たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2019年12月22日

飛田給自治会班長会

19時 飛田給自治会班長会が青少年交流館(飛田給1丁目)2階集会室で開催されました。


協議に先立ち、調布市からオリンピック・パラリンピック担当の小林部長と東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会大会運営局から石井・会場運営担当部長(自転車競技)と岸井・会場運営担当課長が出席し、自転車ロードレースについて説明をしました。




<配布資料>






男子は、大会第1日目の7月25日(土)11時に、女子は7月26日(日)13時に武蔵野の森公園からパレード走行をスタート。
東京都・神奈川県・山梨県・静岡県を通り、富士スピードウェイがゴールです。

(写真:GoogleMap)


(赤線部分が調布市域)


パレード走行:武蔵野の森公園〜是政橋までの10キロは、タイムを測定せずに集団で走行するパレード走行です。
オフィシャルスタートは是政橋(府中市)です。


コース総距離は、パレード走行区間10kmを含む男子約244km、女子約147km、獲得標高(スタートからゴールまでの上った高さの合計)は男子約4,865m、女子約2,692mとなります。

通過自治体(1都3県1政令指定都市14市町村)
東京都:府中市、調布市、三鷹市、小金井市、稲城市、多摩市、八王子市、町田市
神奈川県:相模原市、山北町
山梨県:道志村、山中湖村
静岡県:御殿場市、裾野市、小山町


7月21日にはテストイベント「READY STEADY TOKYO-自転車競技(ロード)」が開催されました(2019.7.21ブログ「READY STEADY TOKYO-自転車競技(ロード)」)。



<自転車ロードレースに関するブログ>
・2019.1.11ブログ「調布市民サイクリング協会 設立総会」
・2018.8.18ブログ「オリンピック自転車ロードレースコース 体験走行」



引き続き、班長会を行いました。



協議事項は
①運動会の反省について
②年末年始の行事について
③各部会報告
④その他


年末年始の飛田給自治会関連行事
◯12月25日(水)〜31日(火)20時〜22時 歳末消防特別警戒(消防団第1分団)
◯12月25日(水)・27日(金)・29日(日)20時〜22時 歳末防犯パトロール(防犯委員会)
◯12月31日(火)23時45分〜1月1日(水)1時頃 薬師尊ご開帳(薬師奉賛会)
◯1月1日(水)9時〜12時頃 歳旦祭・賀詞交歓会(道生神社奉賛会)
◯1月2日(木)一日 お正月獅子舞町内めぐり(飛田給囃子連)
◯1月12日(日)8時 サイレン吹鳴(消防団第1分団)/10時〜出初式(多摩川自然観察緑地)
  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 21:00Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2019年07月21日

    READY STEADY TOKYO-自転車競技(ロード)

    東京オリンピックのテストイベント「READY STEADY TOKYO-自転車競技(ロード)」が開催されました。

    武蔵野の森公園からスタートし、都内8市(府中市、調布市、三鷹市、小金井市、稲城市、多摩市、八王子市、町田市)〜神奈川県〜山梨県を通過し、ゴールは富士スピードウェイ(静岡県)です。

    武蔵野の森公園〜府中市の是政橋手前までの10キロは、タイムを測定せずに集団で走行する「パレード走行」で、オフィシャルスタートは是政橋です。


    参加チームは、世界ランキング1位のベルギーなどロードレース強豪国を含む9の「ナショナルチーム」と国内外11の「コンチネンタルチーム」の計20チームで、参加選手は100人です。
    日本のナショナルチームはキャンセルでした。


    参加チーム東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ホームページ

    <ナショナルチーム>9
    ホンコン・チャイナ
    ベルギー
    フランス
    ドイツ
    イギリス
    アイルランド
    イタリア
    ルクセンブルク
    ロシア

    <コンチネンタルチーム>11
    AISAN RACING TEAM (AIS)
    KINAN CYCLING TEAM (KIN)
    MATRIX POWERTAG (MTR)
    NIPPO-VINI FANTINI-FAIZANE' (NIP)
    SHIMANO RACING TEAM (SMN)
    TEAM BRIDGISTONE CYCLING (BGT)
    TEAM UKYO (UKO)
    TERENGGANU INC. TSG CYCLING TEAM (TSG)
    THAILAND CONTINENTAL CYCLING TEAM
    UTSUNOMIYA BLITZEN (BLZ)
    UNIVERSITY ALL JAPAN(UNI)


    コース
    全域東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ホームページ


    調布市・三鷹市・府中市・小金井市東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ホームページ


    調布市域調布市ホームページ)※赤線部分


    (GoogleMaps)




    11時20分 自宅から歩いて会場に向かいます。
    スタジアム通りが途中から通行止めになっていました。


    武蔵野の森公園に到着。
    え〜っ、駐輪場があるじゃないですか。だったら、自転車で来たのにicon_maro06


    武蔵野の森公園の風景とスタート地点。



    コースにはたくさんの人がicon_maro04


    上空を飛ぶヘリコプターは東京消防庁と朝日新聞の2機。




    関係車両がスタートします。



    12時 カウントダウンの後、スターターを載せた先導者に続き、選手が走行します。



    100台の自転車は、あっという間に通り過ぎて行きました。



    最後尾は、救急車と警察車両。



    来年の本番では、男子は大会第1日目の7月25日(土)11時にスタート、女子は2日目の7月26日(日)13時にスタートします。


    詳しくは、2018.8.18ブログ「オリンピック自転車ロードレースコース 体験走行」  

  • 2018年08月18日

    オリンピック自転車ロードレースコース 体験走行

    東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は8月9日、2020年オリンピック・自転車競技ロードレースコース詳細を発表しました。




