たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2020年07月05日

都議補選 投票

都知事選挙と都議会議員補欠選挙(北多摩第3選挙区=調布市・狛江市)の投開票日です。


今回に限り、飛田給地域の「第16投票区」(飛田給1丁目全域、2丁目全域、3丁目1〜23番地まで・49番地)の投票所が従来の「鹿島建設技術研究所」から「飛田給小学校」に変更されました。

(下図:調布市報特集号より)


※今回の変更は、施設の事情による一時的なものです。
※第26投票区(飛田給3丁目24〜48番地ほか)の投票所は「第五中学校」で変更ありません。


公営掲示板に変更のお知らせが。




家族で投票に行きます。

「鹿島建設技術研究所」の前を通過。



「飛田給小学校」に到着。


投票所は体育館。




28歳の息子と25歳の娘は飛田給小学校卒業です。

母校を訪ねるのが久しぶりなので、懐かしさ爆発のようですicon_maro02


飛田給小の象徴「ゆずり葉の木」。



児童玄関前と校門で記念撮影。


  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 16:00Comments(0)都議会議員補欠選挙

    2019年06月15日

    飛田給小学校 ゆずりは祭り

    8時50分 飛田給小学校体育館でゆずりは祭りが始まりました。

    ゆずりは祭りは子どもたちが飛小の誕生日をお祝いし、親やお世話になっている地域の人たちなどに感謝するお祭りです。

    飛小は昭和50年(1975年)に第三小学校から独立して開校しました。
    校章は、ゆずり葉を基にデザインされました


    春、枝先に若葉が出たあと、前年の葉がそれに譲るように落葉するのが、ゆずり葉の特色。
    飛小では、他の人の気持ちを察することのできる心を「ゆずりの心」とし、大切にしています。
    校歌にも「ゆずり葉の よき校風を 伝え合い 世に拡げつつ」と詠われています。


    セレモニー第1部飛田給はやし連の演奏と舞からスタート。
    獅子、おかめ、ひょっとこの登場に子どもたちは大喜びicon_maro02




    記念品贈呈。
    お祝いとして、PTAから「どら焼き」、健全育成推進飛田給地区委員会から「ラムネ」が子どもたちにプレゼントされました。



    校歌斉唱。4月に入学した1年生はちゃんと歌えているでしょうかicon_maro07




    セレモニー第2部はゆずりは祭り集会

    飛小にちなんだ「飛小◯×クイズ」。


    じゃんけん列車。



    「感謝の言葉」
    各学年の代表委員が、お父さん・お母さん、地域の人、先生などに感謝の言葉を述べました。



    最後は、飛小オリジナル「ゆずりは音頭」を全員で踊りました。




    ゆずりは祭りは、時とともに変化をしてきました。

    かつては、クラスごとに毎年新しいお神輿を作っていました。
    パレードコースは、飛田給駅の北側まで飛田給1丁目・2丁目・3丁目の町内を周り、地域の人たちも楽しみにしていました。

    学校週5日制導入による授業時数の減と警察の警備の関係で、十数年前から飛田給3丁目のみのコースに変わり、3年前から学校外周に変更。

    一昨年からは校庭1周となり、神輿を披露し、6年生から5年生に引き継ぎ式を行っていました。



    変化にはそれなりに理由があるのでしょうが、規模が縮小されることに一抹の寂しさを感じます。

    blue_right2015.6.20ブログ2018.6.16ブログ  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 10:30Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2018年06月16日

    飛田給小学校 ゆずりは祭り

    8時50分 飛田給小学校体育館でゆずりは祭りが始まりました。

    ゆずりは祭りは子どもたちが飛小の誕生日をお祝いし、親やお世話になっている地域の人たちなどに感謝するお祭りです。

    飛小は昭和50年(1975年)に第三小学校から独立して開校しました。
    校章は、ゆずり葉を基にデザインされました

    春、枝先に若葉が出たあと、前年の葉がそれに譲るように落葉するのが、ゆずり葉の特色。
    飛小では、他の人の気持ちを察することのできる心を「ゆずりの心」とし、大切にしています。
    校歌にも「ゆずり葉の よき校風を 伝え合い 世に拡げつつ」と詠われています。


