点を取れたことは良かったと思う。
    アダイウトン、レアンドロ、安部にオマリと、短い準備期間ながら新しい選手が良いプレーをしてくれた。ここからさらに上げていかないといけない。更にギアを入れて、来月11日の蔚山現代FCとの試合に向けてしっかり準備をしていきたい」

    (正直なところ競技が成立しないような悪天候でしたが、戦況をどう見つめていましたか?)
    「どちらのチームも同じ条件なので。ラグビーW杯から五輪に向けて芝を改修中ということで、まだまだ根付いていない状態だった。ただ、グランドキーパーや関係する皆さんも努力をしてくれた思うし、仕方がない部分ではあるので、そこは割り切ってシンプルにやろうと話した。若い選手は今日のような悪いグランドコンディションでのプレーにまだまだ慣れていない。ボールを運んだり、動かしたり、強く蹴ってもボールは飛ばないので、技術が求められる。時間とともにうまくプレーしてくれたと思う。
    ブラジル国籍の選手たちは運ぶテクニックは非常にあった。我々の小さい頃は、雨の日こそ技術の差が出ると言われてきた。泥んこの中でサッカーをした。若い選手たちもこういう経験で技術を高めていってもらえればと思う」
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 21:00Comments(0)今日の出来事FC東京