    ・東京2020オリンピック競技大会 自転車コース発表!!(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ホームページ)


    コースは、男女ともに武蔵野の森公園パレード走行スタート会場とし、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県内を通り、富士スピードウェイでゴールします。

    パレード走行:武蔵野の森公園〜是政橋までの10キロは、タイムを測定せずに集団で走行します。
    オフィシャルスタートは是政橋(府中市)です。

    コース総距離は、パレード走行区間10kmを含む男子約244km、女子約147km、獲得標高(スタートからゴールまでの上った高さの合計)は男子約4,865m、女子約2,692mとなります。

    男子は、大会第1日目の7月25日(土)11時にスタート、女子は2日目の7月26日(日)13時にスタートし、世界のトップレーサーがゴールの富士スピードウェイを目指します。


    通過自治体(1都3県1政令指定都市14市町村)
    東京都:府中市、調布市、三鷹市、小金井市、稲城市、多摩市、八王子市、町田市
    神奈川県:相模原市、山北町
    山梨県:道志村、山中湖村
    静岡県:御殿場市、裾野市、小山町

    ・男子ロードレース コース詳細(cyclist.sanspo.com)


    通過自治体が市内のコースを発表しています。

    ・府中市内のコース(府中市ホームページ)


    ・小金井市内のコース(小金井市ホームページ)



    調布市はというと・・・どこが市域か分かりませんicon_maro06
    ・調布市域コースマップ(調布市ホームページ)




    そこで、調布市域コースマップを参考に、調布市域・三鷹市域・府中市域色別コースマップをGoogleMapで作ってみました(※スタート地点は詳細が分からないので点線になっています)。



    ついでに、実際に自転車で走ってみることにしました。


    まず、スタート地点を探します。

    調布市域コースマップ(下左)とオフィシャルホームページ掲載写真(下右)を参考にすると・・・


    スタート地点はこの辺のようです。



    スタートします。


    すぐに調布市域に入ります。


    再び、府中市域。


    2度目の調布市域


    三鷹市域に入ります。


    武蔵野の森公園を出て、大沢グラウンド通りを左折。



    人見街道を右折。



    東八道路を左折。自転車道があるので、車道ではなく自転車道を走ります。



    3度目の調布市域



    調布市域はここまでで、この先は府中市域。




    昨年までは、調布市がスタート地点とされていました。


    味の素スタジアム・武蔵野の森スポーツプラザ付近(下写真)からスタートして、1964オリンピック・マラソンの折り返し地点の横を通過して甲州街道を走行して欲しかったicon_maro06


    (1964オリンピック・マラソンの折り返し地点)




    <参照>
    ・東京五輪ロードレース、調布スタートで神奈川や山梨通過か コース複数案検討(2017.5.8 cyclist.sanspo.com)

    ・八王子市長、五輪ロードレース「甲州街道沿いコースに」 周辺各市に協調呼びかけ(2017.6.2cyclist.sanspo.com)

    ・東京五輪自転車ロードコース案 富士山麓周回など270km、調布⇒富士スピードウェイ(2017.11.8 cyclist.sanspo.com)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:00Comments(0)今日の出来事ラグビーW杯、オリンピック・パラリンピック

    2017年05月02日

    東京五輪 自転車・ロードレース 味スタ周辺スタートで最終調整

    NHK NEWS WEBで、東京オリンピックの自転車・ロードレースのコースについて、「スタート地点が調布の味の素スタジアム周辺で最終調整」と報道されました。




    東京五輪 自転車・ロードのコース 多摩~富士山で調整
    (5月2日 16時10分)
    3年後の東京オリンピックの自転車・ロードレースのコースについて、大会の組織委員会が、スタート地点を東京・多摩地区、ゴール地点を富士山周辺とすることを軸に最終調整していることがわかりました。
    自転車・ロードレースのコースをめぐっては、おととしのIOC=国際オリンピック委員会の理事会で、皇居外苑をスタートとゴールにするコースが承認されましたが、国際自転車競技連合が起伏のあるコースや景観のよさを求めたいとして、先月、富士山周辺を含んだコースを検討するよう、組織委員会に文書で要望していました。

    これを受けて、組織委員会で複数の案を検討した結果、スタート地点を東京・調布市の東京スタジアム、通称「味の素スタジアム」周辺、ゴール地点を富士山に近い静岡県のサーキット施設「富士スピードウェイ」にすることを軸に最終調整していることが、関係者への取材でわかりました。

    組織委員会の幹部は「新しい案では、都心を通らないので、警備や交通規制がしやすくなる」と話しています。

    組織委員会は今後、関係自治体と調整しながらコースの詳細を詰め、国際自転車競技連合に提案することにしています。
      

  • 2015年09月02日

    2020年東京オリンピック・パラリンピックエンブレム

    使用中止となった2020年東京オリンピック・パラリンピックエンブレムとの貴重な写真です。




    東京オリンピックでは調布市内で、近代五種(味の素スタジアム・武蔵野の森総合スポーツ施設=建設中)、サッカー(味の素スタジアム)、自転車競技・ロードレース(武蔵の森公園)、バドミントン(武蔵野の森総合スポーツ施設)、7人制ラグビー(味の素スタジアム)と、5種目も実施する予定です。

    (写真・イラスト出典:武蔵野の森総合スポーツ施設実施設計の概要


    これを機に、みんなに愛されるエンブレムを作ってほしいと切望しますicon_bikkuri
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 15:39Comments(0)その他