    セレモニー第1部飛田給はやし連の演奏と舞からスタート。
    獅子、おかめ、ひょっとこの登場に子どもたちは大喜びicon_maro02



    山中校長先生のお話


    記念品贈呈。
    お祝いとして、PTAから「どら焼き」、健全育成推進飛田給地区委員会から「ラムネ」を子どもたちにプレゼント。


    校歌斉唱。4月に入学した1年生はちゃんと歌えているでしょうかicon_maro07



    ゆずりは祭り集会
    その1。飛小にちなんだ「飛小三択クイズ」


    「1」「2」「3」の中から正しいと思う数字を挙げます


    第3問「第1回入学式は校舎のどこで行なわれたでしょう?」

    私も知らない難問です。
    答えは・・・音楽室。


    その2。「ゆずりは祭りに行こうゲーム」
    ゆずりは祭りに因んだキーワードの文字数と同人数の組を学年・男女関係なく作ります。
    「ラムネ」は3文字なので3人組、「おみこし」は4文字なので4人組。



    校庭に移動してセレモニー第2部「お神輿のパレード」です。


    「感謝の言葉」と「掛け声」の紹介
    兄弟学年(3年生と4年生、2年生と5年生、1年生と6年生)の順に、代表者が地域の人、お父さん・お母さん、先生などに感謝の言葉を述べて、お神輿の特色と担ぐときの掛け声を紹介します。


    うちわに感謝の言葉が書いてあります。



    パレードが始まりました。
    兄弟学年ペアでお神輿を担いで校庭を1周します。
    「ゆずりは祭りだ、ワッショイ! ワッショイ!」

    3・4年生のお神輿


    「ゆずり葉」を模した紙には、子どもたちの感謝のメッセージがついています(写真: 一部修正)。



    2・5年生のお神輿



    1・6年生のお神輿。6年生だけが伝統のハッピを着ることができます。





    続いて、飛小オリジナルの踊り「ゆずりは音頭」です。

    まず、児童だけで踊ります。



    続いて、保護者・卒業生・地域の人も入って、全員で踊ります。



    引き継ぎ式
    6年生から5年生にお神輿とともにゆずりの心を引き継ぎました。




    ゆずりは祭りは、時とともに変化をしてきました。

    かつては、クラスごとに毎年新しいお神輿を作っていました。
    パレードコースは、飛田給駅の北側まで飛田給1丁目・2丁目・3丁目の町内を周り、地域の人たちも楽しみにしていました。

    学校週5日制導入による授業時数の減と警察の警備の関係で、十数年前から飛田給3丁目のみのコースに変わり、一昨年から学校外周に変更、昨年からは校庭1周となりました。

    変化にはそれなりに理由があるのでしょうが、規模が縮小されることに一抹の寂しさを感じます。

    blue_right2015.6.20ブログ「ゆずりは祭り」  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 12:00Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2017年05月11日

    あいさつ運動/飛田給小「ゆずりは運動会」

    7時50分 飛田給小学校で健全育成推進飛田給地区のあいさつ運動でした。


    校舎の合間から校庭が見えますが、子どもたちが運動会の練習をしていました。



    来週の5月20日から市立小中学校の運動会が始まります。

    <平成29年度調布市立小中学校運動会・体育祭の実施日等一覧>



    飛田給小では5月20日に「ゆずりは運動会」と銘打って開催されます。



    飛小は「ゆずり葉の木」の「ゆずりの心」をモットーとしていて、校章は「ゆずり葉」を基にデザインしたものであり、校歌には「ゆずり葉の よき校風を 伝え合い」と詠われています。

    また、飛小の子どもたちは誰でも「ゆずりは音頭」を踊ることができ、運動会と飛小の誕生日である「ゆずりは祭り」の時に披露します。
    この時は、子どもたちだけでなく、卒業生や地域の人も一緒になって踊ります。

    詳しくはblue_right2016.6.18ブログ「ゆずりは祭り」


    運動会のプログラムを見ると・・・
    「恋するフォーチュンボウヒキー」「ボール運びリレー〜運命のカード〜」「恋が☆Rising」など、今風のネーミングに感心します。

    運動会当日が天気に恵まれ、子どもたちの歓声と笑顔が溢れますようにface02
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:32Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2016年06月18日

    飛田給小学校 ゆずりは祭り

    8時50分 飛田給小学校体育館でゆずりは祭りが始まりました。



    春、枝先に若葉が出たあと、前年の葉がそれに譲るように落葉するのが、ゆずり葉の特色。
    飛小では、他の人の気持ちを察することのできる心を「ゆずりの心」とし、大切にしています。

    校章は、ゆずり葉を基にデザイン。


    校歌には「ゆずり葉の よき校風を 伝え合い 世に拡げつつ」と詠われています。


    飛小の開校記念日(誕生日)をお祝いするのが「ゆずりは祭り」で、毎年行ってきました。

    開会セレモニー飛田給はやし連の演奏と舞。


    獅子、おかめ、ひょっとこの登場に子どもたちは大喜びface02




    校歌斉唱



    「感謝の言葉」と「掛け声」の紹介
    3・4年生、2・5年生、1・6年生の順に、代表者が、地域の人、お父さん・お母さん、先生などに感謝の言葉を述べて、お神輿の特色と担ぐときの掛け声を紹介。





    ゆずりは祭り集会
    その1。「飛小にちなんだ◯×クイズ」


    その2。「ゆずりは祭りに行こうゲーム」
    ゆずりは祭りに因んだキーワードの文字数と同人数の組を学年・男女関係なく作ります。
    「うちわ」は3文字なので3人組、「おみこし」は4文字なので4人組。


    最後のキーワードは「ゆずりはまつりだ わっしょい」の13文字。
    果たして13人の組を作れるでしょうか。



    記念品贈呈
    お祝いとして、PTAから「どら焼き」、健全育成推進飛田給地区委員会から「ラムネ」をプレゼント。





    校庭に移動してセレモニー後半です。

    1・6年生のお神輿


    2・5年生のお神輿


    3・4年生のお神輿


    お神輿の「ゆずり葉」を模した紙には、子どもたちの感謝のメッセージがついています(写真:名前部分修正)。



    校庭を1周するパレードが始まりました。
    「ゆずりは祭りだ、ワッショイ! ワッショイ!」


    1・6年生


    3・4年生


    2・5年生



    まず、児童だけで「ゆずりは音頭」(飛小オリジナル音頭)を踊ります。


    続いて、保護者と地域の人も入って、全員で踊ります。



    引き継ぎ式
    6年生から5年生にお神輿とともにゆずりの心を引き継ぎました。





    ゆずりは祭りは、時とともに変化をしてきました。

    昨年までは、クラス毎にお神輿を作っていましたが、今年は2学年で1つとなりました。

    お神輿のパレードコースは、かつて飛田給駅北側まで飛田給1丁目・2丁目・3丁目の町内を周り、地域の人たちも楽しみにしていました。
    学校週5日制導入による授業時数の減と警察の警備の関係で、十数年前から飛田給3丁目のみのコース(休憩は上石原3丁目の第七機動隊)に変わりました。

    一昨年、七機が府中市に移転したので、昨年から学校外周のコースに変更されました。
    さらに、今年は校庭1周となりました。

    変化にはそれなりに理由があるのでしょうが、規模が縮小されることに一抹の寂しさを感じます。

    blue_right2015.6.20ブログ「ゆずりは祭り」
